パリ同時多発テロ:自爆の巻き添えで犠牲になった警察犬「ディーゼル」

パリで起きた同時多発テロで多くの死傷者が出ていますが、1頭の犬もその犠牲となりました。


人間同士のいさかいの中で、命を落とした「ディーゼル」。。

世界中の事件・災害などの現場で、日々死と隣り合わせで任務に当たる犬たちがいるんですよね…


胸が痛みます。

どうか安らかに…

生まれ変わったら、次はゆったり幸せな生を生きてほしいと思います。



毎日新聞より。

http://mainichi.jp/select/news/20151119k0000e030181000c.html

パリ同時多発テロ:爆発物探知犬が犠牲に 自爆の巻き添え

毎日新聞 2015年11月19日 11時02分(最終更新 11月19日 13時04分)


【パリ賀有勇、ブリュッセル斎藤義彦】パリ同時多発テロを巡る18日の治安部隊の急襲で、警察側で唯一の犠牲になったのが特殊部隊「RAID」に所属する爆発物探知犬「ディーゼル」号(7歳、メス)だった。フランス警察は「作戦には必要不可欠な犬だった」と死を悼んだ。


 ディーゼルはベルギー産の牧羊犬マリノワ種。18日の早朝、テロ容疑者を急襲した際、アパートで爆発物を探す任務に当たった。しかし女の容疑者が自動小銃で発砲した末に自爆した際、巻き込まれて死んだ。警察からは5人の負傷者が出たが、ディーゼルが唯一犠牲になった。


 同警察はツイッターで「ディーゼルはテロリストに殺された」「作戦には必要不可欠だった」と死を悼んだ。




以下はNHKニュースより。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151119/k10010311911000.html


仏 銃撃戦で死んだ警察犬に追悼の声


11月19日 6時20分


パリ近郊のサンドニで起きた警察と武装グループの銃撃戦では、警察官5人がけがをしたほか、警察犬1頭が銃で撃たれて死にました。

“殉職”したのは、7歳の爆発物探知犬「ディーゼル」で、13日の同時テロ事件に関連した警察の捜索で、特殊部隊に同行したところ、建物の中にいた女に自動小銃で撃たれたということです。フランスの警察はインターネットの短文投稿サイトツイッターに「ディーゼル」が死んだことを公表し、在りし日の「ディーゼル」の写真を掲載して特殊部隊の作戦に欠かせなかったと、これまでの功績をたたえました。

このツイートは投稿されてから6時間ですでに1万回リツイートされ、大勢の人が「ディーゼル」の死を悼んでいます。




o0634075913488064425.jpg  
mailonline 


fc2blog_20151119232718139.jpg 

現場に向かう最後の姿 mailonline



o0634082313488063616.jpg  
mailonline



CUF7wtyWcAEUWlO.jpg  
RT


CUF77r6WIAAalv_.jpg 
 RT


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR