野良猫に不妊手術 熊本市の動物病院が無料実施 殺処分減らす狙い 22〜28日、受け付け

毎日新聞からです。

http://mainichi.jp/articles/20160212/ddl/k43/040/179000c


不妊手術


野良猫に 熊本市の動物病院が無料実施 殺処分減らす狙い 22~28日、受け付け /熊本




野良猫の不妊手術を呼びかける徳田竜之介院長


熊本市中央区本荘の竜之介動物病院が22~28日、野良猫を対象に無料で不妊手術を受け付ける。猫の殺処分を減らすのが狙いで、九州動物学院(同市)やボランティアの協力を得て実施するキャンペーン。ノミやダニの駆除代(1080円)を支払えば、通常約2万円の不妊手術を無料で受けることができる。【井川加菜美】


 野良猫に不妊手術をして戻すことは「TNR活動」を呼ばれる。TNRはTrap(捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(元の場所に戻す)の頭文字で、野良猫を保護して獣医師が不妊手術をし、手術済みの目印として耳をV字にカットして地域に戻す取り組みを指す。戻った猫は一代限りの命を生きることになる。


 県や熊本市によると、2014年に県内で殺処分された猫(収容中の死亡も含む)は1895匹。近年は減少傾向にあるが、年間2000匹弱が殺処分される現状にある。同病院は2004年からTNR活動に取り組み、昨年は2月と11月の2回、計1769匹に無料で不妊手術をした。


 キャンペーン期間中は、捕獲器の貸し出しもして野良猫の持ち込みを受け付ける。事前予約が必要で体重1キロ未満や体調の悪い猫は手術を受けられない。同病院は「活動を契機に野良猫を引き取る人もいる。キャンペーンを通じて地域で野良猫を見守る方向に向かえばうれしい」と話している。事前予約や問い合わせはBOX竜之介096・247・6877。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR