fc2ブログ

首相「動物はかけがえのない存在」 法律上の扱い議論

日本経済新聞からです。



首相「動物はかけがえのない存在」 法律上の扱い議論

2023年3月3日 0:14


岸田文雄首相は2日の参院予算委員会で、動物の扱いを巡る民法改正について「社会の変化を踏まえ専門家の議論を深める必要がある」と述べた。「動物は命の尊さや他者へのおもいやりを教えてくれるかけがえのない存在だ」とも答弁した。


日本維新の会の串田誠一氏が動物は民法上「物」の扱いだとして法改正を求めた。首相は動物愛護管理法に「物」ではなく「命あるもの」として尊重する考え方が盛り込まれていると指摘した。「社会のありようを法律に反映させていかなければならない。問題意識は重要だ」と語った。



スポンサーサイト



改正動物愛護法 犬猫へのマイクロチップ装着の義務化 関連ニュース

今月1日施行された改正動物愛護法により、義務化されるブリーダーやペットショップなどで販売される犬や猫へのマイクロチップの装着・登録などについてのニュースまとめです。



















マイクロチップ義務、来月から 販売の犬猫、情報登録

時事通信からです。



マイクロチップ義務、来月から 販売の犬猫、情報登録

配信


ペットの犬や猫にマイクロチップ装着を義務付ける改正動物愛護管理法が6月1日に施行される。  飼い主の情報が登録されたチップを埋め込むため、首輪のように外れず、はぐれても連絡がつきやすくなる。無責任な遺棄も防げ、環境省の担当者は「所有者が分かるので、むやみに捨てる人が減る効果がある。最後まで飼うことが殺処分を減らすことにつながる」と話す。 


 マイクロチップは直径1ミリ、長さ8ミリ程度の円筒形で、獣医師らが専用の注射器で背中部分の皮下に埋め込む。費用は数千~1万円程度。15桁の数字が記録され、自治体などが専用の機械で読み取り、データベースの登録情報と照合できる。登録情報は飼い主の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、犬や猫の品種、毛色、生年月日、性別―など。


  これまでも民間団体によるチップ登録制度はあったが、6月以降は法定化される。日本獣医師会の担当者は「民間で取り組んできたことが法律で明文化されたことは非常に大きな意味を持つ」と話す。


  装着義務が生じるのは、ブリーダーペットショップが販売する個体。守らない業者には都道府県知事が勧告や命令を行い、悪質な場合は業務取り消し命令の対象となる。


  一般の人がチップの付いた犬猫を業者から購入した場合、30日以内に登録情報を書き換える義務が生じる。その際はチップの識別番号と、購入時に業者からもらう登録証明書に書かれた暗証番号が必要だ。オンラインで申請する場合、手数料は300円。


  現在家庭で飼っている犬猫への装着は努力義務だが、チップを一度入れれば情報登録の義務が生じる。引っ越しなどで住所が変われば、その都度書き換える必要がある。


  ペットフード協会によると、国内で飼われている犬猫は推計約1600万匹。環境省はペットショップやブリーダーを経由し、チップ装着が義務化される犬猫は年間約41万匹に上ると見込んでいる。同省の担当者は「販売される犬や猫はチップを必ず装着している。迎え入れたら、自身の個人情報の登録をお願いしたい」と呼び掛けている。 



~転載以上~



関連ニュース




★環境省より


令和4年6月1日から開始するマイクロチップ登録制度に関する飼い主の方向けQ&A




ペットの犬や猫にマイクロチップ装着義務化へ 概要が明らかに

NHKニュースからです。



ペットの犬や猫にマイクロチップ装着義務化へ 概要が明らかに

2021年12月4日 6時29分


犬や猫が捨てられたときなどに飼い主が分かるようマイクロチップの装着を販売業者に義務づける法律が来年6月に施行されるのを前に、環境省はマイクロチップに登録する情報の詳細や手続きの進め方などの概要をまとめました。

環境省によりますと、迷子や飼育放棄などで自治体に引き取られる犬と猫は、令和元年度には8万5000匹余りに上るなどしていて、対応が課題となっています。

こうした中、飼い主がすぐに分かるよう、犬や猫にマイクロチップの装着を義務づける改正動物愛護管理法が来年6月に施行されることになっていて、これを前に環境省は3日、動物の専門家などで作る審議会に概要を示しました。

それによりますと、繁殖を行うブリーダーやペットショップなどの業者には、販売用の犬や猫にマイクロチップを装着し、犬や猫の名前や性別、品種、毛の色のほか、業者名を国のデータベースに登録することが義務づけられます。

また、犬や猫を購入する際、飼い主も氏名や住所、電話番号などを30日以内に登録することが義務づけられます。

すでに飼っている人や譲り受ける人、保護団体などは装着は努力義務となっています。

会議では、動物への健康上の影響に対する不安の声が上がったほか「飼い主の連絡先が変わるたびに登録を変更するのは煩雑ではないか」といった指摘が出されていました。

環境省は、こうした指摘について検討を進めるほか、一般の意見も聞いて正式に決定し、来年6月の義務化に向けて業者や飼い主への周知を進めることにしています。

マイクロチップで「識別番号」表示

環境省によりますと、マイクロチップは直径2ミリ、長さ1センチほどの円筒形の電子器具で、獣医師が犬や猫の首から肩甲骨のあたりに注射器を使って装着します。

マイクロチップには固有の15桁の識別番号が割りふられていて、専用の読み取り機を犬や猫の体にかざすと、識別番号が表示されます。

識別番号は、飼い主の氏名や住所などの情報とともに国のデータベースに登録され、番号から飼い主をたどれる仕組みになっています。

GPS機能はついていないので、居場所を把握することはできません。

日本では平成7年の阪神・淡路大震災のあと、多くの犬や猫が迷子になったことをきっかけに導入をめぐる議論が始まり、おととし、動物愛護管理法の一部を改正する法律が成立しました。

国は、マイクロチップを取り付けることで、迷子になった際や災害で離れてしまった際に飼い主を見つけやすいことや、安易な遺棄の防止が期待できるとしています。

今回の法律の施行前からマイクロチップの導入は広がっていて、現在は日本獣医師会や動物の団体がそれぞれデータベースを作っています。

最も利用者の多い日本獣医師会のデータベースには、マイクロチップを装着したおよそ273万匹の犬と猫の情報が登録されているということです。

一方、ペット保険などを取り扱う保険会社「SBIいきいき少額短期保険」が、おととし、犬や猫を飼育する200人を対象に行ったアンケートでは、全体の69.5%がマイクロチップの装着の義務化に「賛成」または「どちらかというと賛成」と回答した一方、30.5%は、「反対」または「どちらかというと反対」と回答し、その理由は「かわいそう」とか「装着後のペットの状態が心配」などでした。

反対意見もある中、来年6月の義務化に向けていかに周知を進め理解を得ることができるかも課題となっています。


~転載以上~


★関連ニュース 共同通信

施行前の飼育にもチップ装着義務 犬猫繁殖・販売業者、環境省案

12/3(金) 19:41配信

環境省は3日の中央環境審議会部会で、犬猫の繁殖・販売業者に対し、飼い主情報を記録したマイクロチップの装着を義務付ける改正動物愛護法が2022年6月に施行されるのに伴い、施行前に業者が飼育していた犬猫にも装着を早期に義務付ける省令改正案を示した。パブリックコメント(意見公募)を経て22年2~3月の中環審で答申をまとめる。

 マイクロチップは直径2ミリ、長さ10ミリ程度の電子器具で、犬猫の遺棄や行方不明を防ぐのが狙い。15桁の番号が記録され、注射で犬や猫の体に埋め込む。専用機器で番号を読み取り、データベースに登録された飼い主の氏名や連絡先などの情報と照合する。

衆院選2021 責任ある投票を!

杉本彩さんより。

https://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-12706163780.html


衆院選2021 責任ある投票を!



2021年10日31日
衆院選の投開票です!

コロナ禍で社会全体が危機的状況にある今、若者に向けても、今までになく「投票に行こう」と呼びかけるキャンペーンが目立ちます。

特に若者にとっては、仕事、結婚、出産、子育て、環境問題など、自分たちの将来が政治で大きく影響を受けます。

幸福な人生が送れるか、、、
政治にかかっていると言っても過言ではありません。

そして、犬猫の殺処分問題、悪質ペット事業者への規制強化、畜産動物や実験動物、展示動物などの動物福祉、その整備と前進も、もちろん左右されることは言うまでもありません。

是非、選挙に行っていただきたいです。
そこで大切なのは、候補者と政党をしっかりと自分なりに調べて、責任ある投票をすることです。

「よく分からないけど、イケメンだから、キレイだから」と、表面的なことで判断したり、「殺処分0って言ってるから」など、安易な判断ではなく、候補者の本質(志し)を見極めようとする視点を持って、あらゆる角度から、候補者の行動や発言をチェックしてみてください。

私が代表を務める公益財団法人動物環境・福祉協会Evaは、超党派議員連盟で、動物愛護管理法改正の会議において、アドバイザリーを務めてきました。また、Eva設立前から、私は長年の活動の中で、多くの議員や候補者と接してきました。
その経験から知ったこと、感じたことを記したいと思います。

まず、候補者の功績やプロフィールに関して言うならば、それをそのまま鵜呑みにするのはやめたほうがいいです。
候補者の皆さんは、まず選挙で当選することがすべてなので、どなたでも多少はオーバーに手柄を書きたいものです。
それが票に繋がると思えば、そう思うのはある意味当然。
政治家に限ったことではないかもしれません。

けれど、今までの選挙でも見ていると、なかには首を傾げたくなるものや、とても悪質な虚偽と言って過言ではないものもあります。

よくあるのは、ある成果について、少しだけ関わった程度で、まるで自分が中心になって推し進めたかのよう書きぶりをするケースです。その背景や経緯を知る者は、誰の行動と力でそれを達成したのかを知っているので、「それはかなり過剰な言いっぷりではないか?」と思うこともしばしばです。
けれど、その程度なら「まぁ、ありがちだね」と流せる範疇です。

また、近年は、動物愛護の機運が高まり、票集めのために、何の知識も持たず、とりあえず「殺処分0!」「動物愛護!」と掲げるケースもあります。
聞いていると、問題の焦点がズレている場合や、問題の本質に言及して敵を作りたくないのか、そもそも問題の本質を知らないのか、という方も多いです。
まぁ、それも、当選されたら後に期待ということで、議員になって勉強してくださっているか、ポーズだけではないか、それを私たち有権者が検証していけばよいことです。温かく見守りながら、厳しい視点でチェックする。
当選後の動向と結果をしっかり見ていけばいいと思います。
口だけなら、次は投票しなければいいわけですから。

そして、注意していただきたいのはここからです!

動物愛護を掲げる議員の中には、完全にペット事業者応援団の方もいます。耳ざわりの良い「殺処分0」「動物愛護」はイデオロギーに関係ありませんから、誰もが印象の良くなる公約なのだと思います。けれど、「殺処分0」というならば、そのために何をするのかという考えとビジョンをしっかりと持ち、公約にしてほしいものです。

そして、さらに注意が必要なのは、先にも記した、プロフィールにある功績がまったくデタラメなケースです。
嘘を書いても、そこまで調べる人がなかなかいないのか、言ったもの勝ちのようなところがあります。
これは有権者を完全に騙していることになりますから、こういう手段を選ばない詐欺的なケースはとてもタチが悪いです。

では、どうやってそれらを見極めればよいのか、、、。

虚偽の功績などは簡単です。立候補する方は、やってきた活動などを必ず発信されているでしょうから、それを達成するにあたり重要な場面や人物と繋がりがあるのかなど、過去に遡ってSNSを見ていけば明らかです。多少時間は必要かもしれないですが、意外と難しいことではありません。

また、愛護ではなく、ペット事業者側の議員も、業界団体の役職に就いていたりしますので、よく調べればわかることです。
他にも、ペット業界団体が開催しているイベントなどに出席していたり、密なお付き合いが見えてくることがあります。

そして、もう一つお伝えしたいのは、実際大きな影響力ある大物議員になると、とても大きく尽力されたのに、自分でわざわざその手柄を発信しないということもあります。さすが、余裕なのかもしれないですね。
それを知るには、ロビー活動やさまざまな運動により、結果を出してきた啓発団体などのSNSを注意深く見れば、ある程度見えてくるはずです。

SNSの発達により、いろんな情報が入手できる時代になりました。でも、真実を見極める力を養わなくては、逆に、簡単に騙される時代なのだと思います。言い換えれば、良くない目的を持った人が、簡単に人を騙せる時代でもあります。
騙されないこと!そのために注意深く、さまざまな視点を持つこと。これも大切な責任だと、28年間の活動から学びました。
どんな未来を作るかは、私たち有権者にかかっています。
よく見極めて、責任ある投票を!



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

7年前、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR