犬猫殺処分の減少率に鈍り…県、目標達成は難しく 野良猫が減らず(埼玉)

埼玉新聞からです。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/04/05/05.html



2016年4月5日(火)



犬猫殺処分の減少率に鈍り…県、目標達成は難しく 野良猫が減らず

 県は保健所などで引き取り手が見つからないまま殺処分される犬や猫を減らそうと力を入れているが、その減少率が鈍ってきた。


 昨年度の殺処分数も1705匹で、目安にしていた1500匹をクリアできず、本年度末までに千匹未満に抑える目標の達成は難しい状況だ。猫の殺処分の約8割を占める野良猫が減らないことが、ブレーキの要因になっている。


 殺処分される犬や猫の減少率(前年度比)をみると、2013年度29・4%、14年度20・2%、15年度は12・1%。


 県の動物愛護管理推進計画(08年3月策定)では、犬猫の殺処分数(06年度9118匹)を17年度末までに半減する目標を立て、6年前倒しで達成。その後見直した計画は23年度末までに500匹未満に減らす目標にした。

 さらに県5か年計画では、最終年度の16年度末までに千匹未満にする目標を掲げている。


 殺処分数が大幅に減った背景には、動物愛護の高まりや飼い主などへの啓発が進んだことがある。犬は06年度の3605匹から、15年度は約10分の1の381匹に減った。


 しかし、猫は06年度の5513匹に対し15年度は1324匹で、犬に比べ減少率が小さい。殺処分される猫の約8割は野良猫で、子猫が多くを占める。猫は繁殖率が高く、1年に2、3回妊娠し1回に4~8匹出産するとされる。


 野良猫を増やさずに殺処分も避ける方策として、県が推進しているのが「地域猫」活動。野良猫に不妊去勢手術を施して繁殖を抑え、地域住民と協力して野良猫の餌や排せつなどを管理する。一代限りで命を全うさせ、自然減を目指す取り組みだ。


 県は地域猫活動推進事業として市町村に年額40万円を助成。昨年度は吉見町、上尾、入間、所沢、八潮、蓮田、草加、狭山、戸田、吉川、秩父市の10市1町が活用。県生活衛生課は「地域猫活動に重点的に取り組み、処分ではなく自然減を目指したい」とする。


 上尾市は先月、上尾伊奈獣医師協会(藤倉勉会長)と「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術実施協定書」を締結した。獣医師が上尾市内で保護された野良猫の去勢手術(雌で1匹2~3万円)を無償で行う県内初の取り組み。


 藤倉会長は「かわいそうな命を増やしたくない」と話し、官民一体で殺処分ゼロを目指す。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR