アメリカでの動物虐待取り締まりの現在

アメリカでのとても参考になる取り組み事例です。


現在米・ニューヨークでは、動物虐待の捜査や取り締まりは主に警察が行うようになり、米国動物虐待防止協会(ASPCA)は虐待された動物のリハビリに力を入れているとのこと。


またASPCAは警察学校において動物虐待に関する法律やアニマルホーディングや闘犬の取り締まりなど、動物に関する犯罪捜査の指導も行っているのだそうです。


ASPCAが行う、生涯に渡りひどい虐待を受けてきた犬たちへのセラピーやリハビリの取組みも素晴らしいです。


日本が学ぶべきところがありそうです。


詳しくは、dog actuallyの記事をぜひご一読ください。



アメリカでの動物虐待取り締まりの現在

http://www.dogactually.net/blog/2015/10/photo-by-lisasolonynko.html




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR