保護犬に新たな飼い主を 台東区、登録料など免除へ

東京新聞からです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201603/CK2016030302000172.html



保護犬に新たな飼い主を 台東区、登録料など免除へ


2016年3月3日

 何らかの事情で飼い主を失った犬に、新しい飼い主が見つかりやすくなるよう台東区が乗り出す。新年度から、都動物愛護相談センター(本所・世田谷区)に保護されている犬を譲り受けた区民に、犬の登録手数料などを免除する。都内の自治体では初めての取り組みという。


 センターは迷子になった犬を保護したり、飼い主のやむを得ない事情で手放した犬を有料で引き取り、一定の条件を満たした希望者に譲渡している。二〇一四年度は二百五十二頭を譲渡した。


 犬を飼うには、さまざまな名目でのお金を自治体に納めなければならない。台東区は、飼育開始時に必要な登録手数料(三千円)と、狂犬病の予防注射を受けたことを示す札の交付手数料(五百五十円)を免除する。このほか区の開く「犬のしつけ教室」の参加費(二千円)や、狂犬病の予防接種の費用一回分(三千百円)を無料にする。予防接種は取り組みに協力する区獣医師会が費用負担する。


 区の愛護動物管理担当によると、最近は飼い主の高齢化で「犬を飼い続けることができなくなった」といった相談が相次いでいる。「新しく犬を飼おうと思う人たちに、保護犬を第一選択肢にしてもらう」ことで、少しでも不幸な犬を減らしていきたいという。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR