太地町イルカ漁 お母さんから引き離される赤ちゃんイルカ

和歌山県太地町のイルカ漁が今年も行われています。


先週、現地で漁の様子を記録している女性ボランティアが公開した動画には、赤ちゃんイルカがお母さんから無理やり引き離され、連れ去られる様子が映っています。



記事元:The Dodo


Mother Dolphin Tries To Stop Hunters From Taking Her Baby



漁師たちに選別された一頭の赤ちゃんイルカが、数人に取り囲まれ、お母さんイルカから引き離されます。


赤ちゃんは一生懸命お母さんの元に戻ろうとし、お母さんはパニックになったように必死で赤ちゃんの周りを泳いでいます。



taiji-motherandcalf.jpg



しかし赤ちゃんはそのままボートまで運ばれ、お母さんの目の前で連れ去られてしまいました。


この赤ちゃんは水族館へ移送され、ショーに利用されると見られています。



【動画】





このように子どもを奪われたお母さんイルカは、殺されることもあれば、また子を探して何度も何度も海に潜り、二度と上がってこないこともあり、「自殺」行為とも言われています。

専門家によると、そもそも囲い込みされると、イルカは自殺する傾向があるそうです。


動画を見て私自身、子を持つ母親として、本当に胸が引き裂かれる思いでした。。




追いこまれたイルカたち。


taiji2.jpg



こちらは昨年の漁の様子。海が血で染まっています。


taiji3.jpg



今週撮影された別の親子。母イルカが赤ちゃんを連れてボートから逃れようとしています。


taiji-motherandcalf2.jpg




漁の過程で死ぬもの、殺され食用とされるもの、家族と引き離され、漁のトラウマを抱えて生きるもの、生涯狭い水槽に閉じ込められ、曲芸を披露しなければならないもの…


日本では大人気のイルカショーの背景には、こんな悲しく残酷な現実があります。


こうして捕えられたイルカたちは、国内外の水族館へ売却されます。

ロシアには、軍事用として売却されてもいるようです。


最近では、韓国が太地町から2頭の若いイルカを購入することを発表していますが、この蔚山市の長生浦クジラ生態体験館では過去に5頭のイルカが死んでいるものの、そのいくつかについて事実を隠していたことが批判されました。漁そのものも残酷であり、またこのような事情もあることから、国や市、水族館に対してイルカを購入しないよう求める声も上がっています。


One Green Planet


Urgent Action Needed to Stop the Import of Taiji Dolphins to Korean Marine Park



アメリカでは、シーワールドが目玉のシャチのショーおよび繁殖を廃止しました。

昨年秋には、全米で初めて、カリフォルニア州で曲芸目的のシャチの飼育を禁止する法案が可決しました。


欧米では、シャチやイルカのような海洋哺乳類を人間の飼育下に置くことを「虐待」として反対する風潮が強まっており、インドや欧州、中南米などで少なくとも14カ国がシャチの飼育を禁止する法案を可決しています。


ドイツではイルカショーが激減し、飼育そのものも規制する動きが進んでいます。スイスでは、輸入を禁止する法改正が行われるなど、ヨーロッパ各国で規制が進んでいます。


インドでは、イルカを「一定の権利をもつ人類ではない人」と定義し、保護しており、飼育やショーが禁止されています。



日本では、家族連れで賑わうイルカショーですが…パフォーマンスをしているイルカたちがどのようにしてそこまで来たのか、もっと関心を持ってほしいと思います。


故郷の広い海から離され、狭い水槽で曲芸をさせられる生活。

愛するものと引き離され、永遠に会うことのできない親子。

そんな現実を知ったなら、ショーを楽しむことはできないのではないでしょうか。


私たち人間の娯楽のために、賢く美しい彼らに犠牲を強いることは間違っているのではないでしょうか。



イルカ関連記事 ひかたまさん


イルカ漁:仲間から離れない一頭のイルカ



イルカ参考記事 めー子さん


イルカ猟(イルカの追い込み猟)、水族館の裏側を知っていますか?




スポンサーサイト

”パピーミルの恐ろしさ”

KIWAMI工房さんより。


パピーミルの恐ろしさ
http://ameblo.jp/kiwamikobo/entry-12240945852.html


ネズミのはりつけ写真に非難殺到、意識の変化象徴か 中国

CNNからです。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35095671.html?tag=cbox;fringe


ネズミのはりつけ写真に非難殺到、意識の変化象徴か 中国

2017.01.27 Fri posted at 13:30 JST


ネズミの死骸を見せしめにした写真にネット上で非難が殺到した


(CNN) ネズミの死骸をひもでつるし上げて見せしめにした写真が、涙を流して笑う絵文字付きで中国の大手新聞からソーシャルメディアに転載されて物議をかもしている。


このネズミは商店のコメを食べていたところを捕まったといい、死骸は両手足を広げた格好でひもでしばられ、「もう絶対にしません」と書いた紙を首からかけられていた。


中国のソーシャルメディア微博(ウェイボー)にこの写真が掲載されると、非難のコメントが6000件あまりも殺到。「殺しても虐待はするな。たとえネズミが害獣でも、命は尊重を」「もし自分がネズミだったら、殺されたあとにこんなことをされるなんて残酷だと思わないのか。ネズミがコメを盗むのは自然なこと。生きるためにやったことだ」などの声が相次いだ。


問題の写真を撮影した男性はCNNの取材に対し、なぜこれほど騒がれるのか分からないと語った。写真のネズミは広東省の珠海で商店を経営する男性の友人が、コメを食べているところを見付けて捕まえ、ひもでしばったという。


「人間の食糧を盗むネズミは駆除されるべき」と男性は訴え、微博に掲載した最初の投稿では「面白い」という反響がほとんどだったと話している。


今回の写真に対して非難が殺到したのは、かつて動物虐待で悪名高い国とみなされていた中国で、意識が変化したことを物語る。

中国は2014年、化粧品に対して動物実験を義務付けていた法律を撤廃した。南京農業大学が同じ年に行った調査では、回答者の過半数が動物福祉法の強化を支持していた。

クマの胆のう採取や象牙取引、フカヒレ消費などに対しては中国の有名人も禁止運動に賛同し、昨年12月、中国は2017年末までに象牙取引を段階的に禁止すると発表している。



~転載以上~



★参考過去記事


動物愛護意識高まる中国 慈愛の精神を説いた仏教の復興、声を上げる若者たち 各分野で進歩


【中国】800万人を超える国民が犬猫肉禁止法案を支持

マーク・チンさん 犬肉祭りについて玉林市政府と初めての対話

韓国と中国で、今年最初の活動を行ったマーク・チンさん。


活動家マーク・チンさんと韓国・釜山最大のグポ犬肉市場の運営業者が閉鎖で合意


マーク・チンさん 中国にて動物福祉プログラム開始 飼い犬のマイクロチップ装着を無料で



今年の犬肉祭りへ備え、玉林市政府と初めての対話を実現させました。


マークさんのFBより翻訳、まとめました。

https://www.facebook.com/marcching



マークさんの団体は、今回初めて玉林市政府と面会、外交担当部署と話し合いを行いました。


玉林市の政治担当官や玉林市の警察署長も同席し、犬肉祭りや祭りに対する世界の認識、行政の祭りへの関与などについて、現状を変えるためにどう協力し合えるかが話し合われました。



16143264_10211934709544331_7926346264785332223_n.jpg



マークさんは、


「世界の多くの人が、祭りに対して憎しみを抱いていると思う。しかし私は、政府・行政と手に手を取って協力し合うことが、現状を変えるための唯一の道だと信じている。


人々の犬肉問題に対する認識を高めるために潜入調査を続けてきたが、”思いやり”-これが全てに通じるカギだと信じている」


と話しています。



玉林市政府は、マークさんの団体と協力することに同意したとのこと。

現在、記者会見を開くことが検討されており、担当者によると、承認のために市政府全体へ説明する必要があるそうです。


市政府側は、今年の犬肉祭りにおいて、犬を輸送するトラックが市へ入る際に止めるよう努力するとのこと。

マークさんは、その際にチームへ加わり、マイクロチップのチェックをさせてもらえるよう要望しています。


次回の市政府との会議が2月に予定されており、犬肉問題に熱心に取り組むアメリカのアルシー・ヘイスティングス議員に同行してもらうことを考えています。


マークさんは、今回の対話が、市政府との良い関係づくりにつながればと願っており、少なくとも対話に応じてくれたことは前進、と考えています。




今回の旅の最後に嬉しい出来事があり、マークさんは急きょ予定を変更して再び韓国に戻りました。


先日、マークさんたちがとある食用犬農場兼食肉処理場から救出した犬たちの中の一匹に飼い主さんが見つかり、再会に立ち合うことになったのです。


1年以上前に、ソウルに住む飼い主さんの元からさらわれ、車で5時間ほどの農場に連れて来られて繁殖に利用されていたワンちゃんは、あと少しで殺されるところを救い出されました。


レスキュー後、動物病院でマイクロチップのチェックをしたところ、飼い主さんがいることが判明しました。マークさんが電話をかけたところ、飼い主さんは喜び電話口で泣き続けたそうです。


数多くの血、苦しみ、死を目の当たりにしてきたマークさん。

「こうした瞬間があることで、自分の活動は間違っていないと信じることができる」と話しています。


「これは真の奇跡。そして夢は本当に叶うという証し」。






山本環境大臣に署名提出! 9万3339筆分の思いを伝えてきました~TOKYO ZEROより

TOKYO ZEROキャンペーンサイトからです。

http://tokyozero.jp/1952/


2017.01.27

山本環境大臣に署名提出! 9万3339筆分の思いを伝えてきました


DSC_9303DSC_9318



TOKYO ZEROキャンペーンは1月24日、皆さまからいただいた署名9万3,339筆とコメント1万2,298件を山本公一・環境大臣に提出してきました!


山本大臣にはこの日、多忙な公務の合間を縫って時間を作っていただき、「呼びかけ人」の塩村あやかさん(東京都議会議員)、田辺アンニイさん(『それでも人を愛する犬』著者)、富坂美織さん(産婦人科医)、ハリス鈴木絵美さん(change.org日本代表)、藤野真紀子さん(前衆院議員、料理研究家)らから直接、署名と要望書を手渡すことができました。


署名を渡すのに先立ち、代表理事も務める藤野さんからは主に8週齢規制の早期実施について「生後56日に満たない、幼すぎる子犬や子猫を生まれた環境から引き離すと、精神的外傷を負う可能性が高く、無駄ぼえやかみ癖などの問題行動を起こしやすくなります。このこと自体、動物福祉の観点から大きな問題となっています。問題行動が、飼い主による飼育放棄の可能性を高めてしまうことも、見過ごせません」「8週齢規制を早期に実施することで、ペット産業の適正化を促し、動物福祉の向上につなげていくべきだと、私たちは考えています。環境大臣には、速やかに、日本においても『8週齢規制』を実現していただけますよう、ここに強く要望致します」などと、山本大臣に伝えました。


PDFTOKYO ZEROキャンペーン要望書


これに対して山本大臣からは、「動物愛護については、いとも簡単にできると思った話もなかなかうまくいかなかったことがあります。皆様方の運動があって少しずつ前進してきているんだなと思っています。8週齢規制の問題は、今年の秋までに検討した状況を取りまとめる。それを次の法改正にどう生かしていくか、ということ。僕の言葉で言えば『前向きに検討』です。僕は愛護派だから、前向きに検討しようということはしたいと思っています」などと答えていただきました。


呼びかけ人たちからも強く要望

山本大臣からのお話に続けて、呼びかけ人の塩村さんから「いまの問題点は二つあります。まず一つは、自治体が『殺処分ゼロ』だと言っても裏での処分が増えているので、残念ながら問題が闇にもぐっているという点です。ビジネスのために命を消されている子たちをゼロにする必要があります。ぜひともそこにメスをいれていただきたいです。もう一つは、何をするにも、たとえば東京都は数値基準がないので『できない』という結果にたどり着きます。法律のなかに数値を明記していただくようお願い致します」と要望したのをはじめ、田辺さんらが「(8週齢規制の早期実施を)ぜひ前向きに検討いただきたいと思います」などと伝えました。


またこの日は、昨年2月に開催し、TOKYO ZEROキャンペーンも賛同団体に名を連ねた緊急院内集会「幼い犬猫を守る『札幌市の動物愛護条例』を応援する緊急院内集会 ~動物福祉向上のために、この取り組みを全国へ~」にあたって集めた署名も一緒に提出しました。集会で登壇した保護猫カフェ「ねこかつ」の梅田達也店長は生後53日の子猫2匹を連れて参加。梅田さんは「いま49日齢規制で、ちょこっと下痢をしただけで死んでしまうようなこんな小さな子がオークションにかけられ、ペットショップで売られています。ぜひ8週齢規制を実施していただきたい」と訴えました。


TOKYO ZEROキャンペーンとしては引き続き、様々に機会を作りながら、動物福祉先進都市・東京、ひいては動物福祉先進国・日本の実現に向けて声をあげていきます。小池百合子・東京都知事にも必ず皆さまからいただいた署名を届けるべく、現在も調整を進めております。


皆さまからの声が集まれば集まるほど、大きな力になります。TOKYO ZEROキャンペーンでは引き続き署名を募って参りますので、より一層のご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!


DSC_9310







マーク・チンさん 中国にて動物福祉プログラム開始 飼い犬のマイクロチップ装着を無料で

アジアの犬肉産業の実態を潜入調査・記録し、食肉処理施設の閉鎖、犬の救出などに加え、ハリウッドスターを起用した啓発や米議会で産業の残酷さを訴えるなど多岐にわたり活動を続ける活動家、マーク・チンさん。


先週、韓国・釜山最大のグポ犬肉市場の運営業者と話し合いの場を持ち、食肉処理施設の閉鎖で合意に達したことをお伝えしました。


活動家マーク・チンさんと韓国・釜山最大のグポ犬肉市場の運営業者が閉鎖で合意



次にマークさんは中国に移動し、自身の団体「The Animal Hope and Wellness Foundation」と地元活動家たちとの連携による「動物福祉プログラム」をスタートさせました。



マークさんのFBより翻訳、まとめました。

https://www.facebook.com/marcching



犬肉産業の撲滅に向けて、中国内から変化を起こしていくことが必要と感じているマークさんは、中国の活動家たちと会い、動物福祉の問題や現状を変えていくために必要なことなどを話し合いました。


そして多額の財産を費やして犬の保護活動を行うワン・ヤンさんと連携し、食肉処理施設の閉鎖や業者からの犬の救出、飼い犬にマイクロチップを無料で装着するプログラムなどを実施することになりました。


※ワン・ヤンさんについては、過去記事でご紹介していますのでご参照ください。


中国 多額の財産を費やし、食用犬2,000頭を救った男性



16142997_10211918541140131_2089789782547297616_n.jpg


(写真上の右から2人目がワン・ヤンさん。中央は楊さんですね)



現地では早速、長春にある食肉処理施設を閉鎖、300匹以上の犬を救い出しました。


また、飼い犬にマイクロチップを無料で装着するプログラムもスタート。


犬肉産業の犠牲となっている犬の多くが盗まれたペットであることから、産業の盛んな地域で、100,000~150,000匹を目安にできる限り多くの飼い犬にマイクロチップを無料で埋め込み、地元行政と連携してデータベースを構築、市民の飼い犬を守ろうというわけです。



活動家たちにマイクロチップの読取器を配布

          ↓

活動家たちが犬を輸送するトラックを制止

          ↓

チップの埋込まれた犬が発見されればすぐ行政に通報。トラックは押収され、業者は逮捕または最低でも窃盗罪で罰金。犬は飼い主の元に帰ることができる



という構図で、最終的にはこうした情報を収集、政府・行政に提出し、市民の財産であるペットを守るために犬肉取り引きを禁止するよう促すことが目的です。


こちらのページにプログラムの詳細や対象地区が掲載されています。


China Microchip Canine Initiative




そして、こちらがマイクロチップ装着第一号のワンちゃん。

愛犬をとても大切にしているという飼い主さんも喜んでいます。






犬猫の流通、1年で10万匹増 途中で2万5千匹死ぬ

こうしたデータが明らかになり報道されることで、多くの国民がペット産業の問題に気付き、考えてくれたらと思います。



朝日新聞より。リンクからどうぞ。


犬猫の流通、1年で10万匹増 途中で2万5千匹死ぬ

http://www.asahi.com/articles/ASK1J6GK4K1JUTFL00L.html


平昌五輪を前に韓国から「犬鍋」の看板が消える?ネットユーザーからは賛否両論

レコードチャイナからです。

http://www.recordchina.co.jp/a160937.html


平昌五輪を前に韓国から「犬鍋」の看板が消える?ネットユーザーからは賛否両論=「良いアイディア」「他国の食文化に干渉しないで」

配信日時:2017年1月15日(日) 12時20分


平昌五輪前に韓国から「犬鍋」の看板が消える?ネットからは賛否両論

13日、韓国メディアによると、2018年の平昌冬季五輪を前に、江陵や平昌などの開催地の飲食店から「補身湯」の看板が消える見通しだ。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。


2017年1月13日、韓国・毎日経済によると、2018年の平昌冬季五輪を前に、江陵や平昌などの開催地の飲食店から「補身湯(ポシンタン、犬肉を使った鍋料理)」の看板が消える見通しだ。

江原道は12日、平昌五輪を前に「補身湯」や「栄養湯(補身湯の別名)」など、外国人の情緒に反する飲食店の看板を整備する事業を推進すると明らかにした。欧州をはじめとする海外で、韓国の「犬食文化」に反発して平昌五輪への参加拒否を求める署名活動が行われるなど、否定的なイメージが広がっている点を考慮したという。

江陵や平昌を含む五輪開催地の飲食店に「補身湯」や「栄養湯」などの単語の使用を自制するよう促し、看板を外す場合は費用を支援する。

江原道関係者は「平昌五輪を世界の人々のイベントとして開催するに当たり、韓国に対する否定的なイメージは助けにならないと判断した」とし、「市や郡、対象飲食店の意見を聞いた後、大会開催前に改善する」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「江原道にある飲食店の看板だけなくなればいいの?その場しのぎの対策では意味がない」
「外国人が犬肉の看板を見て驚き、その店に入らないという状況と、外国人が何も知らずに店に入り、横の韓国人が犬肉を食べているという状況、どちらがより嫌悪を感じるだろうか?」

「ヘル朝鮮(地獄の韓国)らしい対策だ。看板をなくせばいいという安易な考えは捨て、犬食自体を禁止する法律をつくるべき」
「自国民の情緒は無視?なぜ外国人の情緒だけを重視する?」

「犬肉を食べることには反対しないが、犬を食用化する過程(飼育、屠殺、流通など)に対する改善は必要だと思う」
「韓国に対する否定的なイメージの原因は犬食文化ではなくパク大統領では?」

「犬肉が嫌なら食べなければいいし、犬肉を食べる韓国が嫌いなら来なければいい。他国の食文化に干渉するな」
「海外の人にとって牛や豚は動物じゃないの?」

「良いアイディア。そのまま犬食文化をなくしてほしい」
「犬を食べないで。他の動物もかわいそうだけど、犬は人間と心を通わせて暮らす動物なのだから…」(翻訳・編集/堂本)


~転載以上~


ソウル五輪のときも、各国からの批判を恐れ、開催前にソウル市内の犬肉レストランを一斉に閉鎖する措置が取られました。

看板だけでは…その場しのぎの感が否めません。

動物の剥製を世界から無くそう 動物を殺傷しないリアルな美術品

先ほどテレビをつけたら、たまたま情報番組でやっていて、気になって調べてみました。



ねとらぼからです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/05/news090.html


2017年01月05日 20時00分 更新

もふもふシロクマが自宅にやってくる……! 超リアルな実物大の「シロクマ親子」が発売

本当に眠っているかのよう。


ブラストは、実物大の動物美術造形シリーズ「Animals As Art」を発表。その第1弾として、眠る姿を再現した「シロクマ親子」を発売しました。クオリティー高すぎる……!

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
本物にしか見えない……!


 「生き物を殺さずに生きているかのようなさまざまな動物を創ろう」というアイデアの元、最新の特殊造形技術の粋を集めて制作。シロクマ1体の製作期間は約3カ月間に渡り、熟練トップクラスの造形職人3人とアシスタント5人の体制によって、頭部の毛の1本1本の植毛作業や、口内の歯茎や牙、肉球、爪など、細かい部分まで徹底的に作り込まれています。

 プロデュースは特殊造形業界で30年以上の経歴を持つ岡部淳也さん。動物造形監修は「チョコエッグ」などで知られる日本のネーチャーフィギュアの第一人者、海洋堂・造形作家の松村しのぶさんが手掛けています。


シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
親子で眠る姿がかわいらしい

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
毛がもふもふです


 公式サイトにて受託受付を開始していて、価格は親子セット1340万円、親のみ890万円(どちらも税別)。同シリーズの売り上げの1%はWWFジャパン(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)に寄付され、「剥製販売の反対」「絶滅危惧種の保護」への支援となります。


シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術
どの部位も圧倒的クオリティー

シロクマ 親子 Animals As Art 動物 美術 口内まで造形されています



~転載以上~



まるで本物のようですねカナヘイきらきら

第1弾とのことなので、今後別の動物も登場するんでしょうね~


作り物でしか彼らの姿を見ることができない-そのような悲しい未来にならないように…

多くの人が生物多様性や環境・動物保護に関心を持ってくれる、そんなきっかけになってほしいと思います。




以下は、公式サイトより。

http://www.animals-as-art.com/animals-as-art_jp_polar-bear.html



Animals As Art



コンセプト -開発の信念-


ANIMALS AS ART


自宅でシロクマと過ごす。


あなたの自宅で シロクマの親子 が訪れ穏やかに眠っています。


寝息すら聞こえてきそうな寝姿。 しかし確かに感じる生命力。


しかしこれは、本物のシロクマでも、動物を殺傷して作成した剥製でもありません。


本物としか目に映らない動物の寝姿を、考えうる限りの新素材と圧倒的技術力で、

新しいアート領域として表現しました。


これまでのアート、インテリア、動物剥製では

決して得ることのできない 芸術的感動と動物愛 を感じてください。




動物の剥製を世界から無くそう -WWFジャパンへの寄付活動-


ANIMALS AS ARTは、動物剥製の廃絶も目的の一つです。


一切の殺生を行わない美術造形材料を使い、

生きているかのような リアル動物の美術品 を創り出す。


そして美術品の製作販売の収益から、

創作の動機となった 思い を実際の動物保護へ反映させる為に、

地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を小さくすることを柱に、


100ヵ国以上で活動を展開する地球環境保全団体のネットワークの一員である「WWFジャパン」へ、野生動物の生態保全の基金として売上の1%の寄付を行っています。



~転載以上~



体毛は合成繊維100%で、動物の殺傷を一切行わない人造の毛素材が使用されています。


i-041034x553.png




かなりお高いですが…


世界のお金持ちのハンターの皆さんは、動物を殺してこんな剥製のショールームを作るのではなく…



CLR5Yk-WcAEw-o0.jpg



こちらの作品を購入して飾ってみてはいかがでしょうか?


”✿☃ワンニャン冬ご飯のご報告・春ご飯のお願い✿”~楊シェルター犬猫支援会さん

楊シェルター犬猫支援会さんより。


✿☃ワンニャン冬ご飯のご報告・春ご飯のお願い✿
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12241309880.html


プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR