1000 messages 1000枚のメッセージは細野環境大臣へ

This is from Nekoneko san.
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11149408492.html?frm_src=thumb_module
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11151090087.html


1,000 messages that we collected from over the world will be submitted to Minister of environment, Mr Goushi Hosono.

The messages contain sooooooooo much of thoughts of the people.
We really hope Mr Hosono will read them, and consider what he should do.

Also, Nekoneko san made a video shooting some of the messages too. I posted it below.



$Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



$Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





動物救援隊 東京福島茨城方面部隊 nekonekoさんから転載
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11149408492.html?frm_src=thumb_module
http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11151090087.html

******************************************************************************


1000枚のメッセージは細野環境大臣へ送ります。


国内外から集めた、「取り残された動物達への1000枚のメッセージ」。

昨日までの予定では、福島原子力被災者支援対策本部 [福島地域支援室] に、被災者のうさぎのしっぽさん(大熊町の方で現在は仮設暮らし) http://blogs.yahoo.co.jp/w3101t/MYBLOG/yblog.html  を通して、東電説明会等の時に手渡ししてもらう予定でした。

しかし、環境大臣へ陳情書アクションも始まったとのことで、急遽予定を変更して、環境大臣細野豪志さんへ送りたいと思います。

1000枚のメッセージは、世界から、そして子供達からのメッセージもたくさんあります。

部分的でもいい、どうか細野環境大臣に目を通して戴きたい。

メッセージを箱詰めしてる時に涙溢れて来ました・・・ どうしてこんなに悲しまなくてはいけないんでしょうね?

この国では動物の命って何なんだろう?

全ては無理ですが、本日夜にメッセージの動画撮影したいと思います。






取り残された動物達への1000枚のメッセージ 動画


動画撮影したのは数十枚、全てのみなさんの熱いメッセージを撮影することが出来なくてごめんなさい・・・

撮影中に我が家の福島保護猫モモちゃんの泣き声も入っちゃいました(笑) でも、早く仲間に美味しいもの食べさせてあげて!って言ってるのかもしれないです。 

前回同様、バックにはジェイクさんの曲が偶然流れてます(笑)。


※ この貴重な1000枚の今後、色々考えたのですが、環境大臣細野豪志様に送らせてもらおうと思います。 これは国民の声。 小さなお子さんからのメッセージもたくさんあります。 みなさんの熱い気持ちが日本政府に届くことを信じています。



※ つくば市郊外にあるANJシェルターでは、福島県の被災動物(犬猫)を約35頭保護しています。

つくば、筑波、阿見、牛久、土浦、龍ヶ崎、かすみがうら、下妻、守谷、筑西、常総、桜川、石岡、笠間、小美玉、水戸、取手、野田、我孫子、流山、柏 ・・・ 

つくば市周辺の方で、シェルターのお手伝い出来る方(学生さん等も)いらっしゃいましたら連絡下さい。

心有るみなさんで、弱い命を助ける動物愛護活動をしましょう!

また、犬猫用フード、猫砂等のご寄付を募っています。 預かりボランティア 条件付里親様も募集しています。

よろしくお願い致します。 詳しくはANJシェルター里山日誌 http://animalnetworkblog.jimdo.com/  もしくはCAPIN、全国動物ネットワークまで。






******************************************************************************


国内外からの、計り知れない想いの詰まった1000枚のメッセージ。

大臣によーーく目を見開いて読んでほしい!よく考えてほしい。

どうか細野さんの心に届きますように!!



ちなみに、昨年6月にネコネコさんが警戒区域バリケード前で撮影するため募集したメッセージの動画がこちら。







スポンサーサイト

Petition(※addition) ペット持ち出し許可の陳情書(再・追記)

There have been an addition in the petition demanding preparing temporary shelters after the residents bring their pets, when they return their homes temporary.



Please copy the petition below for A4 paper, and fill in ①date, ②your address, ③your name, ④Your signature


And sent it to 〒100-8975 Tokyoto, Chiyodaku, Kasumigaseki 1-2-2

Chuou goudou chousha 5goukan.

Minister of Environment, Mr Goushi Hosono.



……………………………………………………………………………… ………  



     三巡目立ち入り持ち出しペット一時保護施設設置の陳情書
                    
                             平成24年  ①Month 月  ①Day
  環境大臣  細野豪志様
   国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所②Your address

               陳情者氏名
③Your name ④Your signature
 

陳情事項
 
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を頂き
 感謝致します。避難地に於いては、持ち出したペットと飼い主が居住不可能な
 避難住宅が多く、許可条件「自ら飼育できること」では難しい為、一時保護できる
 場所を用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省の皆様に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………


※P.S. We added ④. Please sign your name as well as your name.

We are sorry if you have already sent.



Details of this petition

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11149224638.html







3巡目一時帰宅でのペット持ち出し時、一時保護施設の設置を求める陳情書にひとつ追加事項があります。



……………………………………………………………………………… ………  

      三巡目立ち入り持ち出しペット一時保護施設設置の陳情書
                    
                             平成24年  ○月  ○日
  環境大臣  細野豪志様
   国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所 ○○○○○○
               陳情者氏名 ○○○○        
※捺印
 陳情事項
 
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を頂き
 感謝致します。避難地に於いては、持ち出したペットと飼い主が居住不可能な
 避難住宅が多く、許可条件「自ら飼育できること」では難しい為、一時保護できる
 場所を用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省の皆様に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………



※一枚一枚提出する形の陳情書の場合、捺印が必要なのだそうです。

すでに出してしまわれた方には申し訳ありませんあせる



陳情書の詳細はこちら

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11149224638.html




Resident defiant in the zone 富岡町の松村さんの孤独な闘い~CNN

This is an another coverage of a man and the animals in Fukushima No-go-zone by CNN.


You can also watch a video on the site.

http://edition.cnn.com/2012/01/27/world/asia/japan-zone-resident/index.html



********************************************************************


Resident defiant in Japan's exclusion zone



Tomioka, Japan (CNN) -- In the shadow of the Fukushima nuclear plant, one man's quiet defiance echoes through the contaminated, empty streets of Tomioka, Japan.


Tomioka, 10 miles (16 kilometers) away from the disaster, is inside the 12.4 mile (20-kilometer) radius of the government-mandated evacuation zone. But that hasn't stopped Naoto Matsumura, 52, a life-long resident and fifth generation farmer, from refusing to heed the mandatory evacuation since the nuclear meltdown.


"I'm full of rage," says Matsumura. "That's why I'm still here. I refuse to leave and let go of this anger and grief. I weep when I see my hometown. The government and the people in Tokyo don't know what's really happening here."

His defiance began with a simple desire to feed the animals on his farm. The government evacuated 78,000 residents around the exploding plant without a plan to rescue pets and valuable livestock.


As Matsumura began to feed his own animals, the neighborhood's desperate cats and dogs started showing up. He started to feed them too and decided he couldn't leave them behind to die. When Matsumura ran out of food, he slipped out of the exclusion zone and bought dog and cat food and then snuck back into town.

Weeks turned into months and now nearly a year. Conditions are growing worse by the day, says Matsumura.


Weeks into the evacuation, most of the cows starved to death, tied up in pens without any food. Maggots and flies covered their bodies, and a putrid smell came from most of the barns. But one of the worst scenes Matsumura remembers happened at a neighbor's farm. He found a cow and her calf alive. The cow was so thin from hunger it was just skin and bones, says Matsumura.


The calf was crying, trying to approach its mother for milk. The mother kicked the calf, perhaps afraid of death, if it fed the calf, Matsumura recalled. The calf kept trying to approach for milk, but the mother kept kicking it away. The calf, dazed and hungry, stumbled away. It crawled into a corner, crying. The calf was sucking on straw as if it were the mother's teat, says Matsumura.


He went back the next day and found the cow and her calf dead.

Repeatedly seeing scenes like this, Matsumura said, made him furious. He began doing interviews with foreign correspondents, saying the Japanese press wasn't covering the heartbreak in the exclusion zone.


"The government and Tepco are not doing anything at all," says Matsumura. "We're the victims. The government and Tepco, they're the perpetrators but they don't treat us as victims. They pretend they're doing something, but they don't do anything inside the 20 km zone. I ask the lawmakers to help but they keep saying that's the 20 km zone. But something needs to be done now. They are hopeless."


Matsumura wants the cleanup of the contamination to speed up. There are a few signs that the work has begun in Tomioka, with contaminated soil sitting under blue tarps in a neighborhood park. But at this pace, Matsumura said, he'll never live to see Tomioka's people return.

Matsumura hopes as the one year anniversary of this nuclear disaster approaches, the international community will remember the risks of nuclear energy.


"You see what can happen. U.S., Russia, Japan -- this is the third nuclear accident, the third time something we created ended up hurting us. This is the third time, but we haven't learned our lesson yet."


Matsumura lives without electricity and gets water from a nearby well. He slips out of the exclusion zone only for food and then returns to feed any animals he can.

He's been tested for radiation contamination, and results show his body is "completely contaminated," he says. But he'll stay, he pledges, as the sole citizen of Tomioka to keep tabs on the government. "We have to decontaminate this area or else this town will die. I will stay to make sure it's done. I want to die in my hometown."



*******************************************************************



These are the related sites and videos about Mr Matsumura.


Mr Matsumura speaking to their supporters.

http://www.youtube.com/watch?v=b1c8KlmvclY&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC



Mr Matsumura shooting a video of the animals.

http://www.youtube.com/watch?v=XUQWWM7ZPHc&feature=context&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC



Mr Matsumura shooting a video of the ostrich in Tomioka.

http://www.youtube.com/watch?v=oN1SU3MImGM&feature=context&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC



News coverage of Mr Matsumura by AP.

http://www.youtube.com/watch?v=d5JCK3kWnPY&feature=player_embedded



"Tokibu-no-jikan". A blog of a man who supports Mr Matsumura.

http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo







「見捨てられ死んで行く福島の動物たち」に引き続き、アメリカCNNが、富岡町に一人残られ動物たちの命を守り続ける、松村直登さんについて報じてくれました!



記事(記事の中にはニュース動画もあります)

http://edition.cnn.com/2012/01/27/world/asia/japan-zone-resident/index.html 


以下、私なりに翻訳してみました。


***************************************************************************



警戒区域に留まる松村直登さんの孤独な闘い



福島県富岡町(CNN)-福島原発の闇の中で、一人の男性の静かなる抵抗が、汚染され静まり返った富岡町に響き渡る。


原発から16kmの距離にある富岡町は、政府が指定した半径20km圏内の強制避難区域にある。しかし、この地で5代続く農家である松村直登さんは、原発のメルトダウン以降も、強制避難を拒み続けている。


松村さんは、「怒り心頭だ。だから俺はここにいる。この怒りと悲しみを忘れるのが嫌で、ここに残っている。自分の故郷を見て、涙を流す。政府や東京にいる人たちは、ここで本当に何が起きているか知らない」。


彼の抵抗は、農場の動物たちの世話を続けたいという、シンプルな望みに端を発している。日本政府は原発の爆発時、ペットや家畜の救出措置を講じないまま、78,000人の住民を避難させた。


彼が自分の動物たちに給餌を始めると、お腹をすかせた近隣の犬・猫が姿を現し始めた。松村さんはその犬・猫たちにも餌をやり始め、彼らを餓死させるわけにはいかない、と思った。


餌が底をつくと、区域を抜け出してドッグフード・キャットフードを購入し、またそっと町に戻る。


数週間が数カ月に、そして今、1年近くが経過した。

「状況は日々悪化する一方だ」と松村さんは言う。


避難指示からしばらくして、牛たちは柵につながれたまま餌もなく餓死した。

亡骸はウジ虫とハエに覆われ、ほとんどの牛舎から腐敗臭が漂ってきた。


しかし、松村さんがもっとも忘れられないのは、近所の農場で見た光景だ。

そこには母牛と子牛がまだ生きており、母牛は飢えでがりがりにやせ細り、骨と皮だけだったという。


子牛は鳴きながら、乳を求めて母牛のもとに近寄るが、母牛は乳をやることによる死を恐れているのか、子牛を蹴り飛ばした。


子牛は乳を求めてなおも母にすがろうとするが、母は子を蹴り続けた。

飢えでもうろうとしている子牛は、その度にによろめく。そのうちに隅の方へ這ってゆき、鳴きながら麦わらを吸っていた。母牛の乳首を吸うように。


翌日、松村さんが戻ってみると、親子は死んでいた。


このような光景を繰り返し見るうちに、激しい怒りが込み上げてきた。

松村さんは海外の記者たちの取材に答えるようになり、日本のマスコミが警戒区域内の惨状を伝えないことを話している。


「政府も東電も、まったく何もしてくれない。私たちは被害者だ。政府、東電は加害者であるにもかかわらず、私達に被害者としての処遇をしていない。


彼らは何かしらの対応をしているように振舞っているが、20km圏内のことについて何もしていない。議員に助けを求めても、『警戒区域だから仕方ない』の一点張り。すぐに対策が講じられなければならないのに、彼らは全く頼りにならない」。


松村さんは除染が迅速に進められることを望んでいる。


近所の公園で、汚染された土がブルーシートに覆われているのを見ると、富岡町でも除染作業が始まったようだ。しかし今のペースでは、自分が生きているうちに町の住民が戻って来ることはないと感じている。


松村さんは、震災から一年が経とうとしている今、世界の人々に原子力のリスクを再認識してほしいと望んでいる。


「アメリカ、ロシア、日本、三度の事故で何が起こり得るかわかったはずだ。人間の創り出したものが結局は私たちを傷つける結果になったのは、これで三度目だ。それでも、私たちはまだ失敗から学んでいない」。


松村さんは電気のない生活で、水は近くの井戸から汲んでくる。

食料調達のために区域を出て、動物たちに給餌するため再び戻って来る。

被ばくの検査を受けているが、その結果、自分は「完全被ばくだ」と言う。


しかし彼は留まり、たった一人の富岡町民として政府の動向を注視していくと決意した。

「私たちが除染しなければ、この地域は死の土地となってしまう。私はここに残り、作業の完了を見届ける。俺は故郷で死にたいんだ」。



***************************************************************************




改めて、松村さんのこと、動物たちの現状、日本政府・東電の心ない対応、日本のマスコミが報じないことなど…世界に知ってほしかった真実を取り上げてくれたCNNに感謝です。


ふるさとの町にたった一人で…どれほど寂しく、過酷な毎日を過ごされているのでしょう。

どれほどの不合理さに、怒りに震えられているのでしょう。

どれほど辛く、悲しく、心の痛む場面に出会ったのでしょう。


母牛と子牛の悲しすぎる最期に、訳しながら涙が溢れてきました。


子を蹴り続けた母はどんな思いで、我が子を拒み続けたのか…

お腹がすいてお腹がすいて…母に乳をねだるも拒絶され、麦わらを吸いながら死んでいった子牛は最後に何を思ったのか…


私にできることは、あなたたちのことを人々に伝えることと、ずっと忘れないことぐらいでしょうか。



こんな悲劇が一年近く、毎日のように圏内で起こっている。


政府の方々、被災者さんの声を聞いてください。

動物たちの叫びを聞いてください。


一刻も早く彼らを救ってください。


世界の人々がこの報道を見ています。みんな知っていますよ。そして心を痛めています。

どうか人道的な対応をお願いします。





松村さんに関連するサイト・動画です。あわせてご覧ください。


松村さんの挨拶

http://www.youtube.com/watch?v=b1c8KlmvclY&feature=context&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC 



松村さんの撮影したビデオ

http://www.youtube.com/watch?v=XUQWWM7ZPHc&feature=context&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC 



松村さんが撮影した富岡町のダチョウ

http://www.youtube.com/watch?v=oN1SU3MImGM&feature=context&context=C33ffef1ADOEgsToPDskLwWdJ2eihbI4WrVnpdTJiC 



以前、松村さんを取り上げたAPニュース

http://www.youtube.com/watch?v=d5JCK3kWnPY&feature=player_embedded 




Permit, petition ペット持ち出し許可、陳情書、署名の期限延長※追記あり

This is from 被災地の動物保護・支援情報


***********************************************************


Ministry of Environment finally let residents to bring their pets when they return temporary.


Minister of Environment announced on 26th that when residents in the 20km exclusion zone return their home temporary they can bring back their pets out of the zone.


It will start on 29th. According to Minister of Environment the government rescued 630 dogs and cats from April to December.


***********************************************************



However, the residents must...


1. Enter and bring the pets by car, by themselves.


2. Be able to keep the pets.


3. Not bring the others' pets or the dead bodies.



The ministry of environment is also planning to research the actual condition of the animals in the area, commissioning the private company. Using a method of "Light census" (looking for gleaming eyes, irradiating lights at night), and setting up automatic shooting cameras.




Diary of supporting animal victims of Great East Japan Earthquake is now asking us to send a petition that has been slightly changed.


http://blogs.yahoo.co.jp/nanatohanasuke/3031166.html


According to this blog, he is doing this because the conditions of bringing out the pets are severe. As they have to catch their pets within just 4 hours. And they have to be able to live with the animals although the residents are not allowed to keep the pets in most of the temporary housings.


Also, the permission was announced after the resients had got the papers about temporary returnings. So, most of the residents still don't know that they are now allowed to bring their pets.


This time, the petition demands the preparations of temporary shelters in such a case that the pets are unable to live with their owners. Also, requests the emergency medical treatments there by vets.


Please copy the petition below for A4 paper, and fill in ①date, ②your address, ③your name, ④Your signature


And sent it to 〒100-8975 Tokyoto, Chiyodaku, Kasumigaseki 1-2-2

Chuou goudou chousha 5goukan.

Minister of Environment, Mr Goushi Hosono.



……………………………………………………………………………… ………  



     三巡目立ち入り持ち出しペット一時保護施設設置の陳情書
                    
                             平成24年  ①Month 月  ①Day
  環境大臣  細野豪志様
   国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所②Your address

               陳情者氏名
③Your name ④Your signature
 

陳情事項
 
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を頂き
 感謝致します。避難地に於いては、持ち出したペットと飼い主が居住不可能な
 避難住宅が多く、許可条件「自ら飼育できること」では難しい為、一時保護できる
 場所を用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省の皆様に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………


※P.S. We added ④. Please sign your name as well as your name.



Also, you can send your voice from...


Ministry of Environment (English form)

https://www.env.go.jp/en/moemail/


TEL:03-3581-3351(line6429)
FAX:03-3508-9278


Contact page of the Minister of Environment, Goushi Hosono

http://goshi.org/contact/

(From the top, your name, your Email address, subject, message)




Also, the deadline of the petition to the government to give permits to private animal rescuers to rescue animals in the exclusion zone, has been extended to Feb 3rd (Fri).


Details of this petition.

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11136607812.html







msn産経ニュースから

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120127/dst12012700310000-n1.htm



*****************************************************************



犬、猫の持ち出しOK 警戒区域の一時立ち入りで



  環境省は26日、東京電力福島第1原発から半径20キロの警戒区域に住民が一時立ち入りする際、これまで原則禁止にしていた犬や猫の持ち出しを、29日から予定されている3巡目の一時立ち入りから認めると発表した。


 混乱を避けるため、住民による犬や猫の持ち出しは認めず、行政が保護するなどの対応をしてきた。車で立ち入り、自ら捕獲や移送、飼育ができることが条件。他人のペットや死骸の持ち出しは認めない。


 同省によると、昨年4~12月に行政は犬、猫計約630匹を保護。12月には民間団体が計約330匹を救出したが、同省はまだ数百匹はいるとみている。


 同省は民間会社に委託して実態調査も実施する予定。夜間に車のライトを照射し、光る目を探す「ライトセンサス法」や、自動撮影カメラ設置などが検討されている。



*****************************************************************



やっとペットの持ち出しが許可されたのはうれしいことですが(一巡目・二巡目でも認められていれば助かった命がもっとあったはずですが)…


・車のない方は?

・1年近くが経った今、動物たちは家の周りにいるの?

・警戒心が強くなってる子も多いうえ、防護服を着た飼い主さんに近づいてくれるの?

・たった4時間で保護できるの?

・「今後も飼育できること」が条件。でも、ほとんどの仮設住宅ではペット飼育不可…


のような疑問がわいてきます。



そこで、先日一時帰宅三巡目でのペット持ち出し許可の陳情書を作られた、東日本大震災被災ペット応援日記さんから転載。

http://blogs.yahoo.co.jp/nanatohanasuke/3031166.html



**************************************************************************



ペット持ち出し許可について…


 大勢の皆様に感謝&お礼申し上げます 


         協力頂いてます陳情書アクション

          
         
     突然26日に環境省から持ち出し許可発令…

       持ち出し許可は陳情書の条件を満たして居ません      


       昨年末の二巡目帰宅でもペット持ち出しが禁止された為
      
      環境省、動物愛護管理室へ避難者さん達の要望署名と共に
   
   訴えて着ました。環境省から回答の無いまま、皆様の協力を頂き

            陳情書アクションを始めました

        
           

            環境省が示したペット持ち出し条件

       ※車で立ち入り、自ら捕獲や移送、自ら飼育ができること
          
       ※他人のペットや死骸の持ち出しは認めない。

      そして各市町村は、意向確認書を許可発令前に配布

       市町村一時立入り(三巡目)の概要に有る注意事項

   ※食品、生き物、植物及び屋外においてあるものは持ち出せません。

      
      
      29日から始まる一時立入りの、殆どの帰宅者さん達は、

            ペット持ち出し許可を知りません

       更に許可条件…自ら飼育できること…と在りますが、

       各避難地では(一部を除き)ペットとの同居不可です…

  その為、環境省管轄の一時保護シェルター設置を要望して来ました

  
   震災以降、動物愛護団体&個人ボラさん達が保護したペット
    現在までに、飼い主さんと過ごしてる子達は、4分1に過ぎません
    一緒に過ごせる環境を整えず、「自ら飼育できること」許可条件

    
    この持ち出し許可では命は繋がりません

        陳情書を修正致しましたので、申し訳有りませんが

    更なるアクションの協力お願い致します


下の陳情書をA4版にコピーし頂き、記載日、住所、氏名を記して貰い

 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 
     環境大臣 細野豪志様 宛てにお願い致します

……………………………………………………………………………… ………  

      三巡目立ち入り持ち出しペット一時保護施設設置の陳情書
                    
                             平成24年  ○月  ○日
  環境大臣  細野豪志様
   国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所 ○○○○○○
               陳情者氏名 ○○○○        
※(追記)捺印
 陳情事項
 
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を頂き
 感謝致します。避難地に於いては、持ち出したペットと飼い主が居住不可能な
 避難住宅が多く、許可条件「自ら飼育できること」では難しい為、一時保護できる
 場所を用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省の皆様に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………

     

****************************************************************************



※1月31日追記:一枚一枚提出する形の陳情書の場合、捺印が必要なのだそうです。

すでに出してしまわれた方には申し訳ありませんあせる



どうか1人でも多くの方に拡散いただき、ご協力をお願いいたします!



そして、命は刻々と消えていくのに、政府はこれから動物たちの実態調査を実施する予定?!

時間がないのに!!



以前ご紹介した、動物保護のための民間団体の警戒区域立入り再開を求める署名の期限が少し延長され、2月3日(金)の到着分まで受付となりました。


前回間に合わなかった!という方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いいたします。




以下、LYSTAさんから転載

http://lystoanimals.blog.fc2.com/blog-entry-108.html



署名要望書の期限延長について



こんにちは。逢坂です。

民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立入り再開を求める要望書 には、たくさんのご賛同を賜り誠にありがとうございます。

1月23日の締切日を過ぎた今も、署名済要望書を頂戴いたしております。
それだけたくさんの方がこの問題に強く関心を持たれ、風化させてはならないと思われているんですね。

そこで、要望書提出日が2月初旬での調整がつきそうな事から
締切日を延長させて頂きます!

前回の締切日に間に合うよう、速達等でお送り頂いた方々には
本当に申し訳ないのですが・・・

2月3日(金)迄の到着分迄受付と変更させていただきます。

尚、これからお送り頂く分で記入時の注意事項をお知らせします。
(既にお送り頂いているものは大丈夫です)
前回ご案内すべきところ、説明不足で申し訳ありません。

●日付欄は空欄でOKです
●住所は都道府県からご記入下さい
●同じ住所の方でも同上等は使用せず、それぞれご住所をご記入下さい
●本人自筆の際は押印無しで構いません

こちらから要望書をダウンロードできます。

要望書の内容のご確認はこちら。

どうぞ宜しくお願い致します。










見捨てられ死んでゆく福島の動物たち~CNN報道

1月26日付で、アメリカCNNテレビが福島警戒区域に取り残された動物たちの現状について報道しました!



記事(記事の中にも、動物たちの映った区域内の動画があります)

http://edition.cnn.com/2012/01/26/world/asia/fukushimas-animals-abandoned-and-left-to-die/



キュン・ラー記者の見た警戒区域内の映像①

http://edition.cnn.com/2012/01/25/world/asia/japan-exclusion-zone/index.html



キュン・ラー記者の見た警戒区域内の映像②

http://backstory.blogs.cnn.com/2012/01/26/journey-inside-japans-nuclear-exclusion-zone/





******************************************************************************



見捨てられ死んでゆく福島の動物たち



福島の警戒区域内(CNN)-日本の警戒区域の中心、そこは完全なる静寂の世界だ。

警戒区域は、事故を起こした福島原発から半径20km圏内の、放射能汚染度の高い地域だ。


地震と津波が襲った翌日の3月12日、78,000人の住民は数日で戻れると信じて、多くの人々が犬を庭につないだまま、猫は室内に、家畜は柵の中に置いたままこの区域から避難した。


一年近くが経過した今、区域には動物の亡骸が散乱している。


牛や豚は餓死し、その骨はいまだ柵の中に放置されたままだ。

犬は病で次々と命を落とし、近隣の路上には、猫の頭がい骨が転がっている。


これは、原発事故という緊急事態においてやむを得ない結果だったのかもしれない。

しかし、動物愛護活動家はこれを非道な行為だと言う。


「これは恥ずべきことです」、とUKCジャパンの細康徳さんは言う。

「私たちは震災当初から、動物たちの救済を政府に求め続けてきました。福島原発事故後、人と動物、両方を救う道はあったはずです」。


環境省は、「日本政府としては、できる限り多くの家畜と動物を救いたいと思っている。しかし、汚染地域に立ち入る人間へのリスクを考慮すると、動物保護について慎重な対応を取らざるを得ない」と言う。


昨年12月、政府はUKCジャパンをはじめとした愛護団体に、動物保護のための警戒区域立ち入りを許可した。細さんも、仲間と共にケージとフードを携えて入った。ある家に近づいてみると、生後6週間ほどのメスの子犬が、居間の血だまりの中で息絶えていた。病気で死んだようだった。


すると、家の裏手からか細い鳴き声が聞こえる。死んだ子犬の兄弟がまだ生きており、物陰に隠れていた。人間を知らないため、ボランティアたちにひどく怯えている。細さんたちは間もなく母犬も発見した。


この犬たちは今、東京近郊にあるUKCジャパンのシェルターで暮らしている。警戒区域から救出された犬250匹、猫100匹がケージの中で過ごしている。寄付のうえに活動が成り立っているというUKCジャパンは、保護した動物たちの80%は飼い主が判明していると言う。


しかし、だからといって飼い主と再会できるわけではない。避難所および仮設住宅では、ペットの同居が許可されていないのだと細さんは言う。


悲しいことに、彼はこう付け加えた。「飼い主さんは動物と共に暮らすことができないんです。飼い主さん自身が家を失っているのですから…」。

(CNN・キュン・ラー記者)



****************************************************************************




やっと、やっとCNNが報じてくれました!!ありがとう、CNN!!

このように、影響力のある大きなメディアが取り上げてくれるのは大きいです。


ハチ公連盟のナンシーさんやその支援者の方々が、数ヶ月間に渡って報道のお願いをしてきてくれたことも背景にあります。


今現在、この記事に対しては380件を超えるコメントが寄せられていて、


「動物を愛する者として心が痛む」


「こんな残酷な死に方はない!」


「動物たちは核によるホロコーストの犠牲者だ。動物を助ける時間はなかったの?おかしい!」


「この記事により、日本政府が動物保護に積極的になることを祈る」


「保護団体が入れないなんておかしい!区域の線量は常に計測されているのだから、高くない時を見計らって保護に入る、せめて給餌することができたはず。そうすれば閉じ込められたまま死ぬことはなかったはずだ」


「もう1年近く経つ。もういい加減動物たちを地獄から救い出して!」


「日本政府は多くの生き物を死なせてきたことを隠しているけれど、もう隠すことはできない。これは世界に知らされるべきで、それによって政府が動くことを祈る」


「動物たちを救っている保護団体を心から尊敬します。彼らを称賛します」



のようなコメントもあります。


この報道によって、さらに動物たちの現状が世界に広く伝わり、他のメディアも続いて取り上げてくれるといいと思います。

今まで知らなかった人が、これを読んでたくさん声を上げてくれるといいです。

少しずつでも、政府が動く圧力になることを願います。



なお、CNNは今日も、富岡町に残って動物たちの世話を続ける松村直登さんを取り上げましたので、引き続きアップしたいと思います。






CNN featured Fukushima animals!! 速報!CNNが福島動物を報道!

Breaking news !


Finally !! CNN featured the animals of Fukushima !!

This really is a report by CNN reporter.


You can also watch a video on the site

http://edition.cnn.com/2012/01/26/world/asia/fukushimas-animals-abandoned-and-left-to-die/



*********************************************************************


Fukushima's animals abandoned and left to die



Inside Fukushima Exclusion Zone, Japan (CNN) -- When you stand in the center of Japan's exclusion zone, there is absolute silence. The exclusion zone is the 20-kilometer (12-mile) radius around the crippled Fukushima nuclear plant, an area of high radiation contamination.


On March 12, the day after the quake and tsunami hit, 78,000 people were evacuated out of this area, believing they would return within a few days. As such, thousands of people left with their dogs tied up in the backyard, cats in their houses and livestock penned in barns.


Nearly a year later, animal carcasses litter the region.

Cows and pigs starved to death, their bones still in pens. Dogs dropped dead with disease. A cat skull sits on a neighborhood road.

This is perhaps an inevitable outcome to a nuclear emergency, but animal rights activists call it an outrage.


"It's shameful," says Yasunori Hoso with United Kennel Club Japan. "We kept asking the government to rescue these animals from the beginning of the disaster. There must have been a way to rescue the people and the animals at the same time following the nuclear disaster at Fukushima."


Japan's environmental agency tells CNN the government's position has been to rescue as many livestock and animals possible. But it points out that because of the risk posed to people entering the contaminated area, the government has chosen to take a prudent attitude toward animal rescue.


Read about the exclusion zone-turned ghost town


Last December, the government allowed animal rights groups like UKC Japan to enter the exclusion zone and rescue any surviving animals. Hoso entered with his members, carrying cages and food.


On one of those days, Hoso's group approached a house. A six-week-old female puppy lay dead in the living room in a pool of blood. It appeared to have died from disease. From the back of the house, the UKC volunteers heard weak barking. The puppy's two brothers were still alive, hiding in another part of the house. They were traumatized and afraid of the rescuers, having never been around people before. The volunteers soon rounded up their mother.


Those dogs now reside at the UKC Japan shelter near Tokyo. 250 dogs and 100 cats, all from the exclusion zone, live in cramped cages at the shelter. UKC Japan, which survives on donations, says it has tracked down 80% of the owners.

But that hasn't meant the animals can reunite with owners. Shelters and temporary apartment housing have not allowed the owners to live with their pets, Hoso said.


Unfortunately, he added, the owners can't live with their animals because they are homeless themselves.



*******************************************************************




Thank you CNN so much !!

Thank you all the people who have been campaigning them !!


Really hope this story will spread to the world.

And wish it will change something. Wish it will move something/someone.


Please keep watching !





☆   ★   ☆   ★



This is from Hachiko Coalition

http://www.facebook.com/hachiko.coalition



CALL FOR ACTION: EVERYBODY PLEASE THANK CNN FOR FEATURING THE ANIMALS OF FUKUSHIMA IN AN EXCLUSIVE PIECE!!! This is a MUST for every animal supporter in the world! We have been campaigning them for months! Please thank them via facebook, twitter and email for raising the issue once again! Thank you!



☆   ★   ☆   ★






速報!!


やっと!アメリカCNNが警戒区域に取り残された動物について報道してくれました!たしかにCNNのKyung Lahさんという記者による取材です。


UKCジャパンの細さんが、昨年12月の黄色いリボンで保護活動をした際のお話などが掲載されています。サイトでは取材の動画も見ることができます。


http://edition.cnn.com/2012/01/26/world/asia/fukushimas-animals-abandoned-and-left-to-die/



急いで詳しい翻訳記事をアップしますのでお待ちください!





Demand taking out the pets! 80円切手で命を繋ぐ陳情

This is from Diary of supporting animal victims of Great East Japan Earthquake.

http://blogs.yahoo.co.jp/nanatohanasuke/folder/2676.html



They are asking us to send a petition to the Minister of Environment, Goushi Hosono.


Third times of temporary returning home of the residents lived in No-go-zone will start from Feb 12th. Pets were not allowed to be taken out both at first and second time.


Animals are their property, and family. In the first place, animals are precious "LIVES". The residents have to be allowed to take out their pets, and live together.


The petition demands the permission of taking out the pets, and preparations of temporary shelters in such a case that the pets are unable to live with their owners. Also, requests the emergency medical treatments there by vets.



Please copy the petition below for A4 paper, and fill in ①date, ②your address, ③your name.


And sent it to 〒100-8975 Tokyoto, Chiyodaku, Kasumigaseki 1-2-2

Chuou goudou chousha 5goukan.

Minister of Environment, Mr Goushi Hosono.



……………………………………………………………………………… ………  


    警戒区域、住民の一時立ち入りによるペット持ち出し許可の陳情書
                    
                             平成24年  ①Month月 ①Day
 環境大臣  細野豪志様
  国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所 ②Your address
               陳情者氏名 ③Your name
 陳情事項
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を願います。
 持ち出したペットと飼い主が居住不可能な場合は、一時保護できる場所を
 用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………





拡散希望!!



弁天さんの宝石から転載です

http://ameblo.jp/nihaojet/entry-11145335970.html



★   ☆   ★   ☆




東日本大震災被災ペット応援日記 さんより


80円切手で命を繋ぐ陳情

  
警戒区域三巡目帰宅が2月12日から始まります


   環境省及び福島県が一巡目&二巡目帰宅では ペット持ち出し厳禁でした
三巡目帰宅でも同様に 飼い主持ち出し許可が出ません
環境省へ帰宅実施前に ペット持ち出し許可を陳情し 1匹でも多く保護し
飼い主さんと暮らせる様 皆様と力を合わせ環境省へ訴えましょう



下の陳情書をA4版にコピーし頂き、記載日、住所、氏名を記して貰い
     
     〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 
     環境大臣 細野豪志様 宛てにお願い致します



 ……………………………………………………………………………… ………  

    警戒区域、住民の一時立ち入りによるペット持ち出し許可の陳情書
                    
                             平成24年  月  日
 環境大臣  細野豪志様
  国難にあたり、ご公務に感謝申し上げます。
           
               陳情者住所
               陳情者氏名
 陳情事項
 立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

 陳情理由
 立ち入り禁止区域に取り残されている動物の救済をお願いいたします。
 室内の猫は餓死や共食いがみられ90%が死亡しています。犬は衰弱しながら
 徘徊、繋がれたまま絶命、飼い主だけではなく、国民全体が心を痛めています。
 海外メディアも繰り返し報道しています
 一巡目帰宅、及び二巡目帰宅では、飼い主の持ち出しが禁止されました。
 三巡目帰宅に於いては、警戒区域外へのペット持ち出し許可を願います。
 持ち出したペットと飼い主が居住不可能な場合は、一時保護できる場所を
 用意してください。その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします
 以上、 
            環境大臣及び環境省に陳情致します
 
………………………………………………………………………………………


    今年は平年以上の厳しい寒波で 被災地も積雪が多いようです
         
         大雪の中空腹で飼い主を待ってるこの子を
               80円切手で助けて下さい




★   ☆   ★   ☆



尊い命であり、飼い主さんの大切な家族であるペットを連れ出せない…。

貴重品や車は持ち出せても、「命」はだめなんですか?


どうか拡散いただき、多くの皆さんの声を届けてください!

よろしくお願いいたします。






2月4日、5日 給餌用フードのご協力をお願い致します。

お正月の「被災地のわんにゃんにお年玉フードを届けるプロジェクト」に参加されるなど、被災動物のためにいつも頑張られているnatsumintさんが、次回の給餌用フードのご支援を募られています。

可能な方は、どうかご協力をよろしくお願いいたします!




natsumintさんより転載

http://ameblo.jp/natsumint19/entry-11144267241.html#cbox




natsumintのブログをご覧頂いている皆様へ


日々、被災地の動物のためにご尽力頂き

心より感謝申し上げます。


先週末にフードのご協力をお願いする予定でしたが

昨年10月から3回目でしょうか・・・。

先週の土曜日から、またもや風邪菌に苦しめられて

熱で意識もうろうとしていたため、

本日お願いすることとなりました。


先程、仕事から帰ってきましたが

都内でもボタン雪が積もり始めました。。。


福島の山側はもちろん、

海側でも降っているのでしょうか・・・?


この雪が飲み水の代わりに恵みの雪となるのか

寒さで体力を奪っていくのか・・・。


心配でなりません。

なんとか頑張って生き抜いて欲しいです。



先日、被災地のわんにゃんにお年玉フードを届ける

プロジェクトのご報告②の最後で触れました

給餌用のフードのご協力をお願いできればと思います。


次回は予定通り、

2月4日、5日に現地入りする予定になっております。


現地のわんちゃんや猫ちゃんの状況は

下記の通りです。

<わんちゃん>
種 類:中型~大型犬
年 齢:成犬~高齢犬
環 境:屋外、放浪

<ねこちゃん>
年 齢:成猫
環 境:室内、室外、放浪



ご協力をお願いしたい物資ですが下記の通りになります。




①成猫用レトル(パウチ)、または成猫用缶詰

※水分多目を希望


②子猫用のレトルト(パウチ)、または子猫用缶詰

※水分多目を希望


③成猫用乾燥フード

※腎臓・泌尿器系・FUS予防に配慮で、

できれば小分けされていない1袋2~3kg入り


④犬猫用ミルク


⑤犬猫用粉ミルク


⑥猫用おやつ
CIAOから出ている

1本ずつ袋に入っているようなもの


⑦犬用おやつ

※ドギーマンの紗のように平たくて柔らかめ



尚、わんちゃんの缶詰については、

予めご支援頂いた物資で

今回は充当させて頂く予定です。



他にも、犬猫用の防寒用物資等、

これはどうかと思うような物がございましたら、

是非ご提案くださいね。



震災から10ヶ月経過した今もなお、

飢えと寒さに一生懸命戦いながら

生き抜いている動物のために

ご協力のほど宜しくお願い致します。




☆   ★   ☆   ★




ご協力をお願いできる場合には、natsumintさんのブログのプロフィールの下、「メッセージを送る」からご連絡をお願いします。おって、お届け先住所をご連絡いただけるそうです。


http://ameblo.jp/natsumint19/




Another photo exhibition APF NEWS映像・写真展

Another photo exhibition will be held.



"APF NEWS Video・Photo exhibition. Unreported truth of Great East Japan Earthquake"


Date: Jan 27th (Fri) - Jan 30th (Mon)


Time: 10:00am-6:00pm (First day from 2:00pm, Last day until 4:00pm)


Place: Eco Gallery Shinjuku , 1F Kumin Gallery, Tenji hall A. 

2-11-4 Nishishinjuku, Shinjukuku, Tokyo.

・15 min by walk from Shinjuku station, west entrance.

・5 min by walk from Oedo line, Tochoumae station, A5 entrance.

・10 min by walk from Marunouchi line Nishishinjuku station, entrance No2.


Contact: nmd.sucs2011@gmail.com


Fee: Free


There will be other events there too. (2F Kenshuushitu)


1. "Current situation of the disaster victims"…Jan 28th (Sat), 1:00pm-3:00pm


2. "Life-Farm of Hope"…Jan 28th (Sat), 4:00pm-6:00pm


3. "Life-Cats & Dogs rescue project in 20km No-go-zone"…Jan 29th (Sun), 1:00pm-3:00pm


4. "News coverage of the disaster/nuclear plant accident & A possibility of internet media"…Jan 29th (Sun), 4:00pm-6:00pm


Details: http://www.apfnews.com/pdf/2012_photocon.pdf






写真展をもうひとつおうし座ぶーぶー



被災地動物情報さんから転載です

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11141322475.html



※エーピーエフ番外地さんより

http://ameblo.jp/hari2106/entry-11141207088.html


1月27日(金)より東京都新宿で
APF NEWS映像写真展
「誰も伝えなかった東日本大震災 真実の記録」

無料で開催されるそうです。


その写真展で
「福島第一原発 犬猫救出プロジェクト」や「希望の牧場」による
トークイベントを同時開催されますー^^

⇒詳細リンク




★   ☆   ★   ☆




ここも大粒の雪が降りしきって、たくさん積もってきています…雪

ニュースでは「厳冬が長い」と言っていました。


そんな…


外で暮さねばならない子たち、そして福島の子たちの体力が、命が本当に気がかりです。


神様…あの子たちをこれ以上苦しめないでください…





Photo exhibition, Seminar 写真展、ロスで今本先生のセミナー

Photo exhibitions will be held.




"The situation of inside No-go-zone and left behind animals"


・Date: Jan 23rd (Mon) -Feb 6th (Mon)


・Time: Weekdays…9:00am-6:00pm, Weekends…10:00am-7:00pm (close on Tues)


・Place: "KINAKOYA " 2-4-5 Morishita, Koutouku, Tokyo

3 min by walk from Toei Shinjuku line/Toei Oedo line Morishita station, exit A6

7 min by walk from Toei Oedo line/Tokyo Metro Hanzoumon line Kiyosumishirakawa station, exit A2


・Detail: Please check the flyer. (Click to see well)


素敵な家族を迎えませんか?~「ニャンとも素敵な時間のススメ」被災地レスキューなど&里親募集編





"Left behind animals-The document of inside Fukushima 20km zone"by a photographer, Yasusuke Ota


・Date: Feb 23rd (Thurs) - Feb 28th (Tues)


・Time: 11:00am-7:30pm (last day until 5:00pm)


・Place: "Gallery Tamamiseum " Tamami building 2F. 3-24-12 Nishiki, Nakaku, Nagoyashi, Aichi Ken


・Fee: Free


・Official site: http://nokosaretadoubutu.web.fc2.com/


・Contact: nekonekonagoya@gmail.com


※Yasusuke Ota blog: http://ameblo.jp/uchino-toramaru/


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





A seminar by Dr Shigeki Imamoto will be held in LA.


・Date: Feb 11th from 1:30pm to 3pm


・Place: SPCA LA Animal Shelter. 7700 East Spring Street, Long Beach, CA 90815 (in El Dorado Park)


・Fee: Free


・Deatails: http://bigtreeforanimals.org/column/animal-welfare/event-workshop-1-19-2012/



This is from Hachiko Coalition.


*****************************************************************


We have wonderful news to report, Dr. Imamoto is one of the Chief Medical Advisors for the Farm of Hope, he has been working exceptionally hard to save the livestock of Fukushima.


He was just interviewed by NBC, one of the largest television networks in the United States, he has recommended that they also interview Mr. Murata the owner of the Farm of Hope, and Mr. Takamura who has been one of the few vocal voices for the animals within the government for this news piece that NBC is working on.


This is the most wonderful news! Finally, Fukushima animals on a major news network!


*****************************************************************







写真展のお知らせです!ネコわんわん



被災地動物情報さんから転載

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11142366306.html



※ニャンとも素敵な時間のすすめさんより

http://ameblo.jp/find-newfamily/entry-11141527125.html


写真展は1/23から2/6までカフェ「喜内古屋」さん

「警戒区域の現状と残された動物たち」の写真展やイベントを開催されます!

詳細は下記のフライヤーでご確認ください


素敵な家族を迎えませんか?~「ニャンとも素敵な時間のススメ」被災地レスキューなど&里親募集編

(クリックすると大きくなります)



★   ☆   ★   ☆   ★   ☆



早川日記さんから転載

http://ameblo.jp/bon-bon-boon/entry-11141814130.html



『のこされた動物たち@名古屋 公式HP』

太田康介写真展
のこされた動物たち  福島第一原発20キロ圏内の記録

あの日から、350日。
いのちは今も待っている。

震災と原発事故から1年を経ようとする今も、悲劇の続く場所。
福島第一原発20キロ圏内。
飢えの果てに死へと追いやられた家畜たち。
苛酷な環境を懸命に生きる犬や猫。
人間を知らない、新しい命。
東北の冬はただ容赦なく平等に訪れる。
フリーカメラマンが見つめ、記録し続けた現実。
なにも終わってない「今」が、ここにある。






日程:2月23日(木)~2月28日(火)
時間:11:00~19:30(最終日のみ17:00)
※25日(土)及び26日(日)は太田カメラマンが来場します。

場所

『ギャラリータマミジアム』


※チラシを貼っていただける方、配っていただける方みえましたら下記までお問い合わせ下さい。
写真展「のこされた動物たち」@名古屋 実行委員会
代表:井上めぐみ
連絡先:nekonekonagoya@gmail.com

もしくは、早川まででもいいですよ~!!



★   ☆   ★   ☆   ★   ☆




今本先生のセミナーが、アメリカ・ロス近郊で開催されます!アメリカ


被災地動物情報さんから転載

http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11140754267.html



※BIG TREE FOR ANIMALSさんより

http://bigtreeforanimals.org/column/animal-welfare/event-workshop-1-19-2012/


ロスで今本獣医師と、

ロス在住の日本人獣医師西山先生によるセミナーが開催されます。


【セミナー詳細】

日時:2012年2月11日 午後1時30分~3時
参加費:無料
場所:SPCAノーキルシェルター
7700 East Spring Street,
Long Beach, CA 90815 (in El Dorado Park)



被災地動物情報のブログ
このフライヤーはBig Tree For Animalsさんで自由にダウンロードできます^^





以下は今本先生のブログから一部転載!

http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/63482391.html



アメリカ三大ネットワークのひとつ NBC (National Broadcasting Company)から連絡が入り電話取材。

希望の牧場を紹介したり、高邑議員を紹介したり、現地の牛や犬や猫、豚やだちょう・・・。
いろんな問題を話しました。

農家を救え!
命を救え!

って話です。

あまりに問題が多すぎますよねぇ・・・。って、電話の向こうからの声が、困っておられました。
まだまだ震災は終わっていません。

震災から1年になった時に、現地に希望の光はさしているのでしょうか?
そのために、私ができることはやっていこうと思います。

さて、アメリカでの講演は、ニューオリンズ・サンフランシスコ・ロサンゼルス・レキシントンの予定です。
詳細は後日になります。すいません。



★   ☆   ★   ☆   ★   ☆



やっと、アメリカのビッグメディアで福島の現状が取り上げてもらえることになりそうです!

早く、記事になることを願いますキラキラ


今本先生、いつもありがとうございます。海外でこの現実がどんどん広まってくれればと思います。






プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR