とても綺麗とは言えない雑種の犬。その犬の飼い主はあの超大物だった!!!

少し前のお話になるようですが…知りませんでした。

とっても素敵ですね!



いいね!ニュースからです。

http://iinee-news.com/post-7678/



とても綺麗とは言えない雑種の犬。その犬の飼い主はあの超大物だった!!!


ある日、早朝の公園で

ミニチュアダックスを散歩させていたら

黒と鼠色のブチのお世辞でも

綺麗とは言えない雑種の犬が

こちらに猛然とダッシュしてきた。
 
 
私は危険を感じたので

ミニチュアダックスを抱き上げた。
 
 
その雑種の顔を見ると

とても穏やかな表情で

尻尾をふってこちらを見ている。
 
 
どうやら遊びたかっただけのようだ。

 
ちょっと安心したのも束の間遠くの方から
 
 
「オーイ!カポネ!だめじゃないか!」
 
 
と大声で怒鳴りながらトレーニングウェアで

こちらに走ってくる人物が

よくみるとカズこと三浦知良じゃないか!
 
 
カズは
 
 
「どうもすみません

 リードを振り払って

 走っていってしまったもので」
 
 
と恐縮しきりだったので
 
 
「いいですよ。でもこの犬は

 カズさんの犬じゃないですよね?

 どなたの犬ですか?」
 
 
と聞いてみた。
 
 
なぜなら雑種の日本犬だったからだ。
 
 
するとカズは笑顔でさらりとこう答えた
 
 
「僕の犬です

 カポネ、5歳のオスです」
 
 
私は失礼だとは思ったが

思わず一言言ってしまった。
 
 
「えー

 カズさんが雑種飼ってるなんて

 信じられない」
 
 
するとカズは大笑いしながらこう答えた。
 
 
「みんな同じこと言いますね

 そう、ただの雑種です

 保健所から貰ってきました。

 僕にはそこにいたすべての捨て犬を

 家族にはできないけど」
 
 
そしてリードを手に取ると
 
 
「どうもすいませんでした

 カポネいくぞ!」
 
 
と言って走って行ってしまいました。
 
 
カズさんとカポネが去ったあと

ほんのり春の風が吹いていました。
 
 
そう、命にブランドや血統書なんて関係ない。
 
 
人一人が出来ることは限られますが

大勢の人がカズさんのような人だったら

もっと穏やかな世の中に

なるのかもしれませんね~(^^♪
 
1999年読売新聞投書欄より抜粋
 



~転載以上~



さすがキングカズですねキラキラカッコよすぎです!


今日、ネットの不動産情報で「ペットOK(血統書付き小型犬一匹のみ)」を条件としている物件があるという投稿を見かけました。一体なぜこんな条件になったのか…聞いてみたいものです。


命にブランドも血統書もない。

保健所や保護施設には、あたたかいお家を待ち続ける、かわいい子たちがたくさんいます。


1人でも多くの人にそうした子たちの存在を知ってほしいですし、「保護犬を迎える」という素晴らしい選択肢を選ぶ人が増えてほしいと思います。



スポンサーサイト

熊本市獣医師会より活動報告

熊本市獣医師会からです。

https://www.facebook.com/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E4%BC%9A-490990014445229/



地震から二週間以上経ちますが、数多くの方が避難所や車中泊をされています。


周りの迷惑にならないようにほとんど一日中、ケージやキャリーの中、また車の中で過ごしている動物が沢山います。


環境ストレスで体調を崩す動物、今後も増えることが予想されます。
今は大丈夫そうな様子でも、早めに獣医師会の無料健康相談コーナーやお近くの動物病院での健康診断をお勧めいたします。


13118860_493470570863840_8257790452422344826_n.jpg 


13133307_493470564197174_5904239436023800210_n.jpg





山口大学共同獣医学部より、獣医師会に支援物資が届きました!


ペットシーツや、ノミダニ予防薬、また震災で調子を崩した動物の事まで考えて頂いたようで、消化器系に優しい処方食、また腎臓病の動物用のフードなどしっかり被災地のことを考えられた内容で非常にありがたい支援です。
これらの支援物資は会員獣医師を通して、しっかりと被災された飼い主様や動物の元へ届けてまいります。


特に直接連絡くださった山口大学共同獣医学部臨床獣医学講座の水野 拓也教授、心より感謝申し上げます。


13062169_493171607560403_5978780348309368110_n.jpg




昨日は一番被害の大きい益城町の避難所、広安小、広安西小、益城保険福祉センター、益城総合体育館、J A 益城、また阿蘇熊本空港ホテルエミナースを、会員獣医師で手分けして訪問、物資の支援、避難動物の健康相談を行いました。


やはり益城町の被害は甚大で避難所ではまだまだ多くの方達が避難され皆様一様に疲れた様子でおいででした。


またJA益城においてはペット保険のアニコム様が動物専用診療車を派遣されており、その診療設備は素晴らしいものでした。


獣医師会では今後も過不足なく、適材適所に支援を継続していきたいと思います。


13100815_492941980916699_8760712431995355560_n.jpg 13083095_492941944250036_728472998070421977_n.jpg 13102661_492941877583376_1014865572236343004_n.jpg 13055580_492941864250044_1421686780591583208_n.jpg




反密猟訴え、象牙105トンを焼却処分へ ケニア

AFPBBニュースからです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3085704?cx_part=txt_topics

反密猟訴え、象牙105トンを焼却処分へ ケニア

2016年04月29日 12:36 発信地:ナイロビ/ケニア


img_bc56e9d1ac3bdd29dd1700bd6b70601c277144.jpg


【4月29日 AFP】ケニアの首都ナイロビ(Nairobi)にある国立公園の敷地内で27日、ケニア野生生物公社(KWS)のレンジャーの監視の下、密猟品などとして押収された約105トンの象牙を焼却処分する準備が進められた。


この大量の象牙は、密猟品などとして押収され、同国で保管されている象牙のほぼ総量にあたり、いくつかに分けられ小山のように積み上げられている。


 史上最大規模となるこれら押収品の処分は30日に、アフリカ諸国の首脳、自然保護活動家、慈善家や著名人らが参加して行われる予定で、反密猟の強いメッセージを示すものとなる。(c)AFP



~転載以上~



以下、画像はIris Ho 何燕青さんのツイッターより。

https://twitter.com/irislovesdc


ChNqr-RU0AEWLws.jpg

 ChM7tnyUoAASI--.jpg

ChNqr-XU4AEkEST.jpg


密猟関連番組告知


NHKBS世界のドキュメンタリー

「絶滅へのギャンブル ~アフリカ野生動物の危機~」

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=151109


(再放送)

2016年5月6日(金)午後5時00分~

熊本地震被災動物支援テント開設~緊急災害時動物支援ネットワーク熊本さん

緊急災害時動物支援ネットワーク熊本さんからです。

http://kinkyu.saigai-animal.org/?eid=580



熊本地震被災動物支援テントを開設しました。


ペットフード、ペットシーツ等を無料配布しています。
避難中や店舗にフード等が不足していて購入出来ない等、お困りの方はぜひご利用ください。

避難所等を巡回しての配布は震災直後から行っておりますが、不足している物資等がありましたら、ご連絡ください。
できる限り対応させていただきます。

スタッフも被災しながらの活動となりますので、迅速に対応できない場合もありますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。


○場所: 熊本市南区江越2-20-28
北歯科医院駐車場

○開設時間: 11時頃~16時頃

○E-mail: kumamoto@saigai-animal.org

○熊本地震臨時電話番号:090-1928-4182

○熊本地震臨時FAX番号:096-353-7255

※ご連絡・お問い合わせは、出来る限りメール・FAXをご利用下さい。
 尚、寄付金、助成金で活動しておりますので、経費節約の為、電話の場合は、できる限り通話料のご負担をお願いしています。不在の場合はおかけ直し下さい。

※現在、メールが殺到しており、返信にたいへん時間がかかっております。
順次返信させていただいますので、申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

飼育グッズ、貸し出しや支給 熊本市動物愛護センター、ペット同伴の避難者に

西日本新聞からです。

http://news.livedoor.com/article/detail/11472484/



飼育グッズ、貸し出しや支給 熊本市動物愛護センター、ペット同伴の避難者に [熊本県]


2016年4月29日 16時27分


熊本市動物愛護センター(同市東区小山2丁目)は、熊本地震で犬や猫などのペットを連れて避難生活を続ける市民に、飼育グッズの無料貸し出しや支給を行っている。センターには「ペット同伴の避難生活に役立てて」と、全国から多くの支援物資が届いている。


 貸し出し品はケージ(大中小)、コンテナ型のバリケンクレート(大中小)、犬用サークル、猫用キャリー(かご)など。支給品は犬・猫用フードや首輪、リード、食器、鳥・小動物用フード、ペットシーツ、犬用おむつ、猫砂など。


 貸し出しと支給は、同センター愛護棟で実施。平日は午前10時~午後4時、5月8日までの土日祝日は午前10時~午後3時。センターは「家族の一員としてペットを守るグッズがそろう。避難所によっては動物アレルギーのある人もいるので、配慮が必要になる」と話している。センター=096(380)2153。

飼い猫に暴行して焼却、殺害する動画を公開した女が炎上!その動機と現状は

虐待の描写や画像が含まれます。ご注意ください。



探偵ウォッチからです。

http://tanteiwatch.com/53016


飼い猫に暴行して焼却、殺害する動画を公開した女が炎上!その動機と現状は


2016.04.28

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ


飼い猫を虐殺する行為をFacebookに公開していた、兵庫県神戸市に在住の女性が発見されて、炎上騒動に発展した。

 

動画では、女性が猫をつかんで逆さ吊りにしている。「今から燃やされる、生きたまま」、「目が腫れて足も折られて今からもう死にます、お疲れさまでーす」。そして、猫を窯に入れて焼却する様子を撮影。当初、猫は窯から顔を出していたが、女性は上から強引に蓋をかぶせた。猫は必死に逃げようとして横からの脱出を試みたが、横の蓋も閉められてしまった。

 

01

 

途中で女性が蓋を開けると、猫は勢いよく飛び出そうとした。だが、猫が窯から顔を出した状態のまま、逃げられないように、女性は上から蓋を強く押し付けた。「猫は死んでしまうー、ねぇー苦しい、お疲れさまでーす」。これらの行為に及ぶ間、女性は他人の名前などを挙げながら楽しそうに歌い続けた。

 

02

 

過去の虐待行為を示唆する発言もあった。「柴犬も死んだし、私にボコボコに殴られて。アメリカン・ショートヘアも苦しんで死んだし」。本人曰く、以前にも別の猫を殺したそうだ。そのことを女性が告白する場面では、窯の中で焼却されている猫の鳴き声が聞こえてくる。これに続いて、「どこまで殺せる?えーと、人間まで」と女性は述べた。

 

焼却後に窯の蓋を開けて、中身を撮影した動画もあった。また、女性は各種の動画にて、意味不明な言葉を連発している。例えば、猫を逆さ吊りにした場面では、「これで阪神淡路と東日本が固定された」などと述べていた。自身の顔写真や氏名及び住所なども、画像や動画で公開していた。

 

03

 

当サイトでは、女性の在住地域を管轄する警察署に連絡を取った。このたびの問題がネット上で話題になって以降、人々からの通報が署に殺到しているそうだ。副署長によると、本件に関しては兵庫県の警察本部を中心に、捜査が進められているという。動画の詳細に関しても、既に把握しているとのことである。

 

猫を虐待する動画等には、他のペットが映っている。それらにも新たに危害が及ぶ可能性はないかと尋ねたところ、女性は入院中であると副署長は明かした。焼却された猫は、元夫と一緒に住んでいた時から飼われていたという。その猫を虐待することで、彼の関心を引こうとしたというのが、殺害行為に及んだ動機だったようだ。

 

現時点までに、他の家庭のペットや野良猫に対する虐待等は、確認されていないという。今後、女性が再び同様の行為に及ばないように、厳重な指導等も含めて対応していくとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの



~転載以上~



非常にショッキングな事件です…動画は見られませんでした。


精神状態に問題があるようにも感じますが、いずれにしても「厳重な指導」以上の対応が求められるのではないでしょうか。


なお、この件についてはすでに警察も動いていますので通報はお控えくださいとのことです。


https://www.facebook.com/Minnadeinochinitsuite/photos/a.188351211310882.64701.187057441440259/879452892200707/?type=3&theater

自宅で猫を10数匹殺した41歳アルバイトの男が動物愛護法違反容疑で逮捕される!!

探偵ウォッチからです。

http://tanteiwatch.com/52905


自宅で猫を10数匹殺した41歳アルバイトの男が動物愛護法違反容疑で逮捕される!!


2016.04.28


大田区 猫殺し00 


東京都大田区東雪谷のアパート2階の自宅内で猫を10数匹殺したとして、警視庁田園調布署は動物愛護法違反の疑いで自称アルバイトの小松卓也容疑者(41歳)を逮捕した。

 

大田区 猫殺し02

大田区 猫殺し03

 

小松卓也容疑者は2015年8月から2016年3月にかけて、自宅アパートの周囲に捕獲器のような罠をしかけ猫を捕獲し「10数匹を仕事のストレスを発散するために殺して近所に捨てた」と供述、また内1匹は自宅の風呂場などで猫に熱湯をかけたり頭部を廊下の床に叩きつけたりするなどして殺したと供述している。

 

大田区 猫殺し07

大田区 猫殺し04

 

現場周辺には小松卓也容疑者が関連していたと思しき、猫の虐待に関する情報提供を呼びかける掲示物が多数見受けられた。また、近隣住民にお話を伺った所、容疑者に関しては特に印象も無く何をしているかもわからないとの事だったが、少し前に容疑者自宅アパートから約100mほど離れた最寄り駅付近にも殺されたと思しき猫が遺棄されていたとのこと。

 

大田区 猫殺し05

大田区 猫殺し06

 

実際に現場付近を少し歩くとすぐに猫を数匹見かけ、さりに周囲の集合住宅には以前よりも猫が多くなっているといった内容の張り紙もあることなどから、小松卓也容疑者は猫を捕獲しやすくするために自宅アパートの周囲で猫に餌を与えていた可能性も考えられる。

 

大田区 猫殺し01

 

動物愛護法違反による逮捕者が出る度に言われていることではあるが、小松卓也容疑者のような人物は動物虐待がエスカレートし、その攻撃対象が人間に移る危険性が十分に考えられる。また、再犯を防ぐ意味合いにおいても動物愛護法違反による然るべき処罰の他に精神的なカウンセリングなどを行うべきではないだろうか。

 

ガルエージェンシー横浜駅前



18匹に里親 長野市の山中に捨てられた猫21匹

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000553-san-soci


18匹に里親 長野市の山中に捨てられた猫21匹

産経新聞 4月28日(木)17時16分配信


21catshikitori.jpg

山中で保護され引き取り手を待つ3匹の猫=28日、長野市保健所(写真:産経新聞)


長野市信州新町の山中で遺棄されたとみられる猫21匹が見つかった問題で、猫を保護した市保健所に28日までに県内外から問い合わせが殺到し、18匹の引き取り手が見つかった。残る3匹も新たな里親のお迎えを心待ちにしている。

 21匹の猫は保護された当時、極めて空腹の状態にあり、衰弱している猫もいたが、おおむね元気を取り戻しているという。28日には、残された3匹の猫たちが保健所の鉄製のケージの中で身を寄せあっていた。

 同日には「3匹の猫がいる」という情報が近くの住民から寄せられ、市が付近を捜索、1匹を保護した。

 26日の問題発覚以降、市には連日60~70件の電話の問い合わせがあり、直接訪れた人も30組ほどいる。1匹を引き取った市内の女性(56)は「猫ブームといわれているが、猫は生き物。覚悟と責任を持って飼うべきだ」と憤りをあらわにした。

 市保健所の担当者は「飼い主が最後まで面倒をみるのは当たり前のこと。困ったら捨てるなんて無責任なことをせずに保健所に相談してほしい」と呼びかけている。

 猫の譲受を希望する人は市保健福祉部食品生活衛生課(電)026・226・9970まで(平日のみ)。

被災熊本の犬、滋賀に引き取る 新たな飼い主探す

京都新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000008-kyt-l25

被災熊本の犬、滋賀に引き取る 新たな飼い主探す

京都新聞 4月29日(金)9時45分配信


tokio.jpg

県動物保護管理センターが引き取った「ときお」(同センター提供)



熊本地震を受け、滋賀県動物保護管理センター(湖南市岩根)は28日、熊本市動物愛護センターに収容されていた犬1匹を引き取った。健康状態を確認した後、譲渡犬として新たな飼い主を探す。


 環境省動物愛護管理室によると、飼い主と離ればなれになった犬や猫を熊本市動物愛護センターが受け入れる必要が出たため、同省が被災前から収容されていた犬と猫計約30匹を受け入れるよう、滋賀県など西日本の府県や市に要請した。


 県が引き取ったのはオスの雑種で、年齢は推定6~8歳。熊本市動物愛護センターでは「ときお」と呼ばれていた。県動物保護管理センターの富田智佳子次長は「元気に来てくれて良かった。最初は落ち着きがなかったが、徐々に落ち着いてきた。人なつっこい性格」と話している。



~転載以上~



★その他被災犬関連記事


熊本で被災の犬 神山で来月譲渡会(徳島) 

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20160428-OYTNT50101.html?from=ycont_top_txt


被災犬1匹受け入れ 鳥取県、飼い主を募集へ

https://www.nnn.co.jp/news/160429/20160429005.html


韓国の犬肉産業は瀕死の状態、国際団体の救出活動に加え若者の犬肉食離れが進む―仏メディア

レコードチャイナからです。

http://www.recordchina.co.jp/a136720.html



韓国の犬肉産業は瀕死の状態、国際団体の救出活動に加え若者の犬肉食離れが進む―仏メディア


2016年4月29日(金) 0時10分


28日、韓国では犬肉を食べる風習があり、毎年150万~250万匹のイヌが食用として供給されているが、若者の犬肉離れが進んでおり犬肉産業は縮小している。写真は韓国の犬肉料理。



2016年4月28日、韓国では犬肉を食べる風習があり、毎年150万~250万匹のイヌが食用として供給されているが、若者の犬肉離れが進んでおり犬肉産業は縮小している。環球時報が伝えた。

仏AFP通信によると、昨年の調査データでは、「過去1年間に犬肉を食べた」と答えた20代の若者は2割で、半数を超えた50~60代に大きく及ばない。このほか、ワシントンに拠点を置く国際人道協会(HSI)はソウルでイヌの救出活動を展開し、これまでに200匹余りを保護した。さらに、最大6万ドル(約670万円)の補償金を用意し、4カ所の犬肉農場の閉鎖に成功している。

下火の犬肉産業に犬肉農場のオーナーは、「かつて、他に食べる肉がなかったため犬肉が食べられていたが、今では選択肢があり若者はわざわざ犬肉を食べようとはしない。さらに、犬をペットとして飼う家庭が増えたことも犬肉離れの要因となっている。犬肉産業は瀕死(ひんし)の状態だ」と語っている。(翻訳・編集/内山)


プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR