Permit for rescue groups ?! 国と福島県が愛護団体の立入許可へ!

From 被災地の動物保護・支援情報


*****************************************************


According to msn Sankei News.

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/dst11112907580005-n1.htm



The government and Fukushima prefecture will give permits for animal rescue groups to enter the exclusion zone if...


(1) They have requests from the pet owners.

(2) They have their own shelter.

(3) They do not interfere the government's work.

(4) They provide their rescue plane before the entrance.


However, that it is still on a process of discussion and they have not take the actual action yet.



Tsutomu Takamura reps has mentioned about this news.

http://www.takamura-tsutomu.com/archives/1530812.html


On his blog speaks about the article that was published Nov. 29. Since April, lawmakers have continued to seek a response to rescuing pets and helping the livestock. Demands and requests from the public sector concerning the animals have been unasnswered until now.


It seems that there may be some progress in allowing the private rescue groups to help the animals. However there are a variety of concerns and issues that must be addressed. He says that he is watching the progress of this initiative and will follow up as needed.


***************************************************



Takamura reps has demanded to the government...


1. Basically, requests from the pet owners are needed, but there has to be an exception for the animals those who need help.


2. Cooperation of the cities, towns and villages are needed for the rescue work (as it may be necessary to go inside of the residents' house) such as accompanying officials.


3. A fixed feeding and breeding prevention are needed in order to stop natural reproduction in a severe condition.



According to a former Diet member, Makiko Fujino, applying for the rescue work seems to start soon.

http://ameblo.jp/makiko-fujino/entry-11092913738.html



According to Dr Shigeki Imamoto,

http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/archive/2011/11/29


He had a call from Takamura reps and he said that he was willing to start in this December.


The permit of the mayors seems to be needed anyway.

Accompanying the police may be needed in order to limit the activity time and integrating radiation dose.


"This may be the last chance for us".



Wonderful news !! However we have disappointed many times before. So it's not easy to believe. And if it's true, it's tooooo late, I have to say.

But anyway, I hope it will start as soon as possible.

Lives have been lost every day, every minute.




ビッグニュースが飛び込んできました。

「国と福島県が民間愛護団体に圏内立入許可を認める方針」。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/dst11112907580005-n1.htm



msn産経ニュースから転載。


**************************************************************


東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内で立ち入りが禁止された「警戒区域」に取り残されている犬や猫などのペットの保護について、国と福島県が民間の動物愛護団体に対し、同区域内への立ち入りを認める方針を固めたことが28日、関係者への取材で分かった。行政側はこれまで愛護団体の立ち入りを認めておらず、無断で立ち入った愛護団体と行政側の間でトラブルも起きていた。一定の基準を満たした愛護団体に立ち入りを認めることで、トラブルの回避や保護の効率化を目指す。


 環境省によると、震災前に区域内で登録されていた犬は約5800匹(登録制度のない猫は不明)に上る。警戒区域内のペット保護はこれまで、国や県など行政側が行ってきたが、現在までに行政側が保護した犬は356匹、猫は220匹にとどまっている。飼い主が連れ出したり、4月22日の同区域の設定に先立って愛護団体が保護したりしたペットも相当数に上るとみられるが、ある動物愛護団体は「まだ1千匹程度が区域内にいる」とみる。


 福島県の担当者も「ペットが家の中に隠れている場合などは、どこまで行政が立ち入っていいのか判断が難しい」と明かす。また、一部の愛護団体が無断で警戒区域に立ち入って警察とトラブルになったり、行政側が仕掛けた捕獲用のわなに入ったペットを連れ去ったりするなど、行政側の保護活動を妨害するような例もあったという。


ただ、保護した動物を一時的にあずかる福島県のシェルター(保護施設)も満杯に近い上、本格的な冬の到来で餌が減って餓死したり、凍死したりするペットの増加も懸念されている。このため国と県は、飼い主からの保護依頼がある▽自前のシェルターを持っている▽行政側の保護活動を妨害しない▽立ち入り計画書を提出する-などを条件に、愛護団体にも同区域に立ち入ることを許可する

 ある動物愛護団体関係者は「命からがら生き延びているペットたちにとっても、再会を待ちわびる飼い主にも画期的な判断だ」と評価した。


***********************************************************



このニュースについて…


民主党の高邑勉議員はこのように発言されています。(ブログから抜粋)

http://www.takamura-tsutomu.com/



記事の件は概ねその通りであるとのこと。ようやく、本格的に民間による救助のスキームが動き出すようです。

被災者でさえ自由に戻ることが出来ない警戒区域において、その活動は制約を受けざるをえませんが、これ以上放置しておくことは断じてあってはなりません。過去の失敗に学び、一定のルールのもとで、民間人の立ち入りを認めるスキームを構築すべき、目下、環境省動物愛護管理室と福島県において検討中です。

その内容は近々公表されるかと思いますが、私からは、現場の声として

①被災者である飼い主からの依頼に基づく救助であることを前提としながらも、状況に応じて動物愛護の観点から看過できない対象動物については例外規定を設けること

②実際の保護活動にあたっては(民家への立ち入りなど現場判断を伴うものであることから)、職員の同行を依頼するなど、当該市町村の協力を必要とすること

③過酷な環境下で自然繁殖をこれ以上増やさないために、餌やりの定点化や繁殖防止の必要な措置を行なうこと

を要望させていただいています。
行政による費用負担の件など未調整の部分も、活動に対しての安全基準など様々な懸念もありますが、これ以上放置して、座して死を待ってはなりません。多くの国民の懸念の声に、ようやく現場が動き出そうとしています。これからの動きを見守り、必要に応じてフォローしていきます。




元国会議員の藤野真紀子さんによると…(ブログから転載)

http://ameblo.jp/makiko-fujino/entry-11092913738.html


大きな転換です。現在、県がガイドライン作成中とのこと。 一定の条件満たした民間と連携し、保護活動の方向へ 動き始めました。 圏内のどの範囲までの許可か、愛護団体もシェルターに受け入れ可能かなどの基準がガイドラインに定められるのだと思います。


近日中には、申請受付が始まる模様。 県のシェルターも飽和状態、民間協力必要となった模様。

もっと早く、何故今頃との思いもありますが、動きました!




新庄動物病院の今本成樹先生によると…(ブログから抜粋)

http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/archive/2011/11/29


先ほど高邑議員(環境委員を自ら買って出てます)から連絡をいただき、12月に実施していきたい旨の話をいただきました。実際にトラブることがないような形を作る必要がありますから、明日、帰国したら電話するようになりました。

どちらにしても市町村長の許可が必要になるようです。個人的には、活動時間の制限や積算放射線量について等を入れ、警察の同伴くらいは必要かもしれません。


立ち上がる最後のチャンスかもしれません。




突然のニュースにびっくりして、読みながらちょっと涙出そうでした。

でも、今までうれしい話が出るたびに何回期待を裏切られてきたことか。

なのでちょっと半信半疑ですが…それにたとえ実現したとしても、あまりに遅すぎるよ…と言いたいところですが。


一応おおむねニュースの通り、とのことなので、とにかく一分一秒でも早く実現してほしいです。

この瞬間にも消えていく命があります。


みんなであきらめずに、頑張って訴えてきた声がやっと届きつつあるのでしょうか。

飼い主の皆さんも、どうかあきらめずに保護依頼をしてください!




スポンサーサイト

Fukushima Animals in CNN ! ※ CNNが福島の動物を報道!※訂正あり

※I deeply apologize for my terrible mistake.


This is an "iReport" of CNN. The article was posted by "Hachiko Coalition", has not been reported by CNN. I did not know and I should have checked properly at first.

I will be very carefull from now on.



This is from CNN site.


"The stories here are not edited fact-checked or screened before they post. CNN's producers will check out some of the most compelling, important and urgent iReports and, once they're cleared for CNN, make them a part of CNN's news coverage. (Look for the red "CNN iReport" stamp to see which stories have been vetted for CNN.)"


I really hope that many people will see this article, and will be on CNN. So please click on the "This Belongs on CNN" function at the bottom of the story on the site, thank you.





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




The situation of the animals left inside the Fukushima exclusion zone was reported in CNN ! (25 Nov) The story was told by Hoshi Family, who has been actively feeding and rescuing animals in the area.


http://ireport.cnn.com/docs/DOC-708650



This is the Part 1 of the article.


*********************************************************************


The Fukushima Animal Holocaust Part 1


iReport — The Hoshi Family has been actively feeding and rescuing animals left inside the Fukushima 20km No Go Zone, Japan.

They are featured in the National Geographic December 2011 Issue under caption the "The Dogcatchers" part of the coverage of Japan's Nuclear Zone Refugees.

Per Hoshi Family, "The earthquake in the eastern part of Japan was one of the worst disasters in 1,200 years--many pets and livestock became victims.

There is an area where no one can enter to help, that is, Futaba gun in Fukushima prefecture where the Fukushima daiichi nuclear power plants are located. Although TEPCO has employees and personnel on site that would be able to assist with the rescue of any animals found or located in this area, TEPCO feels that it has no obligation to help any animal found in this area.

Information concerning the animals left behind in the Fukushima Exclusion Zone has been carefully controlled by the Government of Japan. Announcements of "rescue" efforts are published but the results of these rescue efforts are not released. Information about the condition of the animals is not easily obtained from the Government of Japan. Most information about the area and the condition of the animals has been provided by those individuals that continue to feed and rescue the Fukushima "left behind" animals. People like the Hoshi Family.

Residents in the town were forced to leave by buses taking whatever they could carry. They were told to leave their pets behind with enough food and water for a few days by the Government officials managing the evacuation. ※1

The officials knew, at that time, that the evacuated people would not be allowed to return to this area once they were evacuated and still would not allow people to take their pets.


Anyone that was caught with a pet on the bus was forced to abandon the pet on the side of the road, moments after the person was caught with a pet. No effort was made to ensure that the animals that were forcibly taken from their owners and put out on the side of the road would be rescued at a later time. There still is no official number of how many animals were abandoned on the side of the road after being found, riding on the bus with their owner. ※2

Volunteers, bonafide animal rescue groups and veterinarians have been turned away at the gate. The Government of Japan claims that this is due to the radiation issues, however, since they have shown that the radiation levels are significantly lowered, the rescuers are still not allowed into the area to rescue animals. Policemen and decontamination workers have been allowed into the zone but not the rescuers.

A few dogs and cats have been saved by volunteers that sneak into the areas inside the no go zone Fukushima. But, there are still many more pets that remain and are in need of rescue.

Since then the check points have been tightened so that it becomes much harder to enter the area. The risk to the rescuers have also increased. The animal rescuers face fines and imprisonment if they are caught trying to rescue any of the FUkushima "left behind" animals.

There are still thousands of dogs and cats and livestock alive, but weaker animals will starve to death or die from disease, not from exposure to radiation. The Government of Japan have tricked and forced most of the farmers to consent to have their livestock "euthanized". Farmers that do not want to have their animals "euthanized" are denied the ability to feed and care for their animals.


Farmers are emotionally blackmailed into consenting to have their livestock euthanized"; the result is the farmers knowing that the livestock that they do not want to kill are starving, finally agree. The method of euthanasia used by the Government of Japan is not an acceptable method. It is not painless nor is it quick. The livestock are injected with large amounts of muscle relaxants and endure pain and agony for a prolonged period of time. Yet, the Government of Japan continues to utilize this method".


*********************************************************************


※1

The evacuees were told that they would be able to come back in a few days.

However, I do not think that the Japanese Government and Fukushima Prefectural Government officially told evacuees to leave their pets behind.

Some of the evacuees actually took their pets with them to the shelters.


※2

Has not been confirmed about this story.




This is from Hachiko Coalition.


"PLEASE click on the "This Belongs on CNN" function at the bottom of the story, so CNN will have to report on this because the public demands it. Please, take the time to help us. Thank you."




※訂正とお詫び※


こちらの記事ですが、調べましたところ、CNN自体が報じた記事ではなかったことがわかりました。


これは「iReport」という、視聴者が取り上げてほしい記事を投稿し、CNNのプロデューサーが注目した記事や、「取り上げてほしい」という声の多かった記事をニュースにするというコーナーに、「ハチ公連盟」さんが投稿されたものでした。


したがって、この記事に関してCNNは事実確認や調査をしていません。


きちんと確認せずに掲載してしまいましたこと、落胆させてしまいましたこと、転載いただいた皆さまを含めすべての皆さまに、ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びいたします。申し訳ございませんでした。


今後、確認の徹底をするようにいたします。


サイトの記事の下にある、「This belongs on CNN」という緑のボタンを押すと「CNNで報道すべき」という声が届けられるようです。


この記事が多くの人の目に触れること、そしてCNNが実際に取り上げてくれることを祈ります。




アメリカCNNテレビが、警戒区域で保護活動を続けている星ファミリーと、区域の動物たちの現状についてとてもリアルな報道をしてくれました!(11月25日付け)


http://ireport.cnn.com/docs/DOC-708650



まず、記事のパート1をご紹介します。



******************************************************************************


福島動物ホロコースト(大虐殺) パート1




星ファミリーは、福島の警戒区域内に取り残された動物たちの保護・給餌活動を精力的に行っている。

彼らは、「ナショナル・ジオグラフィック」の2011年12月号、原発区域の被災者についての特集の中で、「ドッグ・キャッチャー」というタイトルで紹介された。


星ファミリーによると、「東日本大震災はこの1200年で最悪の災害の一つで、多くのペットや家畜が犠牲となった。


福島第一原発が位置する福島県の双葉郡、ここは誰も救助に入ることのできないエリアだ。東京電力は現地に従業員や職員がいるにもかかわらず、エリア内の動物たちを救う義務はないと考えているようだ。


警戒区域内に取り残された動物たちに関する情報は、日本政府により入念に操作されている。

保護活動の努力については発表するものの、その結果については報じられない。


動物たちの状況についての情報を、日本政府から手に入れるのは難しい。

区域内や動物たちの現状についての情報のほとんどは、星ファミリーのような「取り残された」動物たちの保護・給餌活動を続けている個人からもたらされる。


区域の住民は、持てるものだけを持ってバスで避難しなければならなかった。

人々は行政担当者から、ペットは数日分の餌と水とともに置いていくようにと言われた。※1

しかしこの時、担当者は知っていたはずだ。一度避難した住民たちは、もうこの区域に戻ってはこれないことを。そしていまだ、住民はペットを連れ出すことを許されていない。


ペットを連れてバスに乗り込んだ住民は、道端にペットを置き去りにするよう強制されたという。

飼い主から無理矢理取り上げられ、道端に置き去りにされたペットが後日保護される保証は何も示されなかった。いまだ、この時置き去りにされたペットの正確な数はわかっていない。※2


誠意ある保護団体やボランティア、獣医師たちはバリケード前で追い返される。

政府は放射線の問題を理由にしているが、周辺の放射線レベルが著しく低下してきていることを発表しているにもかかわらず、警察官や除染作業員等を除いて、保護団体の救出のための立ち入りはいまだ禁止されたままだ。


区域内にこっそり入ったボランティアにより保護された犬・猫もいるが、いまだ多くのペットが取り残され、救助を必要としている。


検問所の警備が厳しくなり、区域へ侵入することは一層難しくなっているとともに、ボランティアたちのリスクも高まっている。彼らは「取り残された」動物たちを救おうとして見つかれば、罰金や拘束に直面することになる。


いまだ区域内では数千頭の犬、猫、家畜が生き延びているが、衰弱したものは飢えや病気で命を落としてしまう。被爆したことが原因ではなく、だ。


日本政府は、ほとんどの酪農家に対し、「安楽死」への同意をするように仕向けた。

たとえ「安楽死」をさせたくなくても、給餌や世話をすることができないのだから、結局は餓死させてしまうことになる。酪農家たちは精神的に追い詰められ、結局は同意してしまうのだ。


さらに、日本政府の行う安楽死の方法についても、容認できるものではない。

苦痛が少ないわけでも、すぐに終わるわけでもない。

家畜は大量の筋弛緩剤を投与され、その痛みと苦痛に長時間に渡り苦しみ続ける。


政府は、現在もこの方法を用いている。」


****************************************************************************


※1

被災者の方々は「数日で帰って来られる」とは言われたものの、少なくとも日本政府や福島県は正式に「ペットは置いて行くように」という通達は出していないように思います。

実際に、ペットを連れて避難した方もいらっしゃいます。


※2道端でのペット置き去りを強要された件につきましては、私も以前情報元の団体の方に問い合わせましたが、又聞きだったということで、正確な確認は取れていません。



The Japan Times too! ジャパンタイムズも!

The Japan Times picked up the Washington Post article !

(Reprint of the Washington Post article)


If you haven't read it, please go here.

http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111126f1.html




「ジャパンタイムズ」では、前記事でご紹介したワシントンポストの記事を取り上げてくれました。

http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111126f1.html



ワシントンポストの転載なので、内容はまったく同じです。まだ読んでいらっしゃらない方は、ワシントンポストの記事へどうぞ~

http://ameblo.jp/momokohime7/entry-11086218152.html




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



Washington Post covered MFarm ワシントンポストが吉沢さんを取材


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

                       写真:「希望の牧場」ブログより



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

                       写真:ワシントンポストより


The Washington Post covered the report of entering the Fukushima exclusion zone.

The reporters were guided by Masami Yoshizawa, a chairman of "Farm of Hope"and looked around the area.


The article also mentioned about left behind animals and Mr Yoshizawa's story.

There are photos of M Farm (Farm of Hope) in the gallery too.



This is the extract from one of the articles. Please read the whole story, and look the photos, watch the video on the Washington Post site ! (There are 2 articles)


And please comment them. If the Washington Post sees public interest, they will continue to follow up. Thank you.


Article 1

http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/after-japan-nuclear-disaster-a-wasteland/2011/11/16/gIQAt7ZTcN_story.html



Article 2

http://www.washingtonpost.com/blogs/blogpost/post/post-correspondent-visits-nuclear-disaster-zone/2011/11/18/gIQAF5fLhN_blog.html



Gallery

http://www.washingtonpost.com/world/japans-no-go-zone/2011/11/18/gIQAiz7NcN_gallery.html#photo=8


You can also watch the video on the Farm of Hope's blog too.

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2011/11/the_washington_.html



*****************************************************************


Around the Fukushima plant, a world left behind


Namie, JAPAN — Eight months ago, people left this place in haste. Families raced from their homes without closing the front doors. They left half-finished wine bottles on their kitchen tables and sneakers in their foyers. They jumped in their cars without taking pets and left cows hitched to milking stanchions.


Now the land stands empty, frozen in time, virtually untouched since the March 11 disaster that created a wasteland in the 12-mile circle of farmland that surrounds the Fukushima Daiichi nuclear power plant.


Some 78,000 people lived here; only a handful have been permitted to return. Cobwebs spread across storefronts. Mushrooms sprout from living-room floors. Weeds swallow train tracks. A few roads, shaken by the earthquake, are cantilevered like rice paddies. Near the coastline, boats borne inland by the tsunami still litter main roads.


Only the animals were left behind, and their picture is not pretty. Starving pigs have eaten their own. Cats and dogs scavenge for food. On one farm, the Tochimotos’, the skulls of 20 cows dangle from their milking tethers.

Several thousand Fukushima workers, draped in white protective gear, pass daily through the front gates of the plant, site of the worst nuclear crisis since Chernobyl .


Only emergency workers and select residents with special permits are allowed to enter the zone, and only for brief trips. When two Washington Post reporters rode into the zone by traveling with a local rancher, only a few cars whizzed along the main roads. The rancher, Masami Yoshizawa, said that only about 1,000 of the area’s 3,500 cows are still alive. At one point, while driving, he spotted a few brown cows with yellow tags on their ears.

“Those are probably mine,” he said.


Many who once lived close to the nuclear plant have felt severed from their previous lives. But Yoshizawa’s case shows an alternative torment: He makes daily visits to his now-contaminated farmland, preferring a dangerous reminder of his old life to no reminder at all.


Before the nuclear accident, Yoshizawa worked at the M Ranch, a 30-hectare farm with the curvature of a salad bowl. From the corral where Yoshizawa kept his cattle, one could see the towerlike stacks of Fukushima Daiichi, just nine miles away.


Yoshizawa and his fellow ranchers raised the cows for their prized Wagyu beef, selling them to wholesalers for $13,000 per head. Then, in a five-day span of meltdowns and explosions, cesium and other radioactive isotopes were swept across the countryside; the cattle were worthless, and the farm’s president, Jun Murata, lost $6.5 million in assets. On March 18, Murata told his employees that this was the end. He went to the corral and unlatched the gate. Some 230 cows wandered into the open.


Most of the employees never returned. But Yoshizawa, with no wife and children, spent the next week thinking about his livelihood. He identified in new ways with the animals he once sold for their beef — he felt as if his own worth, too, was verging on zero.


So he clung to the ranch. He obtained a permit from a friend at the local mayor’s office, allowing him unfettered access to the no-go zone. He bought a dosimeter, clipping it to the front window of his car. He — and often Murata as well — made daily trips to the ranch, feeding the cattle with contaminated hay. A few of the animals turned feral, but most just stuck around.


Still, there’s a question now about how best to treat the creatures inside the 20-kilometer zone. A few animal rights groups have made quick trips to save dogs and cats — but not livestock. Scientific groups say the animals represent the best chance for research on the effects of radiation . But in May, the Japanese government recommended that farmers euthanize their animals. It also banned farmers from bringing feed into the no-entry zone.


“If the livestock have nothing to feed on, they will languish and eventually die,” then-government spokesman Yukio Edano said. “I understand we are forcing the farmers to make a very tough decision, but we also do not want the farmers to go inside the no-entry zone, because it’s not safe.”


Yoshizawa says he’ll defy the order to euthanize his cattle, but he also understands the government’s logic — self-preservation in a disaster. It’s the same logic that forced the Tochimotos to leave in such a rush. Yoshizawa knew the Tochimotos. They were his neighbors. And on his recent trip into the no-go zone, Yoshizawa stopped by their house — where the people lived on the second floor, the animals on the first.


Persimmons rotted on the driveway. Near the front door, weeds rose knee-high. A Mazda Titan truck was speckled white and black by birds. The cows, who died without being milked, no longer even smelled, their flesh pulled off by other animals.

“They were dead within 10 or 12 days,” Yoshizawa said.


He said he had talked to the Tochimotos just once since the disaster. “They have been having nightmares about cows,” he said. “They can’t even think to come back here and see. But you can’t blame them. They made the right choice.’’


*******************************************************************




アメリカの「ワシントン・ポスト」紙(全国紙ではないものの、発行部数は全米で5番目(約66万部)。ハチ公連盟さんは「エリート紙」と表現していました)に、福島の浪江町など警戒区域内を取材したリポート、「エム牧場」(希望の牧場)場長の吉沢正己さんのインタビューや写真が掲載されました。



記事①

http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/after-japan-nuclear-disaster-a-wasteland/2011/11/16/gIQAt7ZTcN_story.html


記事②

http://www.washingtonpost.com/blogs/blogpost/post/post-correspondent-visits-nuclear-disaster-zone/2011/11/18/gIQAF5fLhN_blog.html


ギャラリー(15秒または30秒のCM後、吉沢さんやエム牧場を含む写真が見られます)

http://www.washingtonpost.com/world/japans-no-go-zone/2011/11/18/gIQAiz7NcN_gallery.html#photo=8



※取材した記者の感想や、ギャラリーの写真をつなげた短い動画は、「希望の牧場」ブログでも見ることができます。

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2011/11/the_washington_.html



吉沢さんは、自ら車に記者を乗せ、6時間に渡って区域や牧場を案内して回りました。

以下は記事の要約です。



*****************************************************************************


福島原発の周辺に取り残された世界


「浪江町。8か月前、人々はこの地を足早に去った。玄関も開けたまま、半分空いたワインのボトルはキッチンに置かれたまま。そして、ペットを連れ出すこともできず、牛をスタンチョンにつないだまま、足早に車に飛び乗った。


いま、その地は空っぽで、時は止まったまま。震災以降ほとんど手つかずとなった20km圏内は、荒野となった。リビングの床からきのこが生え、線路には雑草が茂り、津波で流された船がいまだ道路をふさいでいる。


動物たちだけが取り残され、その光景は悲惨である。飢えた豚は共食いをし、犬や猫は食べ物をあさっている。トチモトさんの農場では、20頭の牛の頭蓋骨が鎖からぶら下がっている。


誰も住むことが許されない-その状態は今後数十年続く可能性がある。


我々を案内してくれた牧場主の吉沢正己さんによると、区域内の3,500頭のうち、現在わずか1,000頭ほどがまだ生きているという。


原発の周辺に住んでいた人々の多くは、震災前の生活とは切り離された日々を送っている。しかし吉沢さんの場合は、また別の苦悩がある。彼は、完全に以前の生活を忘れることよりも、いまでは汚染されてしまった農場に、危険であっても毎日通うことを選んだ。


原発事故の前まで、吉沢さんは30ヘクタールの「エム牧場」で働いていた。

14キロほど先に福島第一原発の煙突が、タワーのようにそびえたっているのが見えた。

しかし、五日間に渡るメルトダウンと水素爆発により、セシウムなどの放射性物質が土地に降り注いだ。


牛は価値を失くし、社長の村田淳さんは650万ドルを失った。

3月18日、村田さんは従業員たちに終わりを告げた。そして柵の扉を開け、230頭ほどの牛たちを解き放った。


ほとんどの従業員は戻ってくることはなかった。吉沢さんは1週間、今後の暮らしについて考えた。

彼は、今まで食肉用として出荷してきたものの、今ではその価値がほとんど失くなってしまった牛たちを見て、自らの価値をも失ってしまったような気がした。


吉沢さんは農場に留まることを決心した。

役所に勤める友人に依頼し、警戒区域への通行許可証を手に入れた。そして線量計を購入して車のフロントガラスのところにくくり付け、彼(たびたび村田社長も)は牛たちに干し草を与えるために毎日農場へ通う。


野生化した数頭を除いて、ほとんどの牛が農場にとどまっている。


いまだ、警戒区域の動物たちへの対策については議論がある。いくつかの保護団体が区域に入り、短時間の間に犬・猫の保護活動を行っているが、家畜を連れ出すことはできない。


研究者たちは、放射線の影響を研究するために生かすことができると主張しているが、政府は5月、農家に対し家畜を安楽死させるよう勧める通達を出した。さらに区域内へ餌を運び込むことも禁止された。


『給餌をしなければ家畜は衰弱し、死んでしまう』という声に対し当時の枝野官房長官は、「たしかに私たちは農家に対し、難しい選択を迫っていると思う。しかし同時に、危険なので農家の方々には区域内へ立ち入ってほしくない」と述べた。


吉沢さんは、殺処分の指示に従うつもりはないものの、災害においてはまず自らの身を守る、という政府の理屈も理解できると言う。酪農家仲間のトチモトさんが、早急な避難を強いられたことと同じ理屈だ。

彼らは近所だった。吉沢さんは最近区域へ入った際、トチモトさん宅の前で立ち止まった。その家の二階に一家が、一階には動物たちが暮らしていた。


車道沿いの木々になった柿の実は腐り、玄関の付近はひざ丈まで草が生い茂っている。

搾乳されずに死んだ牛の死骸は、別の動物に食べられ、もはや死臭もしない。


吉沢さんが言う。「あの牛たちは、10~12日のうちに死んでしまった」。


吉沢さんは震災後、一度だけトチモトさんと話す機会があった。

「トチモトさんたちは、牛のことでずっと悪夢にうなされている。彼らはここへ戻って来て、様子を見ることを考えることすらできない。でも、それを責めることはできない。彼らは正しい選択をしたのだから。」



*****************************************************************************



このように主要紙の一面で取り上げられたのは大きいと思います。感謝です。

お礼や感想をコメントするのもいいですね。反響が大きければ、また書いてくれるかもしれません。


このように、福島の現状をどんどん報道してほしいです。

どんどん世界に広まってほしいです。


そして大きな支援につながってくれることを切に願います。



Hoshi Family on National Geographic 星さんがナショジオに!

Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






National Geographic

Hoshi Family, who has been actively feeding and rescuing animals in Fukushima exclusion zone, has been featured in the National Geographic.


They have been rescuing many left behind animals.

Along the rescue activities, they have also been feeding animals with a ton of food.

And fighting, raising their voice against the Japanese Government in several ways.


This is a document of Hoshi Family entering the exclusion zone for 4 months, with a top photographer, David Guttenfelder.


National Geographic has 50 million readers in all over the world.

People in 180 countries will see the real situation of Fukushima.


I hope to have more and more support from people in the world, and would like them to criticize and protest against the Japanese Government.



You can see the details and also buy the magazine from here.

http://www.eien-friend.com/animal/shinkan.html


Hoshi Family Facebook

http://www.facebook.com/fukushimaanimal


※There is a photo exihibition notice underneath.






警戒区域で決死の動物レスキュー活動を続けている星ファミリーが、世界的な雑誌「ナショナル・ジオグラフィック」に取り上げられました。


様々な方法で保護活動、救済を訴える活動をし、政府へ抗議の声を上げ続けてきた星ファミリー。

世界的な写真家、デビッド・ガッテンフェルダー氏とともに、警戒区域に潜入した4ヶ月間の記録です。


定期購読850万部以上、読者は5千万人。34カ国語、180カ国の人々に、福島の真実を知ってもらうことができます!


多くの人にこの惨状を知ってもらい、もっともっと国際的な支援や、政府に対する抗議が集まってほしいと思います。



詳細はこちら。ここから雑誌を購入することもできます。
http://www.eien-friend.com/animal/shinkan.html



星ファミリーのフェイスブック

http://www.facebook.com/fukushimaanimal



また、星ファミリー主催の写真展、「報道されない命」が、12月12日(月)から12月18日(日)まで、時間は10:00~18:00(初日は12:00から)、広島市の市民交流プラザで開催されます。お近くの方はぜひ!また、チラシ配布等の支援者も募集されています。


A photo exhibition, "Life not shown in mass media" will be held from 12/12 to 12/18, at "Shimin Kouryu Plaza", Hiroshima City.

From 10am to 6pm. (12/12: from 12pm)

They are also looking for supporters for distributing flyers too.



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

12月7日締切!パブリックコメント第二弾

環境省の、動物の法律改正のパブリックコメント第二弾!


法改正は、5年に一度しかないチャンスです!


悪徳ブリーダーやペット業界、実験施設の思い通りにさせないように。

動物虐待する者をちゃんと罰することができるように。

真に動物たちを守るための法律になるようにネコわんわんウサギ


動物たちの代わりに声をあげましょう!グー


ご家族、お友達にもお声がけいただき、ぜひ国に意見を届けてください!!

締め切りは12月7日です。


よく分からない、慣れていない、という方も大丈夫ですニコニコ

(私も恥ずかしながら、前回が初パブコメでした!)


下記のサイトをぜひご活用ください。



「長寿犬日記」のち「めり姉日記」さんには、パブコメについてのリンク集があります。

http://blog.goo.ne.jp/merry0412/e/b71727cbb0b279bce342866cf4f1b256



さらに「どうぶつ基金」さんには、2分でできるフォームがあります!携帯も可!

http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-entry-322.html




Article on PBS site アメリカPBSのサイトに福島動物の記事

An article about Fukushima animals was run on PBS, Public Broadcasting Service's site on 11 Nov.


http://www.pbs.org/newshour/rundown/2011/11/the-collie-in-the-coal-mine-whats-to-come-of-the-fukushima-dogs.html



This is an extract from the site.


************************************************************


At the tail end of Miles O'Brien's latest NewsHour report on radiation in Japan , a golden dog with a thick red collar trots into the street of the abandoned town, Katsurao, and weaves along the center divider.


Miles asks, off camera: "Do we have anything to feed him?"

The piece, which airs tonight, reports on the group Safecast , which has measured, mapped and crowdsourced data on radiation levels in locations throughout Japan, particularly in the hot spots near the Fukushima Daiichi nuclear plant.

The dog was one of several scrawny, undernourished dogs and cats they encountered, most likely abandoned by their owners during rapid evacuation. (The crew did, incidentally, have food in their supply for the dog - sweet buns with bean paste and sushi.)


Signs of the animals were everywhere, according to Xeni Jardin , who produced and helped shoot the piece. Bowls filled with dog food by a makeshift police station. A dog emerging from a cluster of houses near a stream. A cat poking its head out from behind the corner of an abandoned house. And on a lamppost, a sign with pictures of various dogs that had been rescued from the area, one of which has since been found.


"These were not feral cats and dogs," Jardin said. "It's obvious they were part of someone's family. As you feel empathy for these abandoned creatures, you start to feel the scope of the disruption and abandonment and complete destruction of the social fabric in Japan. The Japanese are very, very sweet to their pets."


Indeed, Japan is known for its animal lovers. After all, this is the land of cat cafes, where people pay by the hour to get their feline fix, hanging out and relaxing with resident cats. Some of these cafes are so crowded that reservations are recommended on weekends.


The dogs and cats spotted in Katsurao were were among thousands of pets abandoned after residents were forced to quickly evacuate areas around the Fukushima plant, after the tsunami damaged the facility, causing equipment failures and a release of radioactive materials.


"I think people expected not to be out of their homes for any length of time," said Ian Robinson, animal rescue program director for the International Fund for Animal Welfare , one of the groups that traveled to the evacuation zone after the disaster.

Upon visiting the area after the earthquake , Robinson's group found that many local Japanese groups were eager to help with animal rescue efforts, but there was confusion as to whether the animals in the radiation hot spots were safe to handle and how they should be tested for contamination. (As one of our readers pointed out, the Hachiko Coalition is an organization that has done a great deal of animal rescue work in the Fukushima radiation zone.)


They gathered international experts, produced a report in May and gave it to the Japanese government. "We hoped that would free up the ability of the government and NGO's to remove animals," Robinson said. "To a certain extent that happened, though as always with these things, they don't happen as well and smoothly as we would like. There have been holdups."



**************************************************************



What I agreed was the comment by "Hachiko Coalition" against the article.


"Intersting article isnt it? I do not know of a single rescue group that is hesitant to rescue an animal from the zone because of potential radiation contamination on the animal.


IFAW was interviewed and stated: We hoped that ((in reference to the IFAW report created in May on decontaminating animals from the zone) would free up the ability of the government and NGO's to remove animals," Robinson said. "To a certain extent that happened, though as always with these things, they don't happen as well and smoothly as we would like. There have been holdups."


No Mr. Robinson, to a large extent, animals have died because the Japanese Government could care less about your recommendations, the IFAW report, their citizens wishes, and the animal welfare groups begging to help them, because the Japanese Government is ignorant. That is what this article should focus on."


Yes, the Japanese Government ignored EVERYTHING !!


But... would it have been different if IFAW had provided a countinuous support and suggestions to the government even after May....?



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ




11月11日付けのアメリカPBS(「公共放送サービス」。会員数349のテレビ放送局を有する、非営利・公共放送ネットワーク)のサイトに、福島の動物に関する記事が掲載されました。


http://www.pbs.org/newshour/rundown/2011/11/the-collie-in-the-coal-mine-whats-to-come-of-the-fukushima-dogs.html



記事には、クルーが葛尾村で、痩せこけた赤い首輪の犬に出会い、偶然持っていたおやつを与えたこと。猫たちはおそらく、早急な避難の際に住民が置いていかざるを得なかった子たちだろうとのこと。


あちらこちらに動物達の気配を感じられたこと。多くは飼い犬・飼い猫のように見えたこと。

その他に、日本人は動物好きで知られていて、「ねこカフェ」なるものが人気で、週末には予約が必要なほど混雑することなども紹介されています。


さらに、5月に専門家らと共に来日して会議を開き、日本政府に被災動物保護に関するレポートを提出したIFAW (国際動物福祉基金)のロビンソン理事のインタビューが載っています。


ロビンソン理事は現地を視察した際のことを、次のように語っています。

「多くの動物保護団体が救助活動を熱望していたが、放射線のホットスポットにいる動物を触っても大丈夫なのかどうか、またどのようにしてスクリーニングすればよいのか分からず、混乱していた。」


(「ハチ公連盟」が、区域内で大がかりな救出活動を行ったグループの一つであると紹介されています)


そして、日本政府にレポートを提出したことについて、

「これによって、日本政府やNGOの動物保護活動が進むことを願っていた。ある程度は後押しすることができた。しかし、物事にはいつでも遅れがつきものだ。今回もそうであった。」


と語っています。




私が同感だったのは、むしろこの記事に対する「ハチ公連盟」さんの次のようなコメントでした。


「私は、放射能に汚染された可能性があるからといって、その動物たちを区域から救出することをためらっていた団体をひとつも知りません。


ロビンソンさん、動物たちが死んでしまったのは、日本政府があなたの提案を、IFAWのレポートを、国民の願いを、救助活動をさせてほしいと懇願する保護団体を、無視したからです。それこそに着目するべきだったと思う。」



そうです。何もかもすべて無視なのです。


国際的な機関であるIFAWが来日して、レポート(この中には、日本側からの報告として新庄動物病院の今本先生の書かれたものも含まれています)を提出してくれたことはよかったのですが、できればそれで終わりにせず、その後も動向を見守り、必要な支援や、政府に対する要望を続けてほしかったな…。



ちなみにPBSには、この8ヶ月間、いまなお命がけで動物たちの保護・給餌を続けている保護団体やボランティアの存在により生き続けている命があること、危機的な状況であること、メッセージプロジェクトのことなど、さらに取り上げてほしいとメールをしました。



We are still collecting messages! メッセージ二次募集開始! 

From NekoNeko sanネコ

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11081381030.html



Thank you so much for your messages !!

Every time when I get the messages with your thoughts, that makes me cry.


Unfortunately, we haven't been able to collect 1,000 yet.

So we are still accepting the messages !


We are aiming to take a photo infront of the 20km barricade, but also considering about using this more effective way. (For example, asking Ishiba reps to show it at the Diet)


If you have an idea, please let us know !

We need your continuous support ! Thank you.



2nd registration period is 17 Nov (Thr) to 24 Nov (Thur), until 8 pm.

Deadline for people in overseas: 29 Nov (Tues), 8 pm.


FAX 

①03-3605-5697 

②03-5704-4345

③0287-64-1238


Email

sakamoto1@mopera.net  

help.fukushima.animals@gmail.com  



Please send separately (using both addresses) if you can send some.


Please avoid writing your personal information due to photo taking and videotaping.





動物救援隊 東京福島茨城救援部隊 nekonekoさんから転載

http://ameblo.jp/tsukuba-cats/entry-11081381030.html



皆様、取り残された動物達へのたくさんのメッセージ、本当にありがとうございました。


尊い命を救いたいという強い思いがこもったみなさんのメッセージを見ていると、胸がいっぱいになり涙が溢れます。


どうしてこの国では、弱い命を助けることが許されないんでしょうね? この国では弱い命を見捨てることが正しい行いなのでしょうか?


動物達はいつも人間の犠牲。 言葉を話せないのをいいことに。



そしてメッセージですが、残念ながら目標の1000枚にはまだ到達していません。


引き続きメッセージの2次募集をしたいと思います。


そして集まったメッセージは、封鎖ゲート前での撮影が目的ですが、さらに何か有意義に使えればとも考えています。 (例えば石破茂さんに送り、国会で披露してもらうとか)


何かいい案があればそちらもよろしくお願い致します。
 


☆ 取り残された動物達への1000枚のメッセージ ☆ メッセージ二次募集 ☆


一人何枚でも結構です。メッセージ(写真や絵等でも)ご協力よろしくお願い致します。 

FAX、メールによる第ニ回メッセージ受付期間 11月17日(木)~11月24日(木) PM8時迄


FAX 03-3605-5697  FAX 03-5704-4345  FAX 0287-64-1238


メール sakamoto1@mopera.net  メール help.fukushima.animals@gmail.com  


※ メッセージは、写真動画撮影をしますので、住所の記載は避けて下さい。

動物救援隊 featuring 佐々木部隊 presents 「取り残された動物達への1000枚のメッセージ」






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ






Please send MORE messages! メッセージを送ってください!

Our ongoing project, "1,000 messages for left behind animals" needs MORE messages !

Please spread about this, and send your message !


You can send as many as you want.


Photos, drawings, poems..... anything is fine !


1st registration period is 10 Nov (Thr) to 17 Nov (Thur). Until 8 pm.


We will do the 2nd, if we can not collect 1,000.


FAX 03-3605-5697  OR  03-5704-4345

        OR 0287-64-1238


Email sakamoto1@mopera.net   OR  help.fukushima.animals@gmail.com  


Please send separately (using both addresses) if you can send some.


Please avoid writing your personal information due to photo taking and videotaping.



If you have some time, why don't you write down your opinions, anger, sadness, demands, wishes, and your thoughts for the animals ?


We will waiting for your message ! Thank you.




「取り残された動物達への1,000枚のメッセージ」プロジェクト。


メッセージがまだまだ足りませんショック!


ご家族、お友達にもぜひお声がけいただき、拡散・ご参加のご協力をお願いいたします!


文字だけでも、写真でも、イラストでも、詩でも、どんなものでも構いません。

お子さんの絵なんかもいいですね!クレヨン


お一人何枚でもオッケーニコニコ

もしお時間がありましたら…普段もんもんとしているその思いDASH!怒りパンチ!、訴え、呼びかけ、要望、希望、世界の人へ知らせたいこと、動物達への想いキラキラ…思い切り書いてみてはいかがでしょうか?!



言葉を話すことのできない動物のために…


尊い命のために…


どうぞよろしくお願いいたします。



FAX、メールによる第一回メッセージ受付期間 11月10日(木)~11月17日(木) PM8時迄  (1000枚に届かなかったら第二回の受け付けをやります)


FAX 03-3605-5697  FAX 03-5704-4345   FAX 0287-64-1238


メール sakamoto1@mopera.net  メール help.fukushima.animals@gmail.com  


※ 何枚か送っていただけるようでしたら、上記三つのFAX番号、二つのメールアドレスに、出来るだけ分散して送信お願いします。  


※ メッセージは、写真動画撮影をしますので、住所の記載は避けて下さい。





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ





A photogragher on TV 報道カメラマン太田康介さんがやじうまテレビに

From Hayakawa's Diary , and We won't abandon the animals in No-go-zone!



A photogragher Yasusuke Ota, who has been rescuing and taking photograghs of animals in Fukushima exclusion zone, appeared on Asahi TV.


He has been taking many photos in the zone.


Cattle drowned in a marsh seeking for water.


A dog died of hunger tied with leash.


A cat died at infront of the front door, waiting for its' pet parent.


Mr Ota said, "I have to take the photos and tell about this to people.

I'm very sad to think about feelings of the animals."


He has been taking photos, saying "I'm sorry, I'm sorry....."



You can watch the video.

http://ameblo.jp/bon-bon-boon/entry-11076029715.html






Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

(photo: from his blog http://ameblo.jp/uchino-toramaru/ )

(写真は太田さんのブログ「うちのとらまる」からhttp://ameblo.jp/uchino-toramaru/ )






「早川日記」さんから転載

http://ameblo.jp/bon-bon-boon/entry-11076029715.html


********************************************************


被災動物 あるカメラマンの記録(やじうまテレビから)


プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR