Second temp shelter in Fukushima 福島県第二シェルター

I haven't post the information about second temp shelter in Miharu Town, Fukushima yet. You can see more pictures below.


From Asahi Shimbun news.

*******************************************************************


Second temp shelter opens for pets of Fukushima evacuees.


Close to 400 pet dogs and cats have been forced into temporary makeshift shelters in Fukushima Prefecture because their owners live in temporary housing or other arrangements that do not allow animals.

The animals were found in the no-entry zone established in a 20-kilometer radius from the Fukushima No. 1 nuclear power plant.


A prefectural task force made up of Fukushima prefectural government officials as well as members of the prefectural veterinarians association opened the second temporary shelter in Miharu on Oct. 1.

Renovations were done on a vacant pet shop to create 78 private rooms for dogs and 40 spaces for cats. What used to be the pet shop parking lot is now used to allow the dogs to run around.


Each dog room has dimensions of about 1.7 meters in depth, about 1.2 meters in width and about 2 meters in height. A folding bed is installed by the far wall.

The rooms for cats are somewhat smaller, but there is still enough space for the animals to jump around.

Soon after the March 11 Great East Japan Earthquake, the task force opened the first temporary shelter in Fukushima city. The pets were placed in cages and the stress felt by the animals led to diarrhea. The animals also became more aggressive, biting staff members.

For those reasons, plans for a new facility called for measures that would relieve the stress felt by the pets.


Many of the pets left behind in the no-entry zone were collected by prefectural government and Environment Ministry officials after requests to do so were obtained from their owners. There have also been cases of pets being picked up during patrols of the zone by officials.

The number of pets collected increased from about June when more residents began returning to their homes for short periods of a few hours. On some days as many as a dozen pets were found.

Until now 489 dogs and 282 cats have been rounded up.


While many of the 771 animals have been returned to their owners, a total of 367 are still in temporary shelters. That includes 273 dogs and 94 cats.

In addition to the two temporary shelters, veterinary hospitals in Fukushima Prefecture and elsewhere have taken in the animals.

The owners of those pets now live in housing that does not allow animals. In some cases, the identity of the owner is unknown.


The task force faces a constant shortage of staff workers and funds.

Rather than use public funds, the task force is relying on donations as well as a fund established by the Japan Veterinary Medical Association to help pets during emergencies and disasters.


The task force has spent about 28 million yen ($365,000) from the 37 million yen or so it has received.

With the number of pets collected expected to increase and due to the need to care for the animals for a long period, the task force faces manpower and budgetary shortages.

By AKIKO TADA / Staff Writer


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

********************************************************************



福島県三春町に開設された、福島県第二シェルターのことをまだ載せていなかったので…


朝日新聞から

***************************************************

ペット戻れる日まで/三春に新収容施設

●警戒区域で保護

 東京電力福島第一原発事故の警戒区域内で保護されたものの、飼い主のもとに戻れない犬や猫が多い。飼い主の避難先の住宅事情などで約半数が帰れない。震災後に準備した収容施設が満杯になり、県などは2カ所目を開設した。


 ◎ストレス軽減へ「個室タイプ」

 新たに三春町に出来た被災動物の一時収容施設。県や県獣医師会などでつくる県動物救護本部が今月1日から運用を始めた。ペットショップの空き店舗を改装し、犬用78室、猫用40室を用意。駐車場だった場所はドッグランにした。

 広さと機能性を兼ね備えた「個室」が特徴だ。犬用は奥行き約1.7メートル、幅約1.2メートル、高さ約2メートルのスペースがあり、奥の壁には折りたたみ式のベッド。猫用はこれよりやや狭いが、跳んで遊べる棚がある。


 震災後、救護本部は福島市内に一時収容施設を設けた。ペットをケージに入れており、ストレスで下痢をしたり攻撃的になってスタッフをかんだりする犬もいた。このため、新たな施設ではストレスを和らげる機能を重視したという。

 警戒区域に残されたペットの保護は、多くは飼い主の依頼に基づき県や環境省が行う。巡回中に見つけるケースもある。警戒区域の家に一時帰宅する住民の増加に伴い6月ごろからペットの保護も増え、多い時で1日十数匹にのぼった。震災以降これまでに、一部警戒区域外も含め犬489匹、猫282匹の計771匹を保護した。


 このうち犬273匹、猫94匹の計367匹が救護本部のもとに残っている。2カ所の収容施設のほか、県内外の動物病院などに預かってもらっている。飼い主の避難先の仮設住宅やアパートでペットを飼えなかったり、飼い主が分からなかったりするためだ。
 救護本部では、スタッフ不足や資金繰りなど、悩みが尽きない。


 活動資金に公費は使わず、救護本部に寄せられる義援金と、日本獣医師会などでつくる緊急災害時動物救援本部からの分配金でまかなっている。これまで寄せられた約3700万円のうち約2800万円を使った。医薬品の購入費やスタッフの人件費、施設の賃借料や維持費などがかかり、資金は十分でない。

 救護本部を担当する大島正敏・県食品生活衛生課長は「増え続けるペットを長期間管理する必要があり、人も金も足りない」と訴える。


 ○最後の場所に涙/猫、家族のベッドのそば/犬、小屋の前

 県職員の獣医師で県動物救護本部員の小野剛さん(44)はこれまで35回、警戒区域内で保護活動をしてきた。家族のベッドのそばで力尽きた猫、リードを外されていたが小屋の前で死んでいた犬。結果を伝えるたび、涙を流す飼い主を見てきた。

 特にお盆以降、死骸に出くわすことが多い。埋葬してあげたいが、放射性物質に汚染された土に触れず、石灰をまいて引き揚げる。「飼い主にとっては家族の一員。やりきれない」

 

 救われる出来事も。6月、楢葉町で紀州犬3匹を保護した。3匹とも皮膚の病気になり、毛が抜けていた。約4カ月施設で世話をすると毛並みも戻った。「元気になる姿を見るとうれしいし、ほっとする」。収容中のペットが飼い主のもとへ戻る日を願う。(多田晃子)


*****************************************************



You can see the first and second temp shelter on the TV programme.

At "Hayakawa's Diary".

早川日記さんに、第一シェルター、第二シェルターも映っているスッキリの映像があります。

http://ameblo.jp/bon-bon-boon/entry-11044704309.html



Fukushima Animal Control Centre (Animal Rescue Headquarter) needs these at the moment. Please help them ! Thank you.


Foster family for the animals

Shelter volunteers

Relief goods

・Reash (chain)

・Collar (with belt)

・Nail scratch for cats

・Cat litter (made from paper)

・Wet wipes


ポストAddress

〒960-8670

2-16 Sugitsuma Chou, Fukushima Shi, Fukushima Ken

Fukushima Ken, Hoken Fukushibu, Shokuhin Seikatsu Eiseika Nai

Fukushima Ken Doubutsu Kyugo Honbu


電話TEL:024-521-7245


Donation

Toho Bank, Kencho Branch, Ordinary Account, (Branch code 103),

Account No.1418368, "Fukushimaken Doubutsu Kyugo Honbu")




Pictures of the second shelter. From "Hayakawa's Diary"

第二シェルターの写真。以下、早川日記 さんから転載。



早川日記


早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

早川日記

第1シェルターと比べると、すんごく綺麗ですよね。


ペットホテルみたいです。


が、しかし


動力を使っているため、電気代が高くエアコンをあまり使ってないみたい・・・。


三春って結構寒いって聞くし・・・大丈夫なのでしょうか・・・。


ということで、こちらも新聞や毛布集めます。


もちろん、飼主さんの所へ戻ったり、里親さんが見つかるのが1番いいのですが。



福島県動物救護本部のHP

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm


里親募集のページ

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/sato/framepage1.htm


ホストファミリー募集のお知らせ

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/douai/hostfamily/hostfamily.htm


ボランティアさん募集のお知らせ

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/volunteer/volunteer.htm


支援物資のお知らせ

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/volunteer/supplies.htm




スポンサーサイト

Message pics from the world2 世界からのメッセージ写真2

From HC's Facebook.

「ハチ公連盟」Facebookから転載柴犬

http://www.facebook.com/hachiko.coalition


******************************************************************************


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


George, from Australia. オーストラリアのジョージ君オーストラリア



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Wicket, from Australia. オーストラリアのウィケット君オーストラリア



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Boris, from Italy. イタリアのボリス君イタリア



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Clypso, from France. フランスのカリプソ君フランス




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


A rescue dog from Mexico. メキシコの救助犬メキシコ国旗




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


******************************************************************************


おまけヒヨコ


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Haru, the Queen of my household ! 春(はる)。わが家の女王様王冠1




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


Yuki, a very good girl. 幸(ゆき)。保護して一年たった今も、女王様にシャーシャー言われてしまう純真な良い子。里親さん募集中。




Here are details of this project.

プロジェクトの詳細は過去記事で


There are lots of wondeful people still fighting in overseas.
Let's pressure the Japanese government !

海外にも、まだあきらめずに闘ってくれている人たちがいます。
世界中の声をひとつにして、日本政府を動かしましょう!

HC needs as many as possible.
Please spread about this, and send your picture to HC !! Thank you.


私たち日本国民の声も届けましょう!

日本人の声も、できる限りたくさんほしいそうです!日本語で大丈夫です。


拡散のご協力もよろしくお願いいたします。
特に海外にご家族、お知り合いのいらっしゃる方、ぜひ海外への拡散のご協力をお願いします。

写真は、ハチ公連盟代表のナンシーさんのアドレスにメール添付でお願いいたします。

nancy@hachiko-coalition.org

Message pics from the world1 世界からのメッセージ写真1

I post some of the message pictures that have been sent from the world to HC ("Hachiko Coalition")'s project.

I can not post all of the pictures so please check HC's page too !


「ハチ公連盟」の動物救済プロジェクトに寄せられた、世界各国からのメッセージ写真をご紹介します。

掲載しきれない分もありますので、ぜひハチ公さんのページもご覧下さい。

早速、新庄動物病院の今本成樹先生が参加してくださいました。ありがとうございます!



From HC's Facebook.

「ハチ公連盟」Facebookから転載

http://www.facebook.com/hachiko.coalition


******************************************************************************



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

My name is Sakura and I live in Japan!日の丸 My father is a HERO for the Fukushima animals. His name is Dr. Shigeki Imamoto, a well know vet in Japan.

My dad, Dr. Imamoto has been to Fukushima many times treating my friends that are injured and who need some medical attention and he is working very hard to save both the companion animals and the livestock left behind in Fukushima.

He is the most outspoken veterinarian concerning the rescue of the Fukushima animals! He wants to help so badly but the Japanese Government wont listen. His mission is to save the animals of Fukushima and he is a true hero!

He participated in this visual petition, wont you? We are using it to pressure the Japanese Government to organize a rescue once and for all for the animals of Fukushima, so good people, like Dr. Imamoto, can finally go into the zone and help my poor friends and bring them to safety!

PLEASE email your pictures to nancy@hachiko-coalition.org so we can continue to be the voice for the animals and help people like Dr. Imamoto appeal for mercy. Thank you!

「私の名前はさくら。日本に住んでいます。日の丸私のパパは福島の動物たちのヒーローなの!パパの名前はドクター・イマモト シゲキ。日本で有名な獣医さんなの。


パパは何回も福島に行って、傷ついた私たちの仲間の治療をしてきて、取り残されたペットと家畜を助けるために一生懸命頑張っているのよ。


パパは動物たちをすごく助けたいのに、日本の政府は聞いてくれないの。パパの使命は福島の動物たちを助けること。ほんとのヒーローなの!


私たちは、レスキュー活動をしてもらえるように、パパのような素晴らしい人たちが区域に入って、苦しんでいる私たちの仲間を助けてもらえるように、政府にプレッシャーをかけたいの。

動物たちの声になるために、ハチ公連盟のナンシーさん、nancy@hachiko-coalition.org まで写真を送ってください!」





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

My name is Lulu and I live in Australia!オーストラリア My brother is the very handsome rat named Jacob.

Winter is coming, then how will the animals survive?


We need to pressure the government, every day, until they finally organize a mass rescue.

The Hachiko Coalition wants to help save all the animals that have survived, you can help too,


please keep submitting your pictures, they are sent to Japanese Government officials indicating what country were from so they know the world is watching! My friends in Fukushima have the right to live. Please email your pictures to nancy@hachiko-coalition.org to support their visual petition. Thank you!


「私の名前はルル。オーストラリアに住んでるわ。オーストラリアジェイコブっていうとってもハンサムなネズミの弟がいるの。冬が来るわ。動物たちはどうやって生きのびるの?


大規模レスキューが実現するまで、政府にプレッシャーをかけなきゃ!

お願いだから、写真を送り続けて!写真はね、どこの国からかっていうのもちゃんと書いて日本の政府に送られるの。福島の友だちには生きる権利があるわ!」





Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


My name is Jacob and I live in Australia!オーストラリア Nope. Your not seeing things. Thats me! And I make a GREAT companion! You'll meet my sister a little later, her name is Lulu and shes a cat!


But wont you help? Can you please ask your friends to take pictures with a message for Government officials in Japan to save the animals? Its easy, and every pet is going to be profiled, nobody is going to be missed.


The Hachiko Coalition is sending our pictures to government officials everyday to remind them were all watching and want the animals rescued! Even me! I have a voice too. Please email them to nancy@hachiko-coalition.org thank you!


「僕の名前はジェイコブ。オーストラリアに住んでるんだ。オーストラリア僕はここだよここ!そう、それが僕。

僕にはすばらしい友だちがいるんだ。そう、ルルっていって、ネコなんだよ!


動物たちを助けるために、日本の政府に向けたメッセージ写真を撮ってくれるように、友達に頼んでくれないかな?」




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ



My name is Tobi and although I live in the USアメリカ, I love my animals friends all over the world.
My friends in Fukushima Japan have been abandoned and left without food and water for 185 days, 11 hours and 45 minutes.

There are a handful of nice people who go in the zone to give them food and water, but they have to be quick, otherwise, they risk getting arrested. Its not their humans fault they had to leave their pet companions in a hurry, they were told they can come back in 2 or 3 days, it’s the Government of Japans fault for lying.

Please send your photos with your pet with a sign pleading for their rescue, its important, The Hachiko Coalition and their friends are using this to make a case to the Government of Japan. Please email them to nancy@hachiko-coalition.org thank you!

「僕の名前はトビ。アメリカに住んでるんだけどアメリカ、世界中の動物の友だちが大好きなんだ。

福島の友だちは、ごはんもお水もなく185日、11時間、45分、放っておかれてるんだ。


ひとにぎりの良い人たちが区域に入って、ごはんやお水をあげてくれてるけど、捕まっちゃうかもしれないから時間はかけられない。


日本の政府が悪いんだ。みんなにも写真を送ってほしいんだ!」




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

My name is Charlie and I live in France!フランス My mom, Nathalie Alduc, has been working very hard to raise awareness with the citizens of France, so much so she started her own facebook page to ensure that we keep up the pressure on the Japanese Government and raise awareness for my friends left behind in Fukushima.

Her webpage on facebook is called “Sauvons les animaux de Fukushima” which is wonderful because we want to get the word out in all languages! Please help raise awareness for the animals of Fukushima who have been struggling to stay alive for the last 185 days, 15 hours and 27 minutes.

The Hachiko Coalition would really love all your pictures with your pets with a similar message, their compiling all of them and intend on sending them to a lot of important people that they hope can change the Governments mind! Please email them to nancy@hachiko-coalition.org thank you for helping!

「僕の名前はチャーリー。フランスに住んでいます。フランスママのナタリーは、フランスの人々に福島に取り残された動物のことを知らせるために、すごく頑張ってるんだ。


そのためにフェイスブックのページも立ち上げたの。 “Sauvons les animaux de Fukushima”っていうんだ。福島で苦しむ動物たちのことを広めるため、力を貸してほしい!」


******************************************************************************


There are lots of wondeful people still fighting in overseas.
Let's pressure the Japanese government !

海外にも、まだあきらめずに闘ってくれている人たちがいます。
世界中の声をひとつにして、日本政府を動かしましょう!

HC needs as many as possible.
Please spread about this, and send your picture to HC !! Thank you.


私たち日本からの声も届けましょう!

日本人の声も、できる限りたくさんほしいそうです!日本語で大丈夫です。

拡散のご協力もよろしくお願いいたします。
特に海外にご家族、お知り合いのいらっしゃる方、ぜひ海外への拡散のご協力をお願いします。


写真は、ハチ公連盟代表のナンシーさんのアドレスにメール添付でお願いいたします。

nancy@hachiko-coalition.org


拡散希望!海外から福島動物救済プロジェクト

こちらのプロジェクトは終了いたしました。

多くの皆さまのご協力ありがとうございました!!ぺこり




アメリカから、福島の動物たちの支援活動をしてくれている「ハチ公連盟」さんが、日本政府に動物救済を訴えるプロジェクト、「The World is Watching」(「世界は見ているぞ」)運動を開始しました!


「ハチ公連盟」は、ハリケーン・カトリーナの際に支援活動に関わった有志達が、福島の動物救済に向け再結成したグループで、情報発信や募金活動などを精力的にされています。


今回、ペットに救済を求めるメッセージを添えた写真を世界中から募集し、毎日日本政府へ送るというプロジェクトを開始しました。「世界は見ているぞ!」ということをアピールし、救済を訴えるのが目的です。



「ハチ公連盟」Facebookより転載柴犬

http://www.facebook.com/hachiko.coalition


**************************************************************************



Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


「ママが、このプロジェクトはとっても簡単で、たった5分で済むからって早速やってみたの。ママは紙切れにメッセージを書いて、それを私の前に置いて携帯で写真をとるの。別に特別かっこつけたりする必要はないのよ。


ママはね、福島にいるわたしたちの友達を助けるために、日本の政府を動かすために、仲間たちと一生懸命闘ってくれているの。だからお願い、みんなもこんなメッセージをつけたペットの写真を撮って送ってほしいの!


私のママはナンシー・ゴザード。ママのメアドnancy@hachiko-coalition.org まで写真をおくってください。

ママは、ほんとうに動物たちを助けたいの!」


*************************************************************************




ご自分のペットの前に、動物救済を求めるメッセージを置いて写真を撮り(携帯でもOK)、ハチ公連盟代表のナンシーさんのメールアドレスに添付して送るだけです!


メッセージかメール本文に、国名やペットの名前を書いてもいいですね。

「I'm ○○ and I live in Japan !」など。


もしもペットがお家にいない場合は、ぬいぐるみや置き物なんかを使ったかわいいお写真を撮ってもいいですね!クマ


救済活動や後方支援などされている方は、メール本文に簡単にその内容を書いたり、ブログのURLを張り付ければ、写真と一緒にハチ公さんのページで紹介してくれます。


メッセージはどんな言語でもOK!むしろ様々な国から、いろんな言葉のメッセージが届くのが望ましい、とのことです。



日本国内でも、ペットを飼っている人でさえ、福島の動物のことはよく知らない、関心がないという人がいるのに、はるか遠い国からこれほど動物たちを想い、必死で闘ってくれている人たちがいるのは、本当にありがたくて、心強いです。


もし私だったら、正直、遠い国で起こっている出来事に対してここまでできないと思います。

素晴らしい皆さん、本当にありがとうございます。





このプロジェクトのことを広めてください。よろしくお願いいたします。


また外国にお友達のいる方、ぜひ参加・拡散の呼びかけのご協力をよろしくお願いいたします。


これから、世界中から寄せられたメッセージ写真を随時アップしています!地球



There are lots of wondeful people still fighting in overseas.
Let's pressure the Japanese government !

海外にも、まだあきらめずに闘ってくれている人たちがいます。
世界中の声をひとつにして、日本政府を動かしましょう!


HC needs as many as possible.
Please send your picture to HC !! Thank you.


私たち日本国民の声も届けましょう!

日本人の声も、できる限りたくさんほしいそうです!日本語で大丈夫です。


写真は、ハチ公連盟代表のナンシーさんのアドレスにメール添付でお願いいたします。

nancy@hachiko-coalition.org


送られた写真は、一枚残らず日本の全省庁、国会、福島県の自治体、天皇陛下へメール・FAX・国際宅急便で送られています!

"The World is Watching" campaign to save animals

"The Hachiko Coalition" has started "The World is Watching" campaign to save the animals in Fukushima exclusion zone !!


*"The Hachiko Coalition" http://www.facebook.com/hachiko.coalition

Created during Hurricane Katrina and regrouped. Working to draw attention to the plight of Fukushima animals. 



From HC's Facebook. ***************************************


Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ


"My mom wanted too demonstrate how easy this project is, it only took 5 minutes. She wrote her message on a piece of paper and just put it in front of me and took a picture on her cell phone.


Its not fancy and it doesnt need to be. She is fighting really hard with some good collegues to help save my friends in Fukushima and change the Government's mind that we are important.


Please help them, they want all their supporters to take pictures of their pets with a similar message. I own Nancy Gothard and you can email her your pictures at

nancy@hachiko-coalition.org

she really wants them to help the animals. Thank you."

The message certainly does not have to be in English, in fact, the more languages the better. Thank you everyone in advance for your efforts.


*****************************************************



The HC is sending the pictures to the Japanese government officials everyday to remind them world is watching and want the animals rescued.



There are lots of people in Japan that don't know or don't care about this even who has pets.


But, there are lots in abroad that care about animals, raise their voice for the animals in far east, Japan.

I am so glad and proud of them.

I would like to thank them for the continuous support !!



Please post your pet picture with a sign in support of the Fukushima Exclusion Zone Animals. Let's be their voice.


Tag your picture to the Hachiko Coalition's site or send a picture to Nancy Gothard, president of HC, at nancy@hachiko-coalition.org

she really wants them to help the animals.


Also, you can post the sign in any language you want!!! Thank you.

The Hachiko Coalition would like to show a huge international support. thank you.




It may good to write your companion animal's name and country.

How he/she has met you etc.


If you do not have a companion animal, you can take a photo with things like stuffed doll and ornament !


And if you are very active in helping animals, also good to introduce yourself too.


Please send the pictures to HC !!にゃーわんわん

nancy@hachiko-coalition.org


And please tell your friends and collegues about this too !!

I will keep up the message pictures from around the world ! 地球



All the pictures have been sent to Japanese Government, local government of Fukushima, and the Emperor of Japan !




Present situation of rescuing pets 被災ペットへの対応の現状

From Yuichiro Tamaki (a member of the Diet)'s blog/

被災地の動物保護、支援情報Facebook


***************************************


Tamaki reps. He talked to Minister of environment about animal rescue in the exclusion zone. They claim from 10/24 to 11/18 they will put more effort into the rescue.

* What does it mean more efforts? Answer: Get more help... from other local government and increase people.

* More details? How many people? Answer: one to 2 cars, and 2 to 6 people a group.

* Why not use public sectors? Answer: On May we asked vets from private sectors but it did not work well so we reply on only local governments.

* Maybwe we can train vets from private sectors and then try to rescue them. Answer: We will ask Fukushima prefecture but the decision would not be changed.

The Fukushima prefecture should ask private research groups to get correct information on pets in the exclusion zone. The Fukushima prefecture would not lead then the groups of vets should lead the rescue. We should not blame who's fault it is but we should take action.


***************************************


"Put more effort"?

With just only 2-6 people ?


Please. PLEASE !!

Somebody. Anybody. Help.....

Aren't there ANY ways to help the animals now?



民主党の玉木雄一郎議員のブログ から転載です。


*************************************************


「被災ペットへの対応についての現状」


暫くの間、警戒区域内のペット保護活動について書いていなかったので、これまでの取り組みも含めて、報告させていただきます。


5月10日から8月26日まで、住民の一時立ち入りと連動して、環境省、福島県、および、関係民間団体からなる動物救援本部が協力して、警戒区域内のペットの保護活動を実施してきました。


また、8月26日に住民立ち入りが一巡したことから、一時立ち入りに連動した保護活動は終了し、9月からは、主に福島県が中心となって警戒区域内全域の保護活動を実施してきました。


これらの保護活動の成果は、以下のとおりです。(犬と猫を合計した数字)


5月 105(4月28日~の数字)
6月 221
7月 132
8月  34
9月  22(10月16日まで)


この結果を見ていただくと分かるように、8月に入ってから保護頭数が大幅に減少しています。9月以降は、その傾向が顕著になっています。


そこで、今後の活動が重要になってくるわけですが、先日、環境省の動物愛護管理室に確認したところ、本日(10月24日)から11月18日までの間、9月から実施してきた福島県の保護活動を一層強化する形で対応するとの回答でした。


これに対して、私から、「強化」といっても、具体的にどういう対応をするのかと尋ねたところ、他の地方自治体(例えば、兵庫県など)の協力を得て、投入する人と車の数を増やすとの回答。


具体的に、何人、何台で対応するのかと聞いたところ、


車1~2台で、合計2~6人で対応するとの回答。


それでは、広い警戒区域の保護活動としては不十分ではないか。民間団体などの協力も得て、もっと大規模にやれないのかと改めて尋ねたところ、


これまでも150名を超える獣医師さんに登録いただいて、5月末に一度保護活動に入ってもらったが、うまく機能しなった。それで、基本的には、地方公共団体にのみ協力を要請することを基本として活動を展開している旨の回答。


これに対して、約150名もの獣医師さんに登録してもらっているなら、是非、協力してもらうべきであって、仮に、行動の統制がとれないなどの問題があるなら、日本獣医師会などがきちんと訓練・指導したうえで投入すれば、問題をクリアーできるのではないかと改めて質問。


すると、福島県と相談してみるが、県の方針は変わらないだろう、との回答。


なお、環境省としては、動物調査会社に委託をして、警戒区域内のペットの現状について調査を行うことを検討しているようですが、もはや調査ではなく、具体的な救出オペレーションをもっと積極的にやるべきだと思います。


福島県が主導的役割を果たさない(果たせない)のであれば、国(環境省)が音頭をとって、せめて獣医師さんたちの協力を得た大規模な保護オペレーションをまわすべきだと、私は考えます。


寒い冬が近づいています。


もう、誰が悪い、誰が動かないという批判や責任転嫁は不要です。


必要なのは、具体的行動のみです。


私も、具体的な行動に踏み出したいと思います。

Please Save Animals 動物たちをたすけてください

From Dedicated to the mystery surrounding the 2 tsunami dogs .

(Originally posted by Tatsuo Takagi)



No one can say it any better. Please help the Fukushima Animals.


「福島20km圏内の動物たちをたすけてください」




Momoko-Hime's Blog 動物救援隊 外交官 ももこひめ

Reports with English subtitles 英語字幕付き報告動画

Dr.Imamoto is trying to call for help to overseas again by telling the situations of animals in Fukushima.

According to Dr.Imamoto, these movies have been sent to AP Network.

We STILL can not see any movements to the Japanese government.
We STILL can not see any strong demand or protest from oversea governments.

Animals are dying.
We have run short of money and hands.

Is this last forever?




新庄動物病院の今本成樹先生は、福島の現状を海外に伝えてもう一度援助を求めるため、まず英語字幕付きの報告動画を作成されました。これらは、AP通信へ送られたということです。

いまだ、日本政府に動く気配はありません。
いまだ、海外政府からの強い要望も抗議もありません。

動物たちは死んでいってしまいます。
みんな資金不足、人手不足です。

これは永遠に続くのでしょうか?



From YouTube

*************************************

Dr. Imamoto, DVM in Japan recounts his view of what really happened wtihin the 20km no go zone. He tells of frustrations with the JPN government agencies not listening to repeated requests by vets to enter the zone and help the animals still alive. At the beginning there were many animals including horses which are believed to be sacred. After many pleas and meetings Imamoto and other volunteers on a rescue mission are able to rescue many horses. Imamoto reminds us that this was just a small victory because many animals remain behind that need medical care. He tells us that many animals survive because volunteer rescue people continue their efforts to bring animals out of the zone.
This video takes place early in the Fukushima disaster in mid April.


*************************************

















地球の未来へのメッセージソング Song for the future of the Earth

English follows.





Momoko-Hime's Blog


                               CDjacket制作協力ミッチー


コスモスさんのブログ から転載です。


音譜   地球   クローバー   音譜   黄色い花   ネコ   音譜



利理さんのブログから
http://ameblo.jp/coo-boo/entry-11035380479.html


地球の未来へのメッセージ!

娘摩耶が昨年作った曲『LIFE』の詞を是非皆様にお伝えしたく前回は歌を聴いて頂きましたが今回は詞をご一読して頂きたいと存じます。
3、11以前に地球の未来に対し不安を感じていた娘がどうしても皆様にお伝えしたかった事を綴ったものです。


私は初めてライブでこの曲を聴いた時、胸が熱くなり、涙してしまいました。
昔からこの世界に対して何とかせねばと思っていた私はこの曲を知らせたいと強く感じるようになりました。

摩耶はメジャーを目指しMISIAのプロデューサーの島野聡氏にプロデュースをして頂いておりましたが、3、11以後ボランティアの気持ちが強くなり、歌はお金ではなく、伝えるものと強く思う気持ちが摩耶の生き方を変えたのです。

今回ご縁により福島県警戒区域のアニマルフォレストのテーマソングになりました。この詞に込められた地球の未来に対するメッセージをご一読ください。


『LIFE』
人間が生み出すくだらない欲望で
傷つけられていく
animals&plants
泣いてるよその小さな命たち
僕の声は聞こえてるかな?
誰か一人でもいいんだ
届けたい地球の声
10年後どんな姿の星が待ってるんだろう
僕をたくさんの愛情で育ててくれた父母が
ためらいなくこの青空の空気を味わっている
僕はそんな風に想像したい

純真に飛び立つ鳥達の行く末は
緑一つもない乾いた世界
泣いてるよその小さな命たち
僕の声は聞こえてるかな?
『生かしてほしい…
生きたいんだ』 伝わってくる地球の声

10年後どんな姿の星が待ってるんだろう
君と愛する人の子供が大人になってからも青く輝き続ける
そんな風に想像したいI change the world

僕と君 君と僕の友達 集まる心に手をあてて聞いてみよう
『今あなたはこの世界に優しい生き方してますか?』

10年後僕らは命あるもの全てに感謝して今この瞬間をも噛み締めて生きれるように
LIFEの本当の意味を感じれる心築いていける僕らを想像したい
今僕らの手でI change the world





音譜    地球    クローバー    音譜    黄色い花    ネコ    音譜




~転載以上~



大好きな曲ですキラキラ  


若い人たちにも、音楽という親しみやすい形でメッセージを送っていきたいですね。

みんなに聴いてもらって、地球のことや生き物のこと、自分の生き方、自分にできること、

考えてほしいです。



この曲は、こちらで聴くことができますニコニコ

http://soundcloud.com/water-milk/life-2010-05-14







From Cosmos San's Blog .



A singer, Maya from WATER+MILK ! sings a song called "LIFE".


She had been produced by a producer who produces a famous Japanese singer, MISIA to make her debut as a major singer.


However, after the 3.11 disaster, she has chosen the way to sing as almost a "volunteer" rather than earning money.

Her thought that "Song is not for money, for tell something to somebody"

changed her way of life.


This song has been chosen a theme song of Animal Forestクローバー



Here is lyrics of the song音譜



"Our worthless desires are hurting animals and plants.
Those tiny lives are crying.

Can you hear my voice?
Somebody, even one.
I want to send you the voice of the earth.

10 years later, what shape of the earth is waiting for me?
Mom and dad, who raised me with full of love don't hesitate breathing air of this blue sky.
I want to imagine like that.

The future of the innocent birds that flying away,
is a dry world with no green.
Those tiny lives are crying.
Can you hear my voice?
"I want to live ! Let us live !" I can hear the voice of the earth.

10 years later, what shape of the earth is waiting for me?
It's shining blue even after the kids of you and your loved one grow up.
I want to imagine like that. I change the world.

Me and you. Friends of you and me. Let's ask for our hearts.
"Do you live your life having tenderness to this world?"

10 years later, I want to imagine us like
thanking for all living things,
living our lives, thinking deeply about even this moment,
being able to feel the true meaning of LIFE,
and building up our hearts.

I want to imagine like that.
Now, let's change the world by our hands."


You can listen to this song from here音譜

http://soundcloud.com/water-milk/life-2010-05-14


NHK news want your voice to PM NHKニュース9が首相への意見募集

NHK News Watch 9 wants your voice to the PM, Yoshihiko Noda.


The programme is planning to have an interview with the PM on 20 Oct.

(The programme starts 9 p.m)


Now, the programme wants your opinions and questions to the PM by FAX and mail form. Accepting your voice until 10 a.m, 19 Oct.


FAX… 03-3465-1292

*Write your sex, age, prefecture/country you live, and occupation.


Mail Form…https://cgi2.nhk.or.jp/nw9/form/index.cgi


*You are required to fill in the sections with signs.


From top…

・Your name (either box)

・Sex(from top, male, female)

・Age()

・Address (select your prefecture. select the bottom, "海外" if you are from abroad)

・Occupation(from top, office worker, public official, independent buisiness, housewife, student, part time job, without occupation, other)

・Email address

・Your message (within 300 words)


If you have some time, please raise your voice about dying animals in Fukushima !




NHKニュースウォッチ9 サイトから


********************************


「野田首相に聞く」

ご意見・ご質問募集



「ニュースウオッチ9」では、10月20日(木)に野田首相へのインタビューを予定しています。

番組では、視聴者の皆さんからのご意見・ご質問をもとにインタビューを進めて行きます。


●野田首相にいま聞きたいこと

●個別の政策に対して言いたいこと

●野田首相の素顔について知りたいこと


など、幅広くご意見やご質問を募集します。


受け付けは10月19日(水)午前10時までとさせて頂きます。


FAXまたはメールでお寄せください。

FAX番号 03-3465-1292


性別、年齢、お住まいの都道府県、ご職業をお書き添えください。



*******************************



メールフォームhttps://cgi2.nhk.or.jp/nw9/form/index.cgi


お時間がありましたら、ぜひ警戒区域に取り残され、苦しみ続けている動物たちについて

ご意見をお寄せください!



プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR