老犬救った警察官に「いいね!」 ひかれた犬を病院へ

朝日新聞からです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2K7H55J2KUBQU00P.html

老犬救った警察官に「いいね!」 ひかれた犬を病院へ

室田賢

2016年2月18日08時54分



jikorouken.jpg  
現場でタオルをかけてもらった老犬=読者提供



道路脇で傷つき倒れていた老犬を保護した警察官の行動が、ネット上で話題になっている。


 5日午後8時40分ごろ、横浜市 栄区亀井町の道路で「犬がけがをしている」と栄署に通報があった。元大橋交番の男性巡査部長(31)と男性巡査(23)がオートバイで駆けつけると、裏通りの道端で首輪がついた老犬がうずくまっていた。運ぼうとしたが、大型犬のためオートバイに乗せられなかった。


 無線で状況を聞いた地域課の男性警部補(40)は、署からパトカーで現場へ。老犬は車にひかれたようで身動きしなかったが、小さな目はこちらを見ていた。「まだ、生きている」


 傷に触ると苦しむようにもだえ、かもうとする。30分ほど格闘した末、警官3人は近所の人が貸してくれた鉄板を担架代わりに犬をパトカーの後部座席に乗せ、近くの動物病院へ。震える犬をミラー越しに見ながら「早く診てもらわないと。飼い主が早く見つかってくれ」と祈った。


 犬は骨盤が折れていたが命に別条は無く、後日、飼い主の元に無事戻った。今はリハビリ 中という。


 一連の様子がネットに投稿されると、フェイスブック で拡散され、「ワンちゃん助かって本当によかった」「そんなすてきな対応してくれるなんて」といった書き込みが相次いだ。


 自宅で犬を飼っているという男性警部補は「どうしても気持ちは入ってしまった。でも、動物の命も人間の命も同じ。当たり前のことをしただけ」と話している。



~転載以上~


私もFBで知りました。「神対応」と話題になっていましたねキラキラ


動物の命も人間の命も同じ。当たり前のことをしただけ」。


「たかが動物」ではなく、こういう対応が当たり前な社会になってほしいですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR