警戒区域の牛たち&訂正のお知らせ

警戒区域の牛たちに関する「生き埋め」という表現について、



被災地動物情報さん

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11208572743.html


が記事を訂正をされていますので、転載させていただいた当ブログでも訂正をいたします。




訂正記事 「警戒区域&富岡町の牛、そして役場の回答※訂正あり」

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11207930856.html





また、当ブログが28日夜にアップしました「抗議・報道のお願い&どうやって殺したの?」の記事の中でも、当初「生きたまま埋める」と記載しましたので、これについても訂正いたします(29日に記載は削除済み)。



訂正記事 「抗議・報道のお願い&どうやって殺したの?※訂正あり」

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11206540701.html

スポンサーサイト

警戒区域&富岡町の牛、そして役場の回答※訂正あり

被災地動物情報さんから、家畜の情報のまとめです

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11207607264.html



**************************************************************************



警戒区域&富岡町の牛、そして役場の回答




【追記】記事の中に誤解&性格でない表現が含まれましたので

赤文字にて訂正を加えています。

関係者各位、読者の方には大変ご迷惑をおかけしました、申し訳ありません。

また転載されている方は加筆にて訂正をお願いします。(3月30日)



・・・元記事・・・


今月は警戒区域の畜産動物の扱いで

いろいろと物事が急激に変化しています。


警戒区域の動物、牛を守っていらっしゃる

松村さんの立ち入り許可書はく奪は4月2日まで見送りになったそうです。

※ときぷーの時間さん

http://ameblo.jp/naotoboo/entry-11207190823.html

※犬猫みなしご救援隊さん

http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/archives/4722669.html


富岡町で開始された牛の殺処分に対して、

たくさんの方から停止を求める電話が寄せられているそうです。


小さくても尊い命さんでは、

富岡町の産業復興課や農水省の方とのでんわのやりとりが公開されています。

写真が残っている牛が苦しむ姿での殺処分に対して農水省は

「安楽死ではなく薬殺をしている」と回答、でもこれじゃあ毒殺じゃあ・・・。

※小さくても尊い命さんより

http://ameblo.jp/tazimi/entry-11207214660.html

<関連記事>楢葉町の牛の殺処分について町の回答

※ファームアルカディアさんより

http://ameblo.jp/farmarcadia/entry-11207523648.html


地元住人の方以外の殺処分停止の嘆願も大変効果があるようで、

ウェブ署名などでの賛同を呼び掛けていらっしゃいます。

※署名や嘆願先一覧

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11197807962.html

※簡単WEB署名(福島被災家畜を守る会さんより)

http://ameblo.jp/fukushimakachikusos/entry-11206730772.html


またMOMOKO-HOMEさんではさえぴーさんのブログを元に、

どうして牛を殺したのか、

マスコミに「取り上げてください」と働きかける呼びかけもされています。

各TV局や海外のマスメディアの連絡先もまとめられています。

※MOMOKO-HIIMEさんのブログより

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11206540701.html




・・・以下の文章は今までのおさらいになります・・・・


最近になって警戒区域の牛の事を知ったと言うコメントを頂いていますので、

私なりに簡単にですがおさらいです。


(おさらい)

その理由の一つに4月に見直される警戒区域などの解除。

現在誰も住んでいない町に住民の方が戻られた時に

放たれた牛が危害を加えるのではという事を懸念(?体裁に)して、

畜産課から耳標のない牛(子牛)の殺処分が町長や農家の方に指示されました。

(耳標がない=原発事故の後に生まれたので所有者がいない)

※5月に行政から指示された警戒区域の畜産動物の安楽死は、

首相からの指示で牛の他にも豚や鶏が殺処分さてました。


その後畜産動物を生かそうとたくさんの方が声を上げ

牛を保護して飼育している牧場がいくつも誕生しました。

※牛を生かす活動をされている方の一覧

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11198759899.html


生かそうと言う意思があれば一般の方でも出来ることをやらないまま国は

どんどんと殺処分を続けています。


農家の方が同意した牛の殺処分で、

同意には農家の方には関係者じゃない人が立ち入ってはいけない

事情や心情があると思います。


しかし問題は国が「安楽死」と唱えて得た同意で実施される牛の処分の方法です。

囲いに追い込まれた殺処分予定の牛たちは

餓死したり泥にまみれて生き埋めに状態になっていたり、

また毒殺も1時間以上苦しんで泡を吹き死んだと言う情報もあります。

※赤文字の表現は「生き埋めにされた」と言う印象を与えましたので、

転載されている方は削除ください(3月30日加筆)

牛の体が泥に半分埋まっている写真を見てこのような表現をしましたが、

その牛が生き埋めになった事実はありません。


マスコミや住民の方が入れない警戒区域の中で、

このような牛の状態の写真や動画が外へ出てきたため、

多くの方が政府のやり方に疑問を感じ、

今一度、畜産動物や命に対して人道的な対応をしてほしいと懇願しています。

※現状が上手くまとめてあります(さっちーさんのブログより)

http://ameblo.jp/amour918/entry-11206597866.html


その方々を直接的に支援する事以外にも、

署名や関係する行政機関に嘆願することも大変効果があります。

※署名や嘆願先一覧

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11197807962.html


正しい事をするのに手おくれということはないと言いますが、

牛たちのに残された時間はあまりないと言う緊急事態ですので

1名でも多くの方が賛同して下さることを願っています。

※簡単WEB署名(福島被災家畜を守る会さんより)

http://ameblo.jp/fukushimakachikusos/entry-11206730772.html




**********************************************************************





各市町村で殺処分の動きが加速しています。


罪のない動物たちの命を守るため、どうか多くの方々の声を、政府や福島県、市町村、関係機関、議員さん、マスコミへ届けてください!!




Petition List 署名一覧



Please send your voice here 嘆願先一覧

 

動物愛護に理解のある国会議員・警戒区域の動物保護を訴えた議員リスト



Let's send our voice all at once ! 動物救済の一斉要請を行おう!



★報道のお願い・国内外マスコミ一覧






From Tokiboo san ときぶーさんから応援ありがとう!と許可証の件

This is from Tokiboo san

http://ameblo.jp/naotoboo/


Tokiboo san really appreciate supports from the people all over the world.

He says the cows have been killed in a very cruel way.


Hooves are tied up, injected medicine even though they have still been conscious, and die from suffocation.


Extremely agonizing death.


What he heared was, in neighbour town, cows were buried even though they were still alive, after injected an anesthetic.



Mr.Matsumura talked to the Tomioka officials today about his permit.

The meeting was postponed until April 2nd.


He can still use his current pass that will be expired March 31.

So, he will be able to go back to town to feed the animals tomorrow.


On March 31, he will feed the foods of two days, and go to Koriyama city office for the meeting on April 2.








ときぶーさんからです

http://ameblo.jp/naotoboo/



***********************************************************************************


応援ありがとう!



残された動物の命を守るための募金をお願いします。
東邦銀行 安積支店 
普通644994
名義 がんばる福島


NO-112
全国のみなさん、世界のみなさん、そして動物愛護団体のみなさん、応援本当にありがとうございます。みなさまからのご支援とご協力を頂き、本当にうれしいです。

今日、松村は富岡町役場へ行きます。立ち入り許可証の件で行くのだが、怖いのは牛の殺処分を止めてしまう松村が邪魔なので、あいつの許可証を無効にして町に入れないようにし、そこで一気に牛を殺す気なのかも?と僕は疑っている。

信用出来ないのだ。しかも安楽死じゃない殺し方で殺していく、あいつら人間じゃねえ!あいつらも牛と同じように、足を縛ってあの薬を打ってやりたいと思ったし、悔しかった。

意識もあるのにあの薬を打たれ、体のすべてが動かなくなって空気も取り込めず、窒息して死んでいくっていうじゃないか?どれだけ苦しい死に方か、あいつらは分かっていてやっている。何が安楽死だ!

隣町で行われた牛の大量虐殺は、もっとひどいものだったとブログ仲間から聞いた。麻酔を打たれ、半分生きたままの状態で埋められたと聞いて、僕はぞっとした。

牛に人間の言葉は話せないけど、人間だったらやめてくれ!殺さないでくれ!って叫ばないか?今日の殺処分も止めることが松村の思いである。

政府は国策として原子力を推進してきた原発でこの事故を起こしてしまったのだから、被災した動物の保護も事故を起こした人間の責任として予算を取り、生かしていくべきだ!これが人間らしいやり方じゃないのか?

全国のみなさん、今日も松村を応援して下さい。宜しくお願いします。







許可証の件の中間報告。

Situation of cows in Tomioka and Mr. Matsumura

Here is the information about what is happening in Tomioka now.


According to Nakatani san of Minashigo rescue team, who has been working closely to Mr. Matsumura.....

http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/


3 cows were killed today, by 15-16 officials.

Everytime she calls the town office, "an operator" lady who has no idea about the situation, picks up the phone.


Rest of the cows were saved by Mr. Matsumura, who talked to the officials and begged that he would take care of them.


However, we can not easily trust the officials.

In Tomioka, Mr. Matsumura and his supporters are still fighting to save the cows, desperately.


Mr. Matsumura's permit to entering the zone has been taken away by the town officials. They did it because "Mr. Matsumura broke the promise".

But he did not disturb the officials' work.


So, Minashigo team has demanded the Tomioka gov to have his permit back.

Nakatani san says, the reaction of the officials was quite good.


The official said that they would talk to Mr. Matsumura tomorrow.


According to one media who confirmed the Fukushima Prefectural government, (that was asked by Nakatani san) official of Fukushima gov said they did not know about Tomioka gov killed the cows today.


But what Nakatani san heared was, only one official of Tomioka involved today.

So, who were the rest of 14-15 ?


What the official said was, it is ALL about the order of euthanasia by the P.M, last May.


Officials of Tomioka gov appreciate what Mr. Matsumura is doing.

IF, he can have his permit back, we will have to fight against Fukushima gov, MOA (Ministry of Agriculture), and P.M next.


Nakatani san felt that calls and Emails from the people had been working.

She could negotiate the Tomioka officials smoothly.


She is asking us to keep demanding. Keep fighting.






Also, this is from Saebo san

http://ameblo.jp/saebo/entry-11206346979.html



According to people actually saw cows being killed today, 3 cows seemed to be injected poisen.


They went into convulsion for whole hour, frothed at the mouth and nose, shedding tears.


FULL OF AGONY !!




PLEASE send your voice and let them stop killing !!

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11205904126.html



Where you demand

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11198145418.html






Also, please ask media to pick up the crisis, if you have time. Thank you.


CNN

http://edition.cnn.com/feedback/



ABC

http://abcnews.go.com/Site/page?id=3068843



BBC

http://www.bbc.co.uk/feedback/



Reuters

http://thomsonreuters.com/about/contact_us/



AP

http://www.ap.org/company/Contact-us







Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
A calf drinks its' dead mother's milk




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
A cow who was killed today






報道のお願い&どうやって殺したの?※訂正あり

さえぼーさんから転載です

http://ameblo.jp/saebo/



*******************************************************************************



報道のお願い



FAXか、メールがいいのかな?

時間の無駄だと思うので、報道してもらうのが良いと思います。
多くの国民に知らせるために。
政府は汚い奴らだと早く知ってほしい!

「報道ステーション」、「ニュースZERO」、NHKの「ニュースウォッチ」

古館キャスター。
みのもんたさん。
安藤キャスター。
あとは家畜に気をかけている方はいるかな?



★   ☆   ★   ☆   




どうやって殺したの?




圏内隊の話では

こんな殺し方だったそう。

とても見ていられないぐらい

悲しかった ...........



今回の3頭、毒物を注射されたようです

安楽死などという都合の良い言葉がありますが

牛さん達は1時間痙攣し、苦しみぬいて死にました

鼻からも泡をふき

涙を流していたと

現場を見た圏内隊の方からでした


もう二度とこんな苦しみを与えてはいけないと思います


涙 ..... とても苦しんでいたんだ

子牛を残した母牛

もう殺処分やめてください!



*****************************************************************************




~転載以上~



このお話や、家畜おたすけ隊さんなどが公開されている写真を見る限り、「安楽死」されているか疑問です。

通常の方法で、一時間も痙攣するのでしょうか?



※訂正(3/31)


当記事アップ当初、「生きたまま埋める」という記載をしていましたが(29日夜に記載は削除済み)、富岡町に関してそのような事実があったかどうか未確認でしたので、訂正してお詫びいたします。

当初の記載のまま転載いただいた方は、大変申し訳ございませんが訂正をお願いいたします。



各地で殺処分が進行しています。この流れを止めるために、命や農家さんを救うために、国内外の一般・団体・メディア…本当に多くの皆さんの声と行動が必要です。



マスコミへ、圏内動物の現状の報道依頼も併せてお願いいたします。




報道ステーションご意見・ご感想

http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/form.html




報道ステーション 情報募集(動画や写真を添付できます)

http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contact/index.html





テレビ朝日視聴者窓口

電話番号:(03) 6406-5555 (2007年11月1日より番号が変わりました)
※電話番号はくれぐれもお間違えなきようお願いいたします。
受付時間:月曜~金曜 8時から「報道ステーション」終了まで
土曜・日曜 10時から18時まで(13:00~14:00は業務休止時間になります)
祝日 11時から19時まで




安藤キャスター出演・FNNスーパーニュース

意見・情報提供フォーム

https://wwws.fujitv.co.jp/safe/supernews/jyoho_form/goikenjyoho.html




NHKお問い合わせページ

http://www.nhk.or.jp/css/?from=tp_pf91




ニュースZERO ご意見・情報提供

http://www.ntv.co.jp/zero/mail/




みのもんたの朝ズバッ! 情報・ご意見募集

http://www.tbs.co.jp/asazuba/post/





朝日新聞 情報提供

https://www.joho.asahi.com/




読売新聞 問い合わせ

http://info.yomiuri.co.jp/contact/




毎日新聞 お問い合わせ

https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html






その他、一年ほど前になりますが…被災地動物情報さんがリストアップしてくださったテレビ・雑誌リストです。



TVニュースの情報募集先@その1

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10866832753.html




TVニュースの情報募集先一覧@その2

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10866837669.html#main




国内雑誌一覧と週刊誌問い合わせ先

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10866926623.html






また、英語に強いという方は、お時間がありましたら海外メディアへもよろしくお願いします!



CNN

http://edition.cnn.com/feedback/



ABC

http://abcnews.go.com/Site/page?id=3068843



BBC

http://www.bbc.co.uk/feedback/



Reuters (ロイター)

http://thomsonreuters.com/about/contact_us/




AP通信

http://www.ap.org/company/Contact-us









みなしごさん・ときぶーさんから経過報告

みましご救援隊さんからです

http://blog.livedoor.jp/inunekoblog/



*************************************************************************************



経過報告



たった今
富岡町の

殺処分場から
届いた写真です。

なので

牛の死体が
掲載されます。

見たくない人は
見ないでください。




120328_1140~01[1]


殺処分場です。

情報通り

ケイズデンキが
見えますね。

ここに
富岡町の職員が

15~6名
いたそうです。

この土地って
一体

誰のもんなん?

ここは
富岡町の土地?

それとも
誰か個人の土地を

無断で
借りとるん?

それとも
有償で

貸したん?

疑問は
わくばかり!!


120328_1202~01[1]



今回の殺処分は

富岡町の

町長の

指示だそうです。

実際に

現場に
来るどころか

手も汚さず

指示だけして

知らんぷり

なんじゃ
それ?

できることなら

同じ目に
あわしてやりたい!

富岡町は

何度
電話しても

オペレーターとかいう

しっかりしとらん
姉ちゃんが

しどろもどろで

まったく
話にならん!

それでも
電話せんよりかは

したほうがええ
そう思って

『NPO法人
犬猫みなしご救援隊の

代表の中谷です』

現地へ行けない
情けない私は

電話しまくりです。




120328_1207~05[1]



殺された
母牛の

お乳を飲む
子牛

この写真を見ても

私は
泣きません。

泣くぐらいなら

その分ずっと
恨み続けてやる!

最後まで
戦ってやる!

今回の
殺処分は

富岡町の
松村さんが

「自分が
面倒見るから」

・・・と
ヤメさせたので

被害頭数は
3頭で

とりあえずは
残りの牛たちは


生き延びることが
できたようです。

ただ
嘘つき町の言うこと

まるっきり
信じるわけにもいかず

今も
今とて

現場では

みなしご救援隊
圏内部隊も

松村さんと
一緒になって

必死で

牛の命を
守っています。

どうか
皆さまも

泣かないで

しっかり
前を向いて

進んで行きましょう。

今回の
富岡町の

牛の殺処分は

富岡町の
町長の

指示です。

すぐに
やめさせてください。

その後のことは
また考えりゃええでしょう。

とりあえず

こんな
野蛮なこと

やめさせましょう。

電話・メール
なんでもええです。


私は
腹をくくりました。

***********************************************************************************







ときぶーの時間さんから

http://ameblo.jp/naotoboo/entry-11206097692.html


★   ☆   ★   ☆   ★   ☆



最悪の事態に!

みなさん助けて下さい!!!

ときぶーの時間さんからです

http://ameblo.jp/naotoboo/entry-11205884988.html



*************************************************************************************



みなさん助けて下さい!!!



残された動物の命を守るための募金をお願いします。
東邦銀行 安積支店 
普通644994
名義 がんばる福島 



NO-110
一昨日、富岡町で牛の殺処分が行われた。松村は、それを止めようと現場に向かった時に立ち合いのため畜主さんがいたので、「今なら俺が牛を助けるけど、どうする?」と畜主さんに言った。

畜主さんから戻ってきた言葉が「もう、同意したからいいや」・・・これに松村は「こんな事したらいい死に方しねえぞ。」の言葉に畜主さんは「うん、わかってる」と。・・・・今日は本気で富岡町役場の事を書きます。

実は今日も殺処分される牛がいます。松村は「実力行使で木刀を持って脅してでも止めるか?」なんて冗談めいた事を朝から言ったが、それだけ逼迫しています。

松村にもう隠すこともない洗いざらい書いて、みんなに知らせてくれ。頼む!と言われたので書くことにした。

今、松村と連絡を取り合ったが、今日の8時半には殺した牛を埋める重機が搬入されてもう、準備されていると松村の応援か?動物救援隊のメンバーも駆けつけ、NGOの団体さんも中に入って世界にこの現状を発信してやると、一悶着するかもしんねえな!と松村が言った・・・・

僕も一頭でも多く助けたい!

牛の殺処分を指示している産業振興課の無能な課長と課長補佐の二人にまず一言。畜主さんも松村もここまで追い詰められたのだから、はっきり二人に言う!

去年の6月初めに松村が、「今、牛を水辺の広い土地に県から予算をもらってでも囲ってあげないと、冬の餌が無くなる時期が来たら餌を探し求め、住民の家や納屋を壊して大変な被害が出るぞ!」と何度も何度も、本当に何度も忠告したのに、今になってその苦情がひどいから殺処分って何なんだ!

松村があれほど言ったのに、その予知予測も出来ずに今の状況を作ったあなたたちには本当にがっかりする。

畜主さんに「お前らの牛せいで苦情の嵐だ!お前らがその家の責任取れるのか!」と自分の無能ぶりを責任転嫁して、畜主さんを責めて判子押させるとはどういう了見なんだ!間違ってるだろう?

松村が言ったように、あの時に囲っていればこんなことにならなかっただろう!あなたたちが畜主さんを責めて牛を害獣扱いしてると、ある動物団体の人から聞いたが、それはおかしいんじゃないか?

住民の苦情がひどくて殺処分はやむを得ないって、言い方間違ってる。自分らがあの時に、仕事をしてこなかったからこんな被害が出ていますと言うべきだ!それを畜主さんのせいにするな!

殺処分に反対してた畜主さんたちを追い込んで、判を押させるやり方がまずいだろうって言ってるんだ。

あの時「今なら、子牛も簡単に柵に入るからやるべき」と松村が何度も、それこそ何度も言っただろう!

課長補佐は今から4日くらい前松村に「あれほど言ったのに、俺が言ったようになっただろ!」と言われ、「はい、そうですね」とそれをちゃんと認めているじゃないか。

住民の財産である家を守れなかったのは、あなたら二人が仕事をしてこなかったからで、牛の被害が出た家を弁償する責任は役場にある!

あなたらがちゃんとしていれば、住宅の被害なんか出なかった。牛のせいで苦情の嵐と住民の財産を壊してるから殺処分は仕方がないだなんて、いい加減なことは言う資格はあなたたちに無い。

松村を馬鹿にしていたのか?それは分からないが、はっきり言っておく。今すぐ殺処分を止めてくれ!住民の苦情は君らが作ったんだよ!はき違いしないでくれ!

富岡町の畜主さん、あなたたちはちっとも悪くない!誰だって自分のペットや家畜を餓死させるなんて出来やしない。

威圧されて牛の殺処分の同意書に判を押した人は撤回し、今後、町の産業振興課の責任において牛を生かすべきだ。

富岡町の牛による被害で苦情を役場に言った人は、産業振興課が仕事をしてこなかったから今の状況になっている事を本当に知って下さい。

牛による住民の家の被害は、間違いなく富岡町役場の産業振興課の責任です。産業振興課の責任!

昨日、これからの相談をと動物救援隊の中谷さんからの電話?で少し話したと松村は言ったが、みのもんたさんのTVで僕は彼女を見たが、動物愛護の世界ではよく知られている人だ。

少しでも力を借りたい!それが僕の本音です。犬猫のボランティアの皆さん、強制避難区域の殺処分をされていく牛を助けて下さい。そして松村に力を貸して下さい!

これを書いても役場は殺処分を絶対に止めないだろう。松村も我慢に我慢を重ねて来たけれど、今、最終局面です。彼は黙って牛が殺されていくのを見ていられない!このままでは全頭殺されてしまう。だから、全国のみなさんにお願いしてくれ!と。

もう、我々だけの力だけではどうにも止められないので、全国のみなさんの力を貸して下さい!みなさんの協力が本当に必要なのです。松村を助けて下さい!

みなさんのご協力を激しく求めます。みなさん、本当に助けて下さい!お願いします。役場の電話は0120ー33ー6466です。産業振興課へ抗議の電話を入れて下さい。


最初から反対していた畜主さんの牛の殺処分を取り消してくれ!と。こんなやり方は無いと!松村の言いたいことはこれだけです。みなさん宜しくお願いします。

二人にはっきり言うけど今後、実名で公表するかも知れないので、二人は今までのやり方を反省しなければならない!

全国のみなさん、今日は、松村が危なくなるのを承知で書きました。みなさん松村を助けて下さい!牛を助けて下さい。本当にお願いいたします。



***********************************************************************************





前記事(嘆願先あり)


緊急!!富岡町に殺処分中止を嘆願してください!!


http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11205904126.html







Urgent,Let Tomioka stop killing ! 緊急!富岡町に嘆願して下さい

Urgent !! Please HELP !! CALL FOR ACTION !!



This is from Yatte Yaru san

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11205570548.html


Tomioka local government will start killing the cows from Today (March 28) !!


Livestock farmers have been almost forced to sign the agreement, like "Your cows are in a pen now. So please let us euthanize them".

Also, a farmer in Tomioka was told by the local gov that they will kill the cows, even if the farmer does not agree.


Farmers are not easy to say "No" to what officials say.


It has been told that, in Naraha, the cows were killed by poisen in feed.

Some hundred cows were killed in a short time.

If the officials took a proper way, (1: sedatives, 2:anesthetic, 3:muscle relaxant), they would definately take more time.


According to Tokiboo san (supports Mr. Matsumura of Tomioka), Mr. Matsumura has been keep advising the officials so many times that, "If you don't pen up the cows now, cows will break into the houses, seeking for feed, when winter comes !"


However, the officials kept ignoring his advise. And now, they started to kill the cows because there have been tons of complaints from the residents.

The officials are blaming the farmers like "There have been tons of complaints because of your cows ! Can you take responsibilities of the damaged houses ?!".

And forcing the farmers to sign.


If the Tomioka gov had penned up the cows early, they could have avoided troubles caused by cows. Tomioka gov is the one who must take responsibilities.


Mr. Matsumura and the farmers desperately need HELP !!



We can let the cows live, such as for research, and to mow abandoned pastures.

Yatte Yaru san is even offering to buy cows to keep them in the zone.

Many people are now trying to help cows, and support the farmers.


Association for saving affected farm animals of Fukushima will visit Tomioka and the central gov to demand today.



PLEASE let Tomioka local gov to stop killing the innocent cows !!

PLEASE demand, PLEASE ask your friends to do the same !! Thank you.



★Tomioka local government, Sangyou-shinkouka, Mr. Kosaka

TEL: 0120-33-6466 (Main number)

E‐mail:tomioka.machi@gmail.com




Also, please ask the officials below to stop Tomioka the killing.



★Ministry of Agriculture, livestock industry department
TEL: 03-3501-3777

FAX: 03-3593-7233



★Sousou Kachiku Hoken Eisei Jyo (Livestock hygiene service centre)

〒975-0033, Fukushima-Ken, Minamisouma-Shi, Haramachi-ku, Takami-chou, 276-1

TEL: 0244-24-3451, 0244-24-3614



★Fukushima Prefecture, livestock division

chikusan@pref.fukushima.jp









緊急!!拡散希望


以下の転載記事はいずれも27日にアップされたものなので、殺処分は今日28日から、ということなります!



Yatte Yaruさんから

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11205570548.html

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11205588213.html


************************************************************************


Cats & Dogs rescued by officials 「一斉保護」で保護された子たち

This is from Hachiko Coalition

http://www.facebook.com/hachiko.coalition



The Government of Japan animal rescue operation took place between March 1st to the 19th. During that time, they rescued a total of 11 dogs and 88 cats.


※Addition

Total of 13 dogs and 93 cats, including the ones that have been identified the owners.


Photos of the dogs can be found here:


http://www.pref.fukushima.jp/
eisei/saigai/report/
helpedanimals/helpeddogs.htm


and the cats can be found here:


http://www.pref.fukushima.jp/
eisei/saigai/report/
helpedanimals/
helpedcatsindex.htm



It has been told that there are still some thousand cats and dogs in the zone.

We have no time. What is the Gov going to do with them?!





3月1日~19日に実施された、政府による「一斉保護」では、最終的に犬11匹、猫88匹が保護されたようです。福島救護本部のサイトに、写真が掲載されています。(いつの間にか終わってた…)




ワンちゃんわんわん

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/report/helpedanimals/helpeddogs.htm



猫ちゃんネコ

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/report/helpedanimals/helpedcatsindex.htm




頑張って生きててくれてありがとう。ボランティアさんたちのおかげだね。

飼い主さん、いらっしゃったら、そして可能な状況なら迎えに行ってあげてください。


過酷な一年を必死で乗り越えてきた命たち。

どうか一日も早く、飼い主さんや里親さんの温かい手に抱かれる日が来ますように…



そして今後が心配です。いまだ区域には数千頭が生きていると言われています。

動物達の保護や給餌はどうなるのでしょうか?





★追記★



飼い主さんが判明した子も合わせると、全部で犬13頭、猫93頭が保護されています。



詳細は環境省サイトをご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15018




Anti nuke demo in Tokyo!! 反原発デモin日比谷!動物部隊の叫び! 

I perticipated a big anti nuke demo in central Tokyo (around downtown of Ginza, Tokyo station and TEPCO buildings...) with some animal advocates yesterday.

It is called "Good-bye nukes ten million people in action".


website (English)

http://sayonara-nukes.org/english/


This project was founded by people including big names like a composer, Ryuichi Sakamoto and novelists like Kenzaburo Ooe and Keiko Ochiai.


This time, about 6,000 people gathered. Kids, young and old, cats, dogs....

And we, around 15 of animal team shouted, called for help for Fukushima animals during whole an hour of the parade.


I could meet wonderful people who have been fighting for the animals.

I've been reading their blogs, have even been exchanging messages with them, but I had never met them.

So, I was so excited to see them !


Yozora san, who runs a blog, full of animal victims' information.
http://ameblo.jp/nihaojet/


Ai chan, who's been feeding Fukushima animals.

http://ameblo.jp/keirinman1/


We shouted ! "Animals in Fukushima have been killed ! Feed and water the animals ! Don't kill animals ! Save them ! Media should broadcast the truth ! Gov and TEPCO you must take responsibility ! "


I hope we could let the people know the situation.

Hope the media will pick up our message...


You can see photos below.







3月24日、東京・日比谷で行われた反原発デモに行ってきました!


さようなら原発1000万人アクション

http://sayonara-nukes.org/




夜空さん が誘ってくれて、愛ちゃんさんはじめ、いつも動物達のために闘い続ける多くの仲間とお会いすることができました!いつもブログを読んだり、メッセージをやり取りしていた皆さんと実際に会うことができた、とても嬉しい1日でした!音譜


デモ隊は全部で6000人!!いろいろな思いを持つ人たち。だけどこころざしは一つ、原発はいらない。

動物部隊も、まずは小規模ではありますが熱ーい想いを抱えた仲間で心の底から1時間、叫び続けましたグー夢中で、1時間とは思えないほどあっという間でした。



「福島の動物達は殺されている!餓死している!動物達に餌と水を与えろ!命を守れ!原発反対!殺処分反対!政府・東電は責任を取れ!1年何も変わってない!動物達は苦しんでるぞ!牛に謝れ!マスコミは真実を報道しろ!」



沿道では、写真撮影をする人たち、うんうんと頷きながら拍手を送る人たち、手を振る人たち…

銀座や東京駅周辺の大勢の人々、マスコミ…多くの人たちに気持ちが伝わってくれたら、現状を知ってくれたらと思います。


拡声器を片手にデモ隊を先導していたのは、パンクっぽいファッションに身を包んだ若い女の子!

脱原発を求める団体の事務局次長さんだそうで、かっちょよかったキラキラ

最後の締めの演説に立っていたのも若者。これからの未来を担う彼、彼女たちがしっかりと原発のこと、将来のこと、日本の未来、子どもたち、命のこと、いろんなことを考えて行動を起こしている。頼もしいです。



また、若いお嬢さんが「猫を飼いたいんだけど、ぜひ福島の子を迎えたい」と相談に来てくれたのも、うれしかった!


一緒に叫び、歩いた皆さんの熱い心がひしひしと伝わってきました。

私も、五月の警戒区域の動物たちを見捨てないデモ以来、久々に喉が痛くなるほど声を上げました。


この五月のデモでのプラカードの数々がスライドになっています。

どうぶつたちの気持ちさんからご覧ください!


http://ameblo.jp/yuu0402ki/entry-11202179898.html



反原発の皆さんには、もっと動物のことも考えてほしいし、コールに加えてもらえたらと思います。

そして、この輪が広がっていくといいですね!

皆さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!!



ちなみに、わたし前から股関節に痛みがあって、終わった後はほとんどまともに歩けず…

病院行こうかなぁ。

おまけに極度の運動不足で、足がへろへろになって、今日もふらふら歩いています(どんだけ!)

体力ゼロ。筋力ゼロ(笑)


もうちょっと体力つけないと!!運動しよう、私!(笑)






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
TEPCO building 東電ビル





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
かわいい猫ちゃんも「脱原発」!…ていうかすごい。うちの子なんか連れてきたら、パニくって吹っ飛んでくだろうな…





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
かわいいワンちゃんたちも!!ラブラブ




皆さん、それぞれの訴えをプラカードに!!

Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
現状を知ってほしく、あえて悲しい写真で作りました。夜空さんがお願いされて、高円寺ニャンダラーズさんから写真使用の許可をいただきました。ありがとうございます。

気が付いたら小さなお子さんがじっと見ていて、「はっ、子どもさんには特に辛すぎるかなあせる」と焦りましたが、お母さまの「ワンちゃんだよ。こうやって死んでいったんだよ。牛さん餓死したんだよ」という言葉にじっと耳を傾けられていました。子どもさんたちには、この国のやること、大人たちのやることはどう映っているのでしょうか。




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ
沿道に、メディアか一般の方かわかりませんが何人か外国の方がいたので、これを見せて写真を撮ってもらいました。メディアの方だったらなぁ。載せてくれたらいいなぁ。






プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR