スペースワールド「魚の氷漬けアイスリンク」 海外の報道 日本の世論を評価も

北九州のスペースワールドが企画した、5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難が相次ぎ、中止された件について…


北九州・スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難の声 公式FBには残虐な表現も



海外の主要メディアや動物ニュースサイトも報じています。

衝撃が大きかったのでしょう。。


ちなみに日本では、あるテレビ司会者が「すぐに中止しないでもっと面白おかしく対応しても良かった、止めることはなかった」と笑いながら話していたとのことですが…


海外報道では、批判の声が広がった日本の世論を評価する専門家のコメントなどが紹介されています。



★英BBC

Japan skating rink shuts over frozen fish controversy



★米CNN

Japan's 'Space World' apologizes for freezing 5,000 fish in skating rink


freezingfish-cnn.jpg



★こちらはインドのニュースのようです

Japan Skating Rink Shuts Over Frozen Fish Controversy





以下、BBCの日本語ニュースを転載します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-38140475-bbc-int


リンクに凍った魚で騒ぎに 日本のスケートリンク営業中止

11/29(火) 13:12配信


日本の北九州市のテーマパークが、凍った魚5000匹をスケートリンクに埋め込んだところ、「命を粗末にしている」「失礼だ」などと批判が相次いだため、27日にリンクの営業を中止した。

「スペースワールド」は、リンクを今月初めにオープンしたばかりだったが、批判を受けてホームページで謝罪。

「氷の水族館に関して様々なご意見を頂いております。『いきものを娯楽・イベントとして使うのはおかしい。』『お魚がかわいそう。』など、多数のご意見、重く受け止めております。氷の水族館について不快に思われた皆様に深くお詫び申し上げます」と書き、「氷の水族館の企画は中止させていただきます」と発表した。

スペースワールドの竹田敏美総支配人はAFP通信に対して、使用した魚の供養を予定していると話した。

テーマパークのフェイスブック・ページには一時的に、凍った魚が埋め込まれたリンクの写真が掲載されていた。魚は口を開けた状態で半分だけ氷に埋められたり、氷の表面の下に矢印型に並べられたりしていた。氷の中には、エイやカニに見える形もあったが、これは写真を埋め込んだだけという。

スペースワールドは、生きた魚を埋めたわけではなく、すでに死んで食用にならない魚を卸売市場の仲買から購入したと説明していた。

フェイスブックには、「遊び場を死んだ魚で飾るなんて、何を考えてたんですか」、「命を粗末にしている」、「日本の恥」などという批判的な書き込みが相次いだ。

テーマパークの関係者はBBCに対して、27日にはスケートリンクを閉鎖し、魚を取り出す予定だと話した。

「通常の状態に戻すつもり」だと話した関係者によると、リンク再開の時期は未定だが、「12月中」になる予定だという。

(英語記事 Japan skating rink shuts over frozen fish controversy)



~転載以上~



★関連記事 アフロ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00010000-storyfulv-int


スペワ「魚氷漬けリンク」 海外通信社も反応

福岡県北九州市のテーマパーク「スペースワールド」に開設され問題となった、約5000匹もの死んだ魚の上を滑るアイススケートリンク「氷の水族館」について、海外通信社も報じている。

英通信社プレスアソシエーション(PA)は28日、「冷凍魚で飾られたスケートリンク」と題し、「日本のスケートリンクでは、死んだ魚を凍らせ氷漬けにしたため、騒ぎが起きている。北九州で12日に開設された氷の水族館について、ソーシャルメディア上ではユーザーから“悪趣味”や“生命への冒涜”などと批判の声が上がった。リンクは28日までに営業を中止、魚は供養される」と伝えた。

伊通信社ANSAは、「死んだ魚の上でスケート」と題し、米通信社APは「日本 死んだ魚のスケートリンクが騒動に」と題し、それぞれPAと同じように伝えている。

(各国 28日 アフロ)



~転載以上~



多くのフォロワーがおり、日本のニュースサイトでも多くの記事が訳されている海外の動物ニュースサイト「The Dodo」も取り上げています。


'Terrible' Skating Rink Freezes Thousands Of Animals Under Ice



記事は、施設が「これ以上ない奇妙な方法」で客を呼び込もうとしたものの、世論はそれを好意的に受け止めず、ネットでまたたく間に批判の声が広がったことを伝え、先日、中国のサーカスにおいて、観客の目前で飼育員がクマに対して行った虐待行為について国民から批判が殺到した件にも触れ、「動物福祉に関する一般市民の感情が、アジア全域でより良く変化する可能性があることを示している」としています。


また、動物福祉協会の海洋生物学者ナオミ・ローズさんのこのようなコメントを紹介しています。


「ただただ信じられない。 「ジ・オニオン」(米国の風刺報道機関)の記事かと思ってしまった。


今回の件で唯一良かったことは、この企画を良しとしなかった世論の反応。人々が、他の生き物を娯楽の対象として見ることをやめない限り、こういったことはなくならないだろう」。





スポンサーサイト

松村直登さん関連 海外報道記事

最近、いくつかの海外メディアで取り上げられた富岡町の松村直登さんについての記事です。



レコードチャイナより。

http://www.recordchina.co.jp/a104436.html


福島の警戒区域で動物の世話する日本人男性、韓国ネットも称賛「さすが日本人」「人間の仮面をかぶった天使だ!」

配信日時:2015年3月18日(水) 2時15分


16日、韓国メディアが、福島第一原発の事故で立ち入り禁止となった富岡町にとどまり、1人で動物の世話をする日本人男性を紹介し、韓国で注目を集めている。写真は福島県。



2015年3月16日、韓国日報が、福島第一原発の事故で立ち入り禁止となった富岡町にとどまり、1人でイヌやネコ、ウシなどの世話をする日本人男性を紹介し、韓国で注目を集めている。

そのほかの写真

松村直登さん(55)は現在、福島第一原発から11キロしか離れていない富岡町に住んでいる。2011年3月に発生した福島第一原発の事故後、立入禁止の警戒区域に指定され、5万7000人以上が富岡町を去った。松村さんもその中の1人だったが、福島の大地で殺処分の危機におかれている動物たちを救うため、再び富岡町に戻ることを決めた。松村さんは現在、殺処分を拒否した畜主から預かったイヌやネコ、ウシ、ダチョウ、ブタなどの世話をしながら1人で暮らしている。日本各地では松村さんを支援するための募金活動が行われている。

このニュースに、韓国のネット上で称賛の声が相次いでいる。

「さすが日本人だね。尊敬する」
「危険な地域に戻るなんて、相当な勇気が必要だっただろう。心温まる話だ」
「涙が出た。動物の心配をする人はいっぱいいるだろうが、実際に行動に移せる人は少ない」

「松村さんと動物たちがずっと健康に暮らせますように」
「福島は美しい土地。早く元通りになることを願っている」
「日本政府は嫌いだけど…。やっぱり日本国民や日本は好きだ」

「こんな立派な人が世界に何人くらいいるだろうか?」
「松村さんは人間の仮面をかぶった天使だ。天使が本当に存在するなんて!」
「日本人はみんな良い人だ。韓国からも応援しているよ!」(翻訳・編集/堂本)



~転載以上~



以下、イギリスのメディア2つです。



Mirrorより

http://www.mirror.co.uk/news/world-news/last-man-standing-fukushima-animal-5338383


Last man standing: Fukushima animal lover stayed behind after nuclear disaster to feed abandoned pets


13:40, 15 March 2015


Naoto Matsumura

VIEW GALLERY


An animal lover who returned to the Fukushima exclusion zone after the devastating tsunami risked his life to feed the abandoned animals .

Farmer Naoto Matsumura, 53, returned to the area in Japan to care for the pets left behind when residents were evacuated.

Reuters Naoto Matsumura

Animal lover: Naoto Matsumura, 53, feeds dogs, cats, cows, horses and even ostriches



Disaster struck following an earthquake in March 2011 , which resulted in a nuclear meltdown when the plant was hit by a tsunami.

Nearly 57,000 people fled their homes due to risks from radiation, leaving animals to starve.

But Mr Matsumura, nicknamed Macchan, who initially left when the earthquake struck, returned.


Getty Naoto Matsumura

Hero: Naoto has been nicknamed "the last man of Fukushima"



He soon moved back to the small town of Tomioka, just seven miles form the power plant, and has cared for the animals ever since.

Macchan, dubbed "the last man of Fukushima", told Vice in 2011 that he found many of the dogs still tied up because their owners thought they'd be home soon.

He said: "From then on, I fed all the cats and dogs every day.


Reuters Naoto Matsumura

Dangerous: Naoto returned to the exclusion zone despite risks of radiation



"They couldn't stand the wait, so they'd all gather around barking up a storm as soon as they heard my truck.

"Everywhere I went there was always barking. Like 'we're thirsty' or 'we don't have any food' so I just kept making the rounds."


Facebook/Naoto Matsumura Naoto Matsumura

Caring: Naoto Matsumura says the abandoned animals gather round his truck when he arrives with food



Four years on, he is looking after dogs, cats, cows, horses and even ostriches.

Macchan feeds the animals with donations, including donations of water, from people outside the exclusion zone.





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




wamizより

http://wamiz.co.uk/naoto-matsumura-macchan-fukushima-animals/


Four years after Fukushima, just one man lives in the exclusion zone – to look after the animals

Mar 12, 2015


Photo by Nakasuji Jun via Facebook.



Naoto Matsumura is the man who stayed behind.

Known as “the last man from Fukushima“, 55-year-old Matsumura is the only person still living in the exclusion zone around the Fukushima Daiichi nuclear plant, which suffered a meltdown after the major earthquake and tsunami that struck Japan on March 11, 2011.


Yet Matsumura, nicknamed Macchan, is not alone. He has remained in his home in the coastal town of Tomioka, around seven miles from Fukushima’s stricken nuclear reactors, in order to look after the area’s animals.


Macchan takes care of scores of pets and livestock left behind when their owners fled, including cats, dogs, ducks, pigs, cows, a pony and even ostriches.


It began with the animals on his family’s farm. Having left home with his parents at the start of the nuclear disaster, Matsumura returned alone to check on the farm dogs, who hadn’t been fed for several days.


“When I did eventually feed them, the neighbours’ dogs started going crazy,” he told Vice magazine in 2011. “I went over to check on them and found that they were all still tied up. Everyone in town left thinking they would be back home in a week or so, I guess.


“From then on, I fed all the cats and dogs every day. They couldn’t stand the wait, so they’d all gather around barking up a storm as soon as they heard my truck. Everywhere I went there was always barking. Like, ‘we’re thirsty’ or, ‘we don’t have any food.’ So I just kept making the rounds.”


Photo by Naoto Matsumura via Facebook.

Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by Yoko Hatake via Facebook.

The more suffering he saw, the more determined Matsumura became to stay.

More than a hundred cattle starved to death in a barn; others were euthanized en masse on the government’s orders. Matsumura rescued one dog, who he named Kiseki or “miracle”, from a barn where he has been trapped for over a year, surviving only by eating the remains of dead cows.


He would find other dogs caught in traps set for wild boar and long forgotten. Many more animals became ill from lack of food and care.


“We have all been abandoned by the government,” Matsumura told Japanese documentary maker Maya Nakamura last year.”So the animals and I are staying here.”

Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by 東条雅之 via Facebook.


Now Matsumura feeds the animals – and himself – with the help of donations from well-wishers. Food and water from inside the exclusion zone is no longer safe, so much of what they consume has to be brought in from outside.


He receives visits from supporters and journalists and sometimes leaves Fukushima to give talks about the dangers of nuclear power, but most of the time it’s just Macchan and his animals.


They and he continue to survive despite daily exposure to radiation and, against all expectations, new generations are being born in the ruins of Fukushima.

Photo by Keiko Nasu via Facebook.
Photo by Keiko Nasu via Facebook.
Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by Naoto Matsumura via Facebook.
Photo by D’un Renard via Facebook.


As well as the kittens, puppies and calves he has helped to deliver, Matsumura has had a child of his own: Naoki, a little boy born in 2013. He lives outside the exclusion zone with his mother, a woman Macchan met on an anti-nuclear tour of Japan and Europe. They do not know when, if ever, they will live together as a family.


So, while decontamination efforts continue with no end date in sight, Matsumura will remain the last man in Fukushima, surrounded by the animals who rely on him – and on whom he, too, has come to depend.

Animals have comforted me and allowed for my survival,” he says.


Photo by Naoto Matsumura via Facebook.

Photo by Naoto Matsumura via Facebook.




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



関連リンク



「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」FB
https://www.facebook.com/aloneinfuksuhima



「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」ツイッター
https://twitter.com/mayunakamura510



「しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々」

http://urx.nu/iA6T


 


松村さんのフランスでの活動 各社1面トップで報道 Mr.Matsumura in France

現在、大震災・原発事故から3年になるのを機に、ヨーロッパ各地を回り活動されている松村直登さんについて、現地からの情報です。


NGO Life Investigation Agency (LIA)  さんのFBからです。






写真はフランスの新聞「DNA」の表紙です。

フランスで一番の購読者数の「ウエストフランス」をはじめ、報道各社で取り上げられています。※詳しくは下記から。
https://www.google.fr/
search?q=Naoto+Matsumura+FE
SSENHEIM&tbm=isch&tbo=u&so
urce=univ&sa=X&ei=ohcgU__G
N-Kv0QWK9YHACw&ved=0CDkQsA
Q&biw=1280&bih=648


松村直登のフランスでの活動は各社1面トップで報道されているところが多いです。

松村や周りのスタッフとも日々話すのですが「福島第一原子力発電所」の事件や、津波で被災した動物たちや人々の生活について、フランスやドイツでは強い関心の元で報道されています。

むしろ日本国内のほうが「のんびり」としており、福島第一原発の危険極まりなく、まったく終息していない現状に対して無関心であったり、宮城県、岩手県、福島県の巨大防潮堤建設において、今後、引き起される自然破壊に対しても、世の中全体としては無関心であるように感じます。

どんな事でも同じですが現地で生活する「当事者」が「無関心」であったり「無主張」、「無行動」である限り、どの問題も同様で解決はありえないと思っています。
日本国内の原子力発電所立地県にお住まいの方!
宮城県、岩手県、福島県の沿岸部に御住まいの方!

あなたたち自身が置かれている境遇と問題にたいして、あなたたちが声を上げ、また行動して頂きたいと思います。

日本全国の犬と猫の殺処分の問題に対しても、野生動物の殺処分の問題にも、地元の人が声を上げ、口だけではなく、実際に行動しなくては、問題の解決などありえないと常々思います。




~転載以上~




以下は、松村さんの支援活動をされている、アメリカのNaoto Matsumura, Guardian of Fukushima's Animals さんのFBからです。



Matsumura-san in Fessenheim, France


We visited Matsumura-san in France this weekend. There was a big protest at the nuclear power plant, Fessenheim in Alsace, France. Fessenheim is located close to Germany, it was a joint-demonstration by French and German people.
As soon as Matsumura-san arrived at the press conference place, he was immediately surrounded by people from the media, they didn't let him go during the event. Additionally many many protesters tried to get a chance to greet him, they were very grateful with what he had done after the disaster and having him in France.

He sang a Japanese song with his friend Ren Yabuki, who came with him from Japan as a part of the project, and some Japanese staff. The song is called 'Furusato (Hometown)', it is a special song for Japanese people particularly after the disaster three years ago. The French organizers tried to sing it together in Japanese.

Later Matsumura-san made a speech on the demonstration car, he said 'I sang a song called 'Furusato (hometown) but my Furusato was destroyed by the nuclear power. Everything is over in my hometown. Next Fukushima could be here. Let's stop the nuclear power, not only in Fessenheim but everywhere in the world!' His speech was translated into both French and German and people gave him big and long applause.





~転載以上~




上記記事の翻訳です。


「フランス、アルザス地方のフェッセンアイム原発のある街で行われた、大規模な反原発集会に招かれた松村さんを訪ねました。ここはドイツとの国境付近のため、フランス・ドイツ両国の人々によるデモとなりました。


松村さんが記者会見場に現われると、あっという間にメディアに囲まれ、イベント終了まで取材は続きました。また、多くの参加者が松村さんの元にあいさつをしようとやって来ました。彼らは、松村さんが大震災・原発事故後にとってきた行動を称賛し、フランスで会うことができたことをとても喜んでいました。


そして松村さんは、同行したヤブキレンさんや日本人のスタッフと共に、特に震災後、日本の人々にとって特別となっている曲「ふるさと」を歌いました。現地の主催者たちも、日本語で一緒に歌いました。


その後、松村さんはスピーチを行い、こう訴えました。


「私が歌ったのは『ふるさと』という曲です。でも私のふるさとは、原発によって破壊されてしまいました。私の故郷は何もかも終わってしまった。ここが、次の福島になるかもしれない。

ここフェッセンアイム原発を、そして世界中の原発を止めよう!」


松村さんのスピーチは、フランス語とドイツ語に翻訳され、参加者の盛大な拍手を受けました。」




写真はNaoto Matsumura, Guardian of Fukushima's Animals さんより。














こちらで写真がたくさん見られます。


http://on.fb.me/1guS4j6

楢葉町の坂本さんが米NBC・英ITNに Mr. Sakamoto on NBC&ITN

楢葉町で多くの動物たちを守り続ける坂本さんが、昨年10月になりますがアメリカNBCニュースで取り上げられていました。


原発事故後、避難することなく楢葉に留まり、500頭もの動物たちの世話を続けている坂本さんについての取材記事です。



This is from NBC News.

http://photoblog.nbcnews.com/_news/2013/10/03/20803316-inside-fukushimas-exclusion-zone-a-farmer-sheltered-over-500-abandoned-animals?lite


Inside Fukushima's exclusion zone, a farmer sheltered over 500 abandoned animals

楢葉町の坂本さんがロイターU.S.版に Mr. Sakamoto on Reuters

English follows.



楢葉いやしの森と仲間たちさんからです。

http://d.hatena.ne.jp/naraha184/20131219/1387407096



海外のメディアで取り上げられています(12月19日更新)


坂本さんは震災直後より国内外のメディアに取り上げられています。

なかでも、2013年11月5日ロイターU.S.版に掲載された動画は、吹き替えやアナウンスがなく坂本さんの生の声をそのまま聞くことができ、いやしの森の様子を見ることができます。
※この動画はモバイル端末では再生できないようです。

f:id:naraha184:20131218220323j:image:w500

REUTERS.co.jp webサイトより

”Man braves nuclear zone to save animals” (5:16)

Nov. 5 - The Fukushima nuclear disaster forced thousands from their homes. Except one who chose to stay to tend to his 500 animals. Produced by Cheng Herng Shinn and Ruairidh Villar.




ペタしてね




This is from supporters' blog of Mr. Sakamoto who has been taking care of over 500 animals in Naraha, Fukushima.

http://d.hatena.ne.jp/naraha184/20131219/1387407096


According to the blog, Mr. Sakamoto has been featured on Reuters (U.S).

You can watch the news on the site.



”Man braves nuclear zone to save animals” (5:16)

"Nov. 5 - The Fukushima nuclear disaster forced thousands from their homes. Except one who chose to stay to tend to his 500 animals. Produced by Cheng Herng Shinn and Ruairidh Villar."




プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR