3/26~3/30になうでアップした記事

いつもご訪問いただきありがとうございます!

アメブロのなうだけでアップした記事のご紹介です音譜



★1日30本、ヘビースモーカー女性の飼い犬に悲劇・・副流煙による末期の肺がんで死亡―英メディア http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000001-xinhua-cn



★高齢者とペット 飼い主の病気や入院で行き場失い…安心して飼える仕組みを http://sonae.sankei.co.jp/life/article/150325/l_hobby0001-n1.html



★人や動物に安心して使える!ノミダニ&害虫駆除のミラクル粉☆ダイアトメシャス・アース http://bigtreeforanimals.org/blog-news/diatomaceous-earth-flea-tick/



人間のエゴで絶滅の危機に瀕している動物たち ― 絶滅危惧種10選 http://tocana.jp/2015/03/post_6066_entry.html



★生態系を守る橋。生き物に優しい「アニマルブリッジ」 http://tabi-labo.com/102164/animal-bridge/



★keiさん『3月のパネル展のご案内 & アースアワー』 http://amba.to/1Bs3lqR



★『アンパンマンの生き方』 社会猫・人と猫の共生を図る対策会議さん http://amba.to/1xCv5hn



★犬猫と人 共存社会へ 28日、大分市で意見交換会 http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/03/25/091122891



★中川俊直議員より 動物愛護議員連盟 役員会が開かれました。議題は役員人事や予算獲得に向けて、各自治体への働きかけなどを議論しました http://urx.nu/iRaR



★『拡散希望【お知らせ】4/1に、子供たちによる素晴らしいチャリティ・コンサートが開催されます♪』@三鷹市 ディア・ママさんより http://amba.to/1CTt1C7



★なぜ高校教師は、子猫を生き埋めにしようとしたのか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000009-mocosuku-hlth



★犠牲ペットの笑顔描く…巡回展 大槌・盛岡で http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/news/20150326-OYTNT50148.html



★子猫5匹を生き埋め「三本木農業高校の『命の花プロジェクト』とは真逆だ」 http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/20150326/201503260P063140.html



★温泉地の猫・犬を紹介するプロジェクト「ねこ温泉 いぬ温泉」 福島の被災動物保護団体に寄付することを目的に「缶バッジプロジェクト」も http://news.mynavi.jp/news/2015/03/24/560/



★『2015年3月26日 楢葉給餌報告=猫ちゃん保護』 マオさん http://amba.to/1BwqVCJ



★4月6日締切 ペットフードの表示に関するパブコメ~給与試験はもういらない http://animals-peace.net/experiments/petfood_pc.html



★浪江町へ 2015.3.23 ぽこ&けんいち通信さん http://blogs.yahoo.co.jp/pocoyuko2006/56712533.html



★『牛たちの儀式』 Shyonen Voxさん http://ameblo.jp/shyonen/entry-12007050912.html



★ペットの避難体制構築 災害協定を締結 千葉市と地域獣医師会 http://www.chibanippo.co.jp/news/local/248450



★『助けたつもりが・・・』 http://amba.to/1HbtIpV ←ダンボールにいれて捨てられていた子猫たち。中にはカラスの羽がたくさん…



★使うだけで社会貢献。自動で寄付できるクレジットカード【動物・自然保護系】http://spotlight-media.jp/article/130882992811299599



6月5日(金)~7日(日) にゃんこはうす写真展in東京 「東日本大震災から4年 あきらめきれない命がある~福島20km圏内ペットレスキューの記憶と記録」@東急百貨店吉祥寺店 http://urx.nu/iY84





『気になるえさ場を見てきました。3月28日のご報告』 南相馬の猫おばさんを応援する会さん http://ameblo.jp/cat-yoshida/entry-12007931237.html



★パーティでハムスターの頭を食いちぎった米・大学生。専門家は「要注意人物」と強い懸念。 http://japan.techinsight.jp/2015/03/yokote2015033010530.html



★環境省 人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクトより 事例紹介に「返還と適正譲渡の推進」についての取り組みを追加掲載しました http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/project/practice.html#title03



★福島、悲しい出来事 犬猫救済の輪さん http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-4638.html 富岡町でグレーがかった全身縞模様の猫が事故死。去勢手術がされていました。



★『野良猫問題、その方策を真面目な愛猫家たちは心得ている。』C.O.Nさん http://amba.to/1HevNBo 「『尼崎でも禁止条例を!』といった声が既に届いているそうだ。想定内とはいえ、影響は少なくなさそうだ」





12歳の少女が世界中の大人を6分間黙らせた「伝説のスピーチ」

http://trend-izumi.com/post-2144/


リンク先より一部抜粋。





1992年、リオデジャネイロで行われた地球サミットにて日系4世セヴァン・カリス=スズキさんによる『伝説のスピーチ』。


9歳でECO(子ども環境NGO)を立ち上げ、12歳でこの6分間のスピーチで世界に紹介されました。



『わたしたち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。』


『大人にも知ってほしい。あなたがたは解決策なんてもっていないことを。』


『どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。』


『大人は私たちに、世の中でどうふるまうかを教えてくれます。


・争いをしないこと
・話し合いで解決すること
・他人を尊重すること
・ちらかしたら自分でかたずけること
・ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
・わかちあうこと
・欲ばらないこと


なぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか?』

『親たちはよく


「大丈夫、すべてうまくいくよ」
「この世の終わりじゃあるまいし」
「できるだけのことはしてるから」


と言って子どもたちをなぐさめるものです。


しかし、大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことが出来なくなっているようです。』











福島被災猫保護活動支援金のお願い/ボランティアその他協力者様大募集 (ネコネコさん) 


ご支援のお願い 福島20キロ圏内農家さんより牧草支援のSOS おうし座


【拡散希望】警戒区域内の牛の食料が枯渇!ご支援お願いいたします おうし座


Food for rescued cows desperately needed in the No-Go-Zone, Fukushima


拡散希望!★署名★愛護動物の虐待及び殺害の厳罰化、刑の厳格化を!


Petition "Change the law in Japan so cases of animal abuse are investigated and prosecuted."


★署名★東京にアニマルポリスを求める 警官


★署名★【高校生の声に耳を傾けてください】殺処分0のために~動物販売の禁止・保健所のシェルター化


★署名★狩猟における鉛弾(ライフル弾、散弾)の使用禁止をいますぐ、日本全国で 鷹


★署名★パピーミル廃止の嘆願を オバマ大統領へするため、5百万人の署名が必要です アメリカ


★署名★歯磨き粉の実験のため猫を真っ二つに割っているグラクソ・スミスクライン社へ実験廃止を求める



NEW ★署名★動物虐待を助長するインターネットサイトの取り締まり並びに削除依頼


NEW ★署名★仔猫を生き埋めにした教諭の厳罰処分


悪質ペット業者撲滅のための啓発活動のお願い~杉本彩さん


1人でも多くの人に伝えるために 動物愛護啓発ポスター・パンフレット・アピールグッズまとめ



その他、プロフィール にも署名をご紹介しています!



スポンサーサイト

迷い犬や猫ネットで救え 高松市がサイト刷新

読売新聞からです。

http://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20150327-OYTNT50128.html


迷い犬や猫ネットで救え 高松市がサイト刷新

2015年03月28日



takamatsu.jpg  
動物情報サイト「わんにゃん高松」の画面(高松市提供)



◇「いなくなった」「保護している」市民が登録


 迷い犬や猫の処分数を減らそうと、高松市は4月、動物の保護情報を掲載しているウェブサイトを全面的に刷新する。「探している」あるいは「保護している」動物の情報や写真を、市民が直接登録できるのが特徴だ。市保健所は「早期返還や、新しい飼い主への譲渡につなげたい」と話している。(花田祥瑞)


 迷い犬や猫の情報について、市はこれまで保健所で保護したケースのほか、市民から「預かっている」「いなくなった」と連絡を受けた分をホームページで紹介してきた。しかし、保健所で処分されるのを恐れ、通報をためらう傾向もみられたという。


 いち早く情報をやりとりできるようにするため、市に連絡しなくても、自由に登録できる方式を新たに採用。デザインも、犬の写真を大きくあしらい、イラストを多用した親しみやすいものに一新し、「わんにゃん高松」と名付けた。市のホームページからアクセスできる。


 「犬」「猫」「その他の動物」それぞれに「探しています」「保護しています」のページがあり、保護した場所や体格などの情報を入力できる。写真も添付できるため、首輪の色や毛色なども一目でわかるようにできる。


 登録は24時間受け付け。市保健所の担当者は「手軽に使えて情報もすぐに掲載される。ぜひ利用してほしい」と話している。


 県内では2013年度、4720匹(犬2592匹、猫2128匹)が県や高松市の保健所に引き取られ、4450匹が処分された。犬の処分率は91%で全国ワースト。高松市の保健所は引き取り数が1149匹と全体の4分の1を占め、1036匹を処分。犬の処分率は82%で中核市の中で最も高かった。


 県も「迷い犬・迷い猫情報」をホームページで公開している。




子猫や子犬守ろう ミルクボランティア、熊本市が募集

朝日新聞からです。(※会員登録で全文読めます)

http://www.asahi.com/articles/ASH2V4W9BH2VTLVB00R.html


子猫や子犬守ろう ミルクボランティア、熊本市が募集

田中志乃

2015年3月29日10時59分



milk.jpg  
授乳方法を教わりながらミルクを与える生徒=熊本市立京陵中学校清水が丘分校提供



犬や猫の殺処分ゼロを目指す熊本市動物愛護 センター(同市東区)が、生後間もない子猫や子犬を預かって、ミルクなどの世話をする「ミルクボランティア」の募集を始めた。全国的には授乳期の子猫の7割以上が殺処分されているが、避妊去勢手術を約束する人に譲渡することで、野良犬や野良猫 を殺さずに減らそうとする試み。行政がこうしたボランティアを公募するのは全国でも異例という。


■「殺処分ゼロ」達成めざし呼びかけ

 ミルクボランティアは、センターに収容された生後1~5週の子犬や子猫を預かり、ミルクや排泄(はいせつ)の世話をしてもらうもの。離乳後はセンターが引き取り、避妊去勢手術をすることや室内で飼うなどの取り決めに同意した新しい飼い主に譲渡する。センターが2、3月に説明会を開き、現在、10組10人が登録している。



高校教諭が子猫生き埋め 残り4匹の死骸を確認

TBSニュースからです。(動画あり)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2456360.html



高校教諭が子猫生き埋め 残り4匹の死骸を確認


千葉県船橋市の県立高校で、男性教諭が数匹の子猫を学校の敷地内に生き埋めにした問題で、警察が26日、埋められた場所の捜索を行い、全ての猫の死骸を確認していたことがわかりました。

 この問題は今月6日、船橋市の県立高校で、30代の男性教諭が生後間もない子猫5匹を見つけ、クラスの男子生徒3人に指示して穴掘りなどをさせたうえ、一人で埋めたものです。埋められた5匹のうち、4匹は生きた状態でした。

 これまでの警察の捜索では、猫の死骸は1匹しか見つかっていませんでしたが、その後の取材で、26日に行われた捜索により、残り4匹の死骸が埋められた場所から見つかっていたことがわかりました。

 警察は、動物愛護法違反の疑いで、引き続き教諭らから事情を聴いています。(28日16:55)



~転載以上~




こちらの事件、今までの報道では「1匹だけが死んだ状態で見つかり、残りの4匹は行方不明」とありましたが、詳細を調べられた保護団体さんの記事には「全頭死んでいた」とあり、私も気になっていました。


やはりすべて死なせてしまったのですね。。



★署名★仔猫を生き埋めにした教諭の厳罰処分


http://urx.nu/iSq8




★署名★ハクツルペットの業務改善または営業停止 ハクツルペットの全動物の保護

change.orgからです。


Petitioning 埼玉県動物指導センター様 and 4 others

ハクツルペットの業務改善または営業停止ハクツルペットの全動物の保護

私がハクツルペットのことを知ったのはFacebookの投稿が始まりでした。 ハクツルペットは埼玉県熊谷市にあるうさぎ、モルモット、小鳥などを扱うペットショップです。現地に行った方々の写真には地獄絵図のようなペットショップの実態が露になっていました。


うさぎの餌は鳥の餌、水が入ったボトルはカビや藻が生えた状態。そしてケージはほとんど掃除されておらず、排泄物まみれで層が出来ている様子でした。また爪が3㎝以上伸びているうさぎや、病気になっている動物、繁殖に関しては経営者自身も全て把握しきれていない程乱雑な状況で販売されていました。


極めつけは目にできものがあるうさぎに対して、他のうさぎに移るからという理由でごはんも水も与えていなかったそうです。店主からは「生き殺しにしている。」という発言が聞かれたそうです。 日本のペットブームの闇をみた瞬間でした。これは氷山の一角に過ぎないことは重々承知しています。しかし、劣悪な環境下での飼育・販売、生き物をモノとしてしかみていない経営者が今現在、それらを糧にして生活しています。


ハクツルペットのようなペットショップは動物愛護管理法、第一種動物取扱い業者の規制に違反しているものに当たります。 みな同じく生きています。未だにハクツルペットで生活している動物達が今後の安全が保証されるように、また日本から少しずつでもこのような劣悪なペットショップがなくなることを願っています。 どうか署名活動にご協力よろしくお願いいたします。




★署名★Facebook上での動物虐待を禁止してください!

change.orgからです。



Petitioning Facebook

 

Facebook上での動物虐待を禁止してください!


http://urx.nu/iUcG


アップ署名はこちらから!



私たちは、Facebookが動物への暴力行為を許す事のないよう、コミュニティ規約の変更を求めます。規約に動物への虐待や暴力行為の禁止を明記することで、Facebook上で動物への虐待を行うコンテンツを取り締まることができるようになります。


Facebook上には、野蛮で残虐な動物虐待の写真などを投稿するページ、グループ、イベントが後を絶ちません。罪のない動物たちを生きたまま踏み潰したり、ビンに詰めたり、燃やしてしまったり、許せない行為の様子を示す写真などが投稿されているのです。


Facebookには規約に反すると思うコンテンツは利用者から報告できる機能がありますが、これらの写真を見つけるたびに、どれだけFacebook側に報告しても、以下のようなお決まりの返事がくるだけです


「コミュニティ規約へ違反していると思われるコンテンツについて、Facebookへご報告ありがとうございます。過度な暴力が含まれるとの報告について審査しましたが、コミュニティ規約への違反は見つかりませんでした。」


ここからわかることは、Facebookは人間に対しての暴力行為でないと重く受け止めないということです。動物に対する暴力、虐待行為も、受け入れられるものではありません。しかし残念ながら、Facebookや一部の利用者は、動物になら暴力も許されると考えているようです。


みなさんで声をあげて、Facebookに対して動物への考え方を変えてもらいましょう。このような動物虐待のコンテンツを許していては、動物への虐待、暴力行為をはたらく人をさらに増やしてしまう危険があります。


Facebookのコミュニティ規約を変えてもらうことで、動物虐待コンテンツを禁止できるようにし、このような動物虐待を許さない、という姿勢を共に示してもらいましょう!



日韓友好の架け橋 福島原発周辺の猫活動 2015 2・28~ネコネコさん

写真が表示されない場合は、転載元さんに飛んでいただくか、画像をクリックしてご覧ください。

ご支援金残高がなくなってしまったそうです。もし可能でしたらご支援をよろしくお願いいたします!m(__)m



ネコネコさんからです。

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-12007354851.html





本日の福島原発地域ニャンコ助け活動報告です!


深夜に車内でセブンのコーヒー。 いわき平あたりのセブンだったかな?


車内でかかってるBGMは Something The Beatles


さぁ、仮眠とって朝からニャンコ達の為に 頑張るぞーっ!


てか、このあと眠れずそのまま活動開始になったんですけど・・・(涙)







本日は宮城からNさん参加で 早朝 から 給餌活動開始!


そして給餌活動と平行して今日はやることいっぱい。


カラス&雨対策の半透明テーブルクロスで何ヶ所かの給餌BOXの強化。


ハワイアンズの猪対策。 ← 失敗で次週に持ち越し(涙)


同じくハワイアンズの樽型給餌器修理。 ← 新型投入予定でしたがいい素材見つからず結局古いの修理。







そして最近ニュースなどでも取り上げられているmさんがオープンさせた楢葉の24時間コンビニ。


一日 1800人 のお客様(作業員さんがほとんど)が来るそうです。


そんなこんなでmさんご夫婦も大忙しっ!


今日も自分とNさんで、mさんとこの犬のまりこさんの散歩やニャンコ達(凄い数!)のトイレ掃除など1時間ほどでしたがお手伝いしました。


ニュースでも取り上げられてますが、mさん奥さんは韓国の方。


しかし原発事故後の韓国政府の帰国要請も断わり、福島の為、楢葉町の為、原発地域の犬猫達の為、福島で活動する動物愛護ボラさんの為・・・


とにかく みんなの為 に今も福島楢葉町で必死に頑張っておられる素晴らしい方です。


自分もよく食事ご馳走になったりしています(笑)


日本と韓国は色々とありますが、mさん奥さんは 日韓友好の架け橋 ですね!







さらに本日は目的がもう一つ。


前回ブログでお話した 黒白の子 の首輪外し。


先週に引き続き本日も黒白の子が現れる近辺で1時間半ほど待ってみました。


人のいない町を30分ほど捜索も。


しかし残念ながら本日も遭遇できませんでした(涙)。







黒白ちゃんとは会えませんでしたが、黒白ちゃんが現れる餌場で初めて見るキジトラちゃん。


人のいない町 の猫達はこうやってこっそり餌場に食べに来てるんですね。


全国の多くの支援者様のおかげでこのような子達の命が今日も繋がっています。


自分もこんな子達を絶対飢えさせたくないので必ず毎週活動頑張ります。


自分に出来るのはとにかく 継続 することだけ。


あの事故での罪の無い命の犠牲を忘れずに。 毎日ご飯を待ってる子達のことを忘れずに。


初心を忘れずに。 とにかく 継続 継続 なんです。







今日も最後は 楢葉ニャンコリゾートハワイアンズ!


今日は 嬉しいこと がありましたよ。


現在、ハワイアンズ近辺の水道管の工事で来ている作業員さんから素敵な プレゼント


ここのニャンコ達に!ってたくさんのウエットフードを届けてくれました。


原発地域で働く作業員さんはとてもいい方が多いんです。







ハワイアンズに 黒猫 ちゃん。 最近、海岸近くから来た子ですね。


相当お腹が空いていたのか、ビクビクしながらも近くに寄って来ました。


作業員さんから頂いたウエットフード一缶をすぐにぺロリ。


画像ではそんなでもなさそうに見えますが、かなり 痩せていて小さい子 です。


かわいそうに・・・


さばしろちゃんや、しっぽくろちゃん。 ここの大きい子達のことも怖いようです。


食べながらも何度も周囲をキョロキョロしていました。







ここは 安全 でご飯も食べられるとこだからここを出ちゃダメだよ。


来週も美味しいご飯持って来るからね~






【ご支援金収支報告 3月27日現在】


● 3月のご支援金


2月25日 ミズノ様  2月27日 Re.muu タカダ様 ミドリ先生 フクザツメアリー様


3月1日 ノブタ様  3月2日 ハタ様 ミアケ様  3月3日 オオツカ様 カワセ様


3月12日 シオカワ様  3月23日 ミズノ様


支援金合計 87000円  先月のご支援金残高 25965円  ご支援金合計 112965円 


● 3月の支出


レンタカー代金  2月28日 7992円  3月7日 7992円  3月14日 7992円  3月21日 7992円  3月28日  7992円


高速道路料金  2月28日 2540円  3月7日 3490円  3月14日 2540円  3月21日 2540円  3月28日 2540円


ガソリン代金  2月28日 2899円  3月7日 3342円  3月14日 3020円  3月21日 3006円  3月28日 2590円


キャットフード代金  2月28日 7329円  3月7日 7264円  3月14日 5264円  3月21日 5385円  3月28日 8013円


不妊手術料金(3匹)  楢葉町 三毛  楢葉町 グレー  楢葉町 みみ  18000円


支出金合計 119722円


● ご支援金残高 0円


※ ご支援金残高がなくなりました。 もしよろしければご支援して頂ければ幸いです!



【福島猫助け活動支援金のお願い】


※ 収支報告は月末UP予定です。


● ゆうちょ銀行  記号 10130  番号 25678521  タカザワ マモル


● 他銀行からの振込み


ゆうちょ銀行  【店名】 〇一八 (読み ゼロイチハチ)  【店番】 018


【預金種目】 普通預金  【口座番号】 2567852   タカザワ マモル




【給餌 TNR 病院搬送 リリースまでの一時お預かり 一緒に活動出来る方 その他協力 ご連絡下さい】


詳しくは 090-4833-2694 高沢



緊急告示 犬の多頭飼育崩壊で旭川市動物愛護センターの犬の収容頭数が限界

以前ご紹介した犬の多頭飼育崩壊 の件が関連していると思われます。

ご協力をお願いいたします。



旭川市役所のFBからです。

https://www.facebook.com/asahikawacity/posts/1559112824371772



【緊急告示(シェアお願いします!)】


新しい飼い主さんを至急探しています!

現在,旭川市動物愛護センター(通称「あにまある」)では犬の収容頭数が収容可能頭数の限界に達しています。(平成27年3月23日時点で犬23匹)

多頭飼育の崩壊によって収容された犬がほとんどですが,皆良い子で,今も新しい飼い主を待っています。

譲渡までの手続きについて,ご興味のある方は旭川市動物愛護センターまでご連絡ください。


受付電話:(0166)25-5271
時間  :平日午前8時45分~午後5時15分まで
HP:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/…/inune…/joudoinu.html


*2枚目以降の写真は,広報係で撮影したものです。ご連絡いただく前に新しい飼い主さんが見つかっている場合がありますが,ご了承ください。



11083630_1559112361038485_2362595172439743420_n.jpg  



~転載以上~



個別のワンちゃんの写真は、転載元さんへ飛んでご覧ください。

https://www.facebook.com/asahikawacity/posts/1559112824371772



参考:あにまあるのホームページ

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/eiseikensa/Animaal_HP/inuneko/joudoinu.html



犬の殺処分ゼロの期間が2年を超え、全国をリードする旭川市

一匹でも多くの子に、あたたかいお家が見つかりますように!



★署名★仔猫を生き埋めにした教諭の厳罰処分

change.orgからです。


http://urx.nu/iSq8


アップ署名はこちら!



Petitioning 千葉県教育委員会 千葉県立薬園台高校

仔猫を生き埋めにした教諭の厳罰処分



子猫を生き埋めにした高校教諭の厳罰処分、動物愛護法44条の徹底周知、繁殖予防対策を強く求めます。

(背景)


千葉県船橋市内にある県立高校の30歳代の男性教諭が、生まれたばかりの子猫を学校の敷地に生き埋めにしていたことが、同校への取材でわかった。

 教諭は、生徒に穴を掘る作業などをさせていた。少なくとも4匹を生き埋めにしたといい、県警は動物愛護法違反の疑いで調べている。


 同校によると、男性教諭は今月6日午前、学校敷地内で、野良猫が産み落としたとみられる子猫5匹を見つけた。放課後、担任を務めるクラスの男子生徒3人に目的を告げぬまま、スコップを用意させたり、敷地の一角に穴を掘ったりさせた。その後、教諭は1人で5匹を埋めた。1匹は生死不明、4匹は生きた状態だったという。


 同校は9日に保護者から連絡を受け、教諭に事情を聞いた。「親猫がいないので放置すれば死ぬと思った。対処の仕方がわからず、猫は市役所に引き取ってもらえないと思っていた」と話し、反省の意を示したという。(毎日新聞記事より)


本件は正に動物愛護法44条の適用が求められる事例です。


44条一項の「愛護動物をみだりに殺し、~」を適用されれば二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

三項ならば百万円以下の罰金とあります。


私は同法の適用に留まらず、同様の事件が二度と起きないように以下のことを提案します。


① この男性教諭の厳罰処分

② まず教師全員へ現行法の周知徹底及び愛護教育プログラムの受け入れ

③ 民間団体と協力して、地域にいる徘徊猫を愛護的に管理するためTNR法を学ぶこと
 (捕獲して、不妊去勢手術を施し、元の場所に戻して地域猫として総数管理を行うこと)

④ 事件後に同地域がどのように変化したか追跡調査を受け入れること



私も本日、千葉県教育委員会に電話をしました。

このような教諭が教育の場に採用されること自体、問題だと考えます。

真の動物愛護国を目指し、健全な教育環境をつくりましょう。



3月20日議決・京都市の条例について~そのポイント~杉本彩さん

杉本彩さんからです。

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-12006673479.html



3月20日市議会にて議決されました
京都市の条例の内容について、

京都市から詳しくご説明いただきました。

「京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例」の制定について

http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000180298.html


以下は、私の思う今回の条例のポイントです!

① 条例名について

「動物による迷惑等の防止に関する条例」⇒「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」に

議会で変更され、ポジティブな表現になりました。

※「動物との共生」という言葉が条例名に入ったことで、この条例の目的がしっかり明確になったことが良かったと思います。


② 野良猫への給餌について

第9条 市民等は、所有者等のない動物に対して給餌を行うときは、適切な方法により行うこととし、周辺の住民の生活環境に悪影響を及ぼすような給餌を行ってはならない

※当初は、「無責任な餌やりを禁止」との文言でしたが、

「給餌を行う場合は適切に」という形で、

給餌行為自体を否定するものではなくなりました。


③ 罰則について

生活環境に悪影響を与えるほどの給餌(長期間にわたるエサのばらまきのみの行為など)について、

指導⇒勧告⇒命令となった後、

行政の改善命令に、故意かつ悪質に反対する行為を行う者に対して、
最終的に罰則が適用される可能性があるものです。

※これにより、登録ボランティアさんも、登録していないボランティアさんも、誤解を受け過料が課せられるということはありません。

また、これにより、子猫が生まれることを良しとして、まちねこ活動(地域猫活動)を妨害する悪質な愛猫家の身勝手な行為の防止につながることを期待したいと思います。



★皆さんからの多くのパブリックコメントが反映され、このように改善されたと思います。

②、③から、餌やりを一律に禁止するものではないということと

「餌やり⇒罰則」となるようなものではないということを

広く周知していかなければならないと思います。

「餌やり禁止」だけの言葉が独り歩きしてしまい、

京都の条例は非情であるとの誤解が生じているようですが

この誤解は、京都市内で活動されているまちねこ活動のボランティアさんや

これから活動したいと思っている方にとって、とても危険なことだと思いますので

皆さんには是非、この誤解がなくなるよう、

正しく条例を理解していただき、

正しく発信していただけますよう、

よろしくお願い致します。


そして、全く注目されておりませんが、

この条例には

第4条 本市は、次に掲げる責務を有す。

・ 野良猫に対する適切な給餌(給水を含む。以下同じ)に係る活動を支援すること。

という文言が記載され、地域猫活動に係る支援を行政の責務としています。

この条例は全国初ではないでしょうか。


地域猫活動を自治体のホームページで推進していたとしても

行政の責務とはしておらず、
現に私も、東京都の目黒区へ地域猫活動の積極的な支援をお願いに上がったとき

行政業務ではないとの回答を目黒区から聞いております。

もちろん、地域猫活動がうまくいっているところは、

行政・民間ボランティア・地域住民 の三者が協力体制を構築しているのですが

それはあくまでも、
皆の思いがあってこそ成功しているものなのです。


ですから、今後、この地域猫活動の支援が全国的に行政の責務となっていくことを願います。

そうなれば、

野良猫問題の改善に!

猫の殺処分数の減少に!

大きな進歩を期待できるのではないかと思います。


一日も早く猫の殺処分が無くなりますように…。

命を大切にする思いやりある社会になりますように…。


プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR