fc2ブログ

炎上の「上げ馬神事」多度大社が見解発表 誤情報による祭事関係者への誹謗中傷に注意喚起も

スポニチアネックスからです。



炎上の「上げ馬神事」多度大社が見解発表 誤情報による祭事関係者への誹謗中傷に注意喚起も

配信


三重県桑名市の多度大社は、動物虐待と批判の声が殺到した「上げ馬神事」について、18日に見解を発表した。 


 「上げ馬神事」は700年近い伝統を誇る神事で、若者が馬にまたがり人馬一体となって急坂を乗り越え、その回数で農作物の作柄を占う。新型コロナウイルスの影響でこの3年は中止されていたが、今年は4年ぶりに復活。今月4、5日に行われた。


  脚を骨折し、安楽死処分となった馬も出た今年の「上げ馬神事」。多度大社は、負傷祭馬について「様々な誤った情報が錯綜している事から、調査した内容を示させていただきます」とし、次のように経緯を説明した。


  「5月4日、祭馬が馬場を駆けている途中に馬場内で躓き転倒し負傷しました。当該地区の祭事関係者が祭馬の安全確保のため馬体を起こし、直ちに馬装を解き、腹帯を緩める等の対応を取り、寝かせないようにとの指示のもと獣医師の診察をうけました。通行規制があり、馬運車が入れない状況下のため、その間、祭馬に少しでも負担が掛からないよう鎮痛剤の投与を受けました。祭事関係者、馬主、獣医師が協議し、車到着(この間1時間程度)後、ただちに祭馬に一番負担にならない適切な処置が獣医師によりとられました」


  今後の取り組みについては、これまでに寄せられた意見を神事に参加する地区で組織される最高議決機関の「御厨総代会」や三重県、桑名市も含めて「上げ馬神事事故防止対策協議会」で共有し、検討や協議。その上で「動物の愛護及び管理に関する法律を始めとする関係法規を遵守し、歴史的価値及び文化的価値が損なわれることのないよう努めて参ります」とした。


  最後に「上げ馬神事の最高議決機関は御厨総代会であり、総代会長にその決定権はございません。その為、今年度の上げ馬神事の事につき早々に、御厨総代会を開き検討してまいりますので、SNSによって得た間違った情報による祭事関係者に対しての誹謗中傷及迷惑行為を行う事は決して行わないようお願い申し上げます」と結んだ。



~転載以上~



★関連記事


神奈川新聞からです。



三重・桑名の伝統行事「上げ馬神事」は動物虐待? 維新議員が参院農林水産委員会で農相に指摘「国が指導を」

配信


武者姿の若者が馬に乗って急坂を駆け上がる三重県桑名市の多度大社の「上げ馬神事」について、「馬への虐待に当たる」との批判が高まり、国会でも取り上げられた。今月行われた神事では1頭が骨折したため安楽死となっており、日本維新の会の串田誠一氏(参院全国比例、県連所属)は16日の参院農林水産委員会で「事故が起きるのは誰が見ても分かる。国が指導してほしい」と求めた。


  この神事は地元の若者が騎手となり、急坂がある約200メートルの馬場を疾走して高さ約2メートルの土壁を駆け上がる伝統行事。壁を越えられた回数で農作物の豊凶などを占う。南北朝時代から700年にわたり続いてきたとされ、三重県無形民俗文化財に指定されている。 


 新型コロナ禍のため4年ぶりの開催となった今月4、5日の神事では元競走馬のサラブレッド1頭が足を骨折して安楽死となったことが報じられた。


  壁を乗り越えられずに逆さまに転倒した馬や、足を骨折した馬の様子がSNSで拡散されて批判の声が上がっていることを踏まえ、串田氏は「完全に動物愛護法に反する行為」と指摘したが、野村哲郎農水相は「個別の伝統行事の内容をコメントすることは難しい」と述べるにとどめた。


  神事を巡っては、三重県教育委員会は氏子組織などに対して動物虐待や動物愛護の精神に反する行為を根絶するよう勧告し、馬の適正な取り扱いを求めている。



~転載以上~



どう見ても…馬への虐待行為としか思えません。

馬を使うことはやめていただきたいです。もし使うとするならば、平面を歩く、ゆっくり走るなど、人馬共に危険のない方法に変えていただきたいと思います。



★三重県民の方のブログです。




スポンサーサイト



1頭が安楽死の「上げ馬神事」に集まる批判「命を使い捨てにするな」美談に仕立てる地元メディアの姿勢

Smart FLASHからです。



1頭が安楽死の「上げ馬神事」に集まる批判「命を使い捨てにするな」美談に仕立てる地元メディアの姿勢にも疑問が

投稿日:2023.05.11 22:00


1頭が安楽死の「上げ馬神事」に集まる批判「命を使い捨てにするな」美談に仕立てる地元メディアの姿勢にも疑問が

波紋を呼んでいる三重県桑名市の「上げ馬神事」(写真・共同通信)


 5月4日、5日に三重県桑名市の多度(たど)大社でおこなわれた伝統行事「上げ神事」に、多くの批判が寄せられている。


「上げ馬神事」は、約700年の歴史を持つ伝統行事で、青年が馬にまたがり、約2mの急な土壁を乗り越えさせ、その回数などで豊作や吉凶を占うもの。毎年、多度大社と猪名部(いなべ)神社でおこなわれており、県の無形民俗文化財に指定されている。


 多度大社では、大型連休シーズンの恒例行事としておこなわれていたが、ここ数年は新型コロナウイルスの影響で中止されており、4年ぶりの開催となった。だが、SNSでは、壁を乗り越えられなかった馬が逆さまに転倒したり、興奮して暴れまわったりする姿を映した、神事の動画が拡散。初日は12回挑戦して成功者なし、2日めは6回のうち成功は3回という難易度の高さで、1頭が安楽死となったことが報じられた。一連の様子に、SNSでは批判が殺到している。


《上げ馬神事、ひどいと分かっていて動画見てしまったんだけどつらい。逆さまになって落ちていく馬、そりゃ無事じゃいられないよな。今回流れてきて知ったけど結構前から問題視はされていた様子。人間がスリルを感じるための祭りならやめてしまえと思う。残虐なやり方ではなく続ける方法はあるはず。》


《上げ馬神事のツイート辛くて涙出ちゃう エゴすぎ 人間のおもちゃにされて、死んじゃうなんて悲しい》


《え。今年も馬死なせちゃったの。上げ馬神事。1日目のやつテレビで見たけどあれは坂じゃない。登るものじゃない。馬に乗る子もご両親も誇らしげだったけど。本当にやり方変えなきゃいけないよ。命を使い捨てにするな。》


 過去にも、こうした指摘は出ていたようで、2011年には、興奮させるため、馬を本番直前に殴ったとして、動物愛護法違反容疑で地元住民ら5人が書類送検されたとも報じられている。


 だが、地元のテレビ各局は「上げ馬神事」を肯定的に報道した。騎手の青年にインタビューし、「父に恩返ししたい」といった言葉を紹介するなど、感動的な構成にした局もある。そうしたテレビ局の姿勢にも、疑問を抱く人が多いようだ。


《三重県多度大社の上げ馬神事、いろんな団体さんや一般からの反対署名などあるけど開催したんだね。テレビはそっちを一言も報じず(これは変では)4年ぶりヤッホー!を連呼です。》


《このような動物虐待ショーを美談のように語らないで欲しい》


 騒動をうけ、日本維新の会の串田誠一参院議員は、Twitterで《三重県の多度大社の上げ馬神事に多くの方からご意見やご要望を頂いています。伝統行事と動物虐待に関しては、アニマルウェルフェア議連で取り上げる予定でありますが、個人的にも環境省に質していきます。昔から行われているというだけで動物虐待が許されることにはなりません。》と言及。立憲民主党の塩村あやか参院議員も《選出議員に相談してみます》と、問題視する姿勢を見せた。


 また、上げ馬神事に起用される馬はサラブレッドだが、ある競馬ライターは「こんなことをサラブレッドにさせるとは、信じられない」と憤る。


「“ガラスの脚”と呼ばれるほど、サラブレッドの脚は細く故障しやすいものです。競走中の骨折は多いのですが、そのほとんどは、ひびが入ったり、剥離骨折程度。これはしばらく治療すれば治りますが、ぽっきりと折れた場合、粉砕骨折や開放骨折ではまず助からず、殺処分となります。400kg、500kgの巨体を、残り3本の脚で支えると、それらの脚に負担が大きく、蹄葉(ていよう)炎など、さまざまな疾病を起こすためです。


 この祭りのようなことをさせれば、重度の骨折の可能性が高いことは間違いないでしょう。脚だけでなく、ひっくり返れば骨盤などの骨折もありえます。しかも、まわりであれだけ大勢の人間にけしかけられて、馬はパニック状態に陥っているので、危険度はさらに高くなるはずです。


 数百年の歴史があるということは、以前は日本の在来種の馬を祭りに使っていたということです。サラブレッドが体高160~170cmあるのに対し、在来種は120~130cmとかなり小柄。しかも農作業にも用いられていたように、脚もサラブレッドよりは丈夫だったはずです。とはいえ、いまは在来種の馬を確保することも難しい。引退した競走馬の多くは、ひっそりと処分されていることも事実ですが、こうした形で命を落とすのは、いち競馬ファンとしても非常に残念です」


 4年ぶりの開催となった上げ馬神事だが、あらためて厳しい問いを突きつけられることとなった。時代と伝統の衝突に、答えは出るだろうか。



~転載以上~




【署名】

動物に恐怖、苦痛を与える事はやめよう!!






【署名あり】”馬に壁を登らせ、転倒させ虐待し殺処分する神事”

夜空さんより。




本当に、可哀そうで見ていられません。

馬は、とても繊細な生き物です。

多大な恐怖と苦痛を強いて、命がけで行事に参加させるのはやめていただきたいです。


近年、動物愛護の機運の高まりにより、海外では多くの国と地域でショーやサーカスにおける動物の利用が禁止されたり、動物を使った伝統行事が廃止、または別の物に代替されるといった動きが加速しています。


日本でも、各方面で動物愛護の意識が以前に比べ着実に高まっています。


関係者の方々には「伝統を絶やしてはならない」という思いがあるようですが…

このように人馬双方に危険のある祭りのあり方について考え直していただきたいと思います。



★参考過去記事






以下、過去記事より一部抜粋。



馬も、いのち。

神社は、いのちを尊ぶ場所ではないのですか?

ご参考までに、過去の事例:

2008年
(平成20年) (猪名部)
馬が頭から壁に激突して鼻骨を骨折。
大量の出血が両鼻孔から滴り落ち、
足元の地面が血の海になった。
観衆が注目しているにもかかわらず、
そのまま馬繋ぎ場に繋留し続けた。
(獣医師は、治療困難で、すぐに移動させるよう指示していた)

(多度) 
上げ馬を失敗した馬が、騎手を乗せたまま走路を
逆に疾走し、観光客と関係者が巻き込まれ5名が
重軽傷を負った大きな事故が起こった。

2009年
(平成21年) (猪名部)
右前肢の中手骨を骨折し跛行している馬を、
田圃の中の道路に停車している馬運車まで、
数百メーターも歩かせた(虐待)。 
他に、祭り関係者が、上げ馬に成功した馬に
蹴られ頭蓋骨を骨折したが、命に別条がなく幸いでした。

(多度) 祭り当日ではないが、騎手が決まって乗馬の稽古中に
放馬し、その馬が走行中の自動車に衝突して死んだ、
と地元の人から聞いた。

2010年
(平成22年) (猪名部)
一頭が、上げ坂にさしかかった時、馬が前のめりに
頭から転倒し、騎手は前方に投げ飛ばされた。
馬は、全く微動もせずにそのまま息絶えた。
この即死は、頚椎損傷によるものであった。
 死馬を搬出するために、クレーン付きのトラックが
走路に入り、ブルーシートで覆われた死体を
ロープで吊り上げトラックに乗せた。

(多度) 
一頭の馬が、壁に激突した時に
大腿骨を骨折して起立困難に陥った。
苦痛に喘ぎ横たわったままの馬の尻尾を持って 
起たせようとした。
あろうことか、関係者の一人が馬の耳に水を注ぎ込んだ。
転倒馬を無理矢理立たせて参道から神社脇の道路まで、
大観衆の見守る中無理矢理歩かせた(虐待)。
その後、ブルーシートで囲い直接見られないようにしてから、
クレーンで生きたままロープで吊り上げ(究極の虐待)
トラックに乗せた。
そして、神社から少し離れた小道に移動してから
獣医師が呼ばれ、予後不良でその場で安楽殺された。

2011年
(平成23年)(猪名部)
一頭が、壁に激突して転倒し、数分後やっと起立したが、
 歩行困難な様子であった。苦痛に喘いでいる馬を、
走路から馬場入り口付近まで数百メーターも無理矢理
歩かせた(虐待)。
ついに力尽きその場に倒れ込み起立不能になった。
その場に獣医師が呼ばれ、肩甲骨の骨折との診断で、
予後不良で安楽殺された。
一部関係者による馬への威嚇的な行為が認められた。

(多度) 残念ながら、一部関係者による
馬への威嚇的行為が認められた。

2012年
(平成24年) (猪名部) 
馬を威嚇する行為が目立ち、
そのため馬が過剰に興奮して暴れた(暴れさせた)。

(多度) 
残念ながら、壁が垂直のままで、高さも高いままのため、
危険な場面がいくつもあった。
騎手が乗馬してスタートする前後、上げ馬本番、
上げ馬の後で神社に向かって拝礼する場所等での
落馬が目立った。

動物との共生を考える連絡会 による調査より)

参考:
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-390.html







動物実験用ニホンザル繁殖・供給プロジェクトの廃止を求める署名にご協力ください!

PEACEさん、JAVAさん合同の署名プロジェクトです。







★関連記事 sippo




その他動物関連ニュース 2023年5月8日

いつもご訪問いただきありがとうございます。 バラ 薔薇 flower* バラ 薔薇 flower* バラ 薔薇

ニュースまとめです。 


北海道で猫の虐殺が続いていますね…早く捕まってほしいです。







































プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

7年前、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR