ヤフー ペット殺処分ゼロ支援プロジェクト 小さな命を救うために知ってほしいこと

ヤフーの社会貢献より。

https://www.facebook.com/YJcontribution/posts/1462532870488365


知るだけでも救える小さな命があります。不幸なペットたちを減らすために私たちにできること。
Tポイントでも寄付できます。




ペット殺処分ゼロ支援プロジェクトサイトより一部転載。

https://forgood.yahoo.co.jp/dogcat/2017/



pet_main_visual.png



データから知る <ペットの実情を数字から見つめ直す>

日本のペットの総数
日本のペットの殺処分数
飼い主が直接持ち込んだ場合
日本では5分に1度処分されている
自治体別処分率
日本での殺処分の費用



インタビューから知る <体験から伝えたいこと>

interview_h.jpg


ペットが捨てられることについてはどのように思われますか?
動物を捨てるだなんて考えられない。それなら最初から飼わないで欲しいです。捨てる理由として「子犬がたくさん生まれちゃったけど、里親が見つからなかった」というのをよく聞きますが、そんなの無責任じゃないですか。


ほかにもひどい話があって、知り合いが里親になったワンちゃんなんて、保護された時に口の周りを針金でぐるぐる巻きにされていたそうなんです。もし、吠えてうるさいからって理由で捨てられたとしたら、意味がわからない。


「動物アレルギーになったから」という理由で捨てる人もいるらしいんですけど、私も動物アレルギー持ちなんですよ。舐められるとブツブツとじん麻疹みたいなのができちゃう。でも、犬って賢いの。わかってくれているのか、舐めないようにしてくれる。人それぞれ症状の度合いは違うと思いますが、接し方を変えるだけでペットと一緒に住むことができるかもしれないし、ほかにも方法があるかもしれない。簡単に手放して欲しくないです。


でも、もしどうしてもペットを手放さないと行けなくなった時は、施設に預ける前に一緒に住んでくれる人を探して欲しいです。


里親になることの大変さはどのようなことがありますか?
以前、保護されたワンちゃんに会いに岡山県まで行ったことがあるんです。岡山県では野良犬が多いらしくて、小型犬なのに手足が長いとか雑種ならではの不恰好なコが多いんです。そういうコは引き取り手が見つかりにくいみたいなんです。


私が引き取りたいと思ったのは、私と同じ名前のアンジェリカちゃんという雑種のコ。小屋の奥から出てきてくれなくて、触ろうとして手を伸ばしただけで怖くて漏らしちゃうんです。引き取りたいってお願いしたんですけど、施設の方に雑種のコはどんなサイズに育つか分からないから難しいと言われてしまいました。私みたいにマンション住まいだと中型犬以上に育った場合に飼えなくなるかもしれないから難しいって。それに捨てられたワンちゃんって、ずっと誰かがそばにいてあげないと愛を感じにくいので、一人暮らしには向いていないそうなんです。里親になる審査は本当に厳しいんですよ。


審査には落ちちゃいましたけど、その後に引き取り手が見つかったって連絡があった時はうれしかったですね。


ペットを手放すかどうかを悩んでいる人に伝えたいことはありますか?
ペットを捨てる前に一度、保健所に行って見た方がいいと思います。見たらもうペットを捨てられないですよ。私が見たところは地下で、ものすごく薄暗いところでワンちゃんたちが生活していたんです。その実態を見たら幸せにしてあげなくちゃって気持ちになりますよ。安易な気持ちでペットを飼っちゃいけないって身にしみてわかるはず。


そんなワンちゃんたちの現状を知ったので、私がつぎに犬を飼うなら病気や歳をとったコにしようって思っています。大きくなったコや余命がないコには引き取り手があまりいないですからね。おいしいものを食べさせて、暖かいところで、愛情いっぱいの状態で幸せな最後を迎えて欲しいって思います。


殺処分を少しでも減らすためにはどうすればいいでしょうか?
殺処分はもちろん無くなって欲しいです。だからって、いますぐに無くすことはかなり難しいと思います。だけど、うっかり繁殖させちゃったとかで捨てるようなことは意識の問題で変えられるはず。団体に入る必要もないし、知るだけでいい。みんなが情報を拡散して“知る”だけでもいい運動になると私は思っています。


マンガから知る <檻の中のペットたち>


manga_h.png

無料でダウンロードする(PDFファイル:2.2MB)



~一部転載以上~



インタビュー全文、寄付先の団体一覧など詳しくはサイトをご覧ください。

https://forgood.yahoo.co.jp/dogcat/2017/


スポンサーサイト

世界動物保護指数

ひかたまさんからです。

http://shindenforest.blog.jp/archives/69762835.html



動物に優しい国。

世界動物保護指数マップがあります。
World Animal Protection Index

wap1World Animal Protection Index

国別のランキング表記も表示されます。

日本は、Dランク。
あまり良くありません。


Aランクは、
英国
ニュージーランド
スイス


Bランクは
スウェーデン

wap2World Animal Protection Index


またさまざまな指標別のランキングも表示できます。

各指標をクリクすると、
(上のINDICATORSをクリック)
指標ごとのランキングが
世界地図に色で表示されます。

指標には
次のようなものがあります。
awp3
awp5
wap6
World Animal Protection Index
awp8
awp7




これを制作しているのは、
動物保護団体
ワールド・アニマル・プロテクション

世界の50ヵ国を対象にして、
法制度上の動物保護への取り組み、
動物の幸福度、
動物に対する扱い、
野生動物の密猟、
野良犬や野良猫の対策

など
総合的に判断しています。


もちろん、
これが正確に動物愛護の実態を反映したものではありません。

でも、
こうした取り組みによって
動物保護への関心を高めることが出来ます。


さらに、
動物の権利、動物の立場を尊重した改善に繋がることを期待する意図で作られています。




また、
この地図は
各国内での動物に対する取り組み
を示していますが、

地球規模で見た場合
評価は大きく変わってくると思います。



たとえば

インドネシアのオランウータンなどの減少は、
日本へのパーム油や紙製品の使用に大きく関わっていますし、

タンザニアやケニヤのゾウの密猟では、
日本の印鑑や中国の象牙製品の利用が大きく関わっています。




グローバルな視点で見てみると
たぶん日本は
最低ランクに近くなるかもしれません。





今後、
このような地図をきっかけに
動物保護への取り組みを強化し、
動物保護への改善点を見直し、

なによりも
動物保護に対する意識が向上されることを
願っています。


生き物はすべて等しく貴重なもの、
奇跡の星に住む宝石のようなもの。
私たちが地球に存在できるのも
大地の実りと命を捧げてくれる生き物の繋がりのおかげなのです。



一人一人が、
すべての生物に対する優しい配慮をする社会は、
人の幸福度をも急上昇させるはずです。



~転載以上~



日本では、どれだけの人が知っているのでしょう…

元々動物保護への関心が低い国ですので、これについての報道も見かけません。

我が国が遅れをとっていること、改善すべき点が多くあること、たくさんの人に知ってほしいです。


【番組情報】3月26日(日) ペットの王国ワンだランド 動物の命を救う活動を振り返る総集編

テレビ朝日「ペットの王国ワンだランド」サイトより。

http://www.asahi.co.jp/pet/


2017年3月26日(日) あさ9時30分 放送


殺処分ゼロを目指し、動物の命を懸命に救う人たちの活動を振り返る総集編


ペット業界の現状に警鐘を鳴らす太田匡彦記者、「犬猫みなしご救援隊」の中谷百里さん、「希望の牧場」の吉沢正巳さんらが登場!


街が人と犬の共存を実現!ドイツとスイスがペット先進国である秘密とは?

倉科カナさん、保護猫を迎え、一歩踏み出す 「不幸な犬猫のこと、同世代に伝えたい」

朝日新聞sippoより。リンクからどうぞ。


倉科カナさん、保護猫を迎え、一歩踏み出す 「不幸な犬猫のこと、同世代に伝えたい」

http://sippolife.jp/article/2017031600005.html



★関連過去記事


倉科カナさん 「ペットショップではなく里親という形で家族に迎えました」


志村どうぶつ園で放送された「保護犬の譲渡会」に多くの客が訪れる

どんどん、殺処分問題や保護犬猫にスポットを当ててほしいですね。

多くの人に、譲渡会や保護施設で譲り受けるという選択肢があることを知っていただきたいです。



ネタりかからです。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170313-66043984-sirabee


志村どうぶつ園で放送された「保護犬の譲渡会」に多くの客が訪れる

2017/3/13 07:30 しらべぇ


志村どうぶつ園で放送された「保護犬の譲渡会」に多くの客が訪れる

志村どうぶつ園で放送された「保護犬の譲渡会」に多くの客が訪れる



IMG_1018©sirabee.com


殺処分を待つ犬を保護し、里親を探す活動を行っている特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION(KDP)が日本テレビ系列で放送された『天才!志村どうぶつ園』で紹介された。


放送中にもTwitterなどのSNSで大きな反響があったようだが、12日に行われた譲渡会にも多くの客が訪れており、認知度はかなり高まっているようだ。


IMG_1052©sirabee.com

■里親になるためには高いハードルも

IMG_1022©sirabee.com


しかし、譲渡会が盛り上がっているとはいえ、実際に里親になるには、かなり高いハードルがある。


IMG_1050©sirabee.com


譲渡会で気に入ったからといってすぐ引き取れるワケではなく、実際にマッチングやお試しの散歩などを行い、里親との相性をまず確かめなければならない。


また、保護されている犬の多くが大型犬のため、運動量も多く初めて犬を飼う人はかなり大変。


もちろん狭いマンションなどでは飼うこと自体が難しいため、ある程度広い家に住んでいる必要もあるだろう。


IMG_1051©sirabee.com


これはKDPだけでなくほとんどの動物保護活動をしている団体が設けている決まりで、犬を不幸にさせないためのルールでもある。


それだけ動物を飼うというのは、責任を持たなければいけない行為なのだ。


また、保護犬は高齢であったり病気を抱えていたりと、ペットショップで飼う動物よりも気を遣わなければならないことがあることも多い。


IMG_1026©sirabee.com


だが、犬や猫などの動物を飼うということはそれ以上の幸せを与えてくれるもの。


IMG_1053©sirabee.com


犬にとっても良きパートナーとの出会いは、何にも代えがたい幸せがあるものだ。


IMG_1030©sirabee.com


これから動物を飼おうと考えている人はペットショップへ行く前に一度譲渡会へ行き、自分に動物を飼う適性があるのか考えてみるのもいいかもしれない。


IMG_1048©sirabee.com


ちなみに譲渡会へ行ったからといって必ず里親候補にならなければいけないワケではなく、会場で売っているカレンダーや野菜を買うことで団体の支援をすることもできる。


IMG_1039©sirabee.com


会場では志村どうぶつ園で森泉が作ったカートも大活躍しており、非常に楽しいムードにも包まれていた。


IMG_1019©sirabee.com


譲渡会は毎週第2・4日曜日に湘南国際村ファミリーマート前で開催されているので、近くに住んでいる人はぜひ行ってみよう。


参考リンク:KDP – Kanagawa Dog Protection


あわせて読みたい→ホームレスが売る雑誌『ビッグイシュー日本版』に取材して分かった貧困の実情


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)



~転載以上~



★関連過去記事


【動画】天才!志村どうぶつ園 捨て犬ゼロ部スペシャル ぺこりゅうと森泉が保護犬のために




プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR