犬猫引き取り依頼に保留期間 愛媛県、1月導入

ヤフーニュース(愛媛新聞)からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151204-10043801-ehime-l38

犬猫引き取り依頼に保留期間 県、1月導入

愛媛新聞ONLINE 12月4日(金)8時15分配信


もう一度、命の重みを考えて―。愛媛県は2016年1月から、犬や猫の飼い主が松山市を除く県内19市町で引き取りを依頼した場合、原則2週間以上の保留期間を設ける事前連絡制度を導入する。安易な引き取り依頼の抑制と終生飼養への啓発強化が目的だ。


 現在は市町に引き取りの申し出があった場合、動物の老齢や疾病、度重なる依頼といった拒否の要件に該当しなければ引き取りを決めているという。


 新制度では引き取りを依頼されても保留し、2週間以上経過した日時を指定。期間中に、終生飼養の義務▽ペットとの楽しい思い出▽新たな譲渡先探し―などを考えるよう促す。


 県によると、県動物愛護センター(松山市東川町)には14年度、松山市を除く19市町から犬や猫が3865匹収容された。うち飼い主から引き取ったのは計362匹(犬250匹、猫112匹)で約9%。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR