A talk with an official 町の畜産課の方との話

This is from Farm Arcadia

http://ameblo.jp/farmarcadia/entry-11178246726.html



They talked to an official of Naraha-machi.

They were told that they needed a permittion of the owners to move the calves, rather than a permittion of the local government.


And the official said, "Please take responsibility for the calves' life".

We felt that they were not the ones who are willing to kill the animals.


So, please encourage the livestock division of Naraha-machi, but do not protest.

Thank you.






Farm Arcadiaさんから転載です。


http://ameblo.jp/farmarcadia/entry-11178246726.html



*****************************************************************************



福島20キロ圏内ファーム・アルカディアの独り言。




「昨日は牛を何頭だしたんだー。」

とアルカディアの牧場主さんからの電話。


6時50分


早いなー。


その代り 「夜は8時には、ねんぞー。電話しても出ないぞー」

と言われています。


昨日の子牛と、その農家さんの牛を出したと思っていた。


「出さなかった・・。」と言うと。


「出さなかったのかー。おれんとこ入れれば・・・」と。電話の声が落胆の表情

を想像させる。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



子牛を連れ出す確認をするために畜主さんに連絡する。


全頭引き出せると思った畜主さんに


・・・・「弱っている子牛だけ」

と伝えた時には

やはり電話のむこうでは、ため息とともに肩を落とす様子が。



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



町の畜産課の方との話。

子牛を移動させるには町の許可というよりも畜主さんの了解

を得れば良いという答えをもらっています。


詳細は控えさせていただきますが

対応は感じの良いものでした。


「だけど責任持ってよ。結局、殺処分って事にならないように。」

と。

ここでも。


「誰が殺したいと思うか。」という声が聞こえてくるようでした。

ですので楢葉町の畜産課へは激励の電話は入れても抗議の電話は

入れないでくださいますようお願いいたします。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



*******************************************************************************






スポンサーサイト

Gov will block off the road "帰還困難区域"への公道バリケードで封鎖

This is from Fukushima Minpou

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/02/post_3278.html


*********************************************************************



The Japanese Government will block off all the public roads to the "Kikan Konnan Kuiki (Difficult to return area) with barricades, as the government reviewing the evacuation zone.


(From this April, the Government is planning to establish


"Difficult to return area" (over 50 mSv of radiation dose per year)

"Restricted residence area" (over 20, under 50 mSv of radiation dose per year) and "Cancel preparation area" (under 20mSv of radiation dose per year),


instead of "No-entry zone" and "Deliberate evacuation area" that are currently set up.)



Therefore, 20km radius from Fukushima Daiichi nuclear plant, No-entry-zone will expected to be canceled.


The government will set up several thousands of barricades. 

Some of the barricades will be opened up for the residents' temporary returnings.



*********************************************************************



So, what is going to happen on the animals in "Difficult to return area" ?


The government officials, can you rescue all of them in the area for within a month ?


The government said that there might be a few hundreds of animals still left in No-entry-zone.

But according to some private rescuers, might be a few thousands of them.


We are also worrying about the "Radioactive soil storage facility" which the government is willing to build in Futaba-gun. Are the rescuers allowed to enter around the area, after the facility is built ?


These are why the government announced they will do a mass rescue ?

I hope not !


Please, please do not abandone the animals any more !!








福島民報から

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/02/post_3278.html




*******************************************************************



バリケードで封鎖 「帰還困難区域」への公道 政府方針



政府は東京電力福島第一原発事故の避難区域見直しに合わせ、放射線量の極めて高い「帰還困難区域」に通じる公道をバリケードで封鎖する方針を24日までに固めた。4月の区域設定に合わせ、数千カ所で実施する予定だ。


 高線量地域に人を近づけない目的のほか、帰還困難区域内の住民の家財を守る防犯上の狙いもある。避難区域の見直しでは、福島第一原発から半径20キロ圏内を対象にした警戒区域が解除される見通し。原子力災害対策特措法と災害対策基本法に基づく立ち入り規制の根拠がなくなることから、線量の高い地域に限って対策を講じる。


 住民が一時帰宅する場合は、一部のバリケードを開放するという。


*********************************************************************




現行の警戒区域は解除される見通しのようですが、バリケードで完全封鎖される「帰還困難区域」にいる動物たちはどうなるの?!


一斉保護といっても、たった一カ月足らずで、その区域の子全部救えますか?

残っている子がいるなら、封鎖後も継続して保護、給餌給水のための立入りが許されなければいけません。

政府も責任持って保護や手術など、必要な対策をしていかなければいけないと思います。



「封鎖する前にレスキュー活動はしたんだからいいでしょ?」なんて言って見捨てないでくださいよ!


もうこれ以上、罪のない命を地獄に閉じ込めないで!





Situation of the livestock 2

This is from Kachiku Otasuke Tai (Japan farm animal rescue team)

http://on.fb.me/wCqgFi

http://ameblo.jp/helpcow/



*********************************************************************


A letter from livestock farmer in Fukushima.


"Please don't kill them. They are our family, our children! I may be seen stupid, but I don't mind to be exposed radioactivity at all! I just want to live with cattle peacefully like before.

To Japanese government and TEPCO, please return my life, my cattle, my house!"



You can hear the voices of the farmers from here.

http://www.youtube.com/watch?v=3hzyRC4nniw&feature=player_embedded





★ We have built a fence to protect the cows !


We have built a fence to protect the cows. Now we can avoid making troubles caused by cows. The farmers will not have to worry ! We will let the cows live here.


We really appriciate the cooperation of Mr. Yoshizawa and staffs of Farm of Hope !





★Farmers have recieved a notification.




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Farmers showed us the notification from a cheif of livestock division of the Fukushima Prefectural Government. It said that they would kill the cows without ear tags.



According to a lawyer, we can even prosecute them for "Infringement of property rights", and "Property destruction".


Although the farmers were forced to abandone the cows, they have been encouraged by the government officials to euthanize the cows.

And the Fukushima government decided to kill the cattle without ear tags, never have talked to the owners. (They only talked to the central government)


Farmers are very sad, furious, and shocked so much.


Some local governments are now penning up the wandering cattle.

Then officials call the farmers like, "Your cows in a pen right now. Your cows are making troubles for your neighbors. Do you want to euthanize them ?"


So far, only one farmer could say "NO" to that. Mr. Yoshizawa of Farm of Hope.


The farmers have been emotionaly blackmailed.

They are driven into a corner.

There are farmers who are likely to commit suicide.


This is wrong.






★"We want to let the cows live !" -A demand of the farmers.



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Two Fukushima livestock farmers, Yukio Yamamoto and Katsutoshi Sakamoto came all the way from fukushima, visiting and ask to Cabinet Member, Eiko Okamoto for saving all abandoned farm animals. We submitted all of your 3,000signatures and comments to the government.


Also, we could meet another CM and our cheerleader, Masayothi Yoshino and we talked about how to do from now on.

Defferent from cats and dogs, we need your voices and to rely on the government. The only wish we have is to rescue them out.

It is up to us that we can save them or not.
Many thans.







★Please copy this letter to send it to the cheif of livestock division of Fukushima Prefectural Government.


chikusan@pref.fukushima.jp


We post the letter we submitted here, so please copy and send it to the address above, the cheif of livestock division of Fukushima Prefectural Government. Thank you.






福島県畜産課長様

警戒区域内耳票未装着牛の取り扱い通知についてお伺いします。
1月24日付で警戒区域内市町村に公布された同通知は、
福島県畜産課長名で公印省略と記されてあります。
しかも所有者が推定できない牛について、一定期間で処分するとあ

ります。

耳票未装着の牛に関しては、
震災後に生まれた牛の管理責任は行政にあると思いますので、
管理のできない所有者を追い詰め責任転嫁したり、安易に処分させ

るのでなく、
所有者の財産を守るための努力を行うべきだと思います。
畜産農家から家畜を奪うことは農家の心を破壊し、本当の意味での

復興にはならないと確信します。

ここに、今月警戒区域で撮影された写真があります。
設置された柵の外に子牛2頭が死んで放置されています。
子牛は常に母親と共にいることより、何らかの理由で母親と生き別

れたものと思われます。
母牛に耳票があれば所有者の特定はできるはずですが、子牛の死因

について畜産課に尋ねたところ、
「いちいち死因は特定していない。餌は与えているから衰弱ではな

いのか」との回答でした。
適切な世話がされているか直接伺いたいので、各柵内給餌担当者名

と連絡先を教えてください。


原子力対策本部長である野田首相の名により警戒区域内の家畜の殺
処分が行われていると思いますが、同じ被害者でもある動物を避難させずむやみに衰弱させたり処分す
ることは、
動物愛護管理法第六章第四十四条に反すると思います。

第六章 罰則

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又

は百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱
させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう

一  牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえば

と及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、

鳥類又は爬虫類に属するもの

本来の安楽死の手順に則り殺処分が行われているかどうか、
然るべき薬剤を与え、不当に苦痛を与えていないか
早急に情報公開するべきだと思います。


警戒区域内の動物への取り扱いについては国内外から多くの反響を
受け、
この先何年たっても残酷な地域の殺生として批判されると思います


本当に復興をめざすなら、農家から家畜を奪わないでください。
今生き残った動物の殺処分停止を強く求めます。



The letter says...



・The governments are the ones who should take responsibilities for caring the cows that were born after the disaster. So the governments should make efforts to protect the properties of the livestock owners.


・Taking the cows away from the owners, is breaking their hearts. And we strongly believe that Fukushima will not be able to revive in a true meaning.


・Livestock have been killed based on the order by PM, Yoshihiko Noda, the cheif of Nuclear emergency response headquarters. However, we believe that debilitating and killing animals immoderately are against the Animals protection law.


・The government should disclosure the information of how they are euthanizing the animals.


・Please do not take the animals away from the farmers.

We demand the suspension of the euthanasia.



Please also send this to the medias too. Thank you.






★We talked to a lawyer and submitted a notification to the mayor.


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


On Feb 23rd, three farmers talked to a lawyer. (We supported)

On 24th, we submitted a notification to the mayor of Namie-Machi.




********************************************************************





This is from Yatte Yaru's blog.

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/



There is not a single drop of water in a bucket in the pen, where cows are penned up.


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



********************************************************************



Please demand the suspension of the euthanasia, and request them to feed/water the cows. Thank you.



Livestock division of Fukushima Prefectural Government


2-16, Sugitsuma-chou, Fukushima-shi, Fukushima-ken, 〒960-8670


Tel:024-521-7365

FAX:024-521-7939


Email chikusan@pref.fukushima.jp




Ministry of Agriculture, livestock industry department.


TEL: 03-3501-3777 


FAX: 03-3593-7233 




Sousou Kachiku Hoken Eisei Jyo (Livestock hygiene service centre)


〒975-0033, Fukushima-Ken, Minamisouma-Shi, Haramachi-ku, Takami-chou, 276-1


TEL: 0244-24-3451, 0244-24-3614




Iwaki Kachiku Hoken Eisei Jyo (Livestock hygiene service centre)


〒973-8402, Fukushima-Ken, Iwaki-Shi, Uchigoumimaya-chou, Nagamachi, 107-1

TEL: 0246-23-3117





「生かしたい」農家の訴え/弁護士に相談~家畜おたすけ隊さんから

家畜おたすけ隊さんから転載です

http://ameblo.jp/helpcow/



********************************************************************************



「生かしたい」  農家の訴え



2月8日、福島畜産農家の「警戒区域の家畜を守る会」を代表して山本幸男
さんと坂本勝利さんが福島から上京され、民主党岡本英子議員事務
所を訪れ、現在進行形の家畜の殺処分の現状と、迅速な家畜の救済
を訴えました。

皆様からいただいた署名と政府へのコメント3,000筆を岡本議
員以外に農水省関連の議員にも提出し、その後守る会の応援団長である吉野
正芳議員と面会し、今後の対策についても話し合いました。

ペットと違って給餌給水が認められない家畜救済には、行政と世論
なしでは全く進みません。同じ被害者である家畜をペットと同じよ
うに、政府には処分の停止と救済措置を講じてもらいたいと願うば
かりです。

家畜を生かせるか失うかは、私達国民の気持ち一つではないでしょ
うか。








                




耳標未装着牛の殺処分について弁護士に相談、行政へ通知書を送付しました

牛に水をやってください、どうか皆さんの声で行政・保健所にお願いをしてください

Yatte Yaruさんから転載です

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11176383372.html



*******************************************************************************************



水は、一滴もありません。

YatteYaruのブログ




それにしても、この牛は、なぜ、歯がむき出し、舌もなく、土だけが口に入っているのでしょうか。



YatteYaruのブログ




 この牛のところに見える藁は、他の牛に藁をあげた時に落ちた藁です。それまでには、藁一本もありませんでした。

 牛は、藁一本でも食べたいのに、柵の中には、草一本もなく、もう、むき出しの土しかありません。


 まさか、土でも口の中に入れられて窒息させられたわけではないですよね?

 こんな死に方をしている牛を診たことがありません。


 誰が何をしているのか、さっぱりわからない、怖い世界です。





 柵の外には、田んぼなのか畑なのかわからないくらい、草が背高く生い茂りそれが今は枯れ草となっています。柵の外には、とりあえず草はあるのです。

 その草の合間に、自由な牛たちは座って隠れているようにも見えます。

 しかし、柵の牛は、皆、立っています。

 座ることもできず、ただ、柵の中でぼうぜんとしています。

 どれほどの時間、水もなく餌もなく、過ごしているのでしょうか。





また別の柵の中に、水桶、それも小さいものですが。

こんなに汚くなった入れ物から、水を飲め、というのでしょうか?

わずかにある泥水でも飲めというのでしょうか。



YatteYaruのブログ




まず水、そして餌。

お願い先です。どうか皆さんのお願いを届けてください。



1)福島県農林水産部生産流通総室畜産課
福島県福島市杉妻町2番16号
 〒960-8670 tel:024-521-7365 FAX:024-521-7939
Eメール chikusan@pref.fukushima.jp


2)農水省 畜産部 畜産振興課 (獣医師います)


ダイヤルイン(03-3501-3777) FAX(03-3593-7233)


3) 相双家畜保健衛生所 975-0033 (他の双葉郡の被災市町村すべて)
南相馬市原町区高見町1丁目276-1 0244-24-3451

電話番号 0244-24-3614  南相馬市


4)いわき家畜保健衛生所  (楢葉町だけ担当)

概要 産業用の動物(犬、猫等の愛玩動物を除く)の衛生指導、調査、検査、防疫の業務

住所 〒973-8402
いわき市 内郷御厩町(うちごうみまやちょう) 長町(ながまち)107番地の1

電話番号 0246-23-3117

Petition !! 民間団体の保護活動許可を求める署名byハチ公連盟!

This is a petition demanding a permit for private rescuers to rescue pets in No-go-zone, by Hachiko Coalition.



ハチ公連盟さんによる、民間団体の保護のための立入許可を求める署名です!署名、拡散のご協力をよろしくお願いいたします。




This is from Hachiko Coalition.

ハチ公連盟から柴犬


http://www.facebook.com/hachiko.coalition



**********************************************************************


We are indeed pleased with the latest developments and that the Ministry of Environment have intentions of rescuing the animals left behind, but after speaking to mulitple Fukushima rescuers today, they feel the need to be there too.


And we agree. Their expertise is essential on this mission and we are therefore asking the Ministry of Environment to allow the private rescuers access in the zone as well for this rescue effort. Please sign our petition, please ask your network of friends to sign the petition. This will be delivered directly to the Ministry. Thank you.



今回、環境省が警戒区域のペット一斉保護を発表したことは評価しますが、複数の保護団体の方々と話したところ、やはり民間団体も保護活動を許可される必要がある、とのことでした。私たちも同感です。そこで、環境省に民間団体の保護のための圏内立入許可を求める署名を始めました。


どうか署名、拡散のご協力をよろしくお願いいたします。


********************************************************************



Please sign the petition from here !


こちらから署名をお願いいたします!


https://www.change.org/petitions/the-japan-ministry-of-environment-moe-%E8%AA%B0%E3%81%AB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%BA%81-allowing-private-groups-to-rescue-animals




英語ですが、名前や住所を入力するだけの簡単なものです。

※同じメールアドレスで複数名の署名はできません。



First Name: 名前をローマ字で。


Last Name: 苗字をローマ字で。


Email: メールアドレス。


Address: 住所。(例:1-2-3 ○○○、○○machi、○○shi)


City: 都道府県(例:Tokyo-to)


Country: プルダウンからJapanを選ぶ。


Post Code: 郵便番号。



オプションで、署名する理由などを書きたい場合は、"Why are you signing ? Add a reason (optional)"をクリックして、メッセージを書きます。こちらは日本語でも大丈夫です。



最後にSIGNをクリックして完了!





Why This Is Important

The Ministry of Environment in Japan just announced that it has asked the cooperation of all local government officials across the country to conduct an "all at once" rescue of pets that are still left behind in the no-go zone due to the nuclear accident in Fukushima Prefecture starting in March 2012. This is the first large-scale rescue to be carried out. Private rescue groups are still denied access to the zone. We are demanding that private rescue groups and NPO's have equal access to rescue these animals. 



理由:日本環境庁は三月より大規模な警戒区域に残されたペットの一斉保護を行うため全国の自治体に職員派遣の協力要請を行いました。このような大規模の保護活動は初めてです。しかし個人活動の動物救助隊は保護活動には参加できません。私たちは個人活動及びNPO動物救助隊にも、同一の保護許可を与える事を要求します。



The private rescue groups and shelters have first hand experience. They have rescued hundreds of animals successfully. The animals of Fukushima have been abandoned for a year. Private rescue groups are needed for a successful rescue mission. Government workers do not have the proper training to rescue these animals and there is no time left to waste. Thousands of lives have already been lost because of the ineffectiveness of the government rescues. The experienced personnel must be permitted to join forces and work with Government employees for a successful mass rescue.  



個人活動動物救助隊及びシェルターは保護活動の経験が豊富です。彼らは何百匹ものペットを保護してきました。福島の動物達は一年もの間見捨てられてきました。個人活動動物救助隊はそれらのペット保護成功の鍵です。自治体の役人は保護活動における事前の経験がありません。何百匹ものペットがその為に亡くなりました。保護活動の経験が豊富が豊かな人材が自治体の職人と共に保護に行くべきです。


We are also demanding that the Ministry of Environment allow all willing private veterinary groups to work jointly with the mass animal rescues and provide immediate care to any and all surviving animals rescued from the exclusion zone and surroundings in Fukushima. 



ペット一斉保護に協力出来る、そのなかで、警戒地区そしてその周辺に残された動物達に応急処置のできる個人獣医にも許可を与える事を我々は日本環境庁に要求します。











牛たちを救うために、声を上げてください!!嘆願先一覧、コピー可嘆願文

家畜おたすけ隊Facebook から転載。



*******************************************************************************



県の畜産課に、耳標未装着牛の取り扱い通知について聞きました。

以下送ったメールを添付しますので、殺処分停止のためのメールを
送って頂けましたら幸いです。


chikusan@pref.fukushima.jp

福島県畜産課長様

警戒区域内耳票未装着牛の取り扱い通知についてお伺いします。
1月24日付で警戒区域内市町村に公布された同通知は、
福島県畜産課長名で公印省略と記されてあります。
しかも所有者が推定できない牛について、一定期間で処分するとあ

ります。

耳票未装着の牛に関しては、
震災後に生まれた牛の管理責任は行政にあると思いますので、
管理のできない所有者を追い詰め責任転嫁したり、安易に処分させ

るのでなく、
所有者の財産を守るための努力を行うべきだと思います。
畜産農家から家畜を奪うことは農家の心を破壊し、本当の意味での

復興にはならないと確信します。

ここに、今月警戒区域で撮影された写真があります。
設置された柵の外に子牛2頭が死んで放置されています。
子牛は常に母親と共にいることより、何らかの理由で母親と生き別

れたものと思われます。
母牛に耳票があれば所有者の特定はできるはずですが、子牛の死因

について畜産課に尋ねたところ、
「いちいち死因は特定していない。餌は与えているから衰弱ではな

いのか」との回答でした。
適切な世話がされているか直接伺いたいので、各柵内給餌担当者名

と連絡先を教えてください。


原子力対策本部長である野田首相の名により警戒区域内の家畜の殺
処分が行われていると思いますが、同じ被害者でもある動物を避難させずむやみに衰弱させたり処分す
ることは、
動物愛護管理法第六章第四十四条に反すると思います。

第六章 罰則

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又

は百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱
させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう

一  牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえば

と及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、

鳥類又は爬虫類に属するもの

本来の安楽死の手順に則り殺処分が行われているかどうか、
然るべき薬剤を与え、不当に苦痛を与えていないか
早急に情報公開するべきだと思います。


警戒区域内の動物への取り扱いについては国内外から多くの反響を
受け、
この先何年たっても残酷な地域の殺生として批判されると思います


本当に復興をめざすなら、農家から家畜を奪わないでください。
今生き残った動物の殺処分停止を強く求めます。





本文をコピーして殺処分停止のお願いメールを送ってください。

内容そのまま上記アドレスに送って頂いて結構です。皆様のご協力のお蔭で今日だけでかなり多くの抗議メールと電話が届いたと思います。マスコミ各社にも送って頂けますようお願い致します。ご協力に感謝申し上げます。



******************************************************************************






以下は、Rockで震災復興!!ワンステップフェスティバルを再現しようぜ!!さんから転載。



******************************************************************************


警戒区域における耳票未装着牛殺処分について



福島県畜産課長名で出された「警戒区域内の耳票未装着牛の取り扱いについて(通知)」
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/files/N-02.pdf
が、各方面に大きな衝撃を与えています。

耳票が付いていないということは、

家畜について。子牛の命は2週間しかありません!

Yatte Yaruさんから一部転載。(耳標のない牛は、一定の期限を持って申し出がない場合には殺処分、という指示について)

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11173536150.html



***************************************************************************



「一定の期限」とは2週間だとのことだそうです。

by 通知書を出した畜産課長の発言だそうです。

2月14日から2週間?

それとも1月24日から2週間?まさか!



しかも、自分で20km内の柵などに行って、取りに来い、ということだそうです。

あり得ない!

遠方に住んでるとか、病気とか時間がかかる。

20km内の柵まで行くにも時間がかかる。

トラックない人いる。

年寄りもいる。

立ち入り自由にさせてくれるのか?保障なし。


餌もない農家さんがいる。

それを2週間で殺してしまう。

2月末までに殺してしまうのか?


こんな違法なことがありますか?

官僚国家とは、中国や旧ソ連のような一党独裁政権に近い。

本当に恐ろしいことが起こっている。


こんな行政執行は、直ちに停止してもらいたい。



抗議先:


1)024-521-7364 坂本さん
また、
福島県農林水産部生産流通総室畜産課
福島県福島市杉妻町2番16号
 〒960-8670 tel:024-521-7365 FAX:024-521-7939
Eメール chikusan@pref.fukushima.jp


2)農水省 畜産部 畜産振興課 (獣医師います)


ダイヤルイン(03-3501-3777) FAX(03-3593-7233)


3) 相双家畜保健衛生所 975-0033 (他の双葉郡の被災市町村)
南相馬市原町区高見町1丁目276-1 0244-24-3451
(0244-24-3614) 南相馬市


4)いわき家畜保健衛生所  (楢葉町だけ担当)
概要 産業用の動物(犬、猫等の愛玩動物を除く)の衛生指導、調査、検査、防疫の業務
住所 〒973-8402
いわき市 内郷御厩町(うちごうみまやちょう) 長町(ながまち)107番地の1
電話番号 0246-23-3117

******************************************************************************








以下は、家畜おたすけ隊さんから転載。

http://ameblo.jp/helpcow



***************************************************************************



生かすための柵、できました!



生かすための柵ができました。
近隣の庭や家屋へ餌を求めて入ってしまうこともこれで防げます。
農家達も心おきなくこれで生かせます。

農家が「楽園」を作りたいと言ってきました。
私達も元家畜が生きていい楽園にしたいとずっと思っていたので、農家から自発的にその言葉が出てきて、とても嬉しく思いました。


ここで、生かします。



エム牧場 、、吉沢さんと希望の牧場チームのご協力の元、
完成いたしました。
誠にありがとうございました。

家畜の現状

お知らせしたとおり、国が警戒区域内のペット一斉保護を決め、(本当に多くの命が救われるようなものになることを願います。引き続き要望し見守っていく必要があります)、ペットについては少し希望が見えてきたかもしれません。


一方で、家畜の現状は本当に残酷なものです。


すでに数え切れないほどの動物たちが放置されて餓死し、また多くが殺処分され続けています。



福島の動物たちや農家さん救済のために活動している高邑勉議員 のツイッターから転載。



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ










*******************************************************************************


農水省に確認。現時点で牛の殺処分は538頭。捕獲し、囲いこんでいる牛は718頭。生まれて間もない子牛も含まれます。母牛と一緒の場合は耳標で所有者を確認。子牛一頭単独の場合は、県の判断で安楽殺をすることになり、自治体に通知がなされた模様。事実関係を確認し、報告を求めています。


あわせて、警戒区域設定から10ヶ月が経過するなか、未だに未保護の牛が多数圏内に生息し、同意されない農家が100戸以上おられる状況にどう対応するのか、月内に明確な回答をするよう要請。「生きたガレキ」だと認識しているとするなら大きな間違い。答えを出せないならば、再度行動に出なくては。



*******************************************************************************




今、区域内のあちこちで牛が柵に囲われています。殺処分用だったり、近隣民家への被害を防ぐためのはずのもの、さらに町から許可を得て、セシウムを減らす水を飲ませる?研究に使うためのものだったりします。


囲い込みをして、自治体などがきちんと給餌給水をするべきはずの柵でも、がりがりに痩せた牛が見られ、さらには餓死したとみられる子たちの亡骸が放置されている場所があります。


一体どうなっているのでしょうか。



Yatte Yaruさんのブログに、家畜の状況に関する詳しい記事がたくさんありますので、ぜひご覧ください。(悲しい画像が載っている記事もあります)


http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/




Yatte Yaruさんの記事の一つから写真を転載します。元記事には他にも写真が載っていますが、ショッキングなものです。

http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11173766787.html



こちらの柵の中の牛たちはがりがりで、大人と見られる牛や子牛の亡骸が無造作に放置されています。

写真の商用転載はご遠慮ください。それ以外は「Yatte Yaruさんの提供」として拡散してくださいとのことです。



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ








また区域では、交通事故で亡くなる牛もいます。


まさひろさんのブログから。車と衝突し、ブルーシートがかけられた亡骸。

http://ameblo.jp/masahiro-3150/entry-11157289102.html



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





餓死、殺処分、事故、よくわからない実験…牛たちにとっては地獄の中の地獄です。

死によってしか、極限の苦しみから解放されないのでしょうか。


人としてあるまじき行為が、これほどのすさまじい拷問、虐殺が一年間続けられている。

この国は狂っているとしかいいようがありません。







富岡町に一人残られ、動物たちの世話を続けている松村直登さん。

水道も電気もない生活の中、動物の命を守り、一人闘っておられます。また、研究者の方と共に牛の糞を使った研究などもされています。


これからご自分の田んぼを提供されて柵を作り、牛たちを保護するための場所を作られるそうです。

また、現在支援者の方と共に、外国人記者クラブでの記者会見の準備をされているとのこと。



写真はときぶーの時間さんから。松村さんを支援されているこちらのブログに、松村さんの近況が日々アップされています。


http://ameblo.jp/naotoboo/




そして、松村さんが撮影されたいろいろな動画を下記URLから見ることができます。


http://www.youtube.com/user/naotobooboo



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



松村さんへのご支援をよろしくお願いいたします。


東邦銀行 安積支店 普通口座644994 (がんばる福島)







以下は、家畜に関するサイトです。



希望の牧場ふくしま

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/




Farm Arcadia

http://farmalcadia.org/


Farm Arcadiaの牛さんの様子

http://ameblo.jp/farmarcadia/entry-11173481482.html




家畜おたすけ隊


サイト

http://helpcow.net/


ブログ

http://ameblo.jp/helpcow





アニマルフォレスト(羊・ヤギ)

http://animalforest.6.ql.bz/



アニマルフォレスト・むぅのブログ

http://ameblo.jp/muu-mu0314/








Situation of the livestock 

As I posted, now we can see hope for the pets in No-go-zone as the government announced that they would organize a mass rescue early next month.

Wishing it will be a successful one. And we have to keep demanding, keep watching.


On the other hand, the situation of livestock is the worst.


As you may have already known, countless of them already died from starvation.

Many of them have been killed, over the owners' agreements.



This is from Tsutomu Takamura reps's twitter.

(He's an adviser of Fam of Hope, and has been working hard to save Fukushima animals and farmers.)



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ









******************************************************************



I confirmed to the Ministry of Agricultre. They told me that, they have euthanized 538 cows so far. And they have caught and penning up 718 cows (including calves).


Calves that are with mothers, the officials identify who the owners are, by checking ear tags.


But Fukushima Prefectural government decided to euthanize the calves that are not with mothers, and have noticed to the local officials about that.


I am demanding to have the details and report.

I also requested them to give a definite answer about how they will deal with the problems that there still are wandering cows, and over 100 livestock families still disagree to the order of euthanisia.


If they can not answer to that, I will have to take the action.



********************************************************************




Now, many cattle are penned up in a fence, here and there. Some of the fences are for euthanizing.


Some of the fences are for just keeping them in order to prevent troubles caused by cows. Some of the cows in the fence are keeping for reserch. In those cases, the local government officials or the researchers supposed to take care of them.


However, according to some bloggers, there are cows that are really skinny, and even some of them, including calves, seemed to be starved to death.




According do Yatte Yaru's blog , a cheif of livestock division of Fukushima prefectural government who submitted the notification (My recent article http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11170659860.html ) says, they will euthanize the cows without ear tags, if they don't get the offers from the owners within two weeks. Moreover, the owners have to go and get the cows by themselves.



These photos are from Yatte Yaru's blog. The cows in the fence are skinny. And some of them including calves are dead.

(You can re-post and spread these photos adding "courtesy of Yatte Yaru", except for business.)


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




There are more photos on her blog, but they are very shocking.


http://ameblo.jp/gashi-kachiku-kyuusai/entry-11173766787.html






The animals have been dying by car accidents as well.


This is from Masahiro san's blog. He works in Fukushima nuclear plant and letting us know what is happening in No-go-zone.

http://ameblo.jp/masahiro-3150/


A dead body of the cow hit by a car, covered with blue tarp.




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ







Naoto Matsumura who still stays in Tomioka town, has been taking care of lots of animals in the area.


He's also doing a research using things like cow dung, with the reserchers.

He is now planning to build a fence to protect the cattle, using his rice field.


Also, he and his supprter are now preparing a press conference at FCCJ, The Foreign Correspondents' Club of Japan.



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

(Tokiboo no jikan)


CNN article feautured Mr. Matsumura

http://edition.cnn.com/2012/01/27/world/asia/japan-zone-resident/index.html



The videos Mr. Matsumura shot.

http://www.youtube.com/user/naotobooboo




Related sites.


Tokiboo no jikan (A blog of a person who supports Mr. Matsumura)

http://ameblo.jp/naotoboo/



"Naoto Matsumura, Guardian of Fukushima's Animals"

http://www.facebook.com/#!/pages/Naoto-Matsumura-Guardian-of-Fukushimas-Animals/182452015189991







These are the other sites related to livestock.



Farm of Hope

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/



Farm Arcadia

Details are on the previous article.

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11166380166.html


You can watch a video of the cows in Farm Arcadia on their blog.

http://ameblo.jp/farmarcadia/entry-11173481482.html



Kachiku Otasuke Tai (Helpcow)


Official website (Unable to see at the moment, as it was hacked)

http://helpcow.net/



Animal Forest (Sheeps and goats)

Details are on the previous article.

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11048895145.html








プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR