【署名あり】自撮りのために白鳥の命を犠牲にした女性に世界中から非難の声!止めよう動物虐待

Spotlightからです。

http://spotlight-media.jp/article/256510427813869006



自撮りのために白鳥の命を犠牲にした女性に世界中から非難の声!止めよう動物虐待


マケドニアから発信された一枚の写真

マケドニアにある美しい湖畔の観光地、オフリド。

オフリド湖でブルガリアから来た観光客の女性が、自撮りをするために湖畔にいた白鳥を捕まえているところが目撃されていました。
撮影:Nake Batev
目撃者によると、白鳥は日ごろから人に慣れていたため、逃げる様子は見せず、女性に羽を捕まれたそうです。

女性はこの白鳥と自撮りを終えた後、ぐったりした白鳥を放置して立ち去りました。白鳥はそのまま動かなくなり息絶えていました。

観光バスにそのまま乗って立ち去ったこの女性に対して処罰を課するかどうか、今のところ不明だということです。
南東欧のマケドニアに位置し、青く透き通る湖のほとりに佇む町、オフリド。
オフリド湖はヨーロッパ最古であり、世界でも最も古い湖のひとつ。

1979年から1980年にかけて、オフリド湖は、湖畔のオフリド市街と共に「オフリド地域の自然・文化遺産」としてユネスコの世界遺産に登録された。
この画像は、当然のことながら世界中の人々の怒りと非難を呼び起すことになったのは、言うまでもありません。

「また起こってしまった」
「アルバムの一枚の写真のために、動物を殺すのはもう止めて欲しい!」
「動物虐待をする人間は厳刑に処すべき」
「この女性を捕まえて引きずり回してやりたい」
「人間の一番醜いところが結集された写真。身勝手すぎる。」

SNSやニュースサイトに寄せられた怒りの声は、拡散されるごとに大きくなっています。

最近、自撮りのために動物を殺してしまうという事件が相次いでいる!

悪乗りして動物園からフラミンゴを盗み、動物虐待容疑などで逮捕

海岸でイルカの赤ちゃんが命を落とした事件

自撮りのために大勢が群がり、誰一人救命することなく、イルカは死んでしまったという事件。
この時すでに絶命していたという報道もありますが、いずれにせよ笑顔で寄ってたかって息絶え絶えの動物と自撮りしようと思うこと自体が大きな問題です。

中国では野生のクジャクを写真撮影のために抱きかかえ死亡させた事件

アルバムの1枚のページのために、罪の無い動物を殺す人々。

写真1枚に、動物を殺すだけの価値がありますか?

写真撮影のために無理やりサメを海から引き揚げ撮影する人々


 


自分の一瞬の快楽のために、無理やりサメを陸にあげ、押さえつけ写真を撮影。ニュース番組で報道され、この男性や撮影をしている人々に非難の声が集まりました。
自撮りをしていて電車に轢かれたり、交通事故にあったりするというケースも増えています。

動画サイトに投稿したり、FacebookやSnapchatで友達に見せびらかしたりしたいのかもしれません。でも、動物虐待をしたり、他人を巻きこんだり、ましてや自分自身が命を落としてまで、そんなに写真が撮りたいですか?

相次ぐ自撮りのための動物虐待、動物殺しをストップさせるには、厳しい刑罰を処すしかないのかもしれません。罰を与えられないと、命の大切さがわからない人が多い現実。本当に同じ人間として、憤りを越して深い哀しみでいっぱいになります。



~転載以上~



以下、白鳥の命を奪った女性の処罰を求める署名です。


①Dumb woman drags swan out of the water for SELFIE and leaves the bird to DIE afterwards! Sign!


http://www.yousignanimals.org/Dumb-woman-drags-swan-out-of-the-water-for-SELFIE-and-leaves-the-bird-to-DIE-afterwards-Sign-t-6098


画面を下にスクロールし、Sign the Petitionのところが署名欄です。

上からフルネーム、メールアドレス、コメント(任意)を入力し、Sign the Petitionをクリックして完了です。



②Prosecute the woman who killed a swan for a selfie!


https://www.change.org/p/ohrid-prosecute-the-woman-who-killed-a-swan-for-a-selfie?recruiter=29240832&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=mob-xs-share_petition-reason_msg&fb_ref=Default



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR