【署名】北海道知事宛て 牛肉を中東へ輸出する為に『残酷な気絶なしハラル屠殺』を導入しないで下さい

change.orgからです。

https://www.change.org/p/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%BF%E7%9F%A5%E4%BA%8B-%E7%B7%8A%E6%80%A5%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84-%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93-%E7%89%9B%E8%82%89%E3%82%92%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E3%81%B8%E8%BC%B8%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E7%82%BA%E3%81%AB-%E6%AE%8B%E9%85%B7%E3%81%AA%E6%B0%97%E7%B5%B6%E3%81%AA%E3%81%97%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%AB%E5%B1%A0%E6%AE%BA-%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84


アップ署名はこちらから!


【緊急お願い!北海道】牛肉を中東へ輸出する為に『残酷な気絶なしハラル屠殺』を導入しないで下さい!


北海道・高橋はるみ知事は2015年度中に、道内の屠殺施設にイスラム教の戒律に従っていることを示す「ハラル認証」を取得させ、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに道産牛肉を試験輸出する方針を明らかにしました(9/16)。ハラル導入は北海道初。UAEのハラル認証を取得する為、【残酷な気絶なし屠殺】を導入するとのことです。

------------------------------------------------------------------------------

<要望>

高橋はるみ知事様、“ビジネス”より倫理、命への最低 限の配慮を優先して下さい。【気絶なしでの残酷な屠殺】を導入しないで下さい!!

今回の導入が発端となり、気絶なし屠殺のハラル市場が拡大すれば、凄まじい数の動物が命を奪われるだけでなく残虐な地獄を味わうことになります。ご英断を宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------------------

—署名のご協力をよろしくお願い致します。—

<署名をお願いする理由>

① 気絶なし屠殺の残虐性、動物の苦痛と恐怖。

イスラム教では“死んだ肉を食べてはならない”という規定があります。気絶処理をして万一死んでしまったらマズイとして、気絶なしでのと畜が行われることがあります。気絶なしの屠殺は非常に残酷です。【意識があるままで頸動脈を切り、苦痛や恐怖で暴れる動物を設備orロープで縛ります。この方法では死に至るまでの間、動物に大きな苦痛を与えると言われています。】

設備でのハラル屠殺  ※動画:日本のものではありません。GAIA Belgiumより。http://www.gaia.be/nl

無論、宗教は自由であり教義を守ろうとするイスラム教を非難する訳ではありません。イスラム教ハラルの根本は『命あるものへの思いやり、できるだけ苦しめないように』として、気絶をOKしている国もあります。屠畜の際は一頭一頭お祈りを捧げているとのことです。しかし気絶なしでは牛達は切られる苦痛を味わい、設備に入れられたりロープで縛られるといった恐怖を感じながら死に至ります。

いかなる宗教上、人間側の理由があっても、動物の苦痛を正当化することはできません。命あるものへの最低限の配慮は必要です。

世界では気絶なしでの屠殺を禁止している国々もあります(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、アイスランド、スイスなど)。禁止を決定したデンマーク農業大臣Dan Jørgensenは2014年2月に次のように言っています。

 「動物の権利は宗教より優先される」

② 宗教上の理由以前に、命への配慮より“ビジネス”を優先。

イスラム教圏ではなく教義を守る必要がない日本が、『ビジネス・金儲けを優先し、出来るはずの“命への最低限の配慮”を敢えてせず、わざわざ、自国外に輸出すること』は、倫理上、憂慮すべき問題です。牛など畜産動物は、人間と同じく心も体も痛みを感じる生物です。屠殺の恐怖や子を奪われた哀しみで涙を流す彼等の姿はよく知られています。

③ 巨大なハラル市場に拡大する発端となりうる為、凄まじい数の犠牲を出す恐れ。

中東での輸出モデルが確率すれば、東南アジアを含め大きなハラル市場へと拡大することが予想されます。凄まじい数の牛達が地獄の恐怖・苦しみを味わうことになります。そうなってはもう止めることは困難になるでしょう。このタイミングしかありません。

-----------------------------------

マハトマ・ガンジーの言葉

"国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る"

◎他者への思いやりで世界から評された日本人は、“人間には人一倍の思いやりがあるが、実は動物には思いやりのかけらもない、命への最低限の配慮もない残虐な国民だった・・”と評されるのではないでしょうか。実際、日本は動物福祉が世界から大幅に遅れています。

◎ 最後にそもそも論ですが・・

FAO(国連_食糧農業機関)によると、『家畜は世界のすべての車、トラック、飛行機、船などを合わせたよりも多くの温室効果ガスを発生させている。』と発表されています。700億頭にものぼる畜産動物。飢餓問題(地球人口の約14~20%)、熱帯雨林の伐採、温暖化、酸性雨、海水汚染、水・エネルギー不足…どれにも畜産が大きな影響を与えています。人間のために多くの犠牲を強いられて来た動物たち。。そもそもこれ以上、畜産業を拡大させること自体、地球の破壊を増大させる行為です。そして、動物をもうこれ以上、苦しめない道に進みたいものです。

※ご参照:ドキュメンタリー映画『Cowspiracy』など。

※発信はいかなる宗教団体にも関係ありません。

※たくさんの賛同文をいただき有り難うございます!感謝致します。

どのようなご賛同も大変有り難いのですが、イスラム教や高橋知事個人へのご配慮をお願い申し上げます。

平和的に方針変更をお願いさせていただきたいと思います。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR