GUESSにアンゴラ製品の販売中止を求める署名

PETAが、人気ブランド「GUESS」にアンゴラ製品の販売中止を求める署名キャンペーンを展開しています。



Urge GUESS to Stop Selling Angora Wool!


Angora-rabbit-plucking.jpg

 


クリック http://www.peta.org/action/action-alerts/guess-stop-selling-angora-wool/?utm_campaign=0116%20Guess%20Angora%20Tweet&utm_source=PETA%20Twitter&utm_medium=Promo


画面右側の上から、名前、姓、メールアドレスを入力し、SEND MESSAGEをクリックして完了です。(画面下方の入力フォームで、要望書のタイトルと本文を書き換えることができます)




以下、アニマルライツセンターさんより。
lRightsCenter/photos/a.213000755454806.54703.155858357835713/964473443640863/?type=3&theater">https://www.facebook.com/AnimalRightsCenter/photos/a.213000755454806.54703.155858357835713/964473443640863/?type=3&theater



セールの時期ですが、どうか、冬物の衣類を選ぶときには、アンゴラを使っていないものを選んで下さい。
アンゴラはその90%が中国で生産されていますが、その方法には驚かされます。
毛をむしりとり、引き抜くのです。
その激痛で、声を持たないうさぎが、金切り声で悲鳴を上げます。
http://www.arcj.org/angora/

動物性フリーのエシカルな消費を。
http://www.hachidory.com/fashion/



12507573_964473443640863_3766507351065450228_n.png  


殺すより残酷?アンゴラ製品の生産方法
http://www.arcj.org/animals/cloth/00/id=468


2014/12/05

アンゴラ ウサギ アンゴラ製品はウサギを殺してないから大丈夫?

毛足の長い柔らかなアンゴラウサギの毛から生産されるアンゴラはセーターや帽子、手袋など冬物の衣料に多く使われています。
「アンゴラ製品なら毛皮と違って皮を剥ぐわけではないし、ウサギを殺してないから残酷ではない」多くの人がそう考えてきました。
しかしアンゴラの生産過程を知れば、もうアンゴラ製品に魅力を感じる人はいなくなるでしょう。
アンゴラはその90%が中国で生産されています。動物福祉に基づいた罰則も規則も無いため、ウサギの扱いは実に荒っぽく残酷です。

激しい痛みをともなう残酷な毛の採取

アンゴラウサギから毛を取る際に、ウサギの前足と後ろ足をひもできつく縛って限界まで体を引っ張っり、作業台に括り付け、乱暴にその毛を手作業でむしり取ります。ウサギは声帯を持たないため本来は鳴かない動物です。声帯の無いウサギがあげる悲鳴、それは痛みと死の恐怖からくる断末魔です。毛をむしり取られる度にウサギはのどの奥からしぼり出すように「ギャー」という悲鳴を何度もあげていますが、作業はおかまい無しに続けられます。毛をむしり取られて剥き出しになったウサギの皮膚は真っ赤に腫れ上がり、表情は恐怖と苦痛でゆがんでいます。あまりの恐怖と痛みによるショック状態から食べる事も飲むこともできなくなるほどです。衰弱したウサギは頭を支えることすらできずにうなだれ、棚にずらりと並んだ不衛生な金属製のケージの奥にただ脅えてうずくまるのです。

アンゴラ うさぎ 刈り取るという作業もまたウサギにとって過酷です。やはり前足を縛り、耳を引っ張って頭を固定し、限界まで体を伸ばして乱暴に刈るのです。あるいは前足を縛って宙づりにされ、ぶら下がったウサギは苦しみと恐怖でもがくのです。そして鋭利な刃物は必ずウサギのデリケートな皮膚を傷つけます。

この恐ろしい激痛を伴う作業は約3ヶ月ごとに行われます。毛が生える度にこの作業が繰り返され、2年から3年後にはウサギは逆さまに吊るされて喉を裂かれ、肉として売られます。

ウサギって感情が無いようにみえるけど?

ウサギは犬や猫ほどの大きな表情の変化が無いため無感情な動物と思われがちですが、感情の無い動物などいません。ウサギもまたそれぞれに個性があり、豊かな感情と愛情を持った動物です。ウサギたちに注意深く接していれば、豊かな表情の変化に気づく事ができます。また、家畜やペットとして人間社会で飼われている多くのウサギは野生の穴ウサギの改良種で、この穴ウサギは地中に複雑な巣穴を掘って集団で生活をしている社会性の高い動物です。

アンゴラをめぐる大手アパレル産業の動き

アンゴラの残酷な生産過程が明らかにされると、大手アパレルが次々とアンゴラの販売を中止しました。

  • ■バナナリパブリックやオールドネイビーを傘下におくGAPは動物の倫理的扱いの取り組みからアンゴラの扱いを停止しています。
  • ランズエンドも2013年から商品にアンゴラを一切使用しない事を決定、今後も販売の予定は無いとしています。
  • エディー・バウアーは現在はアンゴラは使用していません。
  • カルバン・クラインも現在はアンゴラは使用していません。
  • H&Mは飼育環境が良好な農場でのアンゴラの毛の使用しています。
  • フォーエバー21はブラシで採取された毛の使用をそれぞれ認めています。
  • ZARAを持つインディテックスグループは2015年2月アンゴラを使用しないことを発表しました。

アンゴラ うさぎ 消費に責任のある時代に

ウール、カシミヤ、ダウンなど、動物性の素材でつくられた製品はたくさんあります。大量生産や流通の過程では動物の福祉などほとんどなく、必ずといってよいほど動物の痛みと犠牲があります。苦痛と恐怖を伴う毛の採取が何度も繰り返され、残酷な死で短い一生を終えるのです。
消費に責任のある時代です。動物性の製品にステイタスを求める事は終わりにしましょう。
動物の大量な犠牲を終わりにするために。

中国 アンゴラファーム動画

※注意※
上記の通り、とても苦しむ姿が映し出されています。これは真実です、真実を知って下さい。


~転載以上~


※転載元さんに閲覧注意の動画があります。




1月30日に、渋谷でアンゴラ反対キャンペーンが開催されます。



アップ詳しくはこちら!


2016/1/30(土)13時~15時
場所:渋谷駅ハチ公前
雨の場合など中止することもありますので、参加いただける方はこちらまでご一報ください。
中止の場合は連絡させていただきます。
sato@arcj.org




また、GUESSについては、こんな事実もあります。


アニマルライツセンターさんより。

https://www.facebook.com/AnimalRightsCenter/photos/a.213000755454806.54703.155858357835713/963596407061900/?type=3&theater


緊急:GUESS 日本では毛皮販売!!!

GUESS?は毛皮を売らないブランドですが、日本(GUESS JAPAN合同会社)では売られていることが判明しました。
たぬき(ラクーンドッグ)や、コヨーテなどが使われています。
ご注意下さい。

本社に問い合わせを行っておりますが、まだ回答がありません。
日本は上場する都合上GUESS JAPAN合同会社を作っているようですが、同じGUESS?です、これはブランドとしての消費者に対する大きな裏切りです。

■GUESSに意見を届けて下さい。
https://srv.guesspromo.com/form/inquire.php

GUESS JAPAN合同会社
矢田 竜男殿
東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山8F


~転載以上~



上記意見フォーム、送信できない方が複数いらっしゃるようです。私も送信したらエラー画面になってしまいました。。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR