宮島の鹿さん ≪緊急募集 鹿さんの給仕ボランティアさん≫

※画像が表示されない場合は、画像をクリックするか転載元さんに飛んでご覧ください。



いつもブログに来てくださるkeiさんからです。

http://ameblo.jp/kinta-ko/entry-12100174199.html



1年前の冬に 宮島の厳島神社にいきました。
その時は 躊躇することがあり記事には書けませんでした


それは 宮島の鹿さん達のこと
噂やネットでは知っていましたが実際 自分の目で鹿さんを見た時
とても悲しい気持ちになりました

パワースポットである 厳島神社
神の使いと言われる 宮島の鹿
宮島を訪れる観光客にとって 鹿たちは  宮島にはなくてはならない存在

なのにね・・ なんかみんなお腹空かせてるの
本当に食べ物がないのよね・・

ボランティアさんが一生懸命 ご飯をあげてくれてる
だからなんとかしのげているみたいだけど・・


私が撮った1年前の鹿さんたち











この鹿さん 何してるかわかるでしょうか?






トラックの荷台に縛りつけてある ロープ食べてるの




お腹壊すから・・
何度も何度も 鹿さんの頭をロープから離そうとしたけど・・
ロープをかじる口を絶対離さなかった

もぐもぐ・・ もぐもぐ・・
ビニールの固いロープをかじって食べてたの・・


これ見てね 本当に・・ 悲しくなったの (´_`。)


鹿はね 草食動物だから こんなの食べたら死んじゃうよね・・


宮島の鹿は 食べ物がなくて 観光客が落としたゴミやプラスチックなどを食べて
たくさん死んでるみたいです・・

それだけお腹が空いてるのだよね




ひろしま ~環境情報サイト~
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/eco/miyajima-shika.html

宮島の鹿対策について書いてあります。

これ読んだけど 真剣に守るきがあるのかなぁ・・
餌はあげないけど 死にそうになったら保護する・・ 

これって 守ってるって言わないですよね。。。






よしさん
『宮島の鹿 ボランティア募集』
http://ameblo.jp/yosi373/entry-12101680447.html



拡散願い 
緊急ボランティア大募集‼️12月5日、今週土曜日に給餌のお手伝いをしてくださる方を是非お願いします❗️

いつもお一人で給餌に行かれている 方がお怪我されどうしてもお手伝いが必要になります!

連絡は0829-39-5357米田様までお願いします #宮島鹿 #ボランティア
(以上転載)






宮島鹿通信 の米田さん 
お一人で 宮島の鹿さん達に ご飯をあげてくれてます

そう たったお一人で 島中の鹿のお世話をしてるんです


ブログ → 宮島鹿通信



鹿さんたちのご飯も不足しています




よしさん

宮島の鹿にどんぐりをお願いします!
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshi3a3/40512452.html


世界遺産、厳島神社のお使いのはずの宮島の鹿たちが今、餌を断たれて、餓死による間引きという残酷な仕打ちを受けています。

私たちは行政に対して、バースコントロールによる殺さない頭数調整、平地の群れのための草地の育成などを求めていますが、そうしている間にも、お腹を空かせた鹿は紙やビニールまで食べてしまい、そして腸閉塞を起こして死んでしまいます。

そんな鹿たちに、ドングリをプレゼントしてくださいませんか。
ドングリはよい鹿の餌になります。人里離れた場所のドングリはその地の野生動物の大切な食料ですが、公園や緑道、住宅街の近くの雑木林などなら、段ボール一杯拾っても、自然を損ねることはありません。
拾ったドングリはそのまま紙袋にでも詰めて段ボールに入れて発送してもらえばOKです。送料は元払い(つまり送り主様負担)でお願いしますね。

送り先などはこちらのブログを参照してください。ドングリの他、牧草、ラビットフード、カンパン、乾燥野菜、雑穀なども受け付けています。少量でも喜ばれます。




どんぐりは洗わないでくださいね~!!
洗うと とんでもない事がおこりますよぉ~!!
ホコリを落としたら 早く箱に詰めておくりましょうね (^O^)/





≪送り先≫
738-0034
広島県廿日市市宮内1291-6
0829-39-5357

米田和子



昨年 鹿さんに食べて欲しくてどんぐりを山ほど拾ったの 
そしたら・・ ちょっとしたハプニングがありまして・・ 
送れなかったので・・

今年は ラビットフードを送りました (*^▽^*)



そしたら 米田さんから 
お礼のお手紙と かわいい鹿さのお写真が届きました 






{8C84830D-5807-470B-BABD-4062C30A80AF:01}



{CF6960A3-738A-401D-A3C5-7399C228D998:01}





米田さんのお手紙には
鹿さんに対する 深い愛情と
お一人で頑張っている つらい現実が綴られていました


島の鹿に対する対応から 鹿を必死に守ろうとしている
そんな想いが 綴られていました


応援せずにはいられない (゙ `-´)/ガンバレー
熱い鹿さんへの想い 


私が近くだったら 絶対お手伝いに行くのに。。。 





ここからは私が撮った 宮島の写真






いつか 神様が住まわれている宮島に 
神様の使いの鹿さんがお腹いっぱい食べられるように
芝生が植えられる日が来ると
米田さんは 祈りながら鹿さんのお世話をされています









こんな美しい
神様が住む島 宮島



命 輝く 島であるべきです 






おまけのアベック  (///∇//) カクシドリ・・




★署名★
広島県廿日市市長: 宮島の鹿のために山や低地の環境を整え、鹿の健康管理、増え過ぎないよう避妊をお願いします


~転載以上~

関連過去記事

世界遺産 宮島に住むシカの悲劇



こちらについては反対意見もあるようです。


よしさんより





以前ご紹介した、動物問題に詳しい動物の解放さんの記事 にも、


「餌やり禁止はすべき。ただ『餌やり禁止「のみ」』、は今まで共存してきた鹿に対して乱暴なやり方だと思います。「餌やり禁止」をするのであれば、シカが山で食べられる植物がどれくらいあるのか調査し、宮島の鹿の適正な頭数はどれくらいなのかを考え、避妊去勢も視野に入れ、衰弱個体に対しては、行政による適正な餌やりを続けるべき」


と書かれていました。


とにかく、シカたちが飢えて苦しむ状況だけはないようにしなければと思います。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR