fc2ブログ

ハワイの山火事で失踪した犬 火傷を負うも家族と奇跡の再会

Hint-Potからです。



ハワイの山火事で失踪した犬 火傷を負うも家族と奇跡の再会

配信


米ハワイ州・マウイ島で8月8日(現地時間)に大規模な山火事が発生。建物は1000棟以上が焼失し、人間だけでなく多くの動物たちが焼け出されました。被害の全容が見えないなか、1匹の犬が飼い主と再会。希望の光となっています。


マウイ島の山火事で火傷を負った犬が飼い主と再会


 動物保護団体のマウイ動物愛護協会は、公式フェイスブックアカウントで、1匹の犬と家族の再会を報告しました。犬の名前は「ローマン」。投稿によると、山火事が発生したとき、家族はドッグシッターにローマンを預け、島を離れていたそうです。


  シッターは火事から逃れるため、ローマンとともに海に飛び込もうとしました。ところがローマンは怯えてしまい、海には飛び込まず。シッターの前から走り去ってしまいました。 


 ローマンの消息は掴めないまま、2日が過ぎました。しかし、奇跡が起きます。なんとローマンが火傷を負ってさまよっているところを、地元の建設会社スタッフに発見されたのです。その後、ローマンはマウイ動物愛護協会に引き渡され、治療を受けることに。


  ローマンはこのとき、前足と後ろ足、背中など体のあちこちを火傷していました。治療と並行して、ローマンに埋め込まれたマイクロチップから飼い主を特定。連絡すると、すぐにローマンを迎えに施設へやってきたそうです。


  いまだに行方不明者の捜索が続くマウイ島。大きな悲劇のなかで、離ればなれになっていた飼い主とペットが再会したという話は、多くの人を勇気づけています。



~転載以上~



家族と再会したローマン。Maui Humane Societyより。







スポンサーサイト



全身で伴侶犬をかばいながら火魔の犠牲に…ハワイ山火事の悲劇

中央日報からです。



全身で伴侶犬をかばいながら火魔の犠牲に…ハワイ山火事の悲劇

配信


米国ハワイ州マウイ島で「100年ぶりの最悪の山火事」として15日(現地時間)午後までに106人が亡くなったことが明らかになった。ハワイ当局は犠牲者のうち身元が確認された人に限り家族に通知する手続きを踏み始めたが、亡くなった時の状況が公開されて人々の悲しみを誘っている。


  この日NBC放送によると、山火事被害が集中したマウイ島北西側の海岸地区ラハイナでは伴侶犬を助けようとして亡くなった60代男性が見つかった。彼の名前はフランクリン・トレジョス(Franklin Trejos)さん(68)で、友人シャノン・ウェーバー=ボガール(Shannon Weber-Bogar)さんの夫ジェフ=ボガール(Geoff Bogar)さんと一緒に仕事をしながらボガール夫婦の家で30年間一緒に暮らした。ボガール夫婦によると、トレジョスさんは特に夫婦の3歳になるゴールデンリトリバーの伴侶犬「サム(Sam)」をかわいがっていたという。


 普段から人情に厚かったトレジョスさんは火事が起こった時も可能な限り多くの隣人を先に避難させた。当時ウェーバーさんは母親の世話するために地区の外にいておらず、家にいたジェフさんとトレジョスさんは人々の避難を助けた後、家を守るために残った。


 しかし火は思ったより早く燃え広がり、2人は逃げるために各自の車に飛び乗った。ジェフさんは車のエンジンがかからないため窓を突き破って這い出し、かろうじて生き残った。火傷を負った程度だった。ジェフさんは翌日トレジョスさんを探しに現場に向かい、彼の車で悲しい場面を見ることになった。


 トレジョスさんが車内でサムを全身でかばった状態で見つかったのだ。人も犬も火から脱出できず亡くなった状態だった。ジェフは「フランクよりもサムの遺骸のほうが多く残っている状態だった」とし、トレジョスさんが犬を守ろうとして亡くなったと推測した。


 一方、8日午前6時ごろ、ラハイナ地域で始まった山火事でハワイでは100人以上の人々が亡くなり、建物2200軒が破壊されるなど莫大な被害が発生した。ニューヨーク・タイムズによると、この日午前まで捜索を終えたのは全体被害地域の約32%にすぎず、今後被害規模はさらに拡大するものとみられる。


 数千匹の動物たちも命を脅かされている。動物保護所「マウイ・ヒューメイン・ソサエティー(maui humane society)」関係者はNBCに「ラハイナ地域だけで3000匹近い動物たちがいなくなるか死んだとみられる」とし「私たちは現在、ニワトリ・オウム・モルモット・豚・犬・猫などさまざまな動物たちを保護している。彼らが飼い主を見つけられるように最善を尽くしたい」と明らかにした。



~転載以上~



★関連ニュース





以下、被災動物の画像はMaui Humane Societyより。











亡くなられた方々や動物たちのご冥福を心よりお祈りいたします。

どうか、一つでも多くの命が救われますように…

迷子の子たちが家族と再会できますように…



上げ馬神事、三重県教委が勧告 動物虐待批判、11年以来2度目

共同通信からです。



上げ馬神事、三重県教委が勧告 動物虐待批判、11年以来2度目

配信


三重県桑名市の多度大社で毎年5月に行われる伝統行事「上げ馬神事」が動物虐待に当たると批判されている問題で、県教育委員会は17日、県文化財保護条例に基づき、馬を威嚇しないよう求める勧告を多度大社に出した。福永和伸教育長が記者会見で明らかにした。県文化財保護審議会が改善を求めていた。多度大社の上げ馬神事に関する勧告は2011年以来2度目。


 県教委は勧告で(1)動物愛護の精神に従い、馬を威嚇する行為を根絶すること(2)人馬共にけがをしないよう徹底した安全管理の下で行うこと(3)神事の実施主体を明確にし、文化財としての在り方を改めて検討すること―の3点を求めた。県教委によると、大社側は今月末をめどに改善策を示すとしている。


  福永教育長は会見で「馬にとって過酷な状況なのは間違いない。今のままのやり方では社会の考えに沿っていないので、しっかりと改善を図るべきだ」と話した。


  上げ馬神事は南北朝時代から続く県の無形民俗文化財で、馬が坂の上に設置された高さ約2mの土壁を越えた回数で農作物の豊凶などを占う。



~転載以上~



★関連ニュース




プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

7年前、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR