【署名あり】床は血の海 中国「犬肉祭」動物保護団体が中止を求め声明 リッキー・ジャーヴェイスも

livedoorニュース(Techinsight)からです。

http://news.livedoor.com/article/detail/11384039/


中国で“夏至の日に犬の肉を食べると風邪を引かない”という言い伝えから毎年6月に開催される「犬肉祭」であるが、今年は早くから「開催を控えるべき」といった非難の声があがっているようだ。『dailymail.co.uk』が報じている。

広西チワン族自治区の玉林市で6月20日に開催予定の「犬肉祭」に対し今月4日、複数の動物保護団体が“残酷で非衛生的である”として中止を求める声明を発表した。動物福祉団体「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International:HSI)」は、「犬肉祭だけで1万頭の犬や猫が殺されます」と批判し、犬や猫への非情な扱いについてこう語る。

「犬なら6頭から7頭、猫なら10匹以上が小さな檻に詰め込まれ、数百キロの道のりを水や食べ物も与えられず運ばれます。鉄柵で囲まれた小屋に集められた犬たちは、仲間が金属の棒でたたかれ殺されるのを目の前で見せられ、ただひたすら自分の番が来るのを待つのです。床は殺された仲間の血で真っ赤に染まっています。でも犬や猫は怯えるだけでどうすることもできないのです。」

つい最近、玉林市の屠殺場に足を運んだという「HSI」の中国政策専門家ピーター・リー博士は「殺処分は日常的に行われており、玉林市では毎日300頭が食肉用に処理されていることが分かっています」と明かす。多くの犬や猫が首輪をつけたままで屠殺場に運ばれていることから、盗み、違法な取引が横行していると断言する。

リー博士は「屠殺場は悪夢でした。あの光景がまぶたに焼きついて離れません。屠殺場は地元の学校にも近く、幼い子供たちへの影響も心配です。これが動物虐待でないというなら何なのでしょうか」と語っている。リー博士によると、玉林市のレストラン経営者は犬が必要な時に業者へ電話するだけ。犬は簡単に手に入るそうだ。そして毎日トラックいっぱいに詰まれた犬や猫が、市外から殺されるために運ばれてくるという。

「HSI」は中国において年間1000万から2000万頭の犬や猫が殺されていると見ており、“動物虐待や窃盗などの犯罪は許されるものではない”として犬や猫を食することを法律で禁止するべきだと訴える。世界保健機関(World Health Organization)は、中国での犬や猫の違法な取引はコレラや狂犬病といった伝染病の温床となっており、人間の健康を害する危険性があると報告している。

伝統として残したい地元と、残酷だと非難する動物保護団体。中国政府は今のところ法によって取り締まる動きは見せておらず、この問題を解決するにはまだまだ時間がかかりそうだ。

出典:http://www.dailymail.co.uk
(TechinsightJapan編集部 A.C.)



~転載以上~



以下、画像は英デイリーメールより(HSI提供)

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3522695/Squeezed-cages-skinned-boiled-cats-dogs-await-fate-ahead-China-s-annual-meat-festival.html


32D61D1100000578-3522695-image-a-65_1459773944946.jpg 


32D61C7700000578-3522695-image-a-71_1459774263183.jpg


 32D617EA00000578-3522695-image-a-64_1459773944945.jpg


32D6178000000578-3522695-image-a-60_1459773944940.jpg 


32D61C0500000578-3522695-image-a-61_1459773944942.jpg 


32D61CF700000578-3522695-image-a-58_1459773944938.jpg


ヒューメインソサエティー・インターナショナル(HSI)では、#StopYulinと題した新しい署名運動を開始。習近平国家主席宛てに、祭りを廃止するよう求めています。


HSIの記事


Shocking New Video of Yulin Dog Meat Trade as Chinese Animal Groups Join HSI’s #StopYulin Global Campaign to End the Brutal Festival



★署名★


https://action.hsi.org/ea-action/action?ea.client.id=104&ea.campaign.id=38221&ea.tracking.id=wh_media&_ga=1.102408513.1765482660.1392822500


※名、姓、メールアドレスを入力→国を選択→お知らせが不要な場合はボックスのチェックを外し、SUBMITをクリック



北京では、HSIと連携して反対運動を進める国内の愛護団体のメンバーが各地から集い、記者会見が開かれました。

https://twitter.com/HSIGlobal/status/717349853018394625


Chinese partners


屠殺場へ向かうトラックから救出され、新しい家族の元で幸せに暮らす「リアンリアン」も参加


lianlian.png



今年も「犬肉祭り」の季節が近づき、複数の海外メディアがこの件について報じています。


英デイリーメール


インターナショナルビジネスタイムス


米abcニュース


英エクスプレス



そして、犬肉問題についても積極的に声を上げ続けているイギリスの俳優・コメディアンのリッキー・ジャーヴェイスさんも昨日、自身のFBページに犬肉祭りに反対するメッセージを投稿、HSIの署名運動への参加を呼びかけました。

https://www.thedodo.com/ricky-gervais-yulin-dog-meat-festival-1711917770.html


rickysayno.jpg


The dogs are tortured to "make the meat tastier". They are also skinned and boiled alive. It's not a food festival. It's Hell. ‪#‎StopYulin‬  Humane Society International


「犬たちは、”肉をより美味しくするために”拷問される。さらに生きたまま皮を剥がされ、茹でられる。これは食の祭りなどではない。地獄だ」



先日ご紹介しましたように 、中国では犬肉・猫肉の取引き禁止法案について政府がインターネット上で投票を行い、800万人超の国民が支持すると答えています。


海外からの中止を求める声は年々強まり、国民の意識も高まってきています。それに伴い、昨年は地元の政府や飲食店の一部が自粛を示す動きも見られました。


今年からこそ、永久に廃止になることを願います。そして、犬猫肉禁止へ向かっていってほしいと思います

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR