「ファイナル・ウォーク」 殺処分された犬たちの姿を伝え続ける女性

一昨年ご紹介したこちら の記事に掲載されていた一枚の写真。



 finalwalk1.jpg



一匹の犬が、殺処分場へと続く廊下を歩く姿をとらえたものです。

いつも読んでいる海外サイトの記事で、この写真を撮影した方がわかりました。



<記事元> The Dodoより翻訳


Haunting Photo Shows An Unwanted Shelter Dog On Her Last Walk



毎年、およそ120万頭の犬が殺処分されているアメリカ。


パット・グレゴワールさんは、ロサンゼルスのあるシェルターで、譲渡対象の犬たちの写真を撮影してネット上に掲載するボランティアをしています。


数年前のある日、普段より早くシェルターへ着いたパットさんは、多くの人が目にすることはない、しかし日々起きている現実を目撃してしまいます。


あるメスの犬が殺処分場へ連れて行かれる現場に出くわしたのです。

「これは、決して皆が見ることのない光景だ」。

そう思ったパットさんは、気が付くとシャッターを切っていました。

犬は抵抗することなく、しかしゆっくりと、何かを悟ったように職員の傍らを歩いていきました。これがパットさんにとって、最も衝撃的な光景だったそうです。


一時期、パットさんは里親が決まったり、または殺処分された犬の画像をネットから削除していましたが、今は幸せをつかんだ子たちと共に、「ファイナル・ウォーク」を歩いた犬たちの画像も、「彼らが生きていた証し」としてアルバムに残しています。


finalwalk2.jpg 
 パットさんのアルバム より


パットさんはこう話しています。


「生きることができなかった犬たちの存在にも意味があると思い、写真を残すことにしました。彼らは、確かにここにいたのです。


そしてすべての犬に名前をつけることにしました。彼らは、せめて名を与えられるべきだと思ったからです。


ボランティアを始めた時は、これほどたくさんの犬たちが殺されているとは知りもしませんでした。


こうした活動に関わると、現実を知ってしまう。だからこそ、私たちのようなボランティアは必死に闘うのだと思います。このようなことを、正しいことだとはどうしても思えません」。



~翻訳以上~



パットさんのアルバムはそれぞれテーマごとに分けられていて、Happy Tails には譲渡が決まったり保護団体にレスキューされた犬が、The Rainbow Bridge には病気などで命を落とした犬が、Final Walk には殺処分された犬が掲載されています。


殺処分された子たちの画像にはそれぞれに名前と、新しい飼い主を探す際に記入されたその子の性格や、シェルターに収容された経緯と共に、殺処分された日付が加えられています。


11140335_1007306142614556_6397722435993228099_n.jpg


 11251626_968793153132522_6950755696042815578_n.jpg


12115960_1045621602116343_3058510127893709960_n.jpg 


945006_620308961314278_1204986591_n.jpg 


pat.jpg


 
もうこの世にはいない子たちの姿、こちらを見つめる瞳に胸が詰まります…

たしかに存在していた命。

ひとつひとつが尊い命。


日本でも日々、名もなきたくさんの命が人知れず消えています。


今日を生きられなかった命。

明日を生きることのできない命。

今も、飼い主や新しい家族を信じて待ち続ける命。


そんな命が数えきれないほどあるという現実を、改めて突きつけられる記事でした。


パットさんのアルバムがHappy Tails で埋め尽くされる日が来るように…

すべての子たちが当たり前の幸せを手にできる社会になるように…

願ってやみません。



1453489_685902018088305_2100353249_n.jpg  

「彼らの御霊が安らかでありますように…」


パットさんのアルバムより。


スポンサーサイト

VICTORY! GUESSがアンゴラ製品の販売中止を決定

先日署名をご紹介いたしましたが、今朝、GUESSがアンゴラ製品の販売中止を決定したという嬉しいニュースが入ってきました音譜



<記事元>


PETA

VICTORY! GUESS to Ditch Angora Wool


MarketWatch

Guess will no longer use angora fiber in its products



GUESSは、「昨年中よりサステナビリティ向上のための取り組みを行っており、サステナビリティに関する初のレポートを公表するにあたり、アンゴラウールの使用をすべての商品において直ちに中止することにした」と発表しました。


またひとつ、アンゴラフリーのブランドが増えました!



Angora-Rabbit-on-grass-400x266.jpg  


秋田の「猫知事」、殺処分ゼロへ新たな一手とは…「現状は人間のおごり」

livedoorニュース(産経新聞)からです。

http://news.livedoor.com/article/detail/11125600/



秋田の「猫知事」、殺処分ゼロへ新たな一手とは…「現状は人間のおごり」


2016年1月30日 22時32分


「パパは僕たち猫のために仕事してるかな?」。秋田県の佐竹敬久知事(右上)のスケジュール表を見るシベリア猫のミール=秋田市千秋北の丸の知事公舎(県提供)

写真拡大  


 秋田県が犬や猫などの殺処分ゼロを目指して動き出している。


 現在、殺処分を行っている動物管理センター(秋田市浜田)とは別に、平成31年度に同市雄和に動物愛護センター(仮称)を設置し、保護した犬や猫を希望者に譲り渡す機能を強化する方針だ。背景には、「猫知事」として全国に知られている佐竹敬久知事の動物保護への熱い思いがある。


 ■「おちょちょ、おちょちょ」


 県の28年度当初予算案編成作業で佐竹知事が担当部局から説明を受ける「知事査定」が27日、始まった。愛護センター計画を担当する生活環境部は、ケージに入った3匹の猫を査定の場に持ち込んだ。殺処分を免れて譲渡された猫たちを同席させたのだ。


 佐竹知事は入室するなり、「あっ、猫がいる。かわいい」と近付き、「おちょちょ、おちょちょ」と猫たちに話しかけた。


 「おちょちょ」とは、知事が公舎で飼っている猫たちをかわいがるときに使う言葉。「おー、よしよし」から来ているという。


 知事は秋田市長時代から飼っている元野良猫6匹、知事になってから飼った元野良猫1匹に加え、平成24年にロシアのプーチン大統領から贈られたシベリア猫「ミール」(雄、3歳)の計8匹と暮らしている。


 ■新たな飼い主への譲渡促進


 県は26年度に犬150匹、猫770匹を殺処分した。内訳は、捨てられた犬猫が6割で、残りは「世話ができなくなった」などの理由による飼い主からの引き取りだった。


 県は新たな飼い主への譲渡を進めてきたが、愛護センターは取り組みをさらに推進する「動物の命をつなぐ拠点」と位置付けられている。


 このほかに、(1)動物との触れ合いや、正しい飼い方の啓発(2)犬や猫を一定期間預かって世話をする動物ボランティアの育成(3)災害時の動物の保護、収容(4)秋田犬の飼育、展示-なども行う。


 敷地面積は6200平方メートル、建物は木造平屋1600平方メートル。整備費は8億4千万円を見込み、28年度予算案に設計費として約4千万円を盛り込む予定だ。


 ■「人命尊重につながる」


 知事査定でのサプライズは、担当部局が知事の気を引こうと「猫の手を借りた」形だが、愛護センター計画はそもそも知事主導といえる。

 知事は昨年11月24日の定例記者会見で、殺処分ゼロに向けた意欲を次のように語っていた。


 「やはり年間何百匹、何千匹の、野良であろうと動物の命を、これを人為的に殺すというのは、非常にやはり人間としてのおごり、罪悪感があるんじゃないかと…。莫大(ばくだい)なお金をかけてというわけにいきませんけれども、世界から日本全国を見て常識的なラインで、ああいうもの(動物愛護センター)を造りながら、将来、殺処分をなくそうという…」


 さらに、知事は続けた。


 「殺処分をやっているところを廃止して、むしろ愛護センターをしっかり運営するという考え方は、少なくとも犬や猫を飼ってる人には、ある程度認めていただけるし、飼ってなくても、やはり哺乳類を殺すっていうのは。私も殺処分の現場(を見たが)、かわいそうですよ。犬でも猫でも。それが人間の命を大切にするということにもつながるんじゃないかなと思いますので、あの程度の予算で、高いかどうかは別にして、何とか県民の皆さんに理解をしていただいて、動物にも人間にも優しい、自然にも優しい秋田という、そういうことに使えるんじゃないかな」




【動画】Nスタ 練馬・猫40頭多頭飼育崩壊

昨日放送のNスタ、練馬・猫40頭多頭飼育崩壊の動画になります。

(FC2非会員の場合は視聴回数が制限されていたり、途中途中で止まってしまうこともあります。)


news系動画まとめより。


http://newskeimatomedouga.blog.fc2.com/blog-entry-49808.html


(147分35秒ごろからです)



関連記事


ねりまねこさんより。

http://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12122967407.html


昨日、TBSの
練馬40頭多頭飼育崩壊を
視聴してくださった皆様
ありがとうございます。

関東のローカル枠で
全国放送ではなく
申し訳ありませんでした。(^_^;)

見づらいけれど
ダイジェストで

飼い主様が
ご病気で入院され
問題が発覚




40頭以上の猫が残された



家は荒れている



この猫は目が見えていない


ほぼ全ての猫に
何かしらの問題がある


NPO法人ねこけん代表

「一刻も早く
この環境から出してあげたい」



ハナ動物病院院長

「いわゆる多頭飼育崩壊です」




「大抵は飼い主はいい人で
本当に動物が好きでやっている」

周囲の人が気づき、
支援の手を差し伸べる
必要性をうったえる



フードは多すぎるように見えるが



食べきってしまう



見えない場所に
まだまだ猫がいる



全頭の治療を行い、
不妊手術やワクチンを済ませて
飼い主を募集していく



場面は変わり
ペットの里親募集サイト
「ぺっとのおうち」の紹介

※私の飼い主募集はすべてこのサイトを利用しています。

 





ペットのおうちは
これまでに5万匹以上のペットに
新たな飼い主との出会いを提供した。

行政が保護する動物を
掲載して募集するケースもある。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



安易な批判ではなく
社会問題として
事実をありのままに見せた
バランスのいい報道でした。


どんな報道をされるのか
関係者の方々は
不安だったかと思いますが、
私も安堵しました。




本件に関わる人たち

飼い主や親類
行政、愛護団体、獣医師
そして私達

立場や考えは違えど、
この問題を解決するため
チームとして
協力していかなければなりません。





多頭飼育崩壊は
破壊力抜群で、

飼い主、動物、周辺の人達
全員を不幸にします。



しかし、

見方を変えれば
この危機は

悪化の一途だった
事態を食い止め

誰も不幸にせず、
すべての猫を救える
最後のチャンスかもしれません。


どうか見守り
応援してください。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


たくさんの方の
ご支援をいただき
本当にありがとうございます。



①預かりさん急募!!

預かりボラさんができる方はお問い合わせ  

②不足している品です。
Amazon欲しいものリスト

③病気の治療のために
医療費等、ご協力を御願いいたします

お振込み口座
三菱東京UFJ銀行 上石神井支店 普通0083925 NPO法人ねこけん
ゆうちょ銀行 店名〇〇八(読みゼロゼロハチ)
普通 9968610 NPO法人ねこけん
郵便口座  記号10040 番号99686101 NPO法人ねこけん


~転載以上~


関連記事 ねこけんさん


練馬40頭多頭飼育崩壊 僕達には何も出来ない!?


ニャンコの為なら! 福島原発周辺の猫活動~ネコネコさん

ネコネコさんからです。

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12123265650.html





皆様いつも 応援ご支援 本当にありがとうございます!


福島原発地域ニャンコ助け本日の活動報告です!


本日の福島浜通りは  の予報。 う・・・ん ちょっと危険かな・・・


日程変更したいところですが仕事もある。 やはり今日しかないんですね。


もし今日行かなければこの寒さの中ニャンコ達が数日間ご飯を食べられない。


AM 4:00 楢葉町 mさんのコンビニに 避難中 。


自分が調べた情報では早朝3時には雪が止み曇りの予報。


でも3時過ぎてますけど・・・ 何これ? さらに激しくなってますよ。








AM 7:00


mさんのコンビニに止めておいた車が雪に埋もれそうになったので、今度はいわきに避難。


まぁ変わんないですけど。







AM 9:00


待っていても雪は止みそうにないのでまた楢葉に戻って 活動開始 。


車が入れない場所は歩いて進軍。


写真撮ってる余裕はなかったので画像なし。


とにかく今日も一日たくさんのニャンコ達にご飯届けて来ました!


そして給餌の最後は・・・







活動前半の撮影はしませんでしたが、ここはニャンコ達が集まるので撮りますよ。


楢葉ニャンコリゾートハワイアンズ!


自分が餌場に到着すると遠くに三毛の姿。


餌場に来たくて三毛が鳴いてます。 何処も雪で埋もれていて来れないんですね。


頑張ってこっちおいで~!







勇気を出して向かって来ましたよ。







これ近くに見えますが望遠レンズで撮影してるんで結構遠いんです。


三毛は頑張りましたが、自分がいる餌場まであと30メートルぐらいの所で反転して戻ってしまいました。


体が埋もれていって怖かったんでしょうね。


遠くでまたニャーニャー鳴いてます。







他にも餌場に来れないニャンコ達がいると思うのでスコップで 道作り 始めました。


ニャンコの為なら色んなことやります(笑)


結局、大きな敷地内にかなりの道を作ったので 完成まで 約2時間


最後の方は手が疲れてしまって足で雪蹴って道作りしてましたけど~


雑ですいません(汗)








敷地内の色々な場所にニャンコ達が住んでいます。


みんな作ってあげた道を発見してなるべく早くご飯にありつければいい。







作った道を使用してくれた 第一号 はしっぽくろちゃん。


よくわかりませんが無心で走ってました。







走った後はしっぽくろちゃんにまたご飯。


一度あげてるんですけどね。







きじしろちゃんには療法食。


結城市のE様がだるたにあんさんに 療法食 をたくさん届けてくれました!







E様、本当にありがとうございました!


お手紙も拝見しました。


今後もお家のニャンコちゃん達と共に楢葉きじしろちゃんも見守ってあげて下さい。


本日の活動も無事終了。


最近は数週間前と違いフードが何処も  。 容器が舐めたように綺麗な所も。


みんなお腹空いてるんでしょうね。


そんな綺麗な容器を見るとニャンコ達に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。


現地で何日かに一回のご飯を楽しみに待ってるニャンコ達。


もっと幸せにしてあげないと・・・



※ 1月活動支援金収支報告は水曜以降UP予定です。



【毎週の福島猫助け活動支援金のお願い】


● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル


● 他銀行からの振込み


ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018


【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル


※ 収支報告は月末もしくは翌月第一週目にUPしています。



【福島猫助け活動 活動協力連絡先】

現地の活動、後方支援、何か協力していただけそうなことがあれば是非一度ご連絡下さい。

090-4833-2694 高沢


シェルターに収容された犬猫と人間が入れ替わったら…? 「イタズラの神」が仕掛ける衝撃動画

過激でシュールなイタズラをするフランス人として知られ、フランスでは一部の人から”イタズラの神” とも呼ばれる、レミ・ガイヤールがアニマルシェルターで仕掛けた「いたずら」の動画が公開されました。

800px-Rémi_Gaillard_-_O_Tour_de_la_Bulle_-_2011_-_P1250409_-_2011-09-17
レミ・ガイヤール(wikipedia


<記事元> The Dodoより翻訳

Powerful Prank Convinces Woman Not To Put Dog In A Shelter

毎年、アニマルシェルターに持ち込まれる数多くの動物たちがどんな思いをしているのか-それをある女性が身を持って体験することになる。

フランスのいたずら者、レミ・ガイヤールが公開した、人間が捨てられたペットのごとく扱われているこの動画で、その世界を垣間見ることができる。

いたずらのターゲットとなったのは、迷い犬を連れてやって来た1人の女性。
人間と動物が入れ替わった世界を通して、彼女はシェルターがどういう場所であるのかを予想だにせず突きつけられる。

檻に入れられた人間たち、そして閉ざされたドアの向こうで何が起こっているのかを知った女性は、すぐさまシェルターを後にし、別の場所へ助けを求めることになる。





アメリカでも毎年、何百万匹の犬猫がこうした施設に収容され、3分の1以上が殺処分されている。


~記事翻訳以上~


迷い犬を連れた女性が、シェルターの受付の男性に少し待つように言われ、椅子に腰かけると…

突如、犬や猫の姿をした「職員」が平然と目の前を通り過ぎ、女性はあっけにとられます。

lemi1.jpg



そして男性に案内され一旦外へ。「右側の2番目のドアです」と説明を受け、檻に入れられた人間たちに目が釘付けになりながら、部屋のドアを開けると…

lemi2.jpg



台に横たわる人間が、まさに殺処分されようとしているところでした。

lemi5.jpg



女性はすぐにドアを閉め、シェルターを後にします。
その間にも、飼い主に連れられた「不要なペット」が…

ラストで、「ぼくたちは『物』じゃない」というメッセージが流れます。

lemi4.jpg



※記事では、シェルターには通常マイクロチップの読み取り機が設置されており、チップが装着されたペットであれば飼い主を特定することができることから、迷い犬をシェルターへ連れてきたこの女性の行動は決して間違いではないと注意書きされています。


この動画を見て、人間と犬が入れ替わった世界でペット産業や殺処分の残酷さを描いた絵本、「おさんぽにいこう」を思い出しました。

すでにご紹介済みですが、まだご覧になっていない方はこちらもぜひご一読ください。


犬と人間が入れ替わった世界で-飼い主のモラルを問う絵本「おさんぽにいこう」
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11930119988.html

o0800058613078338896.jpg



ヤフージャパンに「象牙販売の中止を」 ネット署名、100万人超す

ハフィントンポストからです。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/28/yahoo-japan-sold-twelve-tons-of-ivory_n_9095716.html



ヤフージャパンに「象牙販売の中止を」 ネット署名、100万人超す


投稿日: 2016年01月28日 16時04分 JST


avaaz



国際的な社会運動のキャンペーンサイト「Avaaz」で、YahooとYahoo! Japanに日本での象牙ネット取引の停止を求める署名運動 が立ち上がり、1月28日正午時点で110万人を超える人々が賛同している。


これを受けてイギリスのガーディアン紙 は、Yahoo! Japanのオークションサイト「ヤフオク!」で、2012年からの2年間に、象牙が計約12トン販売されていたと報じた。


象牙はワシントン条約で輸出入が禁止されており、日本で売買が可能なのは1989年以前か、その後2回にわたって一時的に規制が解除されたときに輸入されたものに限られるが、同紙は日本のネットオークションでの活発な取引が、違法な取引やゾウの密猟の温床になっていると批判している。


yahoo
ヤフオク!で販売されている象牙。2016年1月28日確認


アフリカゾウの取引は、密猟による絶滅の危機が国際的な問題となり、ワシントン条約 によって1989年に輸出入が全面的に禁止された。背景として、日本の判子など象牙需要の増加が指摘されていた。


その後、一部アフリカ諸国からの輸出規制が緩和され、日本は「流通・販売実験」として2000年に50tの輸入が許可された。2008年にも「1回限りの販売」として、108tの象牙を買い取った。しかし、「象牙の需要が復活して象牙価格が上がってしまい、違法象牙取引も復活してしまった」と、獣医師の滝田明日香さんはビッグイシュー・オンライン で指摘している。


アメリカの非営利団体「エンバイロンメンタル・インベスティゲーション・エージェンシー(EIA)」は2015年12月の報告書で、合法的に入手した証明となる登録制度など、違法取引を防ぐ仕組みが「抜け穴だらけであり、法規制が弱いために効力が乏しく、最も基本的なレベルにおいてさえ有効な歯止めが存在しない」と批判した。


ナショナル・ジオグラフィック日本版 によると、EIAの報告書ではYahoo! Japanと楽天市場での流通量の多さも指摘した。通販業者の多くが「法が定めた最低限の基準も満たしていない」とし、日本政府に「監視の脆弱さ、および象牙の違法取引に対し実効性のある強制措置に踏み切る能力または意志がない」と批判している。


野生動物の違法取引を禁止するとのアメリカ政府の方針に基づき、AmazonやGoogleは自身のプラットフォームで象牙の取引を禁止している


■Yahoo! Japan「確定的な根拠のある数字ではない」

ivory elephant
2015年、アフリカのケニア・ナイロビ国立公園で、焼却処分される違法取引の象牙


Yahoo! Japanの広報担当者はハフポスト日本版の取材に対し、以下のように回答した。


報道の事実関係については、


「確定的な根拠のある数字ではないと考えている。適法な象牙の出品が増加すること自体は何ら問題ないと考えている。弊社では毎日パトロールを実施し、違法な出品を発見した場合には速やかに削除等の措置を講じている。日本では象牙製品の輸出入は原則的に禁止されており、密輸の摘発が増加しているという事実も確認されていない。弊社での象牙製品の取り扱いと、海外での象の密猟や個体数の減少を結び付ける主張には確たる根拠はないと考えている」


国際的な批判が高まっていることに対しては、


「抗議活動は認識はしており、希少な野生生物の保全は、弊社としても重要な問題だと強く認識しているが、現時点で、適法な取引を禁止する理由はない。懸念の声が寄せられていることは重く受け止め、環境・動物保護団体や関係省庁と連携しながら、違法な出品への対策を講じるとともに、弊社の見解をしっかりと伝えていきたい」


とコメントした。


「犬猫用シェルター」寄付 ペット保護、動物救護本部が福島県へ

ヤフーニュース(福島民友)からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00045941-minyu-l07

「犬猫用シェルター」寄付 ペット保護、動物救護本部が福島県へ

福島民友新聞 1月29日(金)8時34分配信


震災や原発事故で被災したペットを保護するため、県動物救護本部(本部長・浦山良雄県獣医師会長)が三春町に設置、運営していたシェルターが28日までに、全てのペットを飼い主に返したり、譲渡したため閉所された。同本部は同日、シェルターを県に寄付した。県は今後、シェルターを改修して動物を保護したり、動物と触れ合ったりできる動物愛護の拠点として活用する方針で、新年度予算に関連費計上を検討している。


 同本部は2011(平成23)年10月、全国から寄せられた義援金を活用し、診察室やシャンプー・トリミング室などを備えた犬猫用のシェルターを開設。昨年12月に閉所するまで、避難区域に残されたり、避難する飼い主と離れざるを得なくなったペットを保護し、ピーク時で300匹余り、延べ約1000匹の犬と猫を同シェルターで保護していた。


 浦山本部長が県庁を訪れ、内堀雅雄知事に目録を手渡した。浦山本部長は「全国からの支援があったからこそ、施設を運営してこられた。今後は、県の動物愛護拠点として有効に活用してほしい」と話した。


多頭飼育崩壊から保護された犬 ジョージ・クルーニーの仲介で両親に引き取られる

すでに3頭の保護犬を迎えているハリウッドスター、ジョージ・クルーニー夫妻ですが…


関連過去記事


ジョージ・クルーニー夫妻、動物保護施設から犬を引き取る


o0579076613469565523.png  



昨年末、ジョージの仲介で、米オハイオ州の保護団体のシェルターから1頭の老犬が彼の両親に引き取られました。



<記事元> The Dodoより


George And Amal Clooney Adopt ANOTHER Rescue Dog



「ネイト」は、22頭の多頭飼育崩壊現場からスキューされた犬で、保護時はやせ細り、肋骨が浮き出ていました。


また、彼は脚に先天的な障害を抱えており、歩くとふらついてしまう特徴があったためなかなか引き取り手が現れませんでした。


しかし昨年末、ジョージの仲介により、10年共に暮らした愛犬を失ったばかりだった両親の元へ引き取られることになりました。



12565608_973358632747702_2090506637994604035_n.jpg  



保護団体はFBに、「『ネイト王子』にとって、本当におとぎ話のような結末!…というか、ハリウッド映画のパーフェクトなエンディング!」と喜びでいっぱいの投稿をしています。



海外セレブ関連記事


シェルターでペットを引き取ったセレブが素敵すぎる☆


保健所から動物を譲渡した海外のセレブさん達



海外ニュースまとめ1/27

中国 実験動物の福祉向上のための法改正を検討(英語)http://en.people.cn/n3/2016/0118/c90000-9005350.html



怪我や病気の治療をしない、残酷な殺し方をするなどしていたことが発覚したノルウェーの4つのミンク毛皮農場が閉鎖に追い込まれる(英語)

http://www.furfreealliance.com/four-norwegian-mink-farms-forced-to-close-down-after-inspections/



中国で保護の対象となっているフクロウを生きたまま瓶に詰めて酒に浸し、「フクロウ酒」を作っていた医師らに、ネットで非難が噴出(英語)

http://www.thesun.co.uk/sol/homepage /news/6848209/Cruel-Chinese-witch-doctors-drown-LIVE-birds-of-prey-in-booze-to-make-owl-wine.html



世界第二位の犬肉消費国とされるベトナムで、三人の男が食用のために犬を盗んだとして逮捕される。逃亡の際に警官にスタンガンを突きつける(英語)
http://www.thanhniennews.com/society/3-dog-theft-suspects-arrested-in-vietnam-after-firing-stun-gun-at-cops-57821.html





【動画】中国で、民家から飼い犬2匹がさらわれる瞬間。犬肉や毛皮のために売られると見られている

http://video.weibo.com/show?fid=1034:6591452e0bddbcaac97e0a00b9ca7c30



中国・広東省で、犬を盗んだ男5人のうち2人が住民に暴行を受ける。盗んだ2人は逮捕されたが、3人は逃亡中(英語)

http://singaporeseen.stomp.com.sg/this-urban-jungle/thieves-in-china-savagely-beaten-up-by-villagers-for-stealing-dogs-to-sell





オジーの妻、シャロン・オズボーンの毛皮反対メッセージ動画(英語)

http://www.peta.org/features/sharon-osbourne-exposes-cruel-fur-trade/


以前は毛皮を着ていたシャロン。ドキュメンタリーなどで残酷な現実を知り、ファーフリーに。

sharon.jpg  



記録的な大雪に見舞われている米ニューヨークで、屋外飼育の犬2頭の悲痛な叫び。隣人がその様子を撮影、ネットで広まり警察に苦情が殺到。警察が、犬たちを室内へ入れるよう指導(英語・動画あり)
http://www.peta.org/blog/video-dogs-cry-left-outside-to-freeze-during-blizzard/




プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR