【署名あり】増えすぎた野良犬を中国の犬肉祭りへ提供しようとしているインド

増えすぎた野良犬が問題となっているインドで、当局の関係者が数千頭の犬を中国・玉林の犬肉祭りへ輸出すると発表したことについて、やめるよう求める署名が立ち上がっています。


インドでは、野良犬は公共の安全を脅かすやっかいな存在と考えられています。政府に対しては、不妊去勢を施すよう求める声が再三上がっているにもかかわらず、有効な対策は講じられていません。


今回の決定についてヒューメインソサエティー・インドの代表は、動物愛護法に違反しているとし、「政府が、野良犬問題について人道的な解決策を模索しないことに強く落胆しています。このようなアイデアを思い付くこと自体卑劣ですが、それを実行しようとしているとは…」と、非難する声明を出しています。


政府に対してこの決定を撤回し、不妊去勢など人道的で法に則った措置を取るよう求める署名です。


India has just agreed to ship STRAY DOGS to be EATEN at Yulin festival in China! Sign Now!


アップこちらをクリック!

 

 ※画面を下にスクロールすると、Sign the Petitionというところがあります。

上から順に、氏名、メールアドレス、コメント(任意)、Sign the Petitionをクリックして完了です。

Thank you for signing!の画面に切り替わります。

 

ページ内に、他の署名のショッキングな画像が表示されることがありますのでご注意ください。

 

 

以下、関連記事です。

 

フォーカス・アジアより。

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/424238/

 

増えすぎた野良犬は「中国に輸出して食べてもらうおう!」 インド専門家の提言で物議

 

2015年07月23日


インドで増えすぎ、公共の安全を脅かす問題になる可能性があると指摘されている野良犬について、同国の専門家が地方当局に対し、「中国などに輸出して食べてもらう」ことを提言し、物議を醸している。インドメディアの22日付の報道として、中国・人民網が同日伝えた。

報道によると、この提言をしたのは同国中部、ボーパールにあるインド科学教育研究所の専門家。同国南部、ケーララ州当局が「野良犬が増えすぎ、市民の生活を脅かしている」と懸念を表明したことから、同州当局に対して輸出することを提案。また、「輸出に向けてインド国内に専門の牧場を設け、野良犬を管理することもできる」とアドバイスした。

同専門家は輸出のメリットについて、「インドネシアや韓国、メキシコ、フィリピン、ベトナム、スイスにも市場があり、商売になる」「インド自体で野良犬を殺処分することが不要になり、動物愛護活動家から直接的に批判を受けることがなくなる」、「インドの一般市民が野良犬に噛まれるリスクが減る」と強調した。

ただ、この提言にはインドの動物愛護活動家から批判が出ており、一部からはすでに当局に対して反対声明が送られた。「“犬牧場”の設置は違法であり、中国とインドネシアで狂犬病が流行していることにからむ世界保健機関(WHO)の提言にも反するものだ」といった内容だ。

犬肉を食べることについては中国国内でも物議の的となっている。



~転載以上~



有効な対策を講じず、挙げ句の果てに犬肉祭りへ差し出すなんて…!

たくさんの声が届きますように。。


記事を書いていたところ、このような良いニュースも入ってきました。


インドの最高裁判所が、国内にいる全ての野良犬に不妊手術を施し、狂犬病のワクチン接種をすることを義務付け


デイリーメール(英語)

http://www.dailymail.co.uk/indiahome/indianews/article-3484776/Supreme-Court-orders-states-India-sterilise-stray-dog-landmark-ruling.html



資金と人材不足の地方ではやや混乱気味、とのことですが…良い方向へ向かってほしいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR