米政府、ライオン亜種を「絶滅危惧種」指定 保護を宣言

AFP通信からです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3071099

米政府、ライオン亜種を「絶滅危惧種」指定 保護を宣言

2015年12月22日 10:08 発信地:マイアミ/米国


o0280020213518481791.png 
 

ライオン。南アフリカのエンタベニ野生動物保護区で(2012年7月31日撮影)。(c)AFP/STEPHANE DE SAKUTIN


【12月21日 AFP】米魚類野生生物局(FWS )は21日、アフリカのライオンは絶滅の危機にあり、米国法の下で絶滅危惧種として保護すると宣言した。アフリカ・ジンバブエでは今年、観光客らに人気だった雄ライオンが米国の狩猟愛好家によって殺され、世界中から怒りの声が上がった。


 FWSによると、ライオンの一部特定種は現在「劇的な減少傾向」にあるため、絶滅の危機に直面しているとみられているという。ライオンは、主に西アフリカとインドに生息する象徴的な大型ネコ科動物だ。


 今回の決定は、ジンバブエで人気だったライオンのセシル(Cecil )が、米国人歯科医師に殺された件を受けて下されたもので、今後、死骸の輸出入に対する規制が強化される見通し。


 保護の対象には複数の亜種が含まれており、その一部は個体数が1400頭と少なく、「絶滅危機」にあるとみなされている。


 決定について、ダン・アッシュ(Dan Ashe )FWS局長は「われわれは今日、ライオン側の言い分を代弁している」と述べた。


 今回の決定で、ライオンの狩猟が全面的に禁止されるわけではないが、ライオンの狩猟許可の申請を望む人々に対しては「基準のレベルが大幅に引き上げられる」とアッシュ局長は報道陣に語った。


 ライオンの個体数は過去20年間で43%減少している。その原因としては、生息地の喪失、餌探しの困難さ、増え続ける人間との衝突の増加が挙げられている。


 アッシュ局長は「ライオンは、地球上で最も愛されている動物種の一つで、世界が共有する地球遺産のかけがえのない一部だ」とコメントし、また「健全な個体数のライオンが、アフリカのサバンナやインドの森林を歩き回り続けられるようにすることを望むなら、対策を講じるのは、同地域の人々だけでなく、われわれ全ての責務だ」とも付け加えている。(c)AFP



~転載以上~



ライオン 【随時更新】ノーモア・セシル★ストップ・ハンティング! ライオンと野生動物を守るための署名まとめ


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR