犬猫の殺処分、麻酔薬に変更 栃木県動物愛護センター

殺処分そのものがなくなることが目標ですが、すぐには難しい。。

ガスでもがき苦しむのでなく、せめて、少しでも苦しまずに…。こうした方法に変えていただきたいです。



下野新聞からです。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20151220/2179030



犬猫の殺処分、麻酔薬に変更 栃木県動物愛護センター


12月20日 朝刊


県動物愛護指導センターは今月から、犬猫の殺処分方法を従来の二酸化炭素装置(ガス室)から麻酔薬方式に変更した。ガス室は国で安楽死と認められた方式で一度に大量の処分が可能だが、動物愛護団体などから「安楽死でない」といった批判もあった。同センターは殺処分数が減少したことや、全国的に麻酔薬方式に移行していることなどを踏まえて変更した。


 同センターによると、ガス室による殺処分は一度に多数の処理ができるため効率的で、大量に処分する場合は1頭当たりの費用が安く済むメリットがあった。


 一方、麻酔薬方式は主に注射で行われ、苦しまずに死に至るとされている。しかし一度に多数の殺処分を行う場合は、ガス室より高額になるデメリットがあった。


 県内の犬猫の殺処分は日光市小林の県ドッグセンターで実施している。1989年の殺処分数は1万5794頭だったが年々減少し、2014年は1040頭と15分の1以下になった。


 また同センターは、収容犬の返還と譲渡機会の拡大のため、抑留とホームページ(HP)掲載期間を従来の4日間から9日間に延長した。同センターは「殺処分ゼロの実現に向け、動物の愛護と管理の一層の推進を図る」としている。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR