シャチのためにヒット商品の販売を中止、動物保護活動に貢献する米企業が作った素敵なCM

先日、アメリカのシーワールドが目玉のシャチショーを廃止へ、というニュースをお伝えしたところですが…

アメリカのある企業が、水族館のシャチをはじめとした海洋ほ乳類を救おうと立ち上がりました。

以下、The Dodoより翻訳し、まとめました。

Sweetest Ad Shows Why SeaWorld Is Bad For Orcas

アメリカの子ども用品メーカー「マンチキン」はこのほど、10年に渡り製造販売してきた、ヒット商品のお風呂用玩具のシャチの販売をとりやめると発表しました。

toy-orca.jpg

71+zKiidwnL__SL1500_.jpg
↑日本でもアマゾンなどで販売されています。今後シャチは購入できなくなります。


理由は、「バスタブは、彼らには狭すぎるから」。

水族館のシャチの現状を変えたいという思いからで、「利益よりも、彼らを救いたいという信条を優先させることにした」とのこと。

「利益よりも動物保護」って、素晴らしいですね。経済優先に偏っている日本では、なかなかないことです。。


そして、こんな素晴らしいCMを製作しました。

Orcas Live In Oceans




orca.png


感動的です。。

動画のラストには、現在合計57頭のシャチが捕われていること、浅いプールで過ごしているために、すべてのオスと何頭かのメスの背びれは傷ついてしまっていること、野生のシャチは1日に150km泳ぎ、深さ180mまで潜るという事実が紹介され、彼らを助けるための社のプロジェクトへのサポートを呼びかけています。


さらに、今月9~16日の間の売り上げのすべてを、海洋ほ乳類の保護団体へ寄付すると発表しました。

「バスタブはシャチには狭すぎる」と書かれたプリントTシャツなどが販売されています。

Croppedbody_1200x1200_v3-07.jpg

Croppedbody_1200x1200_v3-05.jpg


また、社のCEO、スティーブン・ダン氏はシーワールドのCEO、ジョエル・マンビー氏に対して、もしも「ティリクム」(30年に渡り水族館で飼育され、3件の死亡事故に関与したシャチ)の解放に同意するならば、保護区域の整備のため個人的に100万ドルを支出すると進言しました。


シャチマンチキン社の「プロジェクト・オルカドキドキオルカは海に」のサイト

http://www.munchkin.com/OrcasLiveInOceans

projectorca.jpg


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR