Cat litter at half price! 支援用なら猫砂が半額!

Aidca Corporation is now selling fine cat litter imported from Germany at half price only for relief goods !


What a great company !キラキラ

We have been sending relief money and goods here and thereあせる

And we have to keep sending.

It's so helpful !!

(If only THAT animal relief headquarter sent the money and goods !)


Mr. Murakami from the company considered with a CEO and arranged everything for my inquiry.


5L×8packs, \6,144右矢印\3,600 (tax/postage included)


You can order either email, FAX, and free call


They need....

・Your name, address, and phone number.

・Name, address, and phone number of the rescue group

・Information of the group (URL etc)

・Date and time of arrival you hope


After you order

1. The company confirm the group

2. Sending the goods

3. You receive a form of postal transfer


Contact/Order

Aidca Corporation

ポスト121-0813 Tokyo-to, Adachi-ku, Takenozuka 3-10-1, Takenozuka Building 6F

電話 0120-643-444 (free call) *If you can not get through, call 03-5831-2644

FAX 03-5831-2645

Email murakami@aidca.jp Mr. Murakami.




株式会社アイドカ さんが、支援物資限定で、ドイツ直輸入の上質な猫砂をなんとほぼ半額で取り扱ってくださいます!!


私の問い合わせに対して、担当の村上さんが代表の方々と社内で検討、調整し、わざわざ販売体制を整えてくださいました。


なんて素晴らしい対応でしょう!!キラキラ


みんなあちらこちらに義援金や物資を送っています。これからも長期的な支援が必要です。

とっても助かります!!ありがとうございます。

(緊急本部がどかんと送ってくれればいいんですけどね)


もし差支えなければぜひ、こちらをご利用いただければと思います!お友達やブログなどでご紹介していただけるととてもうれしいです!


個人的には10年来これしか使ったことがなく、他との比較はできないのですが気に入っています。

実家の子はおからを気に入らずにはずしてしまいましたが、これならしてくれました。

詳細は下記をご覧ください。




ネコ  ネコ  ネコ  アイドカさんの楽天サイトより転載  ネコ  ネコ  ネコ


ドイツ国内で年間約2万トン、日本でも通信販売だけで年間約2万ケースの販売実績を持つ、ドイツの猫砂『キャッツエコ』の販売元直売サイトです。
「消臭力」「固める力」「経済性」と優れた機能を持つにも係わらず、原材料価格の高騰により約2年間販売を休止しておりましたが・・・ここ楽天にて販売を開始いたしました!

いまお使いになられている猫砂にご不満のある方、より良い猫砂をお探しの方、ドイツの猫砂「キャッツエコ」をお試しください!

家に入ると鼻につく猫ちゃんのおしっこやうんちのニオイ、気になっていませんか?

猫ちゃんと一緒に暮らしている方でも「おしっこやうんちのニオイはちょっと・・・」という方は多くいらっしゃるかと思います。

「キャッツエコ」は、家族の一員である猫ちゃんのおしっこやうんちのニオイ問題を大幅に軽減する「高い消臭性」と、「優れた固まり力」「経済性」「安全&環境性(天然植物素材100%)」を備えた、ドイツの猫砂です。

5日後でも脅威の99.98%消臭!
高い消臭力と消臭持続性で、猫ちゃんのおしっこやうんちのニオイをググッと軽減しちゃいます!

原材料はドイツ産の間伐材(トウヒ・モミ)と植物の胚芽からつくった凝固剤で、天然植物原料100%の猫砂です。

高い消臭力の秘密はこの原料にあります!

まず、猫のおしっこやウンチがかかると、木材に含まれる「フィトンチッド」がアンモニアや硫化水素といった悪臭成分を分解・中和します。
さらに凝固剤が木材の周りに保護膜をつくり、ニオイを元から閉じ込めます。

「中和・分解」「保護膜によるニオイの閉じ込め」という2重の消臭構造なので、おしっこをした直後でもニオイを感じない方もいらっしゃると思います!

さらに、ドイツのフレゼニウス化学生物研究所による消臭試験では、人工尿を入れて5日後のニオイ濃度はほぼゼロに近かったとの結果もでております。



「固まりの強さ」が使う猫砂の量を減らすので、一袋が長持ちします!

おしっこやうんちの水分が余分な砂に浸透せず、天然の凝固剤がおしっこのかかったところだけをガッチリと固めます。

そのため「ガッチリ固まった部分=汚れた砂」だけをすくって捨てるだけで、いつでも猫ちゃんのトイレを清潔に保つことができます。

そして、取り除いた分だけを補充するだけなので、一袋(5リットル入り)が猫ちゃんの体調や大きさにもよりますが、一頭あたり約20~25日と長く使えて経済的です!



天然植物素材100%なので、大切な猫ちゃんに安心・手軽にお使いいただけます!

●万が一、猫ちゃんの口に入っても大丈夫です!
消臭成分・凝固成分など、全てが天然植物素材から成り立っているので、万が一猫ちゃんの口に入ってしまっても害はございません。
*ただし、「キャッツエコ」は食物ではありませんので、大量に食べてしまった場合は、獣医の診断を受けてください。

●「燃えるゴミ」で捨てられます!
使用後の砂は「燃えるゴミ」として処分できるだけでなく、お庭をお持ちの方は土の中に埋めていただくと土に戻ります。

いいこと尽くめの「キャッツエコ」ですが…ごめんなさい、欠点がひとつだけあるのです。

消臭力や経済性、安全性など「キャッツエコ」の優れた点をお話させていただきましたが、一つだけ欠点があるのです。

それは・・・『砂が飛び散りやすいこと』

一粒の大きさがおおよそ5~9ミリと小さく、トイレの周りに砂が飛び散りやすくなります。

しかし、この「粒の小ささ」がキャッツエコの持つ消臭力・固まり力を最大限生かせることであると同時に猫ちゃんの好きな感触(砂地)に近い形状なのです。
そのため、ご使用いただく場合は、こまめにトイレ周りを掃除してお使いください。
その労力に見合った消臭力と固まり力に、きっとご満足いただけるハズです!



キャッツエコ

メーカー・レッテンマイヤー社(ドイツ)について

メーカーのドイツ・レッテンマイヤー社は1876年創業のドイツを代表する植物繊維加工メーカーです。
食品粉末や結晶セルロース、木粉の生産と品質で世界一を誇り、110カ国以上でレッテンマイヤー社の製品が50以上の分野で使われております。
ペット分野への進出は木粉の有効利用のため小動物・大動物のペレット状の寝床から始まり、1993年に猫砂「キャッツエコ(ドイツでの商品名は「キャッツベスト・エコプラス」)の開発に着手、天然成分だけで「消臭」「凝固」機能を上げるために研究を重ね、1995年に製法特許を取得しました。
以来ロングセラーを続け、ドイツ国内だけで年間2万トンの生産量を誇る人気商品「キャッツエコ」を生産しております。

商品テスト誌での評価

●エコテスト誌
様々なジャンルの商品評価試験を厳格に行なうことで知られているドイツの商品テスト誌「エコテスト」で、2000年8月号に続き2010年1月号でも全20種の猫砂の中で、最優秀賞である総合判定「特優」を獲得しております。
特に「消臭力」「吸水力」が抜群と高く評価されております。

●アワーキャッツ誌
また、イギリスの猫雑誌「Ourcats」が2006年に実施した猫砂15種の比較検証企画で、ほぼ全ての項目において10点(満点)を獲得しました。



さらに15種の猫砂の中で唯一、総合評価10点(満点)を獲得し「BEST BUY」の評価を頂いております。


ネコ  ネコ  ネコ  ネコ  ネコ  ネコ



楽天レビューはこちら

  楽天サイトからは支援用の特別注文はできません。



【商品内容&お支払い方法】

キャッツエコ1ケース(5リットル×8袋入り) 通常6,144円右矢印3,600(税込・送料込み)

お支払い方法:郵便振替



【ご注文方法】

「キャッツエコ」支援物資用のご注文は、メール・FAX・フリーダイアルで受け付けております。

いずれかの方法でご連絡くださいませ。


ご注文される方のお名前

ご注文される方の郵便番号・ご住所・電話番号

送付先保護施設・団体の名称・郵便番号・住所・電話番号

到着希望日時

送付先の情報(URLなど)


【ご注文~商品送付までの流れ】

1.ご注文をいただく

2.送付先の施設・団体の活動状況をHPやブログなどで確認

3.確認次第、到着希望日に到着するよう送付手続き

4.商品到着日と同じあるいは数日後に到着するよう、郵便振替用紙をご注文者様の住所に送付


【ご注意ください!】

支援物資用の特別価格となっておりますので、送付先は猫を保護・救護されている団体へ

寄付される方のみのご購入とさせていただきます。


【連絡先】

株式会社アイドカ
121-0813
東京都足立区竹の塚3-10-1 竹の塚ビル6F
TEL
0120-643-444(フリーダイアルが繋がらない場合:03-5831-2644
FAX
03-5831-2645
e-mail
murakami@aidca.jp
担当:村上昌憲



スポンサーサイト

End of the livestocks in exclusion zone 家畜の最期

This is from RJAV-Suffered animals network.


Website

Facebook


*** Reprint ***


Today, I interviewed Fukushima Livestock Division about the killing of "abandoned livestock" in the exclusion zone by their Livestock Health Department.

I added a report of the actual killing that was witnessed.


Former Prime Minister, Naoto Kan, directed the killing of livestock in the exclusion zone on 12 May 11, and Fukushima prefecture has been operating the killing at the direction of the government.


In the past couple of months, there has been a increase of complaints saying the livestocks are vandalising their homes by the residents who temporarily returned home in the exclusion zone. There are operation groups that deal with cattle and dairy cows.

It takes 10 to 15 minutes to die from the first injection, .


Presently, they build 6,7 iron enclosures which are 10m to 20m long in the area, and place compound food, mineral salts, water and Miso as baits.

In the morning, cows come in and start eating.

As soon as there are few cows in the enclosure, they close the gate.


There was nothing for the cows to eat. One of the complaints was about cows eating their Miso. That is why they used Miso. (What is so wrong about them eating Miso? Couldn't they forgive?)


5 to 10 staff from the Livestock Health Department operate this the killing.


The cows in the fence approach humans friendlily who are going to kill them, even humans abandoned and tormented them for over half a year.


The staff put bridles (rope from nose ring to head)on them to make it easier to control the cattle.


● They apply intramuscular sedative injection and Selactar (muscle-relaxant drug) on their shoulder or hips. Some cows stop moving at this stage, but they add more on the cows which are still moving.


● Then they add anaesthetic and Pentobarbital.

The witness said that the cows were injected anaesthetic and Penbarbital through catheter (venous perhaps) in the neck. While administered the staff were shouting watching the meter "40, 30, 20,..".

Even large cows collapse within 3 minutes. Painful, straining Cry of the cows will last for a while. They are

asleep completely at this stage.


● Muscle relaxant and Suxamethonium are injected to kill.

Female cows weigh 500kg, the big bull weigh nearly 1 ton, cattles are 700kg to 800kg.

They determine the quantity of drugs depending on individual size.

A member of staff turn their eye lid to check death. If there still is a biological reaction, they apply fourth injection.

After 10 to 15 minutes, animals are dead.

There is no need to tie the front legs, and sometimes they do if they feel it is dangerous.


They move the corpses with excavators, then load them onto the cargo bed on lorries.

Then the bodies were thrown into a hole which were dug in advance,.

This is the end of lives of the cows which were born and grew in the exclusion zone.

In order to repeat this tragic situation, RJAV networks are working on arranging legislation for simultaneous evacuation of humans and animals on arrival of disasters, and will work on local governments to ensure initial operations at disasters.


Groups and individuals who approve our aim, please contact.

Atsuko Sato

Representative

rjav311@yahoo.co.jp

Tel: +44 70 8331 0511 carer representatives (Between 1pm and 8pm /Japanese time)


*** *** *** *** ***


RJAV-被災動物ネットワークさんのサイトに、福島県畜産課へ殺処分について取材された記事が掲載されています。記事はこちら から。


Momoko-Hime's Blog


Unbelievable reply of Goshi Hosono 細野大臣の答弁に仰天

Koriki Jojima, a member of the Democratic Party of Japan (also a veterinarian) who has been active on helping animals interpellated to the Minister of Aguriculture, Forestry and Fisheries, Michihiko Kano, and the Minister of Environment/Nuclear Crisis Management, Goshi Hosono at a budget committee of the House of Representatives on 26 Sep.


Mr. Kano replied that "livestock have been intaking radioactive substance so we basically euthanize them over the agreements of owners. As I was pointed out, we're working with Fukushima Prefecture and cities, towns and villages for the purpose as research and culture. Total 20 members of government and Fukushima officials are now euthanizing livestock."


Mr, Hosono replied that "We have rescued pets from May to August along with the residents' temporary returning home. From September, we have been rescuing the ones that are wandering. We have rescued 310 dogs, and 193 cats so far".


"In these activities, private organizations have been giving a great help for us.

The Headquarters for the Relief of Animals in Emergency (created by the Government) is consisted of 4 private organizations such as JSPCA, Japan Pet Corporation, Japan Veterinary Medical Association, and Japan Animal Welfare Society"(*These are not actually private organizations).


"We have to keep making effort to gain peoples' understanding as using donation raised from the country effectively and cooperating for the activities".


Unbelievable !! Mr. Hosono, you don't know anything about the situation !!


The Headquarters for the Relief of Animals in Emergency still has 4 hundred million yen of donation after 6 months from the disaster !プンプン


This is almost a fraud !むかっ


Rescue groups, volunteers and Fukushima animal control centre are still in a wretched condition due to shortage of money and staff.

Even though they are the ones who has been saving animals, with risking their lives for 6 months !


WHEN will they ever distribute the money !


*You can also get more information about animals in English from...

http://www.facebook.com/pages/Dedicated-to-the-mystery-surrounding-the-2-tsunami-dogs/100647183355915




26日の衆議院予算委員会で、動物救済に尽力されている民主党の城島光力議員が、鹿野農水相と細野環境/原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣に、現状について質問されました。


動画はこちら http://www.nicovideo.jp/watch/sm15720115



鹿野氏の答弁は…


「警戒区域の中の家畜の取り扱いについては、放射性物質を食べているので、5/12の原子力災害対策本部の指示に基づいて、家畜の所有者の同意をえて安楽死処分をするのが基本。


城島議員ほかの提言の中で研究・文化の目的と言うことならば、条件を満たすと言うことを前提として、市町村と県と打ち合わせをしながら対応もしている。
農水省は職員を4名福島において、20名で安楽死の作業をしている」。


相変わらず具体性に欠ける、熱意の感じられない答弁。この人はなぜ続投なのか…

しかも「安楽死」、されてませんよ?



細野氏の答弁は…


「警戒区域は5/10~8/26までは一時立ち入りに合わせて、ペットの保護活動した。9月以降は、放浪するペットの保護にあたっている。

これまで、犬310頭・猫193頭を保護している。保護したペットは収容したうえで元の飼い主に返している活動をしている。

こうした活動には民間の団体が大きな力を与えて下さっておりまして、緊急災害時動物救援本部というのが、民間4団体で設置をされておりますので、全国から集められた義援金を有効に活用させて頂いたり、活動の中身について一緒に協力をさせて頂いたり、そういった事をすることによって、皆さんにしっかりご理解を頂けるような努力をしていかなければならない」。


おわり。



れにはみんなびっくり仰天です!叫び

細野さん、現状をまったく理解しておられないようです。


(ちなみに交流のある、現状に詳しい海外のサイトでたびたび批判されている細野氏。

最近は「ホソノゴウシがこのたび新設された(妖怪)あかなめ大臣に任命された」なんて書かれています…)

http://dedicatedtothemysterysurroundingthe2tsunamidogs.com/2011/09/26/new-japanese-cabinet-post-created-the-ministry-of-akaname-was-created-and-the-honor-of-leading-the-newly-created-post-was-given-to-goshi-hosono/



「民間の団体が大きな力を」まで聞いたところで、「あぁ!とうとう命がけで活動してきた民間の功績に感謝か?!」と思いきや…「緊急災害時なんたら本部」?!むかっしかも「民間」団体でしょうか?


「全国から集められた義援金を有効に活用」?!

「緊急」とは名ばかりで、震災から半年が経ったのに、みんなが「動物たちのために」と心を込めて送った義援金、いまだ4億円をプールしたまま!!プンプンむかっ


これはほとんど詐欺です!!メラメラ


命がけで、自分の生活もすべて犠牲にして動物たちを救ってきた民間保護団体やボランティアの方たち、福島県動物救護本部、みんな資金不足、人手不足で窮地に陥っています。


そして一般の私たち、みんなであちらこちらに何度も、何度も、義援金や物資の支援を続けています。


原発事故のせいでこうなったのです。動物救済にも政府・東電が責任を持って対応するべきです。

「緊急なんたら本部」は、早急に現場へ義援金を配分するべきです!


Activity for helping farm animals 家畜を生かす活動

"Kachiku Otasuke Tai" ("Help Cow") is now looking for farmers who wish to let their cows live. If anyone knows such a farmer, please contact "Help Cow".


Email: helpcow@gmail.com


According to Help Cow, now it is possible to move the animals and keep them alive through the good offices of a Diet member who has been active for helping farm animals.


In addition, "Help Cow" will hold a briefing session entitled "To keep farm animals alive inside of the fence in No-go-zone" for the farmers. A member of the Diet will also attend the session. The session is scheduled to broadcast on the web too.


【Date: 27 Sep】


【9:00AM/Sunroute Plaza Fukushima, Fukushima City】


【3:00PM/Pacifico Hotel&Spa, Iwaki City】



On the other hand, Tsutomu Takamura , a Diet member (the Democratic Party, an adviser of "A Farm of Hope") who has also been very active for helping farm animals, showed his party members (including a deputy secretary general, Shinji Tarutoko) round Fukushima on 23, Sep.


According to his Twitter...


He showed them to places such as decontamination spot in Minamisoma City, a proposed site of research centre and "M Farm" (A Farm of Hope) in No-go-zone for over 9 hours.


Mr. Tarutoko seems quite shocked to see A Farm of Hope and said, "I think suffered farmers should be able to have a choice apart from the culling. I will consider about that as I was pointed out from the scholars that it could be helpful for research".


Mr. Takamura will keep negotiating with his party members and the government.




「家畜おたすけ隊」 さんから転載です。


クローバー  クローバー  クローバー  クローバー  クローバー


みなさまに引き続きお願いいたします。


当初より圏内の家畜を生かす活動をされていたある議員の計らいで、具体的に今生きている牛たちを移動して生かすことが可能になりました!


つきましては、今後牛を生かしたいというご希望をお持ちの農家さん、またはそのような農家さんをご存知の方はぜひ、ご連絡をください!


生かしたい方のお名前、連絡先、圏内のご住所、牛の数、現在の牛の居場所、健康状態などをリストアップして、いつどのように移動すかの具体策を練ることになるようです。


急な話ですが、ぜひこの機会を逃さず、まずは生かしましょう。

何の心配もいりません。ご連絡お待ちしております。


連絡先は・・・


helpcow@gmail.com


080-4215-7801


090-7299-1863


留守電になりましたら、お名前とご連絡先を残してください。

折り返しご連絡します。


ご連絡よろしくお願いします!!


クローバー  クローバー  クローバー  クローバー  クローバー



また、「家畜おたすけ隊」さんは9/27(火)に、20km圏内におられた畜産農家さんに向け、議員さんを含めた”家畜を圏内の柵の中で生かす事”を題した説明会を行います。


【時間・場所】9:00 福島市 サンルートプラザ福島 / 15:00 いわき市 パシフィコホテル&スパ 

環境等が問題なければUstream配信予定


一方で、家畜を救うため奔走し続けていて、「希望の牧場」アドバイザーでもある民主党の高邑勉議員 は23日、樽床伸二・幹事長代行を含めた民主党の幹部を福島へ案内。


ツイッターによると、高邑議員は南相馬市の除染現場や研究センター候補地、さらには警戒区域内の「エム牧場(希望の牧場)」などを9時間半に渡って案内したということです。 



★★ ツイッターから ★★


”樽​床​幹​事​長​代​行​の​福​島​視​察​は​、​朝​か​ら​9​時​間​半​に​及​ぶ​強​行​軍​。特​に​、​エ​ム​牧​場​の​視​察​で​は​衝​撃​を​受​け​ら​れ​た​模​様​で​、記​者​団​に​「​被​災​農​家​に​と​っ​て​、​安​楽​死​以​外​の​選​択​肢​が​あ​っ​て​も​い​い​の​で​は​な​い​か​。​除​染​や​遺​伝​子​研​究​な​ど​、​学​者​か​ら​の​指​摘​も​あ​る​の​で​検​討​し​た​い​」​と​、​前​向​き​な​コ​メ​ン​ト​もしていただきました。

同​行​さ​れ​た​二​人​の​総​括​副​幹​事​長​か​ら​も​、​「​ス​ジ​の​い​い​話​で​あ​り​、​ま​さ​に​国​益​に​か​か​わ​る​問​題​。​立​法​や​予​算​措​置​を​考​え​て​い​く​べ​き​」​と​ご​理​解​を​頂​き​ま​し​た​。​こ​れ​ま​で​取​り​組​ん​で​き​た​議​員​と​も​連​携​し​て​、​党​内​調​整​、​政​府​と​の​折​衝​を​続​け​て​い​く​こ​と​に​な​り​ま​し​た​。”


★★  ★★  ★★


皆さん、生かす道を模索し続けてくださりありがとうございます。


政府の決まり文句は「検討する」。何か月前からこの言葉を聞いているっけ…


とにかく移動して生かすことは可能になったそうなので、殺処分に同意してしまった農家さんが撤回して、生かす案に賛同してくださることを願います。



We need your voice ! 抗議の声をお送りください!

SALA NETWORK, another Japanese rescue group is collecting signatures to protest the culling.


Please fill out this form and send your voice !


https://sec19.alpha-lt.net/salanetwork.or.jp/index.html



"Kachiku Otasuke Tai" ("Help Cow") has been collecting voice from overseas.

Over 2,100 criticism has already been collected from the countries such as U.S.A, France, U.K, and Germany. アメリカ フランス イギリス ドイツ国旗



動物救済のため、政府への要請などを続けている「SALA NETWORK」さんが、家畜の殺処分に抗議する署名を集めています。簡単なフォームを埋めるだけなので簡単です。ぜひ皆さんのご協力をお願いいたします!


「家畜おたすけ隊」さんが集めている海外からの「声」には、動物たちを放置し、あげく殺処分という中央政府および地方行政の対応に、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツなどから2100を超える批判が寄せられているとのことです。アメリカ フランス イギリス ドイツ国旗


私たちの声も届けましょう!グー


署名はこちらから https://sec19.alpha-lt.net/salanetwork.or.jp/index.html



One man and his dog 置き去りにされた一人と一匹

"One man and his dog have only each other for company in Japanese town abandoned after earthquake".



Momoko-Hime's Blog


イギリスmail Online

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2032231/One-man-dog-company-Japanese-town-abandoned-earthquake.html



「早川日記」 さんから転載です。


ノーマンテイラー邦子さんのブログからです。


ロンドンに住んでみえる方で、メールオンラインの記事を訳されてみえます。


今回

「見捨てられた一人と一匹 地震と津波と原発事故のあとで」という記事がメール・オンラインに掲載されていました。

と書うてありました。


早速連絡させていただいて、転載させていただきます。

http://catsanddogs75.blog136.fc2.com/?date=20110921&ul=b39ca311be2302de



つたがはびこる人気のない富岡の町。庭には腰のあたりまで雑草が生い茂っている。
牛小屋では餓死した牛たちが横たわっている。鶏舎はウジがたかり、吐き気をさそう悪臭が漂う。

原発立ち入り禁止地域で、政府の命令に反し、立ち去ることを拒否した農夫の松村なおと氏は富岡市の唯一の住人である。
「癌にかかる可能性も考えたが、留まりたかった」アキという名前のやせた犬がいつもそばにいる53歳の男性は言う。
「もし私があきらめて去ったら、それですべて終わりだ。とどまるのは私の責任であり、私はここに留まる権利がある」

政府に反抗することがまれであり、皆の意見の一致を何よりも大切にする国において松村氏は異端である。
彼の静かな抵抗は沈黙を守る何万人もの原発難民のジレンマに非常に大きなインパクトを与える。

松村氏は置き去りにされた動物たちの面倒を見ている。

「私達はすでに忘れ去られています。
日本の被災地以外の地域の人たちはもう自分たちの日常に戻ってしまった。
私達のことはなるべく考えないようにしているのだろう」

市役所は安全な場所に移され、住民たちは仮設住宅に移るか、どこかへ引っ越してしまった。
町は警察のバリアで封をされ、人間が住むには危険な場所だと公的に示されている。
警察官は毎日見回りをしている。
法的には立ち入り禁止区域にいる人間は誰でも拘留され、罰金を払わせられることになっている。

しかし警察は松村氏のことを見てみぬふりをするということだ。過去には警官とは数回衝突したこともあったが。
残っている人たちは何人かいたが、数週間前に最後の人間が出て行った。松村氏に猫を託して。

古いモーターを使って電気をおこし、水は井戸からくみ上げている。缶詰か魚を釣って食べる。
一ヶ月に一度か二度町に出て必要なものをもらってくる。見捨てられた犬や猫たちの世話もする。狼に似たアキも。

何回か東京にいって政治家にも進言した。

「なぜ私がここにとどまっているのか。牛を置き去りにして死なせることがどんなにひどいことか。
家族の墓も守らなければならないと。しかし彼らは私の言うことなぞ聞いちゃいない。
そんなとこにいるほうが悪いというだけでした」

松村氏は一度だけ町を出たことがある。しかしそれは彼が村に留まる決意を一層強めることになっただけだった。
「親戚のところにも行ったが私が放射能をあびていると恐れ、中にいれてくれなかった。避難所にも言ったが満員だった。
これで私は十分にもとの場所に戻る理由ができた」

松村氏は100万円の弁償金をもらった。農夫としての収入に比べればずっと少ない。
原発が安定するまで先の保障はないそうである。

第二次大戦で降伏を拒んでジャングルの中にいた日本兵士を自分になぞらえる。
雨が激しくふってきた。多い茂った山を降りて水田に足を運ぶ。穂をつまんでため息とともに溝へ投げる。
今年は水田からは金はできない。もしかして一生できないかもしれない。

「最初は一人でいるのが奇妙だったが、とどまろうと決心したよ。もう慣れてきたしね」



早川日記

アキと村松氏
MAIL ONLINE

この記事に対して「たった一人で多くの動物を救う。彼と彼の愛の行為に神のご加護あれ」というコメントが
支持をたくさん受けておりました。松村さん、ご存知ないでしょうが、イギリスでこんなにあなたのサポーターがおります。
本日もお越しくださり、ありがとうございました。


Immediate request 緊急のお願い~警戒区域5km圏内の現状

This is an immediate request from a person who heared a situation of left behind animals in 5km radius (from the nuclear power plants) from a resident, who returned home temporary.


The resident saw many dead bodies and parts of the bodies of animals around 5km radius.

Seemed they ate each other because of starvation.

The resident said "Those scenes were literally hell on earth".


We have to scatter foods for animals immediately !


This person asked some residents from Futaba Town to scattered food when they return home temporary by car.

And will keep asking for other residents too.


So, they need foods ! (Any foods are ok)

If you could help, please email....


nanatohanasuke@yahoo.co.jp


Then you can get details.




早川日記 さんから転載です。



ナナのパパさんのブログからです。

http://blogs.yahoo.co.jp/nanatohanasuke/folder/2676.html


緊 急 の お 願 い


民間保護団体さん及び個人ボラさん達が8月で区域進入を打ち切られそして国や福島県の保護活動も思う成果が殆ど挙がってません


9月20日にマイカーでの一時帰宅された方から本日(9月23日)
双葉町のN様から警戒区域5㌔圏内の状況を伺って来ました
中継基地(広野町中央体育館)から5㌔圏内の自宅までの道路上
や脇道に喰い千切られたワン、ニャン達(他の家畜も含め)テレビで
放映されたダチョウの羽や死骸が散乱してたそうです
野生化したワン、ニャン達が、衰弱した子達を共食いしたのでしょう
まるで地獄絵図を見てる様だったと話して呉れました
早急に巻き餌や置餌の対策を取らないと、もっと大変な事態に
至るのは確実だと訴えていました

    そこで皆様に餌の支援をお願い致します

双葉町の一時帰宅者の方に巻き餌のお願いをして来ました
そしてマイカー帰宅する4名の方に了解を頂いて着ました
更に他の方にもお願いしてる最中です
ただ全員が同じ地区の方じゃ無い為、日時も違い巻き餌も
分散しお願いします

2㌔入りのフード1台に5袋お願いし5箇所にと考えてます
帰宅制限時間が2時間な為、5箇所でも大変だと思いましたが
快い笑顔で了解を頂きました
餌の種類は問いませんので皆様のご協力をお願い致します
これからも1台でも多くの方に協力をお願いして行きます

         ご支援に了承して頂ける方は

此方にnanatohanasuke@yahoo.co.jp メールをお願い致します

送り先などの詳細をメールでお知らせ致します


Don't forget animals in Fukushima! 福島の動物たちを忘れない!

An event about Fukushima animals will be held on 9 Oct (Sun).


Don't forget, the animals in Fukushima !


Purpose: Let people know about the situation of left behind animals in No-go-zone by showing movies and words from the victims. To ask for help.


Date and time: 9 October (Sun), 3:30PM open/10:00PM close


Part 1: 4:00PM~5:00PM

Showing a documentary film "San Francisco Animal Police"


Part 2: 5:00PM~9:45PM

Charity talk party (Including light meal. Break time during the party)


・Talk 1: About the film "San Francisco Animal Police" and amendment of the animal protection law.


・Talk 2: Report of the situation of left behind animals in No-go-zone.


・Showing message videos, selling charity goods too.


Place: "d collection"

1st floor, Ryogoku plaza building. 4-32-16 Ryogoku, Sumida Ku, Tokyo.


3 min by walk from JR Ryogoku station, east entrance.

4 min by walk from Oedo Line, Ryogoku station.

Access: http://dcollection.info/access/


Charge

・Film & party (including light meal. 1 drink for \500)…Advance ticket \2,300/Day ticket \2,600

・Film only…\800

・Party only (including light meal. 1 drink for \500)…\1,800


※Paying the fee: At the reception on the day.

※Booking the ticket: Either email or FAX in advance. (day tickets will be on sale depends on a situation)


Emai…"Cosmos's Blog"http://ameblo.jp/waintonekogasuki/

FAX…Animal Network Japan : 029-851-5586


Capacity: The first 100 persons can have seats.


Cosponsored by: Animal Network Japan, Nippon SPCA, A farm of hope Fukushima, Mikiko Kobayashi (A volunteer)


Contact

・About the film…Nippon SPCA info@ssp2011.com

・About the party

Emai…"Cosmos's Blog"http://ameblo.jp/waintonekogasuki/

FAX…Animal Network Japan : 029-851-5586



「福島の動物たちを、忘れない!」


警戒区域の動物たちの救済・支援を訴えるイベントが開催されます。(私もお手伝い予定)

皆さん、ぜひお越しください!


コスモスさんのブログ から転載です。



ネコ  カクテルグラス  おうし座  ワイン  わんわん


Don’t forget the animals in Fukushima!


~福島の動物たちを忘れない!~




1. 開催趣旨:福島原発警戒区域に取り残されたままになっている動物達の現状について、映像や福島で動物救済活動をしている当事者からのメッセージ(南相馬猫おばさん、アニマルフォレスト等)を通して知らせる事により、現在忘れられかけている動物達の救済を訴えるとともにさらなる支援を依頼する。


2. イベント内容
●第1部:PM4:00PM 5:00 【映画「サンフランシスコアニマルポリス」上映】
サンフランシスコで活躍する動物専門の警察官「アニマルポリス」に密着したドキュメンタリー作品です。
様々なインタビューを交えながら動物を守る使命を受けたアニマルポリスの活躍に迫ります。


●第2部:PM5:00PM9:45 【チャリティートークパーティー】軽食付き、途中休憩あり
トーク① 映画「アニマルポリス」について、愛護法改正について


 参加者:藤野真紀子様、福本健一様(行政書士)、司会:藤村晃子
アニマルポリスの感想等を参加者に伺いながら、日本と海外との動物達を取り巻く環境の違いについて考えます。また、愛護法を真の意味で動物を守る法律にするにはどうしたらいいのか?改正に向けての取り組みなど、法律の専門家の意見も伺いながら参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。皆さんのご意見をお待ちしております。

トーク② 福島警戒区域内に取り残された動物達の現状についての報告、会場の皆様との討論会、質疑応答
      参加者:藤野真紀子様、吉田美恵子様、MKSカズ社長様、アニマルフォレスト
むぅさん、司会:藤村晃子
被災地福島で精力的に動物達の救出活動を続ける「南相馬市猫おばさん」吉田美恵子さん、「アニマルフォレスト」カズ社長、
むぅさんからの現地報告です。自らも被災者でありながらも残された命の救出の為に日々絶え間なく努力し、精力的に活動されています。福島からの生の声を聞かせていただく貴重な機会です。ぜひご参加下さい!

チャリティーパーティー メッセージビデオ上映・チャリティー商品販売・懇親会
ゲストの皆様と参加者の皆様との懇親会を行います。メッセージビデオの上映、チャリティー商品の販売もありますので、軽食と飲み物とともにご自由にお楽しみ下さい


3. 10月9日(日) PM3:30開場
              ●第1部:PM4:00PM5:00映画「サンフランシスコアニマルポリス」上映
              ●第2部:PM5:00PM9:45 チャリティートークパーティー

PM10:00
閉会


4. 場所d collection 東京都墨田区両国4-32-16 両国プラザビル1F


JR
両国駅東口徒歩3分、大江戸線両国駅徒歩4分 
                   http://dcollection.info/access/


5. 料金

    ●映画「アニマルポリス鑑賞」+チャリティートークパーティー(軽食付、ドリンクは別料金1ドリンク500円)
     前売り2300円、当日2600円
    ●映画「アニマルポリス鑑賞」のみ 800
    


 ●チャリティートークパーティーのみ(軽食付、ドリンクは別料金1ドリンク500円)

     当日1800



*料金は当日受付にて徴収します



*事前にメール又はファックスにてお申し込み下さい。前売り券の販売状況により当日券を販売します。

定員:100名(先着順となりますので、お早めにお申し込み下さい)


申込方法:前売り券→メール又はファックスにてお申し込み下さい。
       当日券→前売りが残っている場合のみ当日券を販売します。
*メールでのお申し込み:地球防衛軍動物救援隊コスモスのブログ(http://ameblo.jp/waintonekogasuki/
*ファクスでのお申し込み:全国動物ネットワーク(FAX029-851-5586


共催:全国動物ネットワーク、日本動物虐待防止協会、小林美貴子


事務局:小林美貴子(連絡先:地球防衛軍 動物救援隊コスモスのブログ)
      高沢守(動物愛護を考える茨城県民ネットワーク)
      協力 動物救援隊有志


ゲスト:「元衆議院議員」「料理研究家」 藤野真紀子様
     「南相馬市猫おばさん」吉田美恵子様
     「MKSテクノ カズ社長」吉田和浩様
     「アニマルフォレスト むぅさん」吉田睦美様
     その他


お問い合わせ:
 ●映画「アニマルポリス」上映について
  *メール:日本虐待防止協会(mail:info@ssp2011.com)
 ●チャリティートークパーティーについて

  *メール:地球防衛軍動物救援隊コスモスのブログ(http://ameblo.jp/waintonekogasuki/

  *ファックス:全国動物ネットワーク(fax:029-851-5586)



ネコ  カクテルグラス  おうし座  ワイン  わんわん



※なお、「希望の牧場」さんの共催としての参加も決定しました!クローバー

Movies of a briefing session 福島復興調査団報告動画

These are the movies of a briefing session of Fukushima Fukkou Chosadan (Fukushima revival research group) held on 28 August in Osaka.
(※shocking scenes included)



★Reports by a veterinarian, Shigeki Imamoto
















An annual "Be kind to animals week" has started from 20 Sep.
"BE KIND"....

People that enact the "Animal rights law" have been killing the animals in a very cruel ways.

YOU are the ones breaking the law!!

The residents in No-go-zone has started returning homes temporarily.
They can go home by car but still, they are not allowed to take their pets.

According to Doubutsutachino Kimochi San, the government intends to blockade the No-go-zone completely after completed the temporary returning homes in Sep.

And they have started to delete those sites and blogs which contain the truth of Fukushima animals in order to conceal the truth and destroy the evidence.

We have to leave those sites, photoes and movies and tell the people in the whole world!!




8月に行われた、福島復興調査団の報告会の動画が公開されました。獣医師の今本成樹先生による報告です。悲しい映像も含まれていますが、これが区域の真実です。


「動物愛護週間」が昨日から始まりました…。
愛護法を制定し、「動物の遺棄は犯罪です」と謳っている政府はこの半年間、区域内の動物たち数十万頭を放置し、餓死させてきました。

尊い命を救うために区域内へ立ち入れば逮捕ですか?
法律を犯しているのはどちらでしょうか?

マイカーでの一時帰宅が始まりましたが、依然として、それでもペットなど生き物の持ち出しは禁止です。

さらに、どうぶつたちの気持ちさんによりますと…(以下転載)

政府は9月の住民一時帰宅が終わり次第 

20km圏内を完全封鎖しようとしています。 

そして真実を隠し、証拠隠滅をしようと 

ネット内のブログ、サイトなどの削除を始めています。(転載ここまで)


なんという国でしょうか。なんと汚く、恐ろしい国でしょうか。
でも、なかったことになんかできません。みんなが見てるんですから。

私たちは記事や写真、動画を残して、みんなに、世界に伝えていかなければなりません。


Immediate request from HelpCow 家畜おたすけ隊さんから至急お願い

An Immediate request from "Kachiku Otasuke Tai" (HelpCow) !


Reprint from their Facebook .


  


This is a immediate request.


We would like to ask farmers who agreed with euthanizing livestock.

We have information that from Sept 20th the authorities plan to euthanize a large number of livestock in Minami Souma city, Futaba gun, Taruha gun.


If you are please void your agreement as soon as possible.

They are not euthanizing them. They are killing them.


Even though you do not agree with euthanizing them you will be able to receive payment for damages.



They cannot conceal the truth. The world is watching.


They cannot say no lives were abandoned, left behind or existed.

They cannot say the animals are worthless.


All lives deserve to be rescued immediately.

Japan has to show its compassion towards the animals as a 21th developed country or the world will put pressure on it.



The most effective way to save them, we think is, ask their owners( livestock farmers of Fukushima) to withdraw their killing.


Many were forced to sign the agreement of killing and they don't know they can get the full compensation with no signature.

So we have been looking for as many as farmers who would want to save their cows.


  



Momoko-Hime's Blog


A cattle and a calf killed by the government.

The government promised to use anesthesia. But they didn't.

Tied their hooves, injected invert soap and killed.

The cattles bled from the mouth, and froth at the mouth. The internal organs are coming out.

They were in great agony until their last moment.

Their eyes say, "euthanize is a complete lie" !!


Related article


安楽死の真実。
9月2日政府に殺処分されたウシの親子。
麻酔を使う安楽死と偽り、実際は麻酔なし。
両足を縛り、身動きを奪い、洗剤を注入して殺害。
口から泡を吹き、お尻から内臓が出て出血している。
最期まで苦しみ抜いた絶望の目が訴えている。
安楽死とは大嘘です。




家畜おたすけ隊さんから至急のお願いです。


家畜おたすけ隊さんのFacebook より転載


  


至急のお願いです。
ウシの殺処分に同意した酪農家の方へ至急のお願いです。
明日9月20日(火)から南相馬市・双葉郡・樽葉郡にて、家畜動物の大量殺害が行われるという情報が入りました。

今すぐ同意を撤回してください。安楽死ではありません。ウシを処分させずとも国から補償金は受け取れます。



真実は隠せない。世界中が見ているから。見捨てた命、置き去りにしたままの命、存在していた者などいなかったと言うことはできない。動物の命に価値がないはずがない。


直ちに救助されるべき動物がまだ残されている。21世紀の先進国として日本は然るべき態度を取らねばならないだろう。いなかったことにはできない。



既に始まってしまった生き残りウシの殺処分を中止させる方法としましては、何よりまず飼い主である酪農家の方に殺処分同意の撤回を求めることからと思い、避難所を回るなど探している次第です。同意を撤回してもよいとお考えの酪農家の方からのご連絡をお待ちしております。


  



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR