4月16日 熊本地震 活動報告~緊急災害時動物支援ネットワーク熊本さん

緊急災害時動物支援ネットワーク熊本さんからです。

http://kinkyu.saigai-animal.org/



◆活動報告~平成28年4月16日(土曜日)

★今日も、熊本県健康危機管理課で今後の動物支援活動について話し合い、職員さんと一緒に避難所を回り「ペットの同行避難」の調査を行いました。

道路には亀裂や陥没ができ、新たな通行止めが各所にあり、迂回をしながらやっと避難所にたどり着く状態でした。

31名の方に聞き取りを行いましたが、「とりあえず、フードは自宅から持って来ました」と言う方がほとんどで、緊急を要する方は1名だけでした。
今のところ、飼い主さんもペットも元気に頑張っています。
※写真添付


しかし、避難生活は中長期化するので、体調管理にも獣医師会の先生達と連携し、気を配りたいと思っています。

★未明に起きた地震は、阿蘇地域を震源とした震度6強の、とても強い地震でした。
昨日起きた地震は前震で、今回の地震が本震だと発表があり、報道でもあるように、九州全域に影響を与えた地震になりました。
特に南阿蘇地方と、前震で地盤が緩んでいた益城町では、死者行方不明者が多数出ており、家屋の倒壊や崖くずれ、橋やトンネルの崩壊、道路の陥没や亀裂等々甚大な被害をもたらしています。
活動中も、車ごと揺さぶられ、緊張する事が度々ありました。
余震と思えない程の強い地震が、市民や避難生活を送る人達の恐怖にもなっています。

建物の中よりも、広場の車の中が安心するという人達がふえています。
熊本といえども、夜の気温は10度近くまで下がります。
暖房の為にエンジンをつけている車もあり、ガソリン確保の為や、地震が収まるまで熊本市から離れる人達が並んでいるのか、ガソリンスタンドには長蛇の列が出来ていました。
悪いことに、その車が道路の左車線を塞いでしまい、渋滞もあちらこちらで発生しています。

東日本大震災発生後に、テレビで見た光景と同じで、被災された方々の顔が浮かび胸が痛くなりました。

★本震は、夜中の1時25分、ドンドン!!と音を立てて、突き上げと横揺れが繰り返し襲って来ました。
1メートルの津波注意報が発令され、猫達を車に載せ高台に避難の準備をしている途中で、解除されました。
もし東日本大震災と同じ大津波だったら、間に合っていませんでした。
家族と再度、避難のシュミレーションのやり直しをしたいと思います。

西川

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR