【署名あり】カナダの残酷なアザラシ猟が解禁 犠牲になる98%が無防備な赤ちゃん

今年もカナダのアザラシ猟が解禁となり、長年調査を続けている動物保護団体ヒューメインソサエティー・インターナショナルがその残酷な実態を明らかにしています。


seal-hunt-started.jpg


 rifle-donation+hero-720x500.jpg


<記事元>(リンク先に閲覧注意の画像・動画があります)


As Canada’s Commercial Seal Hunt Begins, HSI Witnesses Slaughter on the Ice


Campaigners reveal sickening scenes on the ice as Canada's annual seal hunt begins


Thousands of baby seals CLUBBED TO DEATH in savage and barbaric slaughter



◆昨年の政府の公式発表では、468,000頭のアザラシが殺され、保護団体によればそのほとんどが生後数週間の子どもだった。


◆2002以降、およそ200万頭が殺されており、カナダのアザラシ漁は世界最大の海洋哺乳類の虐殺と言える。


◆子どもの毛皮の方がより価値が高いとされており、殺されるうちの98%が生後三か月以下の子ども。


◆商業アザラシ猟で得られた毛皮の取引は、アメリカ、EU加盟国、メキシコ、ロシア、台湾など35ヵ国で禁止されている。


◆2013年および2014年、世界貿易機関(WTO)動物愛護の理由から、アザラシ製品の取引きを禁止する権利を支持した。


(参照:Good News!WTOはEUのアザラシの毛皮輸入販売禁止法を認める


sealitv.jpg


 sealitv2.jpg


sealexpress.jpg


sealitv3.jpg


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


 

以下は、アニマルライツセンターより。

http://www.no-fur.org/about/azarashi/detail/azarashi.html


カナダでのアザラシ猟


カナダでは、毎年3月から5月にかけて、アザラシの毛皮をとるためのアザラシ猟が行われています。このアザラシ猟で殺されたアザラシの数は過去3年間だけで100万頭を超えました。


この猟は、カナダの東海岸の2箇所the Gulf of St. Lawrence(ニューファンドランド西側とマドレーヌ諸島東側)とthe "Front"(ニューファンドランド最北端)で行われています。


アザラシ猟は、カナダ東海岸の猟師が、魚猟のオフシーズンに、収入の補助に行っています。カナダ政府は、アザラシ猟には6000人弱の猟師が参加しているとしています。

殺されるのはアザラシの子供

過去5年間で殺されたアザラシの97%は、生後3ヶ月以下の赤ちゃんアザラシでした。中でも多くは1ヶ月以下の赤ちゃんです。殺される赤ちゃんは、まだ初めてのしっかりしたご飯を食べたこともなく、泳いだこともない、無防備な動物達です。

殺し方

カナダの海洋哺乳類に関する規制では、木製の棒か、アイスピックのような棒、または銃で殺すことを条件にしています。Gulf of St. Lawrence,では木製の棒かアイスピックのような棒の使用が多く、the "Front"では銃が多く使われています。


殺し方は非常に残酷です。

動いている舟の上からアザラシを撃ちます。そのため、子アザラシは死ぬのではなくただ傷を負うだけであることが多いのです。


長くて90分苦しみ、最期は自分の血で窒息して死ぬこともあります。非合法の武器でアザラシの頭蓋骨を叩き割ったり、まだ意識のあるアザラシをフックに引っ掛けて引きずったり、意識のある状態で皮を剥がされるなど、残酷な方法で殺されています。獣医師の調査結果により、42%のアザラシが意識がある状態(生きているまま)で殺されたことがわかりました。

カナダ政府は「人道的なころ仕方をしている」としているが、毎年上記のような殺し方が撮影されているのです。

殺される数

2006年には少なくとも354,344頭のアザラシが殺されました。
2007年は270,000頭の猟が政府により許可されました。
同様に2008年は275,000頭でした。


 

~転載以上~



アザラシ【署名】


①カナダが市場を開拓しようとしている中国に対し、取引きを禁止するよう求める署名(ヒューメインソサエティー・インターナショナル)

https://action.hsi.org/ea-action/action?ea.client.id=104&ea.campaign.id=48914&ea.tracking.id=website&_ga=1.98307423.1765482660.1392822500


o0590040013614045208.png


※国を選択し、名、姓、メールアドレスを入力し、お知らせが不要な場合はボックスのチェックをはずし、SUBMITをクリック(完了ページに移行し、寄付を募る画面が現れますが、閉じて大丈夫です)



②社会問題に関心の高いカナダのトルドー首相に対して、アザラシ猟の廃止を求める署名(PETA)
http://www.peta.org/action/action-alerts/help-end-canadas-baby-seal-slaughter/


※名、姓、メールアドレスを入力し、名前を表示させたくない場合はボックスのチェックをはずし、SEND MESSAGEをクリック



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR