1匹の犬を選ぶことが出来ずシェルターごと引きとった女性の行動力

Petfunからです。

http://petfun.jp/dogs/17435/

1匹の犬を選ぶことが出来ずシェルターごと引きとった女性の行動力

それは、そこにいるすべての犬たちが新しい飼い主さんと新しい生活環境を必要としていたからです。そしてダニエルさんはたった1匹を選ぶことが出来ず、すべての犬たちを引き取る決断をしたのです。

その避難所はこれまで彼女が見てきた中でも特にひどい状況だったそうです。

1

最大で70匹収容出来るよう設計された施設内になんと250匹の犬たちが住んでいたのです。

2

避難所にはネズミが出て、十分な食料もなかったそうです。

3

たった1匹だけを選ぶことは出来ず、すべての犬たちを引き取ることをダニエルさんは決断しました。

4

ダニエルさんは避難所を購入し、そこにいる犬たちに新しい家族、新しいあたたかい家が見つかるようにと行動したのです。

5

そして90匹近くはすでに新しい家族が見つかっており、その他にも25匹はダニエルさんが共同創設者として運営しているオンタリオ州にある動物救助センターへと運ばれました。

6

カナダへと連れてきた子たちについても半分以上はすでに新しい家族が見つかっているそうです。

7

ダニエルさんのような心優しい方がいたからこそ、犬たちは新しい家族、そして新しい幸せな人生の再スタートを切ることができました。

8

– 出典 – boredpanda

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR