冬の車には「猫バンバン」 ツイッターの呼びかけ広がる

朝日新聞も記事にしてくれました。これでまた多くの人に知ってもらえますねニコニコ



朝日新聞からです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ1Y5SRRJ1YPTIL02B.html


冬の車には「猫バンバン」 ツイッターの呼びかけ広がる

平井良和

2016年2月1日11時53分



写真・図版



車を走らせる前にボンネットをバンバンとたたき、冬場にぬくもりを求めてエンジンルームに入り込んでいる猫に知らせる。「猫バンバン」という確認方法がいま、ツイッター などで広がっている。「猫を死なせないように」との思いを込めた日産自動車 の呼びかけを機に共感を呼んでいる。

『乗車前の「ちょっとした思いやり」で救える命があります』

日産自動車 の国内公式ツイッター が昨年11月、猫の写真を付けて呼びかけ始めた。小動物は車体のすき間からエンジンルームに入ることがあり、ファンベルトが回ると巻き込まれる恐れも。そこでマーケティング担当社員らが「冬場の啓発の一つ」として発信した。

『エンジンルームやボンネットなど鳴き声や気配がないか#猫バンバンをして確認をしましょう』

リツイート(転載)は1月末の時点で1万に迫り、「優しいツイートをありがとにゃ~」「気をつけなきゃ!」といったコメントも寄せられた。予想外の広がりを受け、日産は「さらに周知を」と「#猫バンバン プロジェクト」を開始。特設サイトをつくり、猫をあしらった枚数限定のマグネットを用意した。

JAFの略称で知られる日本自動車連盟 も各支部のホームページなどで「ボンネットをパンパンしましょう」「『ボンネット コンコン』でトラブル防止」と呼びかける。大阪支部の山野陽一さん(46)は「ボンネットをたたけば、動物が動いてすぐわかる。効果は大きい」と話す。

トラブル件数の統計はとっていないが、冬にはたびたび「(車内で)猫の鳴き声がする」といった出動要請が入り、子犬やネズミが確認されたケースもある。エンジンの上に足跡や食べかすがあれば「ねぐら」になっている可能性もある。山野さんは「発車前の点検はタイヤの減りやパンクにも気づけ、交通事故防止にもつながりますよ」と猫バンバンを勧めている。(平井良和)


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR