fc2ブログ

【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

Newsweekからです。



【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

配信


広西チワン族自治区玉林市では、夏至にあたる6月21日に、年一度の「犬肉祭」が開かれる。毎年、大勢の人がこの街に集まり、屋台やレストランで犬肉の煮込み、揚げ物といった料理を食べる。


  【動画】トラックで「出荷」された犬、飼い犬連れ去りの瞬間、処理場に連れてこられた犬


この「祭り」は、果物のライチと犬肉を食べて夏バテを防ぐという趣旨で、10日間で何千頭もの犬が屠殺されることで知られる。そんな悪名高い「玉林(ユーリン)ライチと犬肉祭」だが、その直前に中国の警察と動物愛護活動家が、屠殺される運命にあった約400匹の犬を現地に向かうトラックから救い出す出来事があった。


 動物愛護団体ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)によれば、玉林市から数百キロ離れた陝西省で6月19日、祭りのために運ばれていた386頭の犬たちが、警察と活動家によって保護されたという。


 警察と活動家が高速道路でトラックを停車させたところ、うだるような暑さの中、数百頭の犬たちが、小さな金網の檻(おり)に詰め込まれているのが見つかった。その様子は動画に収められている。


 ■「まるで地獄から来たトラック」


 現場にいた活動家の一人リン・シオンは、HSIにこう語っている。「あれほど多くの犬たちが、最悪な状況に置かれているのを見てゾッとした。かわいそうな犬たちは、まるで地獄から来たトラックに乗せられているようだった。何日もトラックに乗せられていたようだ。脱水症状や飢えに苦しんでおり、ケガや病気の明らかな兆候が見られる犬も多かった」


 リンはさらに続ける。「檻から顔をのぞかせる犬たちの、恐怖で固まったような表情を見たとき、この犬たちは玉林の食肉処理場に向かっていて、そこで撲殺されるのだと私たちは悟った」


 トラックに乗せられていた犬たちの多くは、目や皮膚の感染症にかかっており、体調が悪いように見えた。トラックが停車させられた後、犬たちは、警察の検疫施設に運ばれた。犬たちはそこで治療を受けてから、活動家に引き渡され、保護施設に移される予定だ。


 中国の食肉取引から救い出された犬の世話を支援するHSIの中国政策専門家ピーター・リーは、声明の中でこう述べている。「中国では、ほとんどの人が犬を食べない。それにもかかわらず、南部にはいまだに、玉林のような犬食のホットスポットが存在し、何百万頭もの犬がひどい苦しみを味わい続けている」


■庭からの連れ去りや道路でのひったくり

「犬たちのために立ち上がった中国の活動家、そして、その対応によって犬たちの命を救った警察を、とても誇りに思う。彼らがいなければ、この犬たちはすでに玉林の食肉処理場で殺されていただろう」


 トラックから救出された犬のなかには、首輪を装着したままの犬も含まれており、飼い主から盗まれた可能性を示唆している。


 「中国の犬猫肉の取引は、ビジネスの維持のため、窃盗という違法行為に大きく依存している」とリーは本誌に語った。「韓国とは異なり、中国には犬肉専用の飼育場がない。取引に巻き込まれる犬の大部分は、誰かが『飼っていた』ペットや、路上でさらわれた野良犬だ」


 「犬泥棒は、毒や、裏庭からの連れ去り、車で走りながらのひったくりなど、さまざまな方法で犬を手に入れ、取引業者やレストランのオーナーに販売する」とリーは説明する。「犬や猫は、十分な数がたまると、小さな檻に身動きできないほど詰め込まれ、トラックの荷台に積み上げられる。いわゆる『祭り』に向けて玉林に運ばれる犬たちは、中部の安徽省、湖北省、河南省など、2400キロも離れたところからやって来ることもある」


 リーによれば、このような旅は多くの場合、「耐え難いほど残酷」で、犬たちは餌も水も休息も与えられないという。「トラックの一番下に積まれた犬たちは糞尿にまみれ、中段に積まれた犬たちは窒息死することもある」


 中国では、犬肉の取引は禁止されていない。しかし、国務院に属する行政部門「中国農業農村部」は以前、犬(と猫)は伴侶動物と見なされるため、「家畜」には含まれないという公式声明を発表している。


 また、犬肉取引は多くの点で、中国の法律や規則に違反している。例えば、生きた動物を省の境界を越えて運ぶ場合、個体ごとに健康検疫証明書を用意しなければならない、と法律で定められている。


 「もちろん、犬泥棒や業者はこうした証明書を持っていないため、日常的にこの法律を破っている」とリーは話す。「また、犬や猫の食肉処理場は、食用家畜として公式には認められていない動物を殺しているため、やはり法律に違反している。さらに多くの場合、騒音や廃棄物汚染に関する法律や規則にも違反している」 (翻訳:ガリレオ)



~転載以上~



HSIのツイッターより。




★HSIによる、玉林犬肉祭りの廃止を求める署名です。







スポンサーサイト



今年も中国・玉林(ユーリン)犬肉祭りが開催

反・犬猫肉JPNW/Anti-Dog&Cat meat Japan Network



今年もまた、中国・玉林(ユーリン)犬肉祭りが開催されています…


中国では、この時期だけでなく一年中、日常的に犬たちが虐殺され食されています。

盗まれたペット犬、路上から連れ去られた犬、売れ残った販売用の犬など、様々な子たちが犠牲となっています。


先月、中国河南省。屠殺場へ運ばれるブリーダーの売れ残りの子犬たち。





今月に入り、各地から犬を満載したトラックがユーリン入りしています。


あるトラックには、2000頭もの犬たちがぎゅうぎゅう詰めで水も食料もない中、10時間もかけて輸送されてきました。


到着前に多くが、窒息や脱水、骨折、体の一部の切断などで死亡していたそうです。






犬肉 犬食 反DCMTJapanより。



【 事件 】 中 国 ユ ー リ ン

ユーリン犬肉祭り初日の映像

2022年6月21日(火)


犬肉市場のメインエリアは、非常に混雑していた。

多くの犬肉レストラン前には警察や警備員が常駐。


毎年、国内外からやってくる犬肉反対活動家と犬肉店の間で闘争が繰り広げられ、事件化しているからだ。 その為2018年頃より写真や動画撮影は警察により固く禁じられています。

犬肉を買う人すべてがユーリン犬肉祭りで食べるわけではありません。家に持ち帰り家族で集まる人も多い。


今日撮影した動画はたくさんありますが、あまりにも残酷過ぎる為、とてもではなけど、すべては公開できません。


中国人活動家Plush Bearさんより


【閲覧注意】





【 事 件 】 中 国 ユ ー リ ン

現地活動家さんによるレスキュー!しかしほんの僅かの一部です


現地活動家様に本当に感謝です

すでに何千頭が犠牲になり、反Dが昨日電話した限りでは、どこの犬肉店も忙しそうでした‼

外国人が今、ユーリン入りを果たすことはほぼ不可能。中国全土でも2018年頃より、違う省の人たちがユーリン入りするには、まず警察が空港で待ち伏せ、そして24時間尾行し、全く自由が奪わる状態です。今年も一般市民がユーリン犬肉祭り内で撮影することは政府警察により禁止されています。そんな中、中国の活動家さんプラッシュベアさんが撮影してくださいました! 以下プラッシュさんより


⇩⇩⇩


悲しい現実を垣間見る恐ろしさよ。

この子たちは無事にレスキューされました。ですが現状に至るまでどれほどの困難を乗り越えてきたことか!


恐らく巨大トラックの荷台にぎゅうぎゅうに詰め込まれ何日間も飲まず食わずで揺られながらユーリンに連れてこられたのだと思います。(それは非常に残酷。乱暴に扱われ、道中に、骨折や手足尾の切断、窒息、脱水、飢餓などで到着前に死ぬ子もとても多い)

この子たちの今の健康状態は最悪。だってここに連れて来られるまでに(愛する人間の家族の元から拉致され、捕獲時に毒を盛られ、怪我させられたり、道中での苦しさなど)最悪な経験を強いられてきたのですから・・


私たちの主な関心事は、あらゆる最高のチャンスを与えること!

救助した後、彼らの健康状態を観る必要があり、医療代などが掛かります。

健康が戻るまでどれくらい要するかわかりませんが、どんな苦境に直面しても決してあきらめない。








【 事 件 】 中 国 ユ ー リ ン

不屈の精神 

中国活動家さんの決してあきらめないガッツのお陰で396の命が奇跡的に助かる

中国にも多くの動物を愛する温かな人たちがいる


陝西省・西安

2022年6月22日


2022年6月18日午後6時頃、中国動物愛護者は1台の巨大トラックを発見。荷台には、多くの鶏用の小さなケージが何段にも積まれ、その中には、多くの犬がぎゅうぎゅうに詰み込まれていた❗ 

その数合計396頭❗❗ 

そのほとんどが、盗まれた、人様の大切な家族犬です 🔥


トラックはユーリンへ向かっていた❗

一部は窒息、脱水などにより死体となっていた😭

動物愛護者たちはSNSを駆使し互いに連携を取りながら、

トラックの行く手を阻んだ ❗

-----

※ほとんどの犬積載トラックは、法で定められている検疫証明書などを携帯しておらず、さらに様々な違反の為「犬積載トラックを見つけたら自分の車両で行く手を阻み法律違反を警察に通報し犬の所有を剥奪させ犬を保護する」←これが中国活動家さんたちの一般的な犬レスキュー方法です。

-----

この輸送は感染病防止法や食品安全規制法を満たしてなかった為即通報され、396頭は一時隔離された。


6月19日、地元公安部は、トラック(犬肉業者)を釈放した。犬肉業者が20日後に罰金を支払うと、犬を戻さなければならない😭。しかし払わなければ、動物愛護者が犬を完全保護することができる❗


中国活動家さんたちは本当に大変です。犬保護のために食べる暇もなく徹夜でもなんでもします。


どんなに努力しても、あまりにも多くの違法犬猫積載トラックが見過ごされている

本当に中国で生まれた動物を愛する方々は大変な努力を何年間も何年間も、日々繰り返されています。ものすごい努力です!

------------------

朗報

2022年 6月22日


犬肉業者(運転手)は犬の所有権を放棄した!犬たちは無事に保護されました

犬保護に携われた、北京動物保護協会の会長、そしてすべての心優しき中国人の方々に、心から感謝します


@Shaanxi Public Security @Shaanxi Public Security

親愛なる中国の同志の皆さん:

社会の再弱者たちの為に、いかなる努力も惜しまず勇敢に立ち向かい、決してあきらめない不屈の精神、その決意に、日本からも心から深く感謝いたします






犬肉 犬食 反DCMTJapanのFBに、祭りに反対するための様々なアクションの案内があります。※閲覧注意の投稿もあるのでご注意ください。





祭りについて詳しくは、過去記事をご参照ください。




“犬も猫も、大切なウクライナの一部”【ハルキウで動物を保護・マリアさん】

NHK「ウクライナからの声」より。



“犬も猫も、大切なウクライナの一部”【ハルキウで動物を保護・マリアさん】

2022年6月20日


"この子は爆撃の中、ずっとゴミ箱の下をさまよっていました"

戦争の被害を受けているのは、人間だけではありません。ハルキウでは飼い主がいなくなった犬や猫が急増し、街中をさまよっているといいます。マリア・コロタエワさんはそんな動物たちの情報を拡散し、新たな飼い主を探そうと呼びかけています。マリアさんは「どんな犬も猫も、私たちの大切なウクライナの一部なのです」と訴え、一匹でも多く助けようとしています。


捨てられるペットたち ウクライナ人として助けたい

ウクライナ第2の都市ハルキウは侵攻開始直後に激しい攻撃を受けましたが、5月半ばにはウクライナ軍の反撃によってロシア軍を国境付近まで押し返していました。


話を聞いたマリア・コロタエワさんは、以前お話を聞いたセルゲイ・ボボクさんの妻で、共に運営するインターネット新聞「ハルキウタイムズ」の編集長をしています。


戦闘がやんだ街の様子がどうなっているかマリアさんに聞いたところ、避難した住民が連れて行けないなどの理由で残されたペットたちが急増し、路頭に迷っていると話したのです。


<マリア・コロタエワさん>


マリアさん

「本当にひどい状況になっています。もちろん飼い主のいない犬や猫の話なんて、いつでもどこでもある問題です。でも今は本当にたくさんのペットが捨てられています。
私はその情報をできる限りシェアしようとしています。その子たちが自分の家を見つけられることを願い、手助けしたいのです」

自身も3匹の猫と1匹の犬と暮らすマリアさんは、捨てられるペットのことを放ってはおけません。


3月以来自らのフェイスブックのページに50件以上投稿、新しい飼い主を探す呼びかけをしてきました。



"シェパードの男の子が見つかりました。人なつっこくて子どもが大好きで、間違いなく家庭で飼われていたと思います。飼い主の方いらっしゃいますか?”


"この子はまだ6か月。最愛のおばあちゃんが避難していることをまだ知りません。すぐに路上に出て行ってしまいます。この子に家を与えてくれる方、すぐにお電話ください!"


マリアさんによると、こうした動物たちを保護する動きがウクライナ各地ではじまっていて、ハルキウでも多くのボランティアが関わっているということです。
自分たちが生き延びることも大変な状況で、どんな思いで動物を助けようとしているのか。
マリアさんが口にしたのは、ウクライナ人とペットの深い関係でした。


マリアさん

「不思議に思われますか?こんな時代でも私たちはすみかのない犬や猫の世話をしているのです。
近所の人たちも同じようにしています。友だちなんて身寄りのないペットを6匹も引き受けています。
これがウクライナなのです。どんな犬も猫も私たちの大切なウクライナの一部なのです」


これまで取材した中には、ペットと一緒に避難した人もいれば、避難の際に家に残さざるを得なかった動物たちのことをずっと気遣う人もいました。


引き裂かれた“家族”の数がどのくらいに上るのか、想像もできません。
戦争によって傷つくのは人間だけではないと、改めて感じます。

「国際報道2022」5月17日放送より


NPOあにまるこねくと里親会 6月26日(日)埼玉県毛呂山町

良いご縁がたくさんありますように…猫三毛猫ラブラブ








ウクライナの動物たち 6月10日

本日のウクライナの動物情報まとめです。



★UAnimalsより


ロシア軍の砲撃を受けたハルキウの学校。その隣の工場に住んでいた犬、トビックは耳、唇、鼻、目に重度の火傷を負いました。片方の耳を切断せざるを得なくなりましたが、現在動物病院で懸命な治療が行われています。





こらちは、砲撃で大けがを負った猫のトロイ。





クラマトルスクのボランティアが猫、犬、鳥など100匹以上の動物を救いました。











★砲撃で動物たちやスタッフが犠牲になるなど、大きな被害を受けているハルキウの動物園「フェルドマン・エコパーク」。


ボランティアたちの命がけの救出活動によって多くの動物たちが救い出され、現在ウクライナ各地の受け入れ先で暮らしています。


また、このほど絵画のチャリティーオークションが開催され、収益は園の復興や、ウクライナの子どもたちの治療費などに充てられるとのことです。









オークションには、現在もオンラインで参加することできます。





★その他ニュースです。








ペットのチップ装着、義務化で急増見込み 獣医師以外が埋め込む懸念

朝日新聞より。


ペットのチップ装着、義務化で急増見込み 獣医師以外が埋め込む懸念




★関連ニュース





その他動物関連ニュース 2022年6月7日

いつもご訪問いただきありがとうございます。 ajisai☆☆ あじさい。 花 ajisai☆☆ あじさい。 花 ajisai☆☆ あじさい。 花 ajisai☆☆ あじさい。 花 

ニュースまとめです。







































改正動物愛護法 犬猫へのマイクロチップ装着の義務化 関連ニュース

今月1日施行された改正動物愛護法により、義務化されるブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫へのマイクロチップの装着・登録などについてのニュースまとめです。



















プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

7年前、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR