年間2291匹 猫殺処分全国上位の千葉県 「捨てる人さえいなければ」と憤りの声

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/premium/news/151113/prm1511130003-n1.html


2015.11.13 08:00更新

年間2291匹 猫殺処分全国上位の千葉県 「捨てる人さえいなければ」と憤りの声


9月末、千葉県市原市内の動物病院敷地内に、子猫を含む計25匹の猫が置き去りにされているのが見つかり、全ての猫に引き取り手が現れた。しかし、これは新聞やテレビ報道が影響したとみられる幸運な例で、保護された猫はそのまま殺処分されてしまうケースも少なくない。千葉県では、さまざまな取り組みで殺処分を減らし、かつての全国ワースト1位は返上したものの、現在も多くの無責任な飼い主がいる。


毎日6匹の計算


 千葉県衛生指導課によると、千葉、船橋、柏の3市を除いた県内の平成26年の猫の殺処分数は、2291匹。18年の7985匹に比べて大幅に減少したが、現在も毎日6匹以上が処分されている計算になる。環境省の過去5年間の統計資料によると、21、22年は全国ワースト1位。最新の25年もワースト8位だ。


 3市を除く県内で保護された り、警察署などに届けられたりした猫は、保健所などを通じて、県動物愛護センター(富里市)や同センター東葛飾支所(柏市)に集まる。何らかの事情で猫や犬を飼えなくなった飼い主が、同センターを直接訪れる例もある。


 千葉県は、センターに集まる猫や犬を減らそうと、引き取りを18年に有料化した。23年には値上げし、現在は大人の猫は3080円、子猫は610円。さらに、飼い主に2週間の再考期間を与え、他に手立てがないか自助努力を求め、安易には引き取りに応じていない。

しかし、センターに集まる猫は、公園などで捨てられた「飼い主のいない猫」が多い。そこで、地域全体が飼い主になって不妊・去勢手術を施し、「1代限りの命」を全うさせる「地域猫活動」を県も支援。24年度以降、約100匹の手術費用を予算に計上した。


 千葉県衛生指導課の担当者は「県の事業がモデルになって効果が実証されれば、各市町村が助成金を出すことにもつながる」と期待をかける。


 愛護センターに集まった猫を殺処分から救おうと、里親捜しの譲渡会も積極的に行われている。19年には、対象が猫の保護団体にも広がったことで譲渡数が大幅に増え、1022匹と前年比5倍以上になった。現在も、年間で500匹以上の猫が、愛護センターから個人や団体に譲渡されている。


 譲渡されずに一定期間経つと、殺処分の対象になることが避けられないが、「人に飼われたことのない子猫が多い」(千葉県衛生指導課の担当者)。健康状態が悪かったり、人に慣れていなかったりして、育てるのが難しいのが理由という。


 同課の担当者は「センターの収容量も限られているのに対し、数がまだまだ多すぎる。千葉県は大幅に減らしたとはいえ、まだまだ殺処分数では全国上位」とした上で、「殺処分ゼロを達成した自治体もあり、これまで以外の形でも対応していきたい」と話す。

捨て猫スポット


 千葉県内では、「捨て猫スポット」も存在している。毎年60匹程度が捨てられる同県袖ケ浦市の袖ケ浦公園で、猫の保護、管理をしているボランティア団体の代表、大島三郎さん(62)は「今年もすでに、40匹以上が捨てられている。公園に住み着いてしまう猫をめぐり、さまざまな問題も起こっている。捨てる人さえいなければ、何も問題は起こらないのだが…」と憤る。


 市原市で25匹の猫を捨てた会社員の男(48)は出頭し、市原署が動物愛護法違反容疑で書類送検した。調べに、「近所の住民から猫の臭いなどで苦情があり、手放さざるを得なかった」と供述したという。


 同公園に住み着く猫の寿命は、5、6年という話も聞いた。どんな理由であっても、手放された動物の将来は厳しい。命を飼うということには、大きな責任が伴う。(山本浩輔、写真も)





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR