ライオン解剖を子どもに公開、デンマーク動物園に海外から非難

AFPBBニュースからです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3063302

ライオン解剖を子どもに公開、デンマーク動物園に海外から非難

2015年10月16日 07:15 発信地:コペンハーゲン/デンマーク


 img_130e0c8e010e287ebb60cb6ac62cb8c0230352.jpg

img_e59a05ebb8700c97d38b0be13167c4c1225099.jpg 
デンマーク中部オーデンセの動物園で、来園者の前で公開解剖されるライオンの死骸(2015年10月15日撮影)。(c)AFP/SCANPIX DENMARK/CLAUS FISKER


【10月16日 AFP】デンマークの動物園が15日、来園者の子どもたちの目前でライオンの公開解剖を行った。同園側は「教育の一環」と説明しているが、動物愛護団体は「背筋の凍る見せ物」だと糾弾。一方、デンマーク国民の多くからは、同園を擁護する声が上がっている。


 ライオンの公開解剖を行ったのは、デンマーク中部にあるオーデンセ動物園(Odense Zoo )。同園は大型のネコ科動物が増え過ぎ、引き取り先も見つからなかったとして、今年2月に3頭のライオンを殺処分した。今回解剖されたのはそのうちの1頭で、生後9か月の時に殺され、この日まで他の2頭と共に冷凍保存されていた。


 同国では昨年、首都コペンハーゲン(Copenhagen )にある別の動物園が、健康なキリンを殺処分して公開解剖を行い、非難の嵐が巻き起こっていた。

 15日のイベントには、大人と子ども合わせて300~400人が集まった。中には4歳の幼い子どももいた。同園のガイド役が解剖で最初に行ったのは、舌の切除だった。


 その後ライオンの皮が剥がれ、死んだ動物から出る臭いが辺りに充満し始めると、わずか数センチしか離れていない場所で見ていた子どもたちのうちの数人は、鼻をつまんだり顔をしかめたりしていた。


 ある男の子は「見たくない」と言ったが、デンマークの公共放送DR のインタビューを受けたある女の子は、「面白かったけどちょっと気持ち悪かった」と話していた。


 飼育員の一人は、なぜ健康で若いライオンが殺処分されたかを見物客らに説明。「もしそのまま生かしていたら、自分の姉妹や母親と交尾、つまり子どもをつくってしまうかもしれなかった。これは、近親交配と呼ばれる」


■世界各国から非難の声


 デンマークの動物園では、動物の公開解剖は自然について子どもたちに教える方法の一つとされ、定期的に行われている。


 昨年2月にコペンハーゲンの動物園が健康なキリンを殺処分して公開解剖した際には、同園の科学責任者が複数の殺害脅迫を受けた。


 オーデンセ動物園は今年、ラクダやポニー、バク(鼻の長いブタのような動物)の公開解剖も実施していたが、その時にはさほどの注目も集めなかった。しかし15日のライオン解剖は、話が別だった。


 13万5000人が、同園の公開解剖を非難するインターネット上の請願書に署名。その大半は、デンマーク国外の居住者だった。

 これに対しデンマーク在住者の多くは、学校の秋休みに合わせて開かれたこのイベントには教育的価値があったと擁護していた。


■間引きは「科学的に有効」


 動物愛護団体「国際人道協会(Humane Society InternationalHSI )」欧州支部の広報担当者は同園を、死んだライオンを使って「背筋の凍る見せ物」をしており、その原因は動物園でネコ科動物の「無責任な」過剰交配が行われているからだと非難した。


 これとは対照的にデンマーク動物愛護協会(Danish Animal Welfare Society )は、ライオンの解剖だけを非難するのはおかしいと指摘。「何百万ものニワトリがみじめな一生を送っている。でも誰も何も言わない」とツイッター(Twitter )に投稿した。


 また欧州動物園水族館協会(European Association of Zoos and AquariaEAZA )も、ライオンの殺処分は動物を一定数に保つという観点から「科学的に有効性が認められている」方法だと擁護し、教育目的での解剖も「妥当な選択肢」という見方を示している。


 農業が経済の重要な一部を成しているデンマークでは、食肉解体場の社会科見学を行う学校もあり、動物の解剖に非難が集まることに多くの人が驚きを示している。(c)AFP/Sören BILLING



~転載以上~



関連記事リンク(スポーツ報知)


デンマーク動物園、ライオンを公開解剖 愛護団体が非難




以下は、タマらんブログさんから転載です。

http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-588.html



以前、キリンのマリウスを銃殺し、

解体ショーを行ったコペンハーゲン動物園

から100マイルほど離れたOdense Zooで、15日

殺処分にした1歳の雄ライオンが公開解剖されました。


ライオン 殺処分

解体中の写真の掲載は控えます。

動物園側は、年1~2回、教育目的で

行っていると説明していますが、

見学している子供たちの顔は・・。

幼齢の子供も多い・・理解できるのか疑問。

彼らの脳裏に残るものは何でしょう。


以下、毎日新聞より転載です。
http://mainichi.jp/select/news/20151016k0000e030187000c.html?fm=mnm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


デンマーク:動物園がライオンを公開解剖
毎日新聞 2015年10月16日 

デンマーク中部の動物園が15日、
殺処分にした1歳の雄ライオンを解剖する様子を、
子供を含む数百人の希望者に公開した。
動物愛護団体などが中止を呼び掛けていただけに波紋を広げている。
AP通信が報じた。

動物園は約20年前から公開解剖を行っており、教育目的だと説明。

学校の休みに合わせて実施し、職員が血に染まった臓器を取り出して見せ、

子供の質問に答えた。

国内では擁護する声が主流だが、国外やインターネット上で

「哀れみに欠け、倫理に反する」などとの批判が噴出した。(共同)

    (転載以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解剖されたライオンは近親交配を防ぐため、9ケ月前に

殺処分され、冷凍保存されていました。

頭数が増えすぎ、他に2頭、殺処分され、冷凍保存中。

ライオンだけではなく、他の動物も殺処分され、公開解剖されます。

656728-1444682160-wide.jpg

動物園によれば、引き取ってくれる所が無かったとのことですが・・。


マリウスの時と同様、今回、殺処分されたライオンも、

実は動物園側、つまり、人間の都合によるものです。

おそらく、この動物園には、ライオンなどの大型野生獣を

飼育するキャパ(面積も含めて)は無いのです。

子供のうちは可愛いので生かしておき(これも動物園側の都合)、

交配できる月齢に成長したら、もはや子ライオンとは呼べないし、

お客も呼べなくなるので処分する。

このような状況なら、子供の教育上、動物園は要らない!

種の保存を存在目的に掲げている動物園は多いのですが、

動物園で種を保存しても、それはもはや、帰る野生を失ったペット同然。


dennma-ku.jpg
動物園の偽善


奇しくも、昨日の朝日新聞に、円山動物園で飼育員のネグレクトにより

若い個体から襲われて死んだマレーグマ、ウッチーの記事が

掲載されていましたが、JAZAの岡田尚憲事務局長は以下の

コメントを寄せています。

「動物園にとって大切なのは入園者数でも人気ランキングでもなく、

動物の命だ・・(後略)」

本当にそうなのか・・・?

EAZA(欧州動物園水族館協会)は、妥当な間引きという見解。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR