一人でも多くの方にm(_ _)m 今週末3月1日(土):動物市民フォーラムin神奈川~さちこさん

先日よりご案内させていただいている、こちらのフォーラム

さちこさんのブログに、プログラムなど詳細がアップされていましたので、お知らせいたします。



さちこさんからです。

http://chicafeliiiz.blog.fc2.com/blog-entry-71.html



東北大震災被災地の動物たちへ寄付された方々、是非多くの方のご参加いただきたいフォーラムです
あの救援本部の2億円問題を追及したフォーラムです
フクシマスペイクリニック運営のアニマルレスキューシステム基金さま主催です


【緊急災害時動物救援本部のあり方を考える】
~義援金や物資はどう使われたか-その検証と不適正使用の予防策~

日時:2014年3月1日(土) 13:30~17:00
場所:神奈川県民活動サポートセンター(JR横浜駅から徒歩3分)
参加資格:被災地での繁殖による二次災害を止めたい全ての愛護市民・グループ
定員:100名(100人を超えますと立ち見になりますので予めご了承ください)
入場料:500円(カンパです)
主催:アニマルレスキューシステム基金
電話:0248-21-9391
担当:090-5129-7614(山崎)


【プログラム】
13:15 開場
13:30 第一部 挨拶(山崎)と趣旨説明(意見書と回答書)
13:40 BS11上映
14:10 パワーポイントによる解説とキーワード資料配布
14:40 休憩
14:55 第二部 NHK上映
15:05 問題点の整理と質疑応答開始「法的な対応は可能か」(弁護士2名参加予定)
15:50 提案 仮称)動物市民オンブズマン設立準備委員会 目的と構想
16:40 閉会の挨拶と今後について
16:50 退場開始


是非、ご参加ください!
よろしくお願いします!!!




~転載以上~




追記


さちこさんより、追加情報です。会場は402号室だそうです!



ペタしてね


スポンサーサイト

福島避難地域 給餌フードご支援のお願い。~犬班A。さん

犬班A。さんからです。

http://inuhan.blog.fc2.com/blog-entry-286.html



東京電力福島第一原発の爆発事故により、警戒区域と呼ばれていた半径20kmの円で囲まれた場所。

今は三つの区分に分けられ、そのうち居住制限地域と避難解除準備地域には立ち入りが可能になりましたが、人は住むことは出来ません。

一部の場所では線量は高いままです。




帰還困難地域の一部では、国有化の話が進められています。


また、その円で囲まれた場所では無いのに、放射線量が高く、全村避難を強いられている村、飯舘村。


人のいない、雪に覆われ、ご飯をもらうことも出来ない場所で必死に耐えて生きているどうぶつ達のいのちの細い糸を繋ぐために、給餌フードのご支援をお願い致します。



あたしは原発事故の被害地である20キロ圏内と呼ばれた場所をメインに。

まるこは浪江町の津島。

hibiさんやねーねーさんは飯舘村。


各自各所で絶対に必要な給餌用のキャットフードを、皆で分け合いながら使わせて頂いています。



あたしが一回圏内に給餌に行くと、Amazonの欲しいものリストに掲載している2.5kg入りのフードを、毎回「70~100袋前後」給餌しています。


まるこが津島を回る時は、30~40袋

ねーねーさんが飯舘村を回る時は、20~30袋のフードを使用します。

hibiさんは直接的な支援は受け取っていませんが、毎週二回、シェルターのごみ出しのお手伝いに来てくださった時に、ドライフードやウェット、わんにゃんのおやつなどは持っていってくれています。


最近はなんとか募集の呼びかけをせずにご支援の物資で賄えていましたが、先日のレスキューで現在のストックを使い果たしてしまいました。


いくらあっても困ることのない、頑張って生きている子たちにとってのとても大切な、本当に大切な命綱です。


いつもお願いばかりで本当に恐縮ですが、1袋からで結構です。


頑張って生きている子たちのいのちを繋ぐためのフードをご支援頂けますよう、心よりお願い申し上げます。


福猫舎レスキューのほしいものリスト






Amazonからではなくても勿論構いません。

楽天その他どんな形でも結構ですので、ご都合の良い方法でご支援頂ければと存じます。


Amazon以外からのご支援の場合は、こちらのページにて送り先などをご確認くださいませ。


リンクに飛べない場合…
〒963-0664
福島県郡山市あぶくま台2-154
福猫舎
電話 08082149685
(氏名が必要な場合は、山下宛でお願いします)

※配送時の日時指定などは不要です。
※物資の受け取り、仕分けを一人でやっておりますので、物資の到着確認のご連絡は恐れ入りますがご容赦くださいませ。
お送り頂く全ての物資に心より感謝をしつつ、保護っこのため、がんばって生きている子たちのために、大切に使わせて頂きます。



また、過日よりセブン&アイ ネットショッピングにて、福猫舎を応援して、くれているRAINBOW PROJECTさんのチャリティページが稼働しています。

ポストカードやサンキャッチャーなどのチャリティグッズも販売してくださっています。


専用ページはこちら→ココをクリック



また福猫舎への支援品として欲しい物リストのページもあり、こちらからもご支援物資を送って頂けます。

こちらから確認できます→ココをクリック



一粒一粒ががんばって生きている子たちのいのちを繋いでいきます。


応援頂く方に代わって、
ご支援頂く方に代わって、
頑張っている子たちにご飯をしっかり届けるために、どうかご支援を宜しくお願いします。




他にも福猫舎のシェルターで保護している保護っこのための欲しいものリストも随時更新しております。


まること二人、保護っこにゃんず110匹と、保護わんこやお預かりわんこ3頭を、丁寧にケアをしながら新しいおうちを探していくため、頑張っています。

保護っこたちに必要なものは、こちらに掲載しております。

福猫舎のほしいものリスト


ちっぽけな力しかありませんが、私たちに出来る精一杯のことを頑張っていくために、どうぞ応援頂けますよう、宜しくお願い致します。







ペタしてね

急ぎたい被災猫の救出! 大熊町双葉町 国有化の前に/飼い主さんは、いらっしゃいませんか

犬猫救済の輪さんからです。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-3793.html



2月19日活動 
中間貯蔵施設建設で国有化が予定されている大熊町小入野地区で保護しました。
震災から三年アニマルエイドさんと桜ママさんが給餌で残された猫達の命を繋いでくれた牛舎後です。
犬猫救済の輪でも、「またたびさん」と「ねこかつさん」と一緒に隔週で原発周辺の猫達に給餌と保護に通っています。
 三年間、給餌に通い続けて一度も見かけた事の無い猫です。
警察や自警団のパトロールから隠れて逃げての立ち止まることのできない給餌保護活動ですから、残されている猫達の把握はとても困難なのです。捕獲器さえかける時間があれば、こうして保護できるのです。


☆TNR日本動物福祉病院に保護しています。飼主さんはいらっしゃいませんか。
2014.2.19保護 大熊町小入野 キジトラ白 メス 犬猫救済の輪 またたびさん ねこかつさん保護
人慣れしています。不妊手術が施されていました。
下半身の毛がありません。何か大きな怪我をしたことがあるかもしれません。歩き方が少し不自然です。
原発から近いこの厳しすぎる環境で生き抜いたこの子に、本当の春が来ますようにと、「サクラちゃん」名づけました。
1020310.jpg

1020259.jpg



P1020314.jpg



大熊町双葉町 中間貯蔵施設建設で国有化予定区域に取り残されている猫は、当会の推測では50頭~100頭。
他に、原発20キロ圏内楢葉町から浪江町までの五つの町に、約1000頭が取り残されたままになっていると思われます。震災原発事故によって取り残されたままの被災猫をなぜ、保護しないのか、納得のいかない事ばかりです。

急ぎたい被災猫の救出! 大熊町双葉町 中間貯蔵施設建設で国有化の前に
犬猫救済の輪では、団体、個人ボランティアさんと力を合わせ、諦めることなく救出します。






ペタしてね

200,000,000 yen hasn't been used yet

This is from Circle of dog/cat rescue.

http://arfjapan1216.blog.fc2.com/blog-entry-295.html



January 16, 2014
Headquarters for the Relief of Animals in Emergencies has received donations of about 700,000,000 yen. 200,000,000 yen hasn't been used yet.

After the Great East Japan Earthquake, we at Inuneko Kyusainowa cooperated with individual volunteers for the rescue and TNR of dogs and cats that were abandoned around Fukushima 1 nuclear power plant, and impossible-to-return areas.
Still now, afflicted animals that were separated from their families remain there.
If we can't do the sterilization for them, they breed one after another, and lives will be born into misery, as noted in the following article by the Asahi Newspaper.
But many places are difficult to go into. This should primarily be done by the government as a public undertaking, shouldn’t it?

Inuneko Kyusainowa is going to demand of the Headquarters for the Relief of Animals in Emergencies that they use this 200,000,000 yen for rescue and TNR activity for dogs and cats around the Fukushima nuclear power plant.
Last year, they reported that they invested the donation and took a loss.
I will send the letter of demands as soon as possible.
If you agree, please send your own letter to them too.
I will report to you about it again later.

From Asahi Newspaper
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140114150150002.html

Feral cats are increasing. Relief is inadequate.

It’s been almost 3 years since the Great East Japan Earthquake.
Still now, there are many dogs and cats that lost their families, wandering from place to place.
Many of them were born after the disaster.
The humane society has been doing sterilization to avoid the expansion of this tragedy.
But as they can’t use public donations, it is financially difficult.

Veterinarian Fumie Endo, (50), from Shizuoka, arrived at Spay Fukushima clinic in Shirakawa city in Fukushima on Saturday evening.
She gave anesthetic to 3 cats, and performed the sterilizations.
It takes a few minutes for one male kitten.
But if it is pregnant female, it takes over 20 minutes.

She continued the operation for 2 and a half hours, and then finally she had a drink.
“I can’t be with them all the time. So I want to do what I can thoroughly” she said.
She has visited Spay Fukushima clinic every weekend.
After the sterilization of 40~50 dogs and cats, she goes back to Shizuoka on Sunday evening.

The Animal Rescue System fund in Kobe opened this clinic 2 years ago.
Representative Hiro Yamazaki, (45), after interviewing refugees, realized that abandoned dogs and cats were propagating in the mountains and rivers, so she decided to open this clinic in Fukushima.
This clinic mainly does sterilization for stray cats, and pets belonging to victims.
Normally it costs several tens of thousands of yen, but depending on the situation, they take a lesser fee, or even work free of charge.
By the end of the 2013, they had done sterilization for 1448 dogs and cats.

The regular staff of this clinic is 2 people, from the fund, and volunteers like Mrs.Endo, who come to help free of charge.
Mrs.Chie Hinata, (40), from Yokohama, helps with the preparation of anesthesia, and the transferring of dogs and cats.
“We want to reduce loss of life due to the human-created crisis.”
Contact: Animal Rescue System fund / 0248 21 9391

Most of the dogs and cats are from area within 20-40km of the Fukushima 1 nuclear power plant.
Mrs.Sachiko Yamaguchi, (36), visits Odaka, Minamisoma, Fukushima. Staying all night is forbidden.
She goes a few times each month, to offer feeding and protection.
She sets the capture cages early Saturday morning, brings the animals to Spay Fukushima clinic for sterilization, and the takes them back.

There are houses there, but no people. A young wild boar runs down the middle of the road.
The radiation dosimetry measures up to 1.57μSv.
That is 2.7 times the standard level in Yokohama city. (0.59)

A white kitten was walking in the middle of the road, but jumped away when surprised by a car.
Mrs.Yamaguchi said “That is a female which was operated on recently”.
She captured 7 cats in that week, and among them are a pregnant cat and a nursing cat.
“I want more people pay attention to this situation” she said.

The Headquarters for the Relief of Animals in Emergencies, which consists of 4 organizations, like Japan Veterinary Medical Association, has received a donation of about 700,000,000 yen since the crisis began. About 200,000,000 yen is still unused, but they won’t use this to do the sterilization of feral dogs and cats.
General manager Katsuhiko Shoji said that the donation was gathered for afflicted pets and owners.
It is not the intention of donors to use it for the protection of feral dogs and cats.

Fukushima Animal Rescue, operated by Fukushima prefecture, and Fukushima Veterinary Medical Association, have consulted on possible ways of restricting the breeding of dogs and cats, but they have no plans for activity around the nuclear power plant.

Mrs.Yamazaki said “I don’t think the donors would oppose the use of donations for the tragedy of the abandoned breeding more abandonment."

■ Animal rescue volunteers pushing the limits.

I visit the off-limits area 3 months after the disaster.
I saw so many dogs and cats, very thin, and with fierce eyes.
This is the third winter. Surviving and newly bred animals are causing new problems.

Pets abandoned after the disaster have been rescued.
But the next generation is regarded as wild animals.
After the reorganization of the evacuation area, this blank zone exists, left out of rescue parties both official and private。

We, Inuneko Kyusainowa, and Mieko Yoshida, who has been rescuing cats in Minami Soma, and other volunteers, continue rescue activity in Fukushima since the disaster and nuclear power plant accident.
However, we couldn’t get any support from the Headquarters for the Relief of Animals in Emergencies.
Small associations and individual volunteers don’t have enough people.
During the confusion of the disaster, we jumped into the afflicted area.
We had to work so hard, for so many afflicted animals, despite it being impossible to make complicated applications for subsidies, especially due to difficult conditions set by the administration.

To search out such circumstances, and give support, is what the administration and Headquarters for the Relief of Animals in Emergencies should do.
To maintain the rescued animals, and provide the cost of sterilization, as well as transportation fees for lengthy activity, is a heavy responsibility for volunteers.
It's difficult to continue with necessary activity.

Mrs.Yamazaki said “I don’t think the donors would oppose the use of donations for the tragedy of the abandoned breeding more abandonment." I totally agree with her.

This is the blog to support Mieko Yoshida (Neko obasan).
Sterilization in an empty town is important, but securing enough funds is so difficult.
Please support her.
http://ameblo.jp/cat-yoshida/

Yucho ginko 18220
Account number 16389911
Mieko Yoshida






Carry on with protection activity in Fukushima

This is from Circle of dog/cat rescue.

http://arfjapan1216.blog.fc2.com/blog-entry-296.html



January 18, 2014
We carry on with protection activity in Fukushima 2014.

This is the perfect combination of Nyandara 1 (right) and Nyandara 2 (left) from Koenji Nyandarazu.
They are chatting happily, but it's not like they're doing standup comedy.
In fact, they're talking about something serious.
In 2 days, they rescued 2 dogs and 3 cats.
They must be tired, but they always smiling. Very reliable people.
This photo is at TNR Japan Animal Welfare hospital, around 22:30pm.
3 cats have just arrived. Even so late at night, the volunteers are still taking care of cats in the hospital.

0118-1.jpg


http://ameblo.jp/inaoigou/entry-11750703871.html


Now I have started to do TNR in Kawasaki.
I am planning it for 20-30 cats before I go back to Fukushima next time.

0118-2.jpg

0118-3.jpg






罪の場所~うちのとらまるさん

うちのとらまるさんからです。

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11776591251.html



香港で私を取材してくださったメディアの殆どの方々に  


聞かれた質問があります  


                                             

                                              

                                                       



福島で撮影された写真の中で 一番印象に残っている写真は何ですか







この質問には本当に困ってしまうのです


どれもこれも衝撃を受けて撮影したものですからね


でも あえてというならば・・・ 


私が初めて見た牛舎で撮影した


一連の写真だと告げました









あの牛舎は


今まで進んで知ろうとして来なかった現実を突きつけられ


そして 人間や生物が 「生きる」 ということはどういうことなのか


その他にも さまざまなことを強制的に考えさせられ


身悶えするほどの苦しい気持ちになった場所なのです





その牛舎には 2011年の6月に最後に行ってからは


前の道を通ることはあっても一度も訪れていませんでした


なぜなら この牛舎は私にとって


「罪の場所」 だったから



何度か牛を生かすために通いはしましたが


自分がした行動が


結果的には牛たちの命を奪ってしまったこともあった


そして結局は最後まで世話を出来ず


牛たちを見殺しにした場所


そういう場所だったのです














今回


香港のTVチームに


私が撮影した牛舎を 是非案内して欲しいと言われ


勇気を出して行くことにしました





ここの牛たちは 


希望の牧場にいるガガを残して


すべて死んでいます













苦しんで 苦しんで死んでいったのです














お互いの体から出る汗を舐めあっています


餓死や渇きによる死が どれほど苦しいか


私には想像もつきません













本当に牛は泣いていました


泣いていたんです














きれいに片付けられてはいましたが


あの頃の悲惨な情景が私には見えました


そして必死で啼いていた声も聞こえた気がしました















私にはどうすることも出来ませんでした


家畜は あまりにも大きく 重く 数が多かった


助けたい 助けたい


でも


素人が何とかできるものではないと


この時 思い知ったのでした



しかし 同時にこの悲劇を


なかった事には絶対させないと心を決め


撮影し発信することを誓ったのでした





現在 20キロ圏内で生かされている牛は 約700頭


お金を生まない この牛たちがどれほど生き残れるか


すべては農家さんの肩にかかっています




ペタしてね

2月19日の活動報告 「命」は待ってくれないから・・・~ディア・ママさん

ディア・ママさんからです。

http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11782162882.html



15日に最愛の人が他界し、気力体力ともに失い、正直座っているのがやっとでした。


この状態ではとても給餌活動など無理だと一度は福島行きを諦めました。




しかし、「に待ったはありません


先週出会った衰弱していると思われる「茶白さんを保護してあげなくてはなりません


また、たくさんの"あの子達(被災動物)"が、お腹をすかし美味しいご飯が届くのを待っています


繋ぐため、19日未明に福島へ向かいました。




当初は「くろさん」が同行してくださる予定でしたが・・・


大人の事情(?)で、同行不可となってしまいかなり焦りました。


何しろ体力が無いに等しい状態でしたから。


それと温めた「給餌だけのご馳走(ウェットフード)」は、「くろさん」が持ってきてくださることになっていたので・・・(涙)




でも、ここで福島行きを断念なんて出来ませんから・・・


一人で向かうことにいたしました




まずは車に「美味しいご飯」を積み込み、ウェットフードを大量の使い捨てカイロに挟みタオルで包み保温開始。


暖房の吹き出し口近くに置いてさらに保温もしました。




 


先週は、行く手を阻む積雪に見舞われ活動が困難でした。


今回も積雪に見舞われたらと心配し、大型スコップなど雪国対策を完璧にして出発しました。






 


しかし・・・圏内についてみれば、この通りほぼ雪解け完了状態w





 


でも少し北上すると少しだけ積雪が。

日陰はバンになっているのでツルツルでしたが、これ位の積雪なら問題なしです。



現場についたら、まずは朝一で捕獲器を設置します。


 
▲先週12日に出会った時に撮影した「茶白さん」。
今回、絶対に保護してあげないと・・・




先週12日に会ったこの茶白さん保護しなくては死んでしまうと感じたのでこの子の保護のために捕獲器をかけました。



同じポイントで先月であった「黒チビちゃん」も出来たら一緒に保護したいと思い捕獲器を2台かけました。







本当はもっと捕獲器をかけたいのですが、保護枠があまりないので・・・



国有化が噂されているエリアの子達のために保護枠を残しておかないとダメなんです







保護っ子預かりボランティア(HF)さんが、増えてくれれば、もっとたくさんの子達を保護できるのに・・・



預かりボランティアさんが不足しています。



皆さまぜひ福島の"あの子達"のためにボランティア参加をお願いいたします



預かりさんが増えれば、この地から救い出せる子が増えます。



私達の保護っ子を預かってくださいませんか。



お申し出また医療費や飼育費などについてのご質問は、「福島被災動物レスキューRAIF までお願いいたします

http://raif.exblog.jp/19138172/ 







捕獲器をかけた後は、ひたすら給餌です






週末の大雪後で、今回の活動日が平日だったからか、猫さんに沢山会えました♪

(ただし、のろまな私なので写真撮影はできず・・・すみません(汗))



尻尾に特徴ある「茶トラ君」、綺麗な「グレー白のハチワレ君」、またまた「茶トラ君」、「くまっしー似」の「白黒ちゃん」・・・


初めて会う子ばかりでした。



きっとお腹すいて我慢できなかったのでしょう。



美味しいご飯の匂いにつられて姿を見せてしまったのでしょうw






 



豪華2種盛り



最後に「給餌日だけのオヤツ(焼カツオ)」を散らして完成です♪



このポイントもイノブタさんの被害もなく、猫さんが食べていると思える安定したフードの減り方です。





一度給餌したポイントも時間があれば、ちゃんと食べているか、またイノブタさんが荒らしていないかを確認するため再度立ち寄ります。



猫さんが食べた形跡を見つけると、どんなに疲れていても、嬉しくなり心癒されます。





これは「給餌日だけのご馳走(ウェットフード)」を完食した空き皿。


 





ここのポイントは頭数が多いので・・・「おかわり」を!


 










全ての給餌が終わり、最後に捕獲器の回収へ・・・


早朝には居なかった除染作業員と作業車が周辺に沢山いて驚きました。

これでは猫さんが怯えて隠れてしまいます。


せっかく保護許可が出たのにダメだったかも・・・



そんな不安を抱えつつ、いざ、捕獲器を見ると・・・


 


保護してあげたいと願っていた茶白さんが・・・入ってくれていました!!!


 


体格がよく見えますが、実際は体毛がボサボサで、腰骨が浮き出ています


推定3~5才と思われます。


栄養状態が良くなかったのか、しゅん膜も出ていました、病気でないことを祈ります。


可愛いタキシード柄のこの「茶白さん」の仮名ですが・・・


長毛なので洋風のお名前がいいと思ったら、もうあの名前しか頭に浮かばない~


そう、茶トラと言えば「マイケル」www


なので、この子の仮名はマイケルになりました!




そして、もう1つの捕獲器は・・・


 


なんと、こちらの捕獲器にも、保護を望んでいた黒チビちゃんが入っていてくれました!!!


 


生後半年前後のおんにゃの子です。



とても怖がり「シャーシャー」言っていました。


必死に捕獲器から出ようとしたようで前足の爪からかなり流血していました。


怖い思いをさせてしまって、ごめんね。


必ず幸せにするから許してね。


この「黒チビちゃん」の仮名は「マヤちゃん」です。


この子は、家猫修行後に里親様を募らせていただきます


黒猫さんマニアの方、お問い合わせはお早めに!!!




この2ニャンは、「福島被災動物レスキューRAIF 」の「Kさんに隔離期間は預かっていただきます


 


まずは病院でケアと避妊去勢手術をしていただきます。


沢山食べて、安心して寝て、ゆっくりと回復してもらえるよう「RAIF 」のみんなが見守ってくれます。




私一人では、ここまでの活動は出来ません


でも、一人ひとりが出来る事を、得意なことをすることにより、国が出来なかった事さえもやりとげることが可能となります


私達と一緒に"あの子達"の「尊い命」を繋ぎ留め救ってくださいませんか?



皆さま、もし可能でしたら、出来ることがございましたら、ぜひ、ご協力をお願いいたします。



里親さん」、「保護っ子預かりボランティア(フォスターホーム)さん」、「活動支援(物資や資金など)」についてはコチラ をご覧ください。

  

福島被災動物レスキューRAIFのブログ

http://raif.exblog.jp/





ここ3か月近く、福島に行くのが怖かったです。


皆さまに心配をおかけするわけにはいかないので闘病中は何もお伝えできませんでしたが・・・


最愛の人にいつ何が起こるか分からない状態だったので、傍にいれないことが本当に怖かったです。


なので、本来はもっと遅くまで福島で活動したいのを我慢して、必要最低限の活動をしてトンボ帰りしていました。


いつも緊張状態で心臓がドキドキとして動悸とめまいがしていました。


自分の中でいろいろな葛藤があり、悩み苦しみ白髪も増えてしまいました。


でも・・・


その時は、確実に、最愛の人がこの世にいた・・・


でも・・・


今は、その最愛の人がこの世にいない・・・


辛いです。


苦しいです。


この悲しみにどこまで耐えられるか・・・自信がありません。


もうしばらくは泣き言を書いてしまうかも知れませんが・・・お許しください・・・


今回の活動は、一人でしたが、実は、二人でした


 


福島で毎週どのような活動をしているのか、見て欲しくて、席を用意しました。


故人は、私自身の「被曝」と「疲労」と「事故」を心配し、この活動に反対していましたが・・・


最後は応援してくれていました。


今回は、これが私のしている「命」のためにしているささやかな活動だと、活動に同行してもらい報告をいたしました




以上、19日の活動報告でした。




いつも温かい応援とご支援をありがとうございます。



引き続き、"あの子達"の救出のためのご協力を宜しくお願いいたします。





ペタしてね

取り急ぎ、週末のこと&給餌用フードの支援のお願い~ふにさん

ふにさんからです。

http://kunafuni.blog18.fc2.com/blog-entry-455.html



たくさんたくさんご報告しなくてはならないことがあるのですが、毎日夜中の3時位まで世話&掃除をして倒れこむようにその辺で寝てしまうので、なかなかブログまで辿り着けません。。。

寝る前にひとしきり綺麗にならないと嫌で、トイレ掃除3周位する勢いです^^;
朝、んこもりもりパラダイス状態は嫌なので。。

朝は少しゆっくり起きて、軽く掃除、世話、動物病院に行くとなると帰宅が2時。3時位から仕事で昼間出来ることはしゅうりょー。

時間が足りない。。。

仕事を一本減らしたけど、まだ時間がたりない。。


週末のことがをざっと。。


金曜日福島。
かなりしんどい状態。

色々あったけど、













見かけた成猫を保護しようとして




子猫を保護しました。






浪江町川添蔵前


兄弟を保護しなくては、、、。


土曜日、初譲渡会。

これに関してはまたあらためて。



みんないないふり炸裂、、、


じゅんなんか家ではこんなでれでれなのに。。。






私にとって特別な

あやかと




ふわりに




幸せが訪れるかもしれません^ ^

一番人気こうちゃん、、




一番人馴れしてるけど、姫だからすぐキレるのよね。。。

お子様にはちょっと向かないかな。。。

ざんねーん^^;

まだまだ我が家で甘えていいぞ!

RAIF受け入れのくまっしー。

12月末に私の仕掛けた捕獲器に入ってくれた子^ ^

ふわりに負けないぐらい堂々としていて大人気でした!

家族決まるかな^ ^

でも、、保護してまだ間もないから元の飼い主様探しも平行してやってほしいけど大丈夫かな。。
飼い主様見つかって返還てことになったら、里親様さみしいじゃん。

って考えてしまって私の場合なかなか里親募集に切り替えられなくて。。

最低でも3ヶ月って思ってますけど、なかなかね。。

今回も震災前生まれの可能性のある成猫は、ちゃーとゆうじろうのみ参加。どちらも保護してから一年以上。
家族の愛情を独り占め出来る環境が彼らにはいいから。うちだとピリピリしてかわいそうだから。。

でも二匹ともお声かからずざんねーん^^;
彼らの良さは直接うちに来て見ていただかないとね^^;


里親ご希望の方、是非我が家の猫に会いにきてくださいね。
埼玉の奥ですが。。
観光がてら。。
出てくるか分からないですけど(-。-;







【進化する我が家】




じゃーん!
キャットウォークですよ~^ ^

Mさんが作ってくださいました!
凄い!

ありがとうございます。

月曜日は心強い助っ人がたくさん!
私何もしなくても綺麗になるあるよーー。
ゲージの上に板も付いたであるよーー。
お山だった雪もバラしてくれて溶けやすくなったあるよーー。

ありがとうございました!

また来てね♪



あと!

別記事にしますがとりあえず御支援のお願いをあげます!

コピペですいません。。

取り急ぎ、給餌用フードの支援をお願いできたら嬉しいです!!

よろしくお願いいたしますm(_ _)m



ご支援の呼びかけをさせていただきます。
以下の3点が常に不足しております。

大変恐縮ですが、活動にご理解いただき余裕のある方のご支援をお願いしたい次第です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

①給餌用のフード

②保護猫用フード

③猫砂


給餌用フードは、

ドライフード、2キロ以上の大袋を必要としています。

保護猫用フードは、出来ればロイヤルカナンやピュリナワンなどのプレムアムフード。


猫砂はおから、紙砂、両方必要です。




<送付先>

私の自宅

及び

ヤマト運輸営業所止め

及び

アマゾンの欲しいものリストより


①自宅 

すでに住所をご存知の方や、お問い合わせいただいてお伝えすることが出来る方。

②ヤマト運輸 

受取人
一般社団法人 元気魂JAPAN
(042)970-1411

送り先
クロネコヤマト飯能中山センター止め
〒357-0047埼玉県飯能市大字落合388-1

元気魂JAPAN宛に送っていただければ、確実に私の手元に届きます。


一般社団法人 元気魂JAPAN

福島に密着し、地元の方に笑顔のお届けをしていく活動をしています。

③アマゾンンの欲しいものリストより

アマゾン欲しいものリスト



商品例

ヤマト運輸の利用が出来る会社の商品を掲載しますね。
それと、ちょっと欲張って箱売りばかり掲載しちゃいますね^^
例なので、参考ということで^^;




ミオ 2.3キロ 箱売り

ミオ 2.5キロ 箱売り

キャネットチップ 2.7キロ 5袋入り

キャットマックス 2.5キロ 5袋入り



どうぞ、よろしくお願いいたします。

給餌用フード以外に、

保護猫用のフード、猫砂は常に必要としています。。
フードは10キロの大袋が4日でなくなります。。。(泣)




ご支援の呼びかけをさせていただきます。
以下の3点が常に不足しております。

大変恐縮ですが、活動にご理解いただき余裕のある方のご支援をお願いしたい次第です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

①給餌用のフード

②保護猫用フード

③猫砂


給餌用フードは、

ドライフード、2キロ以上の大袋を必要としています。

保護猫用フードは、出来ればロイヤルカナンやピュリナワンなどのプレムアムフード。


猫砂はおから、紙砂、両方必要です。




<送付先>

私の自宅

及び

ヤマト運輸営業所止め

及び

アマゾンの欲しいものリストより


①自宅 

すでに住所をご存知の方や、お問い合わせいただいてお伝えすることが出来る方。

②ヤマト運輸 

受取人
一般社団法人 元気魂JAPAN
(042)970-1411

送り先
クロネコヤマト飯能中山センター止め
〒357-0047埼玉県飯能市大字落合388-1

元気魂JAPAN宛に送っていただければ、確実に私の手元に届きます。


一般社団法人 元気魂JAPAN

福島に密着し、地元の方に笑顔のお届けをしていく活動をしています。

③アマゾンンの欲しいものリストより

アマゾン欲しいものリスト



商品例

ヤマト運輸の利用が出来る会社の商品を掲載しますね。
それと、ちょっと欲張って箱売りばかり掲載しちゃいますね^^
例なので、参考ということで^^;




ミオ 2.3キロ 箱売り

ミオ 2.5キロ 箱売り

キャネットチップ 2.7キロ 5袋入り

キャットマックス 2.5キロ 5袋入り



どうぞ、よろしくお願いいたします。

給餌用フード以外に、

保護猫用のフード、猫砂は常に必要としています。。
フードは10キロの大袋が4日でなくなります。。。(泣)



ペタしてね

3月第1週末の全国、被災動物譲渡会の情報

被災地動物情報さんからです。

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11782489246.html



今週末全国で開催される被災動物の里親会一覧です。

被災動物以外の全国譲渡会の情報はリンク先から見れます^^

http://cotosaga.com/list/ALL/20140224-20140310/?word=%E8%AD%B2%E6%B8%A1%E4%BC%9A


【栃木県】

●2日:10時~14時

栃木県西那須野駅東 乃木温泉ホテル裏 

錦鮨さん駐車場内「たんぽぽ広場」

http://tomyshouse.blog.fc2.com/


【茨城県】

●2日

主催:CAPINさん

http://www.capinew.jp/


【埼玉県】

●2日

主催:AWSさん

http://w01.tp1.jp/~a270142951/joutokai.htm


【東京都】

●2日12~17時

主催:犬猫救済の輪さん

http://banbihouse.blog69.fc2.com/

動物の愛護セミナーイベント情報 3月

獣医師広報版からです。

http://www.vets.ne.jp/seminar/pc/6000.html



★3月1日:名古屋

人と動物の共生を考える公開セミナー
ペットが家族の一員と言われるようになって久しいが、人はペットをはじめとする動物とのよりよい関係を築いていかなければ、様々な問題が発生し、解決が困難となることが多い。
飼い主として、同じ地球に住む生き物として何ができるのか、ペットとの幸せに焦点をあてて知識を高める。


★3月2日:東京

第31回ナショナル・トラスト全国大会
トラスト運動が日本にもあることをご存知でしょうか?
今年度は獣医師でナショナル・トラスト運動の先駆者でもある竹田津実さんの講演です。
2部は全国のナショナル・トラスト団体との交流会になります。
現場からの貴重な報告を聞くことが出来ます。
どなたでも参加いただけます。

★3月2日:東京

ノーヴォイス上映会&ほっこりおしゃべり会
日本で年間約17万頭もの犬猫たちが殺処分されているという厳しい現実を背景に、捨てられる命ゼロを目指して製作されたドラマです。

★3月2日:静岡県御殿場市


★3月5日:東京

山﨑恵子先生「レイトセミナーin清瀬」
動物福祉の最新事情について、ディスカッション形式のセミナーです。
セミナーのみのご参加も可能です。お気軽にお申込みください。

★3月5日:東京

意見交換・アイディア共有座談会「シェアカフェ」
「こんな時、みんなはどうしているんだろう?」ペットの仕事をしていて、そう感じたことはありませんか?
シェアカフェは、ペット業界で活躍中のゲストスピーカーを交えて意見交換・アイディア共有をする場所です。
お茶とお菓子で「カフェ」さながらの座談会。新しい発見・新しい仲間が見つかるかも?!

★3月8日:横浜市

犬・猫・ペットのトラブルゼロを目指して!~行政書士のペット飼育支援の権利義務・事実証明関係業務の研究ご紹介&業務案内~
世間にあまりよく知られていない行政書士のペット飼育支援業務のご紹介と新業務の研究を、動物とかかわりのあるもの同士で互いに勉強し連携し合うことを通じ、行政書士とペットのかかわりをもっと知ってもらうことによって、人と動物との調和のとれた共生社会の実現を推進していくことを目的に開催致します。

★3月8日:岡山

人と動物の共生を考える公開セミナー
ペットが家族の一員と言われるようになって久しいが、人はペットをはじめとする動物とのよりよい関係を築いていかなければ、様々な問題が発生し、解決が困難となることが多い。
飼い主として、同じ地球に住む生き物として何ができるのか、ペットとの幸せに焦点をあてて知識を高める。

★3月8日:岐阜市


映画「犬と猫と人間と2」

3月8日:神戸市-上映会
3月9日:栃木県足利市-上映会
3月9日:埼玉県所沢市-上映会
3月9日:東京都江戸川区-上映会
3月11日:大阪市-上映会&トークイベント
3月15日:茨城県水戸市-上映会&トークイベント
3月16日:神奈川県横須賀市-上映会
3月23日:神奈川県座間市-上映会&トークイベント
4月26日:東京都町田市-上映会&トークイベント

★3月9日:東京

「ランコントレ・ミグノン」犬猫うさぎ譲渡会
東京都動物愛護相談センターより引き出した犬と猫、保護されたうさぎの譲渡会です。
屋内ですので雨天決行です。

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR