毛皮反対絵本「赤い目のおひめさま」 電子書籍で販売

毛皮反対絵本「赤い目のおひめさま」が、新しいイラストになり、電子書籍として販売されることになったそうです。


絶版となって問い合わせが相次いだりしたため、気軽に読んでいただけるように…とのことで、このような形で改めて販売されるとのこと。


「たくさんの人に読んでいただき、毛皮というものが世の中から少しずつでもなくなっていけば…」という作者の方の思いが込められています。


近いうちに英語版も作成される予定だそうです。



赤い目のおひめさま [Kindle版]


http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0195SJ5EE/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B0195SJ5EE&linkCode=as2&tag=vegemanga-22


西村英恵  


a1cka1jqanl_sl1500__2.jpg


いっしょに育ったライオンとおひめさま。おひめさまとライオンはとても仲よく、散歩の時もねむる時もよりそい、いつもいっしょでした。ある日、誰よりも美しく装うことに夢中のおひめさまへ、ライオンからの贈り物が…。


<情報元:ベジ漫画Natsumi さん>



すでに販売されている紙媒体は、アニマルライツセンターさんのネットショップで購入可能です。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/animal-rights/n748cyx78b.html



51XAKYW5RHL__SX348_BO1,204,203,200_  



私も持っています。


紙媒体も素敵ですが、電子版のイラストもまた美しくて読んでみたいですねキラキラ

娘が大きくなったら、読んでほしい絵本です。


「毛皮を身にまとうことは、動物の命を奪うことである」という事実を、やさしい絵とメッセージで心に訴えかける作品だと思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR