中国・玉林犬肉祭りで犬猫を保護している楊さんの新しい施設

保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会さんからです。

http://jouto.blog69.fc2.com/blog-entry-1262.html



「玉林市犬肉祭り」に天津から2000キロもの遠距離を毎年虐殺される犬達を
お金で買い助けている中国の女性楊さんは皆様からのご寄付で
新しい施設が完成まじかだそうです。

2015-10-20-1.png


世界から1500万円が集まり
ここで命を救ってもらった犬猫達は生活が出来るようになります。
楊さんは頑張って生活を犠牲にしてまで目の前の拷問を受けて絶叫し
殺される犬達を毎年6月の夏至の日助けています。
買ってくれることが分かっているため売り主の人間は犬の値段を釣り上げ、
目の前で首つりさせたり買わせるように拷問します。
最低の人間です。

そんな辛い気持ちで頑張っている楊さんを良く思っていない人間もいて
いろいろな誹謗中傷もされました。
当会も皆様からの支援物資をお送りしましたが物1つ送るにも中国は大変でした。
船便ですと途中で盗み取られることがあると聞きました。
今回は天津の爆発もあり航空便で送りやっと2週間以上たって確認が取れました。
お送りいただきました皆様ありがとうございます。
確実に届いていますのでご安心ください。

そして不安なのでテストケースで少額を送りました支援金は今、
楊さんの口座が一時閉鎖しているとのことで「10月3日より」戻ってきてしまいました。
再開しましたら再度お振込みし直します。
今後楊さんも沢山の犬猫を抱えまた来年も
1万頭の犬が食べられる玉林市に行き買い取りをすると思います。
そうならないようにこの祭りを中止させるため署名を集めていきますので
ご協力お願いいたします。

新しい施設で犬猫達が少しでも気持よく幸せな生活が出来るよう
今後とも楊さんを応援してあげてください。
韓国も中国もインドネシアも、こんなに人間に貢献してくれている犬猫達を
拷問し恐怖を与え「生きている犬達が見えるのケージの前で殺しています」
非人道的な扱いを許している国は恥と感じてほしいです。
中国は飼い犬が主に盗まれてこのような拷問をされ殺されています。
皆さまの愛犬、愛猫がこのような事をされて
殺されていると思ったらいてもたってもいられませんよね。
人間を信頼して生活している子達に
このような残虐な事をする人間はきっといつか罰が当たります。
そう信じています。
今後フードなどのご支援を希望されていますが
以前当会もフード会社に交渉し送るよう検討しましたが
こちらから送るとなると送料が莫大な金額になるとのこと。
そこで中国の支店に日本から発注してもらおうと
調べてもらいましたが数量が限定されてしまいます。
直接現地の販売店に行き注文しなければならないとのことで断念しました。

その様に物資を送ることは非常にリスクがあるため
今後は申し訳ございませんが支援金のみ楊さんに送ることにいたしました。
どうぞ中国の子達を少しでも幸せにしてあげて下さい。
悲しい現実ですが皆で支えてあげましょう。
1日も早くこのような犬食、拷問が無くなるように神に祈る気持ちす。

食べられていく犬猫達へ。
「日本からもあなたたちの苦しみは忘れません。
きっといつか分かってくれるような世の中になることを信じています。
すぐに助けてあげられなくて本当にごめんなさい」。


~転載以上~




yan.png  



★拡散希望★中国「犬肉祭り」で犬猫を保護している楊さんへご支援をお願いいたします。


中国「玉林犬肉祭り」廃止を求める署名まとめ



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR