虐待犬、心込め世話した 命絶った県職員

朝日新聞さんが記事にしてくださいました。

http://www.asahi.com/articles/CMTW1405300900002.html


虐待犬、心込め世話した 命絶った県職員

2014年5月30日20時51分



去年の9月、上三川町で犬を虐待していた男が逮捕される事件があった。8匹の犬を長年閉じ込め、オリにはフンが約1トン、高さ約60センチまでたまり、共食いまでしていたという悲惨な話だった。


 県が保護した犬はどうしているんだろう。その後ふと思い出し、県動物愛護指導センター(宇都宮市)に取材に行った。


 そのとき犬を見せてくれたのが、男性職員のAさん(50)だった。


 ケージのすみで小さくなっている犬は、私が部屋に入ると震えだした。「歩くことも食べることも、人すらも知らないんです」。Aさんはそう言うと、震える犬の背中をなで、「頑張ろうな。大丈夫だからな」と話しかけていた。


 「言葉は通じなくても、気持ちが伝わっているのがわかりますね」。私が言うと、「それは絶対に伝わりますよ。波動でわかるっていうのかな。根気よく愛情をもって接していれば、この犬も必ず変わりますよ」と教えてくれた。


 「おまえも苦労したもんなぁ。幸せにならないとな」。そう言って犬の背中をなでる姿を見て、記事にしたいと思った。「名前を出して紹介したいんですが……」と言うと、「僕は裏方ですから」と少しためらいつつ、趣旨を説明すると「わかりました」と応じてくれた。


 その後も新たな飼い主を募集するときに取材した。「固まっていた犬の心がようやくほぐれてきたんですよ」と喜んでいた。優しい人だなと思った。


 Aさんは4月中旬に亡くなった。県の話では、練炭自殺を図ったとみられるという。インターネット上では、Aさんが職場でパワハラを受けていたのではないかなど様々な情報が出回っていて、県が関係者から事情を聴いている。


 動物行政は難しい。面倒を見られもしないのにペットを飼い、途中で飽きて捨てる人。「売れない犬」を捨てる悪質な業者。行政はその尻ぬぐいをせざるを得ない。殺処分を避けるために新しい飼い主を探せば、安易にペットを飼うことを助長しかねないというジレンマも抱えている。心から動物が好きな人が、行政の立場で働くのは苦しい場面もあるのかもしれない。


 Aさんが亡くなった背景に本当は何があったのか、今の時点ではわからない。しかし、殺処分という命のカウントダウンが始まった犬や猫を、心を込めて世話していた人がいたことを、忘れずにいたいと思う。(長谷川陽子)




Aさんが世話をしていた虐待犬。人間を怖がる犬が、おとなしく抱っこされていた




~転載以上~




こんなに心優しく、ひとつひとつの命に愛を持って接していた職員さんがいらっしゃったこと、多くの人に知ってもらいたいです。


これほど優しく動物を愛するAさん、そしてAさんに限らず全国の職員さんが、動物福祉の後進国であるこの国で、飼育放棄、虐待、無責任なショップや飼い主、そして殺処分という重い責務に日々向き合うことは、とても辛く過酷なことだと思います。


ショップやブリーダーを規制して、無責任な飼い主・持ち込み・殺処分をゼロにして、いつか職員の方々が、殺処分のない保護施設で毎日笑顔でお仕事を全うできるような…そんな国になってほしいと思います。


スポンサーサイト

イケア(シンガポール) 店内にてカードボードに印刷された譲渡希望の犬を展示!

Big Tree for Animalsからです。

http://bigtreeforanimals.org/blog-news/ikea-displays-shelter-dogs-for-adoption/



【やるね!】イケア(@シンガポール)、アニマルシェルターとタッグを組み、店内にてカードボードに印刷された譲渡希望の犬を展示!


Posted On: 2014年5月30日



シンガポールにあるイケア がアニマルシェルターと組み、何ともクリエイティブで粋なキャンペーンを開始しています。こうして動物を購入するのではなく、譲渡して来る事が普通になってくれると嬉しいです♬ナイスジョブ!~Big Tree for Animals


イケア店内にある各ショールームには実物大の里親さん募集中の犬達のカーボードの切り抜きが飾ってあります。彼らの首にはQRコードが付けられてあり、そこからスマートフォンにて、その犬のプロフィールやビデオなどで、その犬についての詳しい情報を得る事ができるそうです。


このキャンペーンは、シンガポールでも増え続けるホームレスアニマルの厳しい現状や、ペットをシェルターから譲渡する事を少しでも知ってもらおうという目的でお行われ、提携しているアニマルシェルター”Home for Hope “にて保護されている犬達の里親探しに協力しています。


イケアのこのキャンペーンへの協力がきっかけとなり、今ではその他の家具の有名ブランド会社も、スポンサーとして参加しているという事です。



home-for-hope-dog-adoption-728x399
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-in-kitchen-728x400
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-on-chair-728x398
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-on-sofa-728x399
Photo: Dashburst


ソース(Source):DashBurst , Home for Hope





1匹保護できました~LYSTAさん

LYSTAさんからです。

http://ameblo.jp/lystoanimals/entry-11866349100.html



昨日、捕獲器に猫が1匹入ってくれていましたおんぷ


キジシロちゃん、お待たせお待たせー

捕獲器チェックにいったら、捕獲器のなかでちょこんと座ってる姿がかわいかったーきらきら!!


震災後生まれでしょうか

まだ歳は若いように感じます。


左耳が炎症しているのかな、

先生に診てもらおうね。



この場所ではキジシロを何匹か保護してるから兄弟だったりするのかな。


白血病のキジシロが3匹でている場所、

陰性だといいなー。



ボランティアさんとのミーティングでもお話しました。

この子たちは、毎週のように区域内に給餌にはいってくれている県外からのボランティアさんたちが繋いでくれていた命です。


リスタは定期的に給餌に行く時間を作ることができない状況になってしまっています。

慢性的な人手不足です。


なので無理があるスケジュールでまとまった時間を何週間か作って、その間はできるだけ毎日捕獲器セット&チェックに通うようにしています。


3年以上の期間、仕事でもないのに県外から福島に通い続けるって、本当大変なご苦労だと思うんです、すごいよなーためいき


だからシェルターボランティアさんたちとのミーティングでは、給餌に通い続けてくれているボランティアさんたちの想いも汲んで、丁寧に大切にお世話をしましょう、とお話しました。



今日は初めてリスが入っていました汗

すまなんだ、コワイ思いをさせてしまって



かわらないもの かわっていくもの~うちのとらまるさん

うちのとらまるさんからです。

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11865327444.html



震災から津波


そして原発事故から3年以上経ちました

                                                          

                                                        





20キロ圏内は未だに時が止まったような場所があったりします


震災後ずっと行き続けている自分は


あまりにも変化がないと


もうこの地は永遠に


このままの状態で見捨てられてしまうのではないかと錯覚したりします















時が止まったような場所のひとつに

人の気配がまったくない津波で破壊されつくした場所があります


















津波にも負けずに残った木々は


少し斜めになりはしましたが逞しく生き残っています


しかしそれ以外は・・・













家の基礎だけ残しすべて流されてしまったお宅


遠方にはたくさんの人々の命を救った高台があります





原発の被害 除染が終わっても


もし次の津波がきたら


それを考えると この地に戻る人々は もういないのかもしれません








そんなことを考えながら給餌のために国道を北上











常磐道が開通していない間


動脈となる国道6号線














富岡町から双葉町までが許可証がないと通れない


まことに面倒な動脈であるのですが




ここへきて除染作業が あちこちで始められていました


正確には分かりませんが7月から許可証なしで通れるという話があります












「今夏にも自由通行 国道6号線富岡-双葉」


http://www.minpo.jp/news/detail/2014040214873












片側一車線通行ですので


いちいち止められて面倒でしたよ






福島第一原発のすぐ横を通っている国道6号線


ここを自由に通れるようになるのは原発が収束するまで絶対無理だと思っていました


しかし3年の月日は ゆっくりとではありますが変化をもたらしてくれたようです










 




自由に通行ができるようになれば


東京からのアクセスが本当に楽になります


浪江や南相馬市小高の給餌


「希望の牧場」なども簡単に行けるようになりますよ




有志の方々のご参加をお待ちしています

資生堂と花王、皮膚感作性試験(動物実験)代替法「h‐CLAT」で日化協第46回技術賞を受賞

週刊粧業からです。

http://www.syogyo.jp/news/2014/05/post_008243.php



2014.05.29

資生堂と花王、皮膚感作性試験(動物実験)代替法「h‐CLAT」で日化協第46回技術賞を受賞

5月第5週末の全国、被災動物譲渡会の情報

被災地動物情報さんからです。

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11865357598.html



今週末全国で開催される被災動物の里親会一覧です。



被災動物以外の全国譲渡会の情報はリンク先から見れます^^

http://cotosaga.com/list/ALL/20140519-20140602/?word=%E8%AD%B2%E6%B8%A1%E4%BC%9A



【茨城県】
●6月1

主催:CAPINさん

http://www.capinew.jp/

【栃木県】

●6月1日:10時~14時

栃木県西那須野駅東 乃木温泉ホテル裏 

錦鮨さん駐車場内「たんぽぽ広場」

http://tomyshouse.blog.fc2.com/


【埼玉県】

●6月1

主催:AWSさん

http://w01.tp1.jp/~a270142951/joutokai.htm

【東京都】

滝川クリステルさん、動物愛護・保護支援財団を設立

またまた、素晴らしいニュースラブラブ




オリコンからです。

http://www.oricon.co.jp/news/2037986/full/

滝川クリステル、動物愛護・保護支援財団を設立


動物愛護や保護を目的とする財団を設立した滝川クリステル (C)ORICON NewS inc.

環境・社会問題をSTOP!もし「ディズニーキャラクター」が現実世界に現れたら~さっち~さん

さっち~さんからです。

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1450.html



動物達の瞳から、2度と悲しみの涙が流れませんように。
動物達を理不尽に虐げる現実が、一刻も早く過去のものとなりますように。
何を言われようとも。この現実を隠さないで。


『アナと雪の女王』特別映像:「Let It Go」/イディナ・メンゼル

http://www.youtube.com/watch?v=V9JJyztJLLA#t=53



環境・社会問題をSTOP!もし「ディズニーキャラクター」が現実世界に現れたら
http://tabi-labo.com/13865/painfuldisney/
2014年5月27日 TABILABO

「こんな姿、見たくなかった。」そう思うかもしれない。ディズニーファンの皆さん、ごめんなさい。

しかし、夢の国の住人たちも、リアルな現代社会に一歩でてみたら、こんな顔をしているかもしれない。

痛々しい現実から目を背けないで!

1. ムーラン
ムーランの闘う相手は、もはや国でも民族でもない。世界規模で闘わねばならない公害という敵だ。
disney1.png

2. 不思議の国のアリス
路地裏に紛れ込んだアリスは、その好奇心で知らない人から勧められた小さなビンを手に取った。どうやらこの状況、初めてではなさそうだ。
disney2.png

3. ダンボ
もうダンボは空をとべない。自由にすれば、主人からムチが飛んでくるのだから。
disney3.png

4. 101匹わんちゃん
今日、ペットショップの前を通った人、つまりはこういうことなのです。
disney4.png

5. くまのプーさん
いつも通り帰ったプーさん、お家がなかった。
disney5.png

6. ポカホンタス
ネイティブアメリカンが元々暮らしていた土地は、今やカジノに変わってゆくという事実が。
disney6.png

7. バンビ
殺されたバンビの母。部屋に飾られる置物という無惨な姿に変えたのもまた、人間。
disney7.png

8. チキンリトル
チキンリトルは衝撃を受けた。僕は違った意味で求められているみたい。
沢山の人間がこのお店にお腹をすかせて入って行く。。。
disney8.png

9. リトルマーメード
石油まみれのアリエル。恋人エリック王子を思う高らかな歌声も、悲痛な叫びに変わる。
disney9.png

ジェフ・ホン(Jeff Hong):ディズニーアニメで数々の名作を生み出した絵コンテアーティスト。作品を手がけるなかで、キャラクターたちが「 物語とはまったく違う環境に放り込まれたらどうなるのか」という疑問からこれらの絵を制作した。

【海外:アート】ディズニーの世界を現実に置き換えたら…悲惨なメルヘン崩壊をアーティストが再現
http://www.terrafor.net/news_sIzGp6GP4I_834.html
2014年5月23日 18:00 

あるアニメーターが、いつも輝いているディズニー映画のキャラクター達を現実の世界に置き換えた。
映画の中とは打って変わって、どのキャラクターも輝きを失い、実に不幸そうだ。

disneyM1.png
(画像:Mirror。不思議の世界に戻ろうとクスリ漬けになるアリス。)

ニューヨーク出身のアニメーター、ジェフ・ホンさん(35)は、子供達に大人気のディズニーキャラクター達を現実の世界に置き換え、180度世界観を変えてしまった。

ディズニー映画の明るく前向きな雰囲気はどこへやら、ただの悪夢としか思えない。
だが、悲しいかな、これが現実だ。

現代で不幸を噛み締めているキャラクターたちの一部を見てみよう。

『リトル・マーメイド』のアリエル
disneyM2.png
(画像:Mirror)
映画の中ではいつも美しい海の中を自由に泳いでいるが、現実ではそうは行かない。海の環境汚染は進む一方だし、気をつけないとこんな風に、タンカーの重油流出事故に巻き込まれて、油まみれになってしまう。

爽快な笑顔と美しい髪は、見る影もない。

『美女と野獣』のベル
disneyM3.png
(画像:Mirror)
街一番の美女として名高いベルだが、現実の世界では、その美貌を保つのは容易ではない。

年々たるむ顔には、リフトアップの整形手術が必須だ。

『101匹わんちゃん』のダルメシアンたち
disneyM4.png
(画像:Mirror)
映画の中では、彼らの毛皮でコートを作ろうとしていたクルエラ・デ・ビルの魔の手から逃れるが、現実はどうだろうか?

ダルメシアンは今でもそれなりに人気はあるだろうが、ダルメシアンに限らず、犬を飼うとなるとお金がかかる。
101匹すべての引き取り手は見つからないだろう。一度引き取っても、すぐに手放してしまう飼い主もいるだろう。

結果、せっかくクルエラ・デ・ビルから逃れても保健所行きとなり、明日安楽死させられるかもしれない不安定な身の上となる。
保健所の小さなケージより、クルエラ・デ・ビルの家の方が環境が良かったのではないかと思ってしまう。

どのシチュエーションでも共通して言えることは、現実世界がこのままなら、どのキャラクターにもハッピーエンドは決してやってこない。

【記事:りょーこ】
参照元:Mirror

~転載終了~

ドナルド・ダックは、ダウンやフォアグラの犠牲者ですね。。。
donald.jpg

down12.jpg
foademo5a.jpg

改めて。「ディズニーランドはリアルファー禁止」毛皮着用者はお断り。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1424.html
petafur.jpg





~転載以上~




ディズニーファンの方にはちょっとショックかもしれないけれど…

でも、これが現実。


こんな風に、世界中で愛されているキャラクターで置き換えてみると、それぞれの問題がより身近に感じられるのではないでしょうか。多くの方が関心を持つきっかけになってほしいです。




フォスターペアレントのお願い~猫のマリアさん

猫のマリアさんからです。

http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/blog-entry-378.html



2011年4月より、原発事故によって取り残された猫達を保護してきました。
被災地で生まれた仔猫たちも含めるとその数300頭は超えています。
多くの子を新しい飼い主さんの元へと送り出すことができましたが、
体調がおもわしくなかったり、人懐きが非常に悪かったり諸事情あり、
どうしても里子に出すことのできない子たちもたくさんいます。

今は数頭ずつ拙宅やボランティアさん宅でお世話しておりますが、
正直申しまして体力的にも金銭的にもかなりギリギリの状態です。
私を含めた猫ボラたちは、以前から地域猫のTNRや里親探しの活動をしていますが、
当時も身の丈ギリギリでの活動でした。

依頼によるTNRは不妊手術を施して元の場所に返し、
地域猫として住民の方々に見守ってもらうことを基本としています。
その際まだ幼い子や、人懐きがとても良くて
虐待被害などを考慮し、地域に戻すことがかえって危険であると判断した場合に里親探しをしてきました。
しかし、福島の被災猫に関して言えば、不妊手術をしても返せる場所がないのです。
見守ってくれる人々がその土地にはいないのです。

当初より、保護してきた子の中には
外で生まれ野良猫として生きてきて
人間の手に触れることもなかった子も多かったと思います。
保護後何ヶ月経っても、1年以上経っても
いまだに人を見ると威嚇したり、怖くてカチカチに固まって
こちらが可哀相になってしまう子もいます。

本来ならば、1頭残らずみんなに温かい家族を作ってあげたいのですが、
このような状態なので、せめて飢えずに寒さ暑さのない環境で
猫生をまっとうしてもらいたいと願うばかりです。

そこで、お願いがあります。
里子に行くことが難しい猫たちのフォスターペアレントになっていただけないでしょうか。
お宅で引き取ることは難しくても、
養親としてその子の猫生に一喜一憂していただくご家族になっていただけないでしょうか。

--------------------------------------
フォスターペアレント様へのお願い

フォスターペアレントとは猫を手元に引き取って
里親となっていただくのではなく
養い親になっていただく制度です。
3000円/月ご援助をお願いします。
ご援助いただいたお金は対象猫の食費や医療費に使わせていただきます。

対象猫1頭につきフォスターペアレント様は1名とさせていただきます。

誠に申し訳ありませんが、
保護猫たちはボランティアの個人宅にいるため
基本的に自由な面会はご遠慮願います。
日々の様子は、可能な限りブログにてご報告いたします。
また、特別様子の変わったことが起こった場合は
フォスター様にご報告いたします。

フォスター様を続けられなくなった場合でも、
わたくしが責任持って終生面倒をみますのでご安心ください。

フォスターペアレントをご希望の方は
サイドバーの問い合わせフォームより
対象猫をお知らせください。

-------------------------------------
フォスターペアレント様募集中の猫

c77f

c107f

c145f

c191f

c208f

c224f 
c224 猫エイズ(FIV)/猫白血病(FeLV)陽性、Wキャリアです。

c237f

c242f

c253f

c256f
c256 抜歯したのですが、口内炎が治りません。
難治性の口内炎でいつもよだれが出て、
定期的にステロイドを打たなくては食べられません。

c273f

c276f

c290f

どうぞ、よろしくお願いします。

浪江町②~ドキンさん

ドキンさんからです。

http://ameblo.jp/dokin-neconeco/entry-11864282556.html



浪江町給餌活動2回目は5月13日でした。




この日は少し遠回りのコースで向かいました。

今回までは太田さんと一緒です。

夜明けまで雨が降っていましたが

高速を降りる頃にはあがった~音譜

誰の行いが良かったのか?






相変わらず 飛ばすココア号。




{C1D0C5B4-A4EE-4ECA-A1F8-7C83CFB44D76:01}






川俣町を通って







{A4601D42-6DC5-4F51-B59F-C625A89CA8E8:01}

コスキンて 何?








{9924AAAB-FAF4-4CF9-A5EF-B4B89976A6E7:01}

{1951C2F9-9987-4ED8-A0DC-9682DEE3414F:01}







カーブの多い道をビュンビュン走り

時々大きなダンプがカーブで

すれ違うので、

運転してるもいさんが

「こえ~よ~ ドクロ

と叫ぶ。





{259BA8F6-E43E-43C3-BE78-95A823F3A55E:01}


これは浪江町に近づいて

落ち着いてきた頃ですね(笑)






除染の黒い袋が並んでいます。

あちこちで作業していました。







{4B62E189-B0DA-4251-9BB7-B5B0CF4F36F6:01}





前回 私達は寄れなかった

希望の牧場入口のえさ台から回りました。





{7BDF7836-173F-47BE-9E91-D2080E2F82ED:01}




その後

浪江町のメインストリート近くを回り





太田さんの写真集にも出ていた場所へ



{B8342486-2013-440A-A3A1-D464A2AED630:01}





太田さんは今でも

一匹の猫を助けられなかったことを

悲しんでいます。





{A26149FC-0F0A-4AEC-B079-6C7BFB97D516:01}



書店の中は 時間が止まっていました。











そして、また街中で給餌をしていると





!!!





{7641FA5A-A105-4836-83F4-252838A97B15:01}



まーさーかーの 職質 ^^;


(もいさん、怒られますよっ)






長野県警の若いおまわりさんたちが

応援パトロールに来ているそうです。

何にもワルイことはしてませんよ~




後で もいさんとふたりで回っている時にも

別のパトカーに職質されましたよ。




え?

野良猫にエサやるために?

東京から来たんですか?

え? 何で?



と まあ 本気で分からないようです。





あ!!



写真の貼り付けができなくなってしまったので

(MAX10枚までだそうで)






続きはまた来週 (^o^)/





いやいや、近々に。

かわいいのがあるんですよ♡



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR