岡山のペットショップ シュシュさんにお邪魔してきました~杉本彩さん

杉本彩さんが主宰するEvaさんのFBからです。
https://www.facebook.com/everyanimal.eva/posts/647465212062281

岡山駅から南西数キロの地点に位置するペットショップシュシュさんにお邪魔してきました。
シュシュさんは、テナントに委託していた生体販売を、2015年1月に辞め、その後店舗を地元岡山の愛護団体「NPO法人 犬猫愛護会 わんぱーく」の支部として登録、現在店舗にて保護犬の譲渡活動を行っています。

生体販売に使っていた18部屋あったスペースを、成犬で使える広さにするとわずか4部屋になりました。また生体販売を辞めたことで減少した売り上げは、多少の額ですが現在ネット通販で補っていらっしゃいます。

それでもシュシュさんがこの活動に取り組む意義とは、「業界の内側から生体販売を辞め、里親探しにシフトした店舗が後にも現れること、そして愛護団体の譲渡会が日曜に集中する中で、民間店舗に保護犬がいることで平日でも興味を持ちご来店いただけること、そして譲渡後も長きに渡りショップを利用したり、情報交換したり、保護犬のその後の幸せな姿を発信することにより、保護動物の存在を知るってもらえること。」だと言います。
これらは、民間のショッブだからこそ実現できる取り組みだと思います。

大手ペットショップの子犬子猫の生体販売を行う店舗の片隅に成犬を置いたり、ポスターを貼って里親探しの取り組みを行っていますとアピールするのとは訳が違います。

生体販売を行う以上、その市場に向けどれだけ多くの犬猫が大量生産されているのか、どれだけ多くの犬猫がペットショップに並ぶまで命を落としているのか。その流通形態を変えずして、「動物愛護の観点から里親探しに力を入れた企業努力」というならば、その理屈はだいぶ矛盾してはないでしょうか。

またいわゆるその企業努力に対し、「誉める制度」をというならば、何が称賛に値するか問いたいところです。

生体販売をやめ、売るのではなくセンターから引き取り地元の方々に里親になっていただく。
そこで築くコミュニティが、新しい販路やつながりにもなるでしょう。そんなシュシュさんのような「未来のペットショップ」は、もうすでに始まっています。
この素晴らしい取り組みこそ全国に広まるべきとEvaは心から応援いたします。
この視察の様子は、後日Eva公式ホームページにて。どうぞお楽しみに。

11227379_647463875395748_5998453243366004623_n.jpg

1005549_647463878729081_2000825421948327002_n.jpg

12400622_647463962062406_6604594621356423530_n.jpg

12541101_647463972062405_2910521886932895241_n.jpg

~転載以上~


関連過去記事

ペットを売らないペットショップ chou chou(シュシュ)岡山店

生体販売をやめ、保護犬の譲渡を始めたchouchouさん 決断に至った想い

岡山発☆生体販売をストップ!ペットショップで保護犬を譲渡する理想のビジネスモデルが日本でも!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR