「おうちへかえろうプロジェクト」~福岡県獣医師会さん

福岡県獣医師会さんの「おうちへかえろうプロジェクト」サイトからです。
http://fukuoka-neko.com/





http://www.youtube.com/watch?v=lh2rGWBNB24

福岡県には、おうちのない犬や猫がたくさんいます。飼えないと捨てられたもの、もとも­とおうちのないところで生まれたもの、飼い主とはぐれ迷子になったもの...
そして毎年1万頭以上の犬や猫たちが引き取られ、もとのおうちに帰ることも、新しいお­うちが見つかることもないまま、やむをえず殺処分されています。
福岡県獣医師会は、「おうちへかえろうプロジェクト」を通じて、この不幸な犬や猫たち­を減らし、すべての犬や猫が飼い主のいるおうちで暮らせる社会をめざします。


http://fukuoka-neko.com/
アッププロジェクトについて、詳しくはサイトをご覧ください!


スポンサーサイト

被災したペット達が新しい家族を待っています!~福島県動物救護本部より

福島県動物救護本部からです。

http://www.fuku-kyugo-honbu.org/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%82%8B%E6%96%B9%E3%81%B8/



新しい家族になってくださる方へ


被災したペット達が新しい家族を待っています!

譲渡対象の犬たち

平成27年1月25日現在の犬の収容頭数は8頭です。



譲渡対象の猫たち

平成27年1月25日現在の猫の収容頭数は18頭です。




 福島県では、犬1頭猫15が新しい家族を待っています。

 条件が整い、新しい家族として迎えてくださる方は、お申込み~引き受けまでの手順『家族になるまで』を参考にお申込みください。

※お申込みは郵送またはFAXでお願いいたします。 また、直接シェルターにお越しいただいても、お引渡しすることはできませんのでご注意ください。

<譲渡の条件>

  1. 福島県三春町の引き渡し場所まで来られる方であること
  2. 成人の方であること
  3. 飼養するにあたり、同居する家族の同意が得られていること
  4. 飼養環境が集合住宅もしくは借家の場合は、動物の飼養が承認されていること
  5. 狂犬病予防法、動物の愛護及び管理に関する法律などの関係法令を遵守し、愛情と責任を持って終生飼養できる方であること
  6. 引き渡しの際に示す誓約事項を遵守できる方であること

<お願い>

 お申込みの際は、以下の点についてご理解ください。

  • お申込みいただいた方の中から厳正なる審査を行い、選ばれた方のみにマッチング等の日程をご連絡させていただきます。
  • 事前のマッチング等は行っておりません。
  • 申込書の受付は、郵送又はFAXとさせていただきます。電話による受付は行いませんので、予めご了承ください。

<お知らせ>

保健所で収容された犬および猫の譲渡について

・福島県では、被災ペットの他、狂犬病予防法、犬による危害の防止に関する条例、及び動物の愛護及び管理に関する法律に基づき各保健所で収容した犬及び猫の新しい飼い主も募集しており、下記リンクより譲渡できる犬及び猫の情報がご覧になれます。

 希望する犬及び猫がいる場合は、譲渡する際に手続と審査(例:避妊、去勢手術の実施等)がありますので各保健所へ直接お問い合わせ願います。

<収容動物検索へのリンク>

県北保健所(保健福祉事務所)

県中保健所(保健福祉事務所)

県南保健所(保健福祉事務所)

会津保健所(保健福祉事務所)

相双保健所(保健福祉事務所)



京都市 動物による迷惑の防止に関する条例の制定について~杉本彩さん

杉本彩さんからです。

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11983911396.html



京都市の「動物による迷惑の防止に関する条例」への
パブリックコメント募集が始まってから、

京都の外からも様々な声があがっており

条例の素案ができてすぐに
私も各方面からいろいろご意見を伺う機会がありました。

行政へ要望するにあたり「協力してほしい」という要請などもあり、

当財団としても
京都市にいろいろと要望してまいりました。

私としても、この条例を制定するにあたり

「まちねこ活動」の推進に問題が生じないよう

慎重に検討していくべきだと思っております。


*京都市の「まちねこ活動」とは、
地域に暮らす飼い主のいない猫(野良猫)を住民の合意の下、
地域のルールに基づいて適切に猫を飼養する活動です。

「まちねこ活動支援事業」として、
京都市は飼い主のいない猫のうち、
地域の皆さんが一定のルールで適切に飼われるわが町の猫について、
無料で避妊去勢手術を行っています。

問題になっています
「無責任な餌やり禁止」という文言に関しては

何が「無責任」か、
その定義をしっかりと明確化する必要があると思われますし、

また、この表現そのものを見直すことも必要かと思っております。

ルールに従って適切に「まちねこ活動」を行っている方や

これから「まちねこ活動」を行うべく、
まだその途中段階で試行錯誤されている方が

「無責任な餌やり」と混同されないためにも、

そして、沢山の方々へ、
まちねこ活動へ積極的な参加を促すためにも

検討が必要と思っております。

また、「まちねこ活動」に理解ない人たちから、
活動の妨害を目的に条例が利用されないためにも

あらゆる状況を想定しなければならないと思います。

「まちねこ活動支援事業」に沿って適切に行われるものについては、
条例で禁止する予定の無責任な餌やりには該当しません

と、すでに京都市のホームページ「暮らしの情報」で説明されていますので、

京都市は「まちねこ活動」の妨げになるようなことをするつもりは、
当然ですがないと理解しております。

しかし、京都市には、たとえば、「無責任」とは、
“置き餌”のことであるとか、その定義をぜひ、
明確化していただきたいと思っています。

“無責任な餌やり”と“まちねこ活動”の定義を明確にしたうえで、
まちねこ活動を餌やり禁止の条件から解除する、

ということが、最低限、必要なことでありますし、


また、前述しましたように
改めて、表現の見直しをしていただくことが、
多くの方々の願いではないでしょうか。


いろいろな立場で
様々な考えがあるとは思いますが

一方向からだけでなく、
まちねこ活動を推進するにおいては、

あらゆる方向から、
あらゆる立場になって考える必要があると思っております。


●人の身勝手で捨てられ、
飼い主のいない猫となってしまった猫の立場から…

●一代かぎりの猫の命を守るため、町を美しく保つため、
適切な活動をされてきたボランティアさんの立場から…

●猫の糞尿被害に困っておられる住民の立場から…

●本当に無責任な餌やりに対する苦情に対処しなければならない行政の立場から…


さらに、この問題を考えるとき、忘れてはならないのが

京都市で、「地域猫活動」という名前で活動されている方の中に

○給餌の管理、トイレの世話なども完璧にされ、
地域からも感謝されている方など

と、一方、

○餌を放置することで、公衆衛生的に支障がでるような活動をし、
近隣とトラブルになる方などが


混在し、活動のレベルが一律でないことも
忘れてはならないと思います。

そのような現状の中で、猫の糞尿被害の苦情件数は

平成22年度:556件 → 平成25年度:273件と減少しているようで

これは、平成22年度から開始された
まちねこ活動支援事業の効果もあると思われますが、

件数は減っても、まだまだ猫の被害で困っている方が多いこと、

さらには、猫が可愛いからという理由で
餌をばらまくだけの人が実際におられ、

そういう人に行政が指導をしても改善が
全く見られない現状があることから、

やむなく条例で規制することが検討されたことも
理解しておかなければならないと思います。

私も、ボランティアの方々から、京都市内のある地域で、
子猫が生まれることを楽しみに餌やりをし、

不妊・去勢手術を悪として、
手術のために捕獲しようと試みると
「猫さらい!」と集団になって罵倒され

ボランティアの方々が怖くて活動できなくなった
という話しも聞いております。

そのような悪質な愛猫家などに行政が指導しても問題解決には至らず

まちねこ事業に逆行しようとする人たちがいることも視野に入れ

まちねこ事業推進のためには何が効果的であるかを

全体として考えなければならないのだと思います。


私たちの要望は、現在、京都市で検討されています。

2月半ばに議会へ議案提出されるようですから、

修正・否決・継続審議・または廃案になる可能性は当然あると思いますので

皆さんが心配されています、
「餌やり禁止」だけが強調されるような

絶対に避けたい結果にはならないだろうと推察しております。


2月初旬には
京都市から何かしらの報告があるでしょうから、
しはらく待ちたいと思います。


~転載以上~




以下、こちらに関連した集会について、THEペット法塾さんより。

http://thepetlaw.web.fc2.com/



平成27年2月7日京都緊急集会のご案内チラシ          2015年1月23日



   平成27年2月7日京都緊急集会「京都市・野良猫餌やり禁止条例と野良猫保護」のご案内チラシを添付
  いたします。


   ◆京都緊急集会「京都市・野良猫餌やり禁止条例と野良猫保護」のご案内チラシ◆



  「京都市・野良猫餌やり禁止条例と野良猫保護」の開催ご案内   2015年1月13日

   THEペット法塾では、現在、全国で問題となっている、いわゆる京都市猫餌やり禁止条例について、下記
 の通り、「2015年2月7日京都緊急集会」を開催いたします。
  京都市は、動物迷惑防止条例の制定をめざしておりますが、その内容は、野良猫に餌やりをしようとする人は猫
 を自ら飼養することを課し、京都市支援事業の要件(個人の猫餌やりを認めない)に沿って行う、動物に給餌をし
 たり等を禁止し、違反したときは罰則を課すというもので、猫餌やり禁止条例となっております。憲法の人権侵害、
 野良猫の保護に欠け、地域猫活動を阻害し、動物愛護法その他の法令に反すると認められます。全国に及ぼす影響が
 大きいと考えられますので、学者、議員、行政、現場の動物救済活動をする皆様などをお招きをして、京都市の条例
 の問題点を明らかにし、適正な条例の制定がされるための緊急集会を開催したいと存じます。

  全国の皆様、行政の皆様には、問題のある京都市の条例制定に反対の方も、賛成の方も含めて、野良猫の保護を核
 として改正動物愛護法に沿った条例制定を実現するために1人でも多くの皆様のご参加をお願いいたします。
  

主催:THEペット法塾、京都野良猫保護連絡会
  賛同団体:全国動物ネットワーク、NPO法人グリーンNet
  開催日時:2015年2月7日(土) 午後1時~(受付開始午後12時30分~)
  開催場所:池坊短大洗心館こころホール http://www.ikenobo-c.ac.jp/tandai/shisetsu.html
  (京都市下京区四条室町鶏鉾町491 池坊短期大学洗心館地下1F)
  地下鉄烏丸線「四条駅」(2番出口)
  阪急京都線「烏丸駅」(26番出口)
  市バス「四条烏丸駅」下車 徒歩2分
  ※室町通りに面した門からお入りください。
  参 加 費:1000円(資料代を含む)
  * 申込方法
  会場が200名と狭いので、当日参加も受付けますが、事前にお申込を頂いた方には席をご用意致します。
  お申込は、お名前、ご住所、ご連絡先(電話、E-mail)をご明記の上、お願い致します。
  件名「2015年2月7日京都緊急集会」
  集会後、5時~7時 K620(池坊短大より徒歩3分)にて懇親会を開きます。
  会費 3,500円(税・サービス料込)集会の参加お申込時に 懇親会の出欠もお伝えください。
  FAX:06-6362-8178(植田法律事務所)、メール:uedalaw@skyblue.ocn.ne.jp



~転載以上~




参考記事 ねりまねこさんより


京都市の餌やり禁止条例、賛否両論


餌やり禁止条例の背景について


餌やり禁止のデメリット


DeNA、ダウンロードするだけで飼い主のいない猫を救うアプリをリリース

Aol Newsからです。
http://news.aol.jp/2015/01/30/dena/

DeNA、ダウンロードするだけで飼い主のいない猫を救うアプリをリリース

Posted by AOLニュース編集部 機動サイバー班 2015年01月30日 17時15分

DeNAが、ゲームアプリをダウンロードするだけで身寄りのない猫たちを救うことができる「まもるよネコさん活動」を実施する。



この「まもるよネコさん活動」とは、DeNAがiPhone/iPadおよびAndroid端末向けに配信中のアプリ『にゃんパズル』をダウンロードすることで、全国の野良猫や地域猫(※)といった"飼い主のいない猫"を衰弱や殺処分から守ることができるというチャリティープログラムだ(※飼い主(里親)はいないが、住みついている地域の住民たちの世話を受けている猫)。

『にゃんパズル』が1回ダウンロードされるごとに1円が、DeNAからNPO法人 東京キャットガーディアンに寄付が行われ、寄付金は街の猫に関する相談窓口「ねこねこ110番」の設立に充てられる。また、同チャリティープログラムの活動内容を紹介する動画を再生しても1再生につき1円が寄付されるという。

【動画URL】https://www.youtube.com/watch?v=2RFC8qiDfVM



普段何気なく遊んでいるアプリで猫を守ることができる『にゃんパズル』&「まもるよネコさん活動」。愛猫家はもちろん、ゲーム好きにもぜひ参加してもらいたいプログラムだ。

なお『にゃんパズル』は、1月31日(土)~2月1日(日)にナゴヤドームで開催される日本最大級のペットイベント「わんにゃんドーム2015」に出展が決定している。




あるCMに世界中の犬好きが激怒!「残酷すぎる」の声 #生体販売反対 あなたは激怒しないの?

さっち~さんからです。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1542.html

“あるCM”に世界中の犬好きが激怒!「ひどい、残酷すぎる」の声
http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/hollywood/11311

2015年01月29日 00:00 (ひみつの☆ハリウッドファイル) - 女性自身




NFLの優勝決定戦、スーパーボウルは米国最大のスポーツイベントだ。米国民がこぞってテレビに釘付けになるため、試合のテレビ中継は毎年最高視聴率を記録する。それだけに、試合の合間に挟み込まれるCMのスポンサー料と注目度も桁外れだ。出稿する企業側も感動を誘うもの、渾身のジョーク、際どい下ネタなどあの手この手で話題をさらおうとする。

今年のスーパーボウルは2月2日に開催されるが、この日にオンエアが予定されている1本のCMが物議を醸している。毎年、セクシーな女性を登場させるCMで常連となっているウェブサービス会社GoDaddyのCM( http://youtu.be/BKAiBghf-78 )だ。タイトルは「Journey Home(家路)」。

3匹のゴールデンレトリバーらしき子犬を乗せたピックアップトラックから、1匹が外に投げ出されてしまう。子犬は必死でトラックを追いかける。線路を越え、橋を渡り、嵐の日も泥だらけになりながらご主人様のもとへひた走るその姿は、視聴者の胸を熱くさせることだろう。果たして子犬は飼い主の家にたどり着く。中年女性は「ああ、バディ(犬の名前)、会えて嬉しいわ!」と喜びでいっぱいの笑顔で走り寄る子犬を抱き上げる。そしてiPadの画面を示しながらこう言い放つのだ。

「 だって、GoDaddyで作ったサイト経由であなたはもう売れたんだもの~」

そして哀れな子犬は運送業者の車に乗せられてブラックアウト。
「GoDaddyでドメインをゲットしてウェブサイトを作ろう」というメッセージで締めくくられる。

CMがウェブ上で出回ると、GoDaddyには瞬く間に非難の声が殺到した。動物愛好家団体はオンラインで軽々しく子犬を売買する描写を止めるよう、42,000件の署名を集めて提出。Twitterでも、ハッシュタグ「#GoDaddyPuppy」のついた投稿を見ると、「ひどいCMだ。残酷すぎる」「なぜこんなひどいCMを作ったのか謎だ」といった感想が多い。

この反応を受け、GoDaddyのCEOブレイク・アーヴィングはCMの放送を中止する声明を発表。「我々の目的は、世界中の中小企業がオンライン・プレゼンスを構築する手助けをすることであり、広告がその認識を広めてくれることを願っていました。しかし、感情的な反応を過小評価していました」と弁明した。

かわいそうなバディ役を務めた子犬は、「カリフォルニアの評判のよいブリーダーからやってきた」のだそう。「彼は現在、CCO(Chief Companion Officer)として、GoDaddyファミリーの一員となっています。長年務めている従業員の家で一生を過ごすことになっているんですよ」とアーヴィングはコメント。動物愛護団体の印象を少しでも良くしようと必死になっている印象だ。

このCMを見て、皆さんはどんな感想を持つだろうか。

(※リンクされてた動画は消されてしまっていたので別のものを貼りつけました)



~転載終了~

"このCMを見て、皆さんはどんな感想を持つだろうか。"
「生体販売の残酷さを際立たせてくれて逆にありがとう。」

毎日沢山の犬や猫が殺されてるのに、金儲けの為に生み出された命が並ぶ生体販売ショップは無関心な客で大賑わい。
「ひどい!!!残酷過ぎる!!!!!!!!」
ってなんで日本中で激怒しないの?なんで??




~さっち~さんからの転載以上~


動物虐待は身近に存在している~ARCさん

アニマルライツセンターさんからです。

http://www.bethevoiceforanimals.com/dog/detail/id=61


動物虐待は身近に存在している

2015/01/28

犬 つなぎ飼い動物虐待は身近に存在している。

動物虐待についてもう一度考えよう。そして周りに動物虐待とは何か広めよう。

意識なく動物虐待をしてしまっている人が多いです。

ご自宅やご近所の犬の飼育環境を見直そう。

動物虐待とは

動物虐待は2つに分かれます。

  • 意図的虐待(やってはいけない行為を行う、行わせる)
    • 殴る・蹴る・熱湯をかける・動物を闘わせる等・身体に外傷を生じる又は生じる恐れのある行為・暴力を加える
    • 心理的抑圧・恐怖を与える
    • 酷使など
  • ネグレクト(やらなければならない行為をやらない)
    • 健康管理をしないで放置
    • 病気を放置
    • 世話をしないで放置

飼育改善指導が必要な例

(虐待に該当する可能性、あるいは放置すれば虐待に該当すると考えられる例)

環境省http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/rule.html

一般家庭

  1. 餌が十分でなく栄養不良で骨が浮き上がって見えるほど痩せている(病気の場合は獣医師の治療を受けているか。高齢の場合はそれなりの世話が出来ているか)。
  2. 餌を数日入れ替えず、餌が腐っていたり、固まっていたりして、食べることができる状態ではない。
  3. 器が汚く、水入れには藻がついている。あるいは、水入れがなく、いつでも新鮮な水を飲みことができない(獣医療上制限されているときを除く)
  4. 長毛種の犬猫が手入れをされず、生活に支障が出るほど毛玉に覆われている。
  5. 爪が異常に伸びたまま放置されている。
  6. 繋ぎっぱなしで散歩にも連れて行かず、)犬の糞が犬の周りに何日分もたまり、糞尿の悪臭がする。
  7. 外飼いで鎖につながれるなど行動が制限され、かつ寒暑風雨雪等の厳しい天候から身を守る場所が確保できない様な状況で飼育されている。
  8. 狭いケージに閉じ込めっぱなしである。
  9. 飼育環境が不衛生。常時、糞尿、抜けた毛、食餌、缶詰の空やゴミがまわりにちらかっており、アンモニア臭などの悪臭がする。
  10. 病気や怪我をしているにもかかわらず、獣医師の治療を受けさせていない。
  11. リードが短すぎて、身体を横たえることができない。
  12. 首輪がきつすぎてノドが締めつけられている。
  13. しつけ、訓練と称するなどし、動物に対し殴る、蹴る等の暴力を与えたり、故意に動物に怪我をさせたりする。
  14. 事故等ではなく、人為的に与えられたと思われる傷が絶えない。

動物取扱業者等

  1. ケージが狭く、動物の排泄物と食餌が混在した状態で放置されている。動物が排泄物の上に寝ている。
  2. 常時水を置いていない。あるいは、水入れはあるが中に藻がついていたりして不潔である。
  3. 幼齢にもかかわらず、食餌を適切な回数与えず(例えば朝晩2回のみ等)、また、それを問題ないと説明している。
  4. 糞尿が堆積していたり、食餌の残渣が散らかっていたりして、清掃が行き届かず、建物内、ケージから悪臭がする。
  5. 動物の体が著しく汚れている。
  6. 病気や怪我をしているにもかかわらず、獣医師の治療を受けさせていない。
  7. 飼育環境が飼育している動物に適していない(温度・湿度の調整も含む)。例えば、西日が当たるなど建物内の温度が上昇した場合、あるいは、その逆で、冬季に低温となった場合に対応しない。
  8. 多頭飼育で、飼養環境が不衛生。常時、糞尿、抜けた毛、食餌、缶詰の空やゴミが周りにちらかっており、悪臭がする。
  9. ケージ内で動物を過密に飼育している。
  10. 店内の大音量の音楽、または過度の証明にさらされることにより動物が休息できない。
  11. しつけ、訓練と称するなどし、動物に対し殴る、蹴る等の暴力を与えたり、故意に動物を怪我をさせたりする。
  12. 体調不良、不健康な動物をふれあいや散歩体験等に使用する。
  13. 出産後、十分な期間(離乳し母体が回復するまでの間)を経ずに、また繁殖させる。

行動しよう

ネグレクト(=飼育放棄・飼い殺し)は周りが知っていてかわいそうだと思っても見てみぬふりをしてしまうケースが多いため、犬は飼い主からもご近所さんからも無視をされ放置されてしまっています。

今現在の飼育環境が上記の例に当てはまるようでしたら、どうか改善、または改善のための働きかけをお願いいたします。

飼い主に直接お話して改善が得られない場合には保健所、動物愛護センターへ連絡をして指導をお願いしてください。

通報先の全国の保健所や動物愛護センターの連絡先は、こちらの環境省のサイトからご確認ください。


また、保健所へ通報=犬の引取りや殺処分と言う事ではありません。

あくまでも最低限の飼育を飼い主へ促すために訪問してもらうことがが目的です。


「遺棄・虐待防止目的の猫顔ポスター ご遠慮なくお申し込みください!」

FBからです。

https://www.facebook.com/pellmeme/posts/773891686027370



再掲します!

一昨年8月より無料配布を始めた、遺棄・虐待防止目的の猫顔ポスターですが、在庫があります。
A3B2の2サイズあり、それぞれ10枚ずつを上限とさせていただきます。
送料もいただきません。皆さん、ご遠慮なくお申し込みください!







8月より無料配布予定の新作猫顔ポスターですが、今のところA3(297x420ミリ)サイズだけにしようと思っていたのですが、B2(515x728ミリ)もあった方が良いでしょうか?

B2サイズは大きくて、掲示させてくれる場所が限られるとは思いますが、目立つ効果は抜群だと思います。
B2サイズも作った方が良いかどうか、ご遠慮なくご意見ください。

それとこのポスターは個人が制作したものですが、発行元が印字されていないがために掲示を断られることが多いと聞きます。

そうではなく、このポスターを貼りたい、貼っても良いと思ってくれた箇所(行政、愛護団体等)の名を、許可をもらって、シールを作って貼り付けて使ってください。


昨日訪問した某行政動物担当職員さんが、「そういうことであれば、うちの名と、できれば警察、愛護センターの名を入れて掲示することを検討しましょう。」と言ってくださいました。


実現できれば、こんなうれしいことはない。


ブリーダーという悪業15(TNR・地域猫活動の果てに猫たちの明るい未来はあるか?)~ねこかつさん

ねこかつさんからです。

http://ameblo.jp/cafe-nekokatsu/entry-11982828516.html



群馬県前橋市で

ブリーダーが逮捕されました。



=======================



飼育していた犬を「捨て犬」と偽って

群馬県高崎市に保護させたとして、

県警は27日、前橋市国領町2、

繁殖業、関崎智之容疑者(50)を

偽計業務妨害容疑で逮捕した。




関崎容疑者は高崎市の山間部で

犬を繁殖させて販売しており、

県警は、繁殖に使えなくなった

老犬の処理に困っていたとみている。




(毎日新聞1月27日)



=======================




特別なことではありません。

普通のブリーダーです。




昔、おっちゃんが関わったブリーダーは

他のペットショップ店員を使って

他県のセンターに処分に持ち込んでいました。




自ら殺すか

他の業者にお金を払って殺すか

センターに持ち込んで殺すか




それだけの違いにすぎません。







ひと昔前、

犬を家族に迎える場合、

近所で生まれた仔犬を

もらってくるのが普通でした。





ノラ犬もいたし、

飼い犬に不妊去勢手術せずに

放し飼いにしている人もたくさんいました。









そうした犬たちが子犬を産み、

その仔犬をもらってくるのが

当たり前の時代がありました。









ノラ犬は

狂犬病予防法に基づいて

駆除されてしまいました。





飼い主への啓蒙啓発がすすみ

飼い犬を未不妊・未去勢で放し飼いする人は

都市部ではほとんどみられなくなりました。





その結果、近所で

仔犬が生まれるということが

ほとんどなくなりました。








しかし、

犬を家族に迎えたいと考える人が

減るわけではありません。




いつしか

犬を家族に迎えたいと思う人は、

ブリーダーやペットショップといった

生体販売業者から買うことが

普通になってしまいました。









皮肉なことに、

これが今日の

生体販売業者の隆盛を

もたらしてしまいました。









飼い主への啓蒙啓発がすすんだこと

ノラ犬が減ったことで

犬の殺処分は減ってきました。




しかし、その裏では

生体販売業者によって殺される犬は

数えることもできません。








殺処分数という表の数字が減っても

犬にとって決して

明るい未来とはなっていません。










猫に関していえば、犬と違い、

未不妊未去勢で放し飼いをする人が

まだまだたくさんいます。




ノラ猫もたくさんいます。




生体販売業者から買ってくるよりも

どこかで生まれた仔猫をもらってくることが

まだ普通の姿です。









飼い猫を不妊去勢手術しましょう!

啓蒙啓発がすすんでいます。





TNRや地域猫活動がすすみ

ノラ猫がほとんど見られなくなるというのは

まだまだ先の話になると思います。




しかし、このままTNRや

地域猫活動だけがすすんでも、

猫にとって明るい未来はやってきません。








生体販売業者の隆盛を

もたらしてしまいますから。。。




蛇口は同時に

閉めなくてはいけません。




Eva 』さんのパンフ

『ねこかつ』に置いてあります。


1/28~1/29になうでアップした記事

いつもご訪問いただきありがとうございます! 

なうだけでアップした記事のご紹介です音譜




★『お知恵を貸して下さい。』香川県内の公園にたくさんのワンちゃんがいて、捕獲されて処分になると… http://amba.to/1CK6mHM



『首都圏 多頭飼育崩壊 猫の里親募集』 http://amba.to/1y3CWyX



★BS日テレ「わんニャン倶楽部」ジャーナリスト・山路徹さんが動物愛護センターを訪問 http://www.bs4.jp/wannyan/onair/15.html



★やはり過去に動物を…女性殺害:名古屋大生「高校時代に友人に毒。友人に障害」 http://urx2.nu/gIJN 「購入したハムスターに自分で作った薬を投与して効果を試した」「人を殺してみたかった」。



★『1月第5週末の全国、被災動物譲渡会の情報』 http://amba.to/18wfggy



★【群馬】逮捕の犬繁殖業者 警察への届け出拒む http://www.jomo-news.co.jp/ns/7514224950355389/news.html



★練馬区情報番組「ねりまほっとライン」で「練馬区災害時ペット対策フェア」の様子が放送されています。 http://urx2.nu/gKtx サイトからも視聴可能。



★練馬区生涯学習センター主催「学びふれあい講座」 http://urx2.nu/gKu4 テーマは「猫と暮らす環境を考える」。「猫の災害対策」も



★児童向けの動物愛護教育資材「みんなで考えよう!動物愛護」を作成しました~香川県 http://www.pref.kagawa.lg.jp/kgwpub/pub/cms/detail.php?id=24617



★2月12日(木)犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟設立総会の詳細です http://urx2.nu/gLft



フクシマスペイクリニックさんより 「緊急災害時動物救援本部」提訴について http://animalrescue-sf.org/saiban.html




★ダウン&フェザーはもういらない☆ http://ameblo.jp/happy-cat6/entry-11982255908.html



★『編集会議/日本版アニマルポリスの実現に向けて 報告書を発行する予定です。』 http://ameblo.jp/cat-operation-net/entry-11982480183.html




★『香港SPCAシェルター訪問、ウィーン、ドイツの犬税、条令』 http://amba.to/1yvM5z2



★『社会音楽家プロジェクトで犬猫の殺処分問題プレゼンピアニストさん』 http://amba.to/1yvMaTE



★『助けるためのシェアが妨害、無責任なシェアになってはいけない。引き出す予定がないのに〈情報確認〉〈苦情〉での保健所、行政への電話は、絶対にしないでください。』 http://amba.to/1xn7r3G



★日本は動物愛護の後進国? 保護猫カフェから考える http://www.asahi.com/and_M/interest/gallery/20150129bravo/



★アメリカで捨て犬が飢えと寒さに耐えられず、自らの足を食べる http://news.livedoor.com/article/detail/9723767/



★「捨て犬、引き取って」とウソ…繁殖業者を逮捕 http://www.yomiuri.co.jp/national/20150128-OYT1T50046.html



★長野・善光寺、ペット納骨受け入れへ 3月下旬から http://www.47news.jp/localnews/hotnews/2015/01/post-20150128093910.html



★『ドラマ 「流星ワゴン」動物虐待ストーリーに冷や汗かいた・・・』 http://amba.to/1BwXdk2



★神社本庁と諏訪大社に要望書を送付しました。~全国動物ネットワークさん http://urx2.nu/gIye



★避難所のペット受け入れ/香川県がガイドライン作成 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20150128000136















福島被災猫保護活動支援金のお願い/ボランティアその他協力者様大募集


拡散希望!★署名★愛護動物の虐待及び殺害の厳罰化、刑の厳格化を!


Petition "Change the law in Japan so cases of animal abuse are investigated and prosecuted."


★署名★東京にアニマルポリスを求める 警官


NEW★署名★【高校生の声に耳を傾けてください】殺処分0のために~動物販売の禁止・保健所のシェルター化



佐賀県「殺処分即時廃止」公約のお願い


長野県北部地震 被災動物の預かり先・迷子猫情報



NEW★署名★編集長!ファッション雑誌にリアルファー(毛皮)を載せないで!!


NEW悪質ペット業者撲滅のための啓発活動のお願い~杉本彩さん


あなたも、ポスターで啓蒙活動しませんか&動物愛護ポスターいろいろ



その他、プロフィール にも署名をご紹介しています!


名古屋市女性殺害:女子学生「薬品をハムスターにかけた」、猫の脇腹にハサミを突きつけ…

名古屋市で起きた女性殺害事件。逮捕された女子学生が、過去に動物虐待行為や「人を殺してみたかった」といった言動をしていたことが明らかになりました。



◇毎日新聞より抜粋。

http://mainichi.jp/select/news/20150129k0000e040216000c.html


女性殺害:女子学生、中学時代に毒キノコ研究


2015年01月29日


同級生によると、女子学生は、東北地方の実家から中学校に通っていた頃、「毒に興味を持っている」と話し、インターネットなどで毒キノコや化学薬品を熱心に調べていた。自宅には複数のビーカーが転がっており、「自分で作った薬品をハムスターにかけた」とも話していたという。


また、ハサミやカッターをポケットに入れて持ち歩いていた。猫の脇腹にハサミを突きつけ、「中身を見てみたい」「しっぽを切りたい」と話したこともあったという。



~抜粋以上~



◇毎日新聞

http://urx2.nu/gIJN


「購入したハムスターに自分で作った薬を投与して効果を試した」「人を殺してみたかった」。



ハムスターや猫はどうなったんだろう。実際に殺してしまったこともあるんだろうか…。


佐世保の同級生殺害事件で逮捕された女子学生も、やはり小動物を虐待死させていたり、「人を殺したかった」と話していた点が共通しています。


こうした危険な問題行動を周囲が把握していても、なかなか事件を防ぐことは難しいのが現状のようです。


動物虐待をもっと厳しく取り締まり、目を光らせ、場合によっては欧米のように心理の分析やカウンセリングを行うなどの対策が必要ではないでしょうか。



先日のホンジュラスのダイナマイトで犬を殺した事件 で、厳罰を求めるグループの代表の言葉を抜粋します。


「彼らには生き物に対する慈悲の心が欠けています。このような残虐な行為に対して警察は甘い顔を見せてはなりません」と強い憤りを示している。犯罪統計上、未成年時代に動物虐待行為を行っていた者が近い将来に凶悪な犯罪を起こすケースは多いとして、たとえば米国では幼少期の子であっても再犯、あるいは将来的な犯罪を防止するための重要なアプローチとして心理の分析を行い、カウンセリングなどに力を入れている。



~抜粋以上~




参考記事(過去記事)


新たな犠牲を生まないために… 日本の警察・司法は動物虐待行為を重大視すべき!



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR