中国 多額の財産を費やし、食用犬2,000頭を救った男性

gbtimesから翻訳しまとめました。(リンク先に動画があります)

http://gbtimes.com/china/man-spends-millions-save-2000-dogs-slaughter?utm_source=hootsuite



changchun-man-rescues-stray-dogs.jpg  


中国・吉林省に住むワン・ヤンさん(29)は、多額の財産を費やして、屠殺場や路上から犬を救い続けています。


数年前、飼い犬の行方が分からなくなり、近くの屠殺場を訪れたものの再会は叶いませんでした。しかし、そこにいた犬たちを見たヤンさんは、「助けなければ」という思いにかき立てられました。


チャイナニュースによると、ヤンさんは保護施設を建設、過去3年間でじつに2,000頭を超える犬を救ってきたとのことです。


現在、シェルターにはおよそ200頭がおり、運営のほとんどを寄付に頼っています。自身の財産から300万元(およそ6千万円)を費やして保護活動を行ってきましたが、資金も底をつき、いま多額の借金を抱えています。


来月結婚を予定しているものの、彼と婚約者は結婚資金さえ犬たちのために使ってしまっています。


資金繰りに苦しむヤンさんは、犬たちに狂犬病ワクチンを打つ余裕すらありません。保護したばかりの野犬と接触することも多いヤンさんにとって、それは彼自身の命を危険にさらすことでもあります。


困難に直面しながらも彼は、自身の活動によって多くの人が犬食をやめ、動物たちを大切にするようになってくれたらと願っています。


 changchun-man-rescues-stray-dogs1245.jpg


changchun-man-rescues-stray-dogs1.jpg 


changchun-man-rescues-stray-dogs12.jpg 


wang2.jpg


 
~まとめ以上~


中国で、犬肉祭りから多くの犬猫を救い出している楊さんのことをご紹介しましたが、楊さん以外にも、こんな素晴らしい方がいるんですね。。


多くの支援が集まってほしいと思います。

そして彼の望むように、犬食をやめ、この問題に声を上げたり、動物を思いやる心を持った人が増えてくれることを願います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR