口永良部島関連記事 ペットと一緒に避難も/「農家は牛残したまま」 避難長期化に不安の声も

【緊急拡散】口永良部島から避難された方で犬猫・小動物を連れている方へ 預かってくださる方がいます



以下、口永良部島の動物関連記事です。


ペットが入れた避難所もあるようです。


牛さんについては島に残されたままのようで心配です。

誰も給餌給水できず、もし避難が長引いたら……。福島のようなことはもう二度と起こってほしくありません。



★時事通信より

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052901043&g=soc


「犬残せない」「自分の船で」=短時間で決断、避難の島民-口永良部島


飼い犬を連れてヘリに乗る人、自分の船で避難する人。鹿児島県・口永良部島で新岳が噴火した29日、島の住民が取るものも取りあえず、迷いながらも短時間で避難を決断していた。


 海上保安庁によると、島北東部の湯向地区沖に到着した同庁巡視船の乗員は午後1時ごろ、島に上陸。地区にいた住民8人に避難を促した。


 男性(77)は当初、「飼い犬を残してはいけない」と避難をためらっていたが、乗員から「一緒に連れて行って構わない」と説得され避難に応じた。「自分の船で逃げたい」と申し出る人や、一時避難所として島民が集まった番屋ケ峰に向かう人もいたという。


 犬を連れた男性は約40分後、他の住民5人と巡視船へ。その後、巡視船に停止していたヘリで屋久島に運ばれた。


 番屋ケ峰に避難した小学生は、午後2時半ごろまで備蓄の乾パンしか口にしていなかった。避難のフェリーが到着するまでの間、測量船の乗員が急きょ作った50人分のおにぎりやお茶が配られた。(2015/05/29-22:33)


hinan.jpg  

海上保安庁の巡視船「さつま」に避難した男性(中央)と飼い犬=29日午後(海上保安庁提供)





★西日本新聞より

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/172208

口永良部島、137人が全島避難 船・ヘリで [鹿児島県]

2015年05月29日(最終更新 2015年05月29日 23時02分)

口永良部島・新岳の噴火で、島外への避難指示を受けた137人が29日夕までに屋久島へ全員避難した。噴火による「全島避難」は2000年9月の東京都・伊豆諸島の三宅島以来。島民はフェリーとヘリコプターに分かれて避難し、噴火から5時間半で完了した。


 屋久島町や総務省消防庁災害対策本部などによると、約130人が島西部の番屋ケ峰にある避難所に一時避難。町は島外への避難指示を出し島民を全島避難させるため、町営船「フェリー太陽」(499トン)を口永良部島へ向かわせた。


 フェリーは午後2時40分ごろに番屋ケ峰から約3キロの本村港に接岸。住民はいったん帰宅して貴重品を持ち出すなどして港に集まり、同3時半すぎに出港した。同5時半ごろ屋久島・宮之浦港に到着し公民館など3カ所に身を寄せている。噴煙でやけどを負った男性(72)や体調不良を訴えた男性(82)など3人が鹿児島県の防災ヘリで屋久島の病院に搬送された。


 一方、口永良部島東部の湯向(ゆむぎ)地区の住民6人は近くの港に集まり、海上保安庁のヘリで屋久島へ搬送された。また、男性3人が自分の漁船で避難したという。



201505290004_000.jpg  
口永良部島からヘリコプターで避難し、屋久島空港に着いた人たち=29日午後3時54分、鹿児島県屋久島



201505290004_001.jpg  
ヘルメットの中の子猫を大事そうに抱え、口永良部島から避難した子ども=29日午後6時8分、鹿児島県屋久島の宮之浦港




★産経ニュースより

http://www.sankei.com/affairs/news/150529/afr1505290082-n1.html


2015.5.29 22:31更新


「農家は牛残したまま」 避難長期化に不安の声も


口永良部(くちのえらぶ)島での噴火による農業や漁業への影響は限定的とみられるが、関係者は噴火の長期化を懸念する。鹿児島県農政課によると、島では4軒ほどの農家で牛の放牧が行われている。県の担当者は「人命優先で農家は牛を残したまま避難している。草も水もあるので当面は問題はなさそうだが、避難が長引けば不安は高まる」と心配する。


 島の漁業は近海でのイセエビ漁が中心。4月末に漁を終えているが、9月に再開し11月まで続く。屋久島漁業協同組合の寺田一美参事(55)は「屋久島側の漁業も含め影響は少なそう。ただ噴火が長引けば、どのような影響が出るかは見通せない」と話した。


 空路や海路にも目立った影響は出ていない。国土交通省によると、航空各社の飛行経路に大きな変更は出ていない。海上保安庁も航行する船舶に注意を呼びかけているが、担当者は「もともと多くの船が運航する海域ではない」と説明した。




★FNNニュースより(動画あり)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00293525.html

口永良部島噴火 屋久島に避難した住民が避難所に到着

05/29 21:27

29日午前9時59分、鹿児島・屋久島地方の口永良部島の新岳が噴火し、気象庁は、噴火警戒レベルを入山規制の「レベル3」から、避難が必要な「5」に引き上げた。屋久島町は午前10時20分、全島に避難指示を出した。


口永良部島から屋久島に避難した住民が、避難所に到着した。
避難所3カ所のうちの1つ、屋久島福祉センター縄文の苑には、午後6時すぎから、2回に分けて、合計およそ40人が避難している。

避難したきた人の中には、自らの手荷物着替えなどだけではなく、ペットと一緒に避難をしている人もいる。


80歳の女性に話を聞くと、「今までで一番すごい音がした。噴火は何回も経験したけど、今までで一番すごい音がした。そして、黒い煙が上がった時に怖い思いをした」ということだった。
さらに、「島には残りたかった。今は不安な気持ちでいっぱいです」と話していた。




★日テレニュースより(動画あり)

http://www.news24.jp/articles/2015/05/30/07276163.html

口永良部島民が避難 深夜の屋久島から報告

< 2015年5月30日 1:10 >

29日午前、鹿児島県の口永良部島で爆発的な噴火があった。噴火警戒レベルは最も高い「5」に引き上げられ、島の住民は全員、屋久島に避難した。30日午前0時過ぎの屋久島から「NEWS ZERO」右松健太キャスターが中継。

 口永良部島の住民は屋久島内3か所の避難所に別れ、身体を休めている。


そのうちの一つの避難所を訪れたが、玄関と廊下の明かりがついているだけで静まりかえっていて、一緒に連れてきたであろうペットの鳴き声が響いていたのが印象的だった。住民は普段から避難訓練などをしているため避難自体はスムーズに行えたが、それでも必要最低限のものしか持ってきていないという人もいた。


 屋久島にも被害があった。島の南に位置する集落の住民によると、爆発の約1時間半後に真っ黒な入道雲のような噴煙が集落に迫ってきて、その後、一気に火山灰が降ってきた。また、取材をした29日午後8時頃も、硫黄のような独特の臭いが集落に立ちこめていた。住民は「火山灰が降ったのも、こんな臭いがするのも初めての経験だ」と話していた。

 「いつになれば収束するのか」-口永良部島の住民、屋久島の住民双方から不安の声が多く聞かれた。




★NHKニュースより

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150530/k10010096891000.html


屋久島町長 全員無事避難の経緯など説明


5月30日 14時54分

口永良部島がある鹿児島県屋久島町の荒木耕治町長が、噴火後はじめてとなる記者会見を開き、島の住民全員が無事に避難できた経緯や今後の対応を説明しました。

この中で荒木町長は去年8月の噴火のあと、一時避難場所を火口からおよそ4.5キロ離れた高台の番屋ヶ峰にある建物に変更したことや、消防団の誘導がなくても各自で避難できるよう訓練を重ねたことが、全員の迅速な避難につながったと説明しました。

一方、家畜やペットを島に残して避難してきた人たちなどからは一時帰宅を望む声が上がっているということで、「代表者が一時的に島に入ることが可能かどうか、気象台など関係機関から情報収集をして検討したい」と述べました。
荒木町長はこのほか、屋久島のホテルなどにも噴火の影響についての問い合わせが数多く寄せられているとしたうえで、「屋久島は口永良部島から12キロ離れているので噴火の影響は全くない」と強調しました。



★読売新聞より

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150530-OYT1T50060.html?from=ytop_ylist


「飼い犬連れて来られなかった」島民に不安募る


2015年05月30日 14時13分

鹿児島県屋久島町・口永良部島くちのえらぶじま新岳しんだけで起きた爆発的噴火から一夜明けた30日、着の身着のまま避難した多くの島民たちは、「いつ元の生活に戻れるのか」と不安を募らせた。


 避難所生活の長期化を見越し、島外の親類宅などに向かう人の姿も見られた。

 ◆避難生活に不安

 「避難する時は数日のつもりだったが、ニュースを見て数か月間は帰れないかもしれないと不安になった」。約30人が避難した屋久島北部の「老人いこいの家」にいた給食センター職員の女性(43)は、心配そうにつぶやいた。

 29日の噴火後、荷物を取りに急いで家に戻ると、庭一面に火山灰や直径数センチの小さな砂利のような石が積もっていたという。「昨年8月の噴火でも片づけに時間がかかった。今回は住めるようになるまで、どれくらい時間がかかるのか」と表情を曇らせた。

 屋久島にある親族の家に身を寄せ、友達がいるこの避難所を訪ねた同町立金岳かながたけ小6年の男児(12)は「家で飼っている犬は大きいので連れて来られなかった。早く家に帰りたい」と話した。

 週明けからは屋久島の小学校に通い、合同学習になる。「ランドセルもノートも教室に置いてきて、ヘルメットだけかぶって避難したから、何の用意もしていない」と不安そうな表情を浮かべた。





スポンサーサイト

白鷹の住宅、玄関前に猫の頭部 別の場所で切断か

なんとひどいことを。子猫ちゃん、どうか安らかに…。

逮捕されますように。



山形新聞からです。

http://yamagata-np.jp/news/201505/30/kj_2015053000658.php


白鷹の住宅、玄関前に猫の頭部 別の場所で切断か

2015年05月30日 09:02

 長井署は29日、白鷹町荒砥乙の60代男性会社員方の玄関前に、切断された猫の頭部があったと発表した。同署は動物愛護管理法違反容疑で調べている。

 同署によると、男性が28日午後6時40分ごろ帰宅した際、切断部分を下にした状態で玄関ドアの前に置いてあった頭部を発見し、同署に通報した。頭部の大きさなどから子猫とみられ、焦げ茶、黒、白などの毛が交じった三毛猫とみられる。男性は1人暮らしで、自宅敷地内で複数の猫を飼っており、その猫は地域内でよく目撃されているが、この頭部は飼い猫のものではないという。胴体は見つかっておらず、玄関周囲に血痕も無いことから別の場所で切断された可能性があるとして調べている。

 同署は29日午前、子どもに危害が及ぶ恐れがあるとして、町教育委員会を通じて町内各小中学校に注意を呼び掛けた。荒砥小では教員が下校児童に付き添うなど見守りを強化。町は併せて、ごみの回収業務を委託している民間業者に回収物に猫の胴体部分が混入していないか注視するよう協力を求めた。

住民「信じられない」
 現場は町中心部にある閑静な住宅街の一角。住民は「動物を虐待したり、切りつけたという話は聞いたことがない」「信じられない」と口をそろえる。小学生の孫がいる70代女性は「(危害を加える対象が)動物から人間へとエスカレートする事件も全国では起きている」と不安を募らせる。犯人像が分からず「外に出るのが怖い。孫には目の届く範囲で遊ぶように言い聞かせた」と話した。





犬飼い主に罰金30万円 通行人2人かまれけが

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/affairs/news/150529/afr1505290056-n1.html


2015.5.29 20:06更新



犬飼い主に罰金30万円 通行人2人かまれけが


 飼い犬が逃げ出し、通行人2人にかみついてけがを負わせたとして、東京区検は29日、過失傷害罪などで東京都世田谷区の無職、中尾貫雄容疑者(82)を略式起訴した。東京簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、即日納付された。


 起訴状では、4月12日、自宅の玄関ドアを開けたところ、室内で飼っていた雑種犬6匹が逃げ、男性2人の足首にかみつき、それぞれ約5日と約10日のけがを負わせたとしている。警視庁が重過失傷害容疑で逮捕していた。



【緊急拡散】口永良部島から避難された方で犬猫・小動物を連れている方へ 預かってくださる方がいます

口永良部島火山噴火で、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


九州に住む方が、犬猫・小動物を連れている方へ、生活が落ち着かれるまで一時預かりをしてくださる旨、フェイスブックで呼びかけられています。


困っている知り合いの方などいらっしゃいましたら、情報を教えてあげてくださいませ。


大変な状況だと思いますが、動物たちが置き去りにされることがないように…

一日も早く状況が落ち着きますように、祈ります。



以下、中本誠二さんのフェイスブック記事のリンクです。


この方のトップページ、基本情報の中に電話番号も書かれています。


https://goo.gl/JrO2fL

https://goo.gl/Bs0BTC



以下、転載いたします。


11062032_681905681939113_6844046971983357957_n.jpg  



中本 誠二さん

4時間前 · 熊本県 熊本市 · 編集済み ·


口永良部島の人達へ呼びかけ


このたびは、噴火により急な避難となりましたこと、心よりお見舞い申し上げます。

あと1時間強で避難船が発つ見込みですので、慌ただしくご準備なさっているところかと思います。

もしご家庭の犬猫~小動物まで、家族と同じように暮らしてきた動物達を断腸の思いで置いてこようと考えてらっしゃるなら、船に乗せることができれば連れてきてあげて下さい。

避難所では飼うことができないためお悩みでしょうが、幸いこちらには受け入れる場所も能力もございますので、鹿児島まで連れてくることができたら、後はご安心下さい。
責任をもって皆さんのお暮らしが落ち着かれるまでお預かり致します。

もし、連れ出すことができた方がいらっしゃいましたら、
ご遠慮なくご連絡下さい。メッセージでもプロフィール欄にある電話番号にでも結構です。
最短で今夕にはお迎えに上がれます。

この投稿を数日経ってご覧になった場合にもお気軽にご連
絡下さい。
同じ九州に住む者として、全力でバックアップさせて頂き
ます。

※追記

この投稿をご覧の皆様へお願い

口永良部島の住民の方に届きますよう、シェア・拡散にご協力頂けましたら幸いです。

細かい問題を残した見切り発車的な呼びかけであることは重々承知しております。

ただ時間がありません!全島避難後に動物達を迎えに行くことは現実的に不可能なのです。
問題点はその後に解決していきます。

※この投稿を見て、人命優先だ!家畜はどうなんだ!野生
動物への差別じゃないか!などというクレームは一切受け付けません。
東日本大震災、中越地震、三宅島等々の教訓から呼びかけ
ているだけです。


~転載以上~



関連記事・サイト



口永良部島ポータルサイト
http://kuchi-erabu.org/

改正鳥獣保護法施行 ニホンジカ・イノシシの捕獲を強化

毎度毎度、同じことを言うのもうんざりですが…


相変わらず殺すことばかりな政府ガーン


場所も環境も違いますが、たとえばアメリカ・ニューヨークではシカに不妊去勢を施して戻す取り組みが行われていると聞いたことがあります。


簡単な問題ではないですが、補助金を出すなら、そのお金で一頭でも多く生かしつつ問題を解決する道を探せないものでしょうか。。



FNNニュースより(※動画あり)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00293509.html 
 

改正鳥獣保護法施行 ニホンジカ・イノシシの捕獲を強化

05/29 18:12


ニホンジカとイノシシの捕獲を強化する、改正鳥獣保護法が29日に施行された。


環境省によると、ニホンジカは、北海道を除く全国で249万頭(2012年度末)が生息しているとみられていて、農作物への被害は、イノシシとあわせると、1年間でおよそ131億円(2013年度)にのぼる。


改正法では、都道府県が、主体的にニホンジカやイノシシを捕獲することを求め、国が捕獲する費用を補助するとともに、自治体から認定を受けた民間事業者も、その対象になる。


環境省は、10年後に、現在の頭数の半分にすることを目指している。





NEWS ZEROでステラ・マッカートニーが手がける動物愛護と環境に配慮したファッションの特集

一昨日、日本テレビのNEWS ZEROで、ポール・マッカートニーさんの娘で世界的ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーさんが手がける動物愛護と環境に配慮したファッションの特集がありました。



動画はこちら(24:55ごろから)

http://video.fc2.com/content/201505282s6ZXrPQ/&tk=TVRjNE56WTROVGM9




以下、番組公式FBより。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=850562385015909


今夜のZEROカルチャーは
元ビートルズ ポール・マッカートニーさんの娘で
世界的ファッションデザイナー
ステラ・マッカートニーさんの特集です。

革や毛皮を使用しない
“サスティナビリティーファッション”の
パイオニアとして世界で注目されています。

また、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックでは
イギリス選手団の競技ユニフォームを手がけ、
イギリス王室のキャサリン妃も愛用しています。

日本のテレビでのインタビューは初。

独自の方法でファッション業界に挑戦し続ける
ステラさんに山岸キャスターが話を伺いました。



o0720096013321334691.jpg  



~転載以上~



o0540030613321314603.jpg


 o0542030813321327815.jpg


o0539030313321329422.jpg 


o0539030513321330034.jpg 


o0537030313321330642.jpg



 

ペットボトルを再利用したポリエステル、土に還る優しい素材、植物の実クローバー

地球環境や動物の命を考えた、やさしくてカッコいいファッションキラキラ


生き物の命を犠牲にしなくても、アイデア次第でこんなに素敵なファッションが創れる!


まだまだ皮や毛皮が主流のブランド業界に、影響を与えていってほしいと思います。



「今 消費者が疑問を投げかける時。素材には何が使われているか考えないといけません」。


その通りですね。私たち消費者が、買おうとしているその服や靴やバッグがどんな素材でできているか、命を犠牲にしてはいないか…疑問を持ち、知り、意識を高めていく必要があると感じます。



5/25~5/29になうでアップした記事

いつもご訪問いただきありがとうございます!

アメブロのなうでアップした記事のご紹介です音譜



★動物虐待に対するFBIの新たな姿勢 http://www.dogactually.net/blog/2015/05/post-685.html



★ヤフー意識調査 追い込み漁によるイルカの入手禁止、どう思う?実施中 http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/16762/result



★生放送で子ウサギ撲殺 デンマークのラジオ局「畜産業の残酷さ伝えるため」 http://news.livedoor.com/article/detail/10158494/



★病気のコアラ再び安楽死の危機 豪南東部、過密解消できず http://news.livedoor.com/article/detail/10155229/



★「空き家対策特措法」施行、“危険な空き家”撤去命令も 「動物の糞尿やごみが放置され、悪臭が発生している」家も対象 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150526-00000006-jnn-bus_all



★高校生が“ネット出店” 県内5商業校生、出資募り商品開発 野良猫の殺処分をゼロにすることを訴えるメッセージを込めた商品を企画 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150526/201505260926_24983.shtml



★太地町の漁師ら会見「違反ない」 追い込み漁継続へ http://www.asahi.com/articles/ASH5W3D4YH5WPXLB001.html



犬にかまれて男性死亡(岩手県) http://www.news24.jp/nnn/news8859518.html



★動物愛護を落語で伝える http://www.arcj.org/animals/companionanimals/00/id=586



★ドーベルマン逃げ出し4人かむ…飼い主は転倒 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00050057-yom-soci



先日ご紹介した記事が産経ニュースでも。殺処分容器に入った猫など、直視するのが辛い写真があります…。こちらを見つめる猫ちゃんの瞳が胸に突き刺さります。 「ごめんな」泣きわめく犬、猫の夢に苦しめられ…犬猫殺処分、自治体職員の苦悩 http://u888u.info/llGC





★ネコの餌あげ注意され切りつけ、容疑の男逮捕 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2503827.html



★クロマグロ大量死の水族園、追加のスマ12匹死ぬ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2503823.html



細川弁護士ブログより 提案:外飼い猫に対する繁殖制限措置の義務づけ http://blogs.yahoo.co.jp/qdkbd678/64017762.html



★水族館のイルカ入手方法 監視体制整備へ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150528/k10010094611000.html



秋篠宮さま、JAZAの判断支持 イルカ入手禁止問題で http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000044-asahi-soci



本日より!「福島をわすれない」 パネル展IN亀有 お近くの方、お立ち寄りくださいませラブラブ http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12023433223.html





「集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載がはじまります」http://u999u.info/lmKi 「ペットが直面する“現実”。人間と動物たちのあり方」




★『福島県飯舘村への配達フードのご支援お願いします!!』ちーむぼんぼんさん http://amba.to/1HzoYZB













原発周辺でご飯を待つニャンコ達の為に…ご支援のお願いです。 (ネコネコさん) 

ご支援のお願い 福島20キロ圏内農家さんより牧草支援のSOS おうし座


【拡散希望】警戒区域内の牛の食料が枯渇!ご支援お願いいたします おうし座


Food for rescued cows desperately needed in the No-Go-Zone, Fukushima

拡散希望!★署名★愛護動物の虐待及び殺害の厳罰化、刑の厳格化を!


Petition "Change the law in Japan so cases of animal abuse are investigated and prosecuted."



★署名★東京にアニマルポリスを求める 警官



★署名★狩猟における鉛弾(ライフル弾、散弾)の使用禁止をいますぐ、日本全国で 鷹



★署名★歯磨き粉の実験のため猫を真っ二つに割っているグラクソ・スミスクライン社へ実験廃止を求める



★署名★動物虐待を助長するインターネットサイトの取り締まり並びに削除依頼


★署名★仔猫を生き埋めにした教諭の厳罰処分



福井大学に対する嘆願書:キャンパス内の猫を飢えさせるのは止めてください!


★署名★馬から無理やり採取する尿でホルモン剤を作らないで! うま



NEW 都は東京都昭島市緑町の劣悪ペットショップに対し「第一種動物取扱業登録の登録取消処分」を執行し、動物虐待で刑事告発して下さい!


茨城県常総市、多頭野犬は助けられるか 里親・預かり様、医療費など募集



悪質ペット業者撲滅のための啓発活動のお願い~杉本彩さん


1人でも多くの人に伝えるために 動物愛護啓発ポスター・パンフレット・アピールグッズまとめ


その他、プロフィール にも署名をご紹介しています!



イルカの飼育そのものを規制する動きが進むドイツを取材しました。

FNNニュースからです。(※動画あり)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00293403.html


イルカの飼育そのものを規制する動きが進むドイツを取材しました。

05/28 12:33



ドイツ  



動物愛護先進国のドイツでは、イルカショーが激減。イルカの飼育そのものも、規制する動きが進んでいます。その現状を取材しました。

ドイツ西部の都市、デュースブルクにある動物園。
ここでは、7頭のイルカが飼育され、毎日3回行われるイルカショーは、家族連れに大人気となっている。


しかしドイツでは、動物愛護団体などが「イルカショーは虐待」と強く批判し、イルカのショーや飼育を取りやめる動物園が相次いでいる。


ドイツでは、かつて10カ所以上あったイルカショーも相次ぐ批判などを受けて、今では、ここを含む2カ所のみとなった。


来場者は、「人間としては、ショーはイルカに良くないと思うが、母親としては、子どもにいいと思う。ジレンマね」、「動物を狭い場所に住まわせる。こういう施設が多いのは、あまり良くないと思う」などと話した。


ショーを続けるこの動物園は、動物愛護団体から飼育をやめるよう要求されたほか、裁判所から飼育記録を公開するよう命令を受けた。


飼育員は「イルカだけに焦点を当てるべきではない。他の動物も同じ。これは、動物保護の1つの形だ」と話した。


動物園は、「ショーは、イルカの生態や自然環境の問題などを知ってもらう場所」と主張し、飼育についても、イルカの保護や生態調査の目的があるとして、インターネットで情報を公開しながら、飼育を続ける方針。


一方、動物愛護団体は、イルカの輸出や飼育の禁止を目指して、ヨーロッパ各地で活動している。


動物愛護団体代表は「(将来的には)ドイツだけでなく、ヨーロッパ全域で、イルカ水族館は閉鎖されるだろう」と話した。


イルカをめぐって、隣国スイスでは、輸入を禁止する法改正が行われるなど、ヨーロッパ各国で規制が進んでいて、ドイツでも、イルカの全面的な飼育禁止に向けた動きが加速するとみられる。



~転載以上~



イルカ参考記事


水族館に関する世界の動向およびイルカ・クジラ類の保護/水族館はイルカの飼育に適しているか?





プードル虐待動画の件 神奈川県警に2頭の安否と保護場所等について聞きました~RJAVさん

この件について動かれているRJAVさんからです。

http://blog.goo.ne.jp/rjav/e/b66c63bc8fb4f0526cdef153cd705faa?fm=rss



【虐待される犬の動画】取材受けました!

◆8時~放送スッキリ(日テレ) 

◆8時~モーニングバード(テレ朝) 

これから放送。ぜひ、ご覧下さい!


◆昨日、神奈川県警 生活経済課 平野課長代理へ電話し、
2頭のトイプードルの安否と保護場所、今後飼い主に戻されないのか、

誰か飼育するのか。について聞きました。以下、回答です。



一般人が知る必要ない!」  以上です。



◆RJAVからは以下の内容を伝えました。「犬が虐待されたことで捜査を始めたのではないか。

犬の所在、今後がマスコミなど第3者によって確認できなければ納得できない。
安否、将来について確実に確保されているのか即日確認したい。
県警からメアドを指定され、2月からすべての情報提供をしてきた。



本当に生きているのかも含め、徹底的に追及する。」

◆昨日から、何件もの電話とメールを頂き、犬の安否について問い合わせ
頂いておりますが、ぜひ、

  
◎県警の生活経済課    平野課長代理     にお問合せください。

  神奈川県警 電話   045-211-1212


◆尚、県警と都庁へ確認しましたが、行政のセンターでは保護していません。




~転載以上~



マスコミで大きく報道され、社会的にも影響を与えた事件。

たくさんの方がプードルちゃんの身を案じ、助けようと情報拡散したりチラシを作って配布したり、署名したり、警察へ情報提供したり、様々に動かれてきました。


容疑者や事件の経緯も大事ですが、肝心なワンちゃんたちの安否や今後について、私たちは知る権利があると思うのですが…何か言えない事情があるのでしょうか。


今どこで保護されているのか、今後、見ず知らずの人間に言われるがままに虐待する人間に戻されないのか、心配です。





「子猫、10年間で100匹殺して埋めた」 室蘭の72歳女、愛護法違反容疑で逮捕

言葉になりません…


この女だけでなく(特に年配の世代でしょうか)、不妊・去勢もせず、生まれた子猫を川や山へ捨てたり土に埋めたりといったことを行うのが当たり前になってしまっている人・地域があります。


虐待、犯罪といった意識も薄くこうした行為を日常的に繰り返す人々…どうしたらよいのでしょうか。


海外では不妊・去勢が義務付けられている都市がありますが、日本も、飼い主へ不妊・去勢をもっと強く促していく必要があるのではと思います。




ヤフーニュース(北海道新聞)からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00010000-doshin-soci

「子猫、10年間で100匹殺して埋めた」 室蘭の72歳女、愛護法違反容疑で逮捕

北海道新聞 5月28日(木)0時30分配信


【室蘭】室蘭署は27日、動物愛護法違反(虐待)の疑いで北海道室蘭市内の無職の女(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、飼い猫1匹を4月下旬、自宅の庭で水を張ったバケツに沈め、ふたをして重しを置いて放置し、溺死させた疑い。猫の死骸を埋めているとの情報提供を市から受け、署員が掘り返して4匹分の死骸を見つけた。解剖で1匹の死因が分かり、虐待を裏付けられたため逮捕した。

 同署によると、女は猫を3匹飼っており、「妊娠して子猫が増えるため飼育に困り、10年間で100匹ほど殺して埋めた」と供述しているという。同署はさらに埋められた死骸がないか、調べを進める。



~転載以上~



以下、TBSニュースより(※動画あり)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2503824.html


ネコ殺した疑いで飼い主逮捕、10年で100匹殺したか


ネコを水に沈めて殺したとして、北海道室蘭市の女が動物愛護法違反の疑いで逮捕されました。

 逮捕された岡田秀代容疑者(72)は、先月末、飼っていたネコが産んだ子ネコをバケツに入れ、上からふたをして殺した疑いが持たれています。

 「避妊できると言ったら何十万円もかかると怒った」(近所の人)

 岡田容疑者は飼っていたネコを放し飼いにし、出産するたびに子ネコを殺して埋めていたとみられ、「10年間で100匹くらい殺した。処分に金がかかるので困ってやった」などと容疑を認めているということです。(28日10:48)





プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR