八王子乳児死亡 咬んだゴールデンレトリバーはどうなった?

こちらの事故についてです。


【赤ちゃん死亡】飼い犬にかまれ…原因は?



日刊ゲンダイからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000020-nkgendai-life


八王子乳児死亡 咬んだゴールデンレトリバーはどうなった?

3/15(水) 9:26配信


祖父母が飼っていた犬が、生後10カ月の孫娘を咬(か)んで死なせる……9日に東京都八王子市の住宅で起きた、ゴールデンレトリバー(4歳オス)による咬傷事故から16日で1週間。「悲劇」のひと言で終わらせるわけにはいかない。

環境省の動物愛護管理行政事務提要によると、2015年度の犬による咬傷事故は4373件。飼い主や家族が咬まれて死亡したケースはゼロだが、それ以外の“他人”は2件ある。発生件数そのものは減少傾向にあるとはいえ、08年以降、毎年4000件以上起きているのだ。

全国652万頭(15年度)の犬の飼い主にとって他人事じゃない。人を咬んだ犬のその後の「措置」も気になる。

「全国の各自治体が動物愛護管理法に基づく条例を定めており、措置については、それぞれの条例によります」(環境省動物愛護管理室担当者)

たとえば、八王子市の条例では、今回のように犬が咬傷事故を起こした場合、発生時から24時間以内に市長に届け出ることと、48時間以内に狂犬病の有無について検診させることを、飼い主に義務づけている。

また、犬が人の命や身体、財産などを著しく侵害した、または侵害する恐れがある場合、市長は「殺処分」を含めた措置命令を出すことができるとしている。

同市保健所生活衛生課動物衛生担当者は「一般論ですが」と前置きしてこう言う。

「放し飼いの犬が家の外に逃げ出して人を襲ったなど、明らかに飼い主が注意義務を怠っていた場合は別ですが、原則として事故発生後の措置については、飼い主の意向が重視されます。もちろん飼い続けることもできる。どうしても他に犬の引き取り手が見つからないという場合は、保健所が引き取ることになります。市長の殺処分命令? 14年の条例公布から一度もありません」

警視庁によると、乳児を咬んだゴールデンレトリバーは「現在(14日)は飼い主のもとに戻っている」(広報担当者)という。

「八王子の事故は室内で起きたもので、飼い主の注意義務を問うのは、あまりにも酷でしょう。今後どうするかは、飼い主の祖父母次第です」(捜査事情通)

前出の動物愛護管理行政事務提要によると、15年度の犬の引き取り数は約4万6600頭。そのうち、「返還・譲渡」されたのは2万9600頭、「殺処分」は1万5800頭だ。

スポンサーサイト

テリー伊藤が行政による野良猫の「処分」を主張 命への配慮に欠けた問題発言

トピックニュースからです。

http://news.livedoor.com/article/detail/12382610/


テリー伊藤が行政による野良猫の「処分」を主張「県庁の怠慢ですよ!」

2016年12月7日 11時5分


terry.jpg



7日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、テリー伊藤が、行政による野良猫の「処分」を訴えた。

この日は野良猫が引き起こすトラブルを取り上げた。山梨県庁の敷地内には現在20匹ほどの猫が住み着き、植え込みにフンをしたり近所の飲食店に迷惑を及ぼしたりしているという。こうした事態は、「かわいそう」との理由でキャットフードなどを与える市民がいるためだそうで、エサやり禁止の看板を立てても効果がないという。

番組によると、「狂犬病予防法」が存在する野良犬と異なり、野良猫には行政に捕獲を許す法律がない。定期的にエサを与えている人がいる場合、その本人に管理をお願いするしかないのが現状だという。

テリーは、こうした現状について「山梨県庁の怠慢ですよ」と厳しく断じる。県側はエサをあげている人を「悪者」扱いするだけで、野良猫を処分する条例などを作っていないと指摘したのだ。

続けて「(野良猫の)持ち主がいるかも分からないってことありますけど、例えば、忘れ物だったら1ヶ月でも2ヶ月でも自分のところで保管して、そしてその後処分していきますよね?」と語り、「そこの勇気を持たないと。山梨県は自分のところにリスクを背負ってないです」と主張する。

オリエンタルラジオ・中田敦彦が「山梨県が野良猫を処分する風に進めればいいって話ですか?」と確認すると、テリーは「それをしないと、どうしても『カワイイ』が前提になっちゃって」と付け加える。そして、「多分、動物愛護の方が『何言ってんだ!』って言うかもしれないけど、例えば、歩いている赤ちゃんがもしこの猫に噛まれたらどうなりますか?」と例を出して説明した。

中田も「本当に猫が心配で(エサを)与えてるのではなくて、エサを与えるっていうコミュニケーションを味わいたいだけですからね、与えてる人は」と語り、エサやりする側の心理を推測していた。



~転載以上~



山梨県は、「共生を図りたい」として、住民との対話へ向けた情報収集を進めるとしています。


山梨県庁の野良猫「共生図りたい」 知事意向、住民と対話へ情報収集

http://www.sankei.com/region/news/161112/rgn1611120007-n1.html



「野良猫を処分する条例」。

猫の命を「忘れ物」と一緒にする感覚。


テリー氏の発言は非常に軽率で、命への配慮に欠けた、問題のある発言だと思います。


各地で殺処分される犬猫を減らそうという動きが活発になってきており、殺処分施設のないセンターができたり、地域猫活動が盛んになったり、一昨日には神戸市議会で、不妊・去勢手術を公費で負担して推進するという、繁殖制限に特化した条例が全国で初めて成立しました。行政も民間も、不幸な命をなくそうと頑張っています。


猫が嫌いなのか何なのかわかりませんが、テレビという場において、影響力のあるご自身の立場をよくわきまえていただきたいと思います。また、こうした議論をするならば、コメンテーターの皆さんには、飼い主のいない猫や殺処分の現状についてもっと勉強してから発言してほしいと思います。


「邪魔なものは処分すればよい」というのは、とても恐ろしい発想で、いじめや戦争にもつながるものではないでしょうか。

私たちが目指すべきは、「排除」や「処分」ではなく、「共生」です。



番組に意見を送りたいと思います。


白熱ライブ ビビット

http://www.tbs.co.jp/vivit2015/confirm/


TBS

http://www.tbs.co.jp/contact/



余談ですが…テリー氏は以前、サルをモグラ叩きに入れ、ピコピコハンマーで叩くという企画を放送。視聴者からの抗議が殺到し、その結果「日テレをクビになった」という情報も…


テリー伊藤が日本テレビをクビになった理由 太田光が明かす



他局の情報番組でも、近年は"問題発言"が批判にさらされることが増えていたようですね。


『スッキリ!!』降板を発表したテリー伊藤、暴言連発で日本テレビから追い出された!?


北九州・スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難の声

ねとらぼからです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/26/news033.html


北九州・スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難の声 公式FBには残虐な表現も

2016年11月26日 16時29分 更新


「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・」などと公式FBが表記していました。

※追記:企画中止が発表されました



11月12日からテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)で行われている、「5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク上でスケートができる」という演出が炎上しています。

スペースワールド スペースワールド公式Facebookの残虐ともいえる表現(現在は削除済み)

 問題となっているのは、同施設のアイススケートアトラクションの中で行われている「氷の水族館」という演出。スケートリンクの中に5000匹もの魚が氷漬けにされており、公式サイトでは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし」と宣伝されています。


スペースワールド 一部の投稿は削除済みのFacebook

 また同施設の公式Facebookには「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・(原文ママ)」などのコメントと共にアイスリンクから凍ったまま顔を出す魚や、アイスリンクの中で凍っているジンベイザメの様子が確認できます。


スペースワールド 全ての魚が本物なのか……

 Twitterなどではリンクの中から魚の頭が飛び出していたという報告や、スケート靴のエッジが魚にこすったのか「氷に血がにじんでいた」という目撃談も寄せられています。

 さらに「何でまたこんな悪趣味な事をするんですかね?」「氷漬けにした魚の死体を踏みつぶしながら遊ぶとか狂気の沙汰としか…生命への冒涜かな?炎上商法かな?」「氷の水族館に狂気しか感じない」など倫理観についてのコメントも目立ちました。


スペースワールド これらの魚はこの後どうなるのか……

 過去には氷で気仙沼市の魚を包んだ“氷のアート”が宮城県で展示されたことがありますが、今回は氷漬けにした魚の上を人間がスケートして遊ぶというシチュエーションに多くの人が疑問を感じているようです。

 なお、編集部はスペースワールドへ演出意図や批判について問い合わせています(関連記事)。

11月27日追記:スペースワールドがFacebookの一部投稿を削除しましたので、記事を一部修正いたしました。



11月27日追記

 公式サイトで「氷の水族館」の企画中止が発表されました。


スペースワールド サイトに掲載された謝罪と企画中止のお知らせ(公式サイトより


スペースワールド 「氷の水族館」の紹介ページはまだ残っています(公式サイトより



~転載以上~



以下も、ねとらぼより。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/26/news037.html


「悪趣味」と炎上 スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク演出、展示意図を聞いた

(追記)魚の多くは商品にならない「規格外」品だったとのことです。


11月12日からテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)で行われている、5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク上でスケートができるという演出が炎上しています(関連記事)。編集部は同施設に取材し、演出の意図や批判の声についてどう感じているかを聞きました。
スペースワールド
氷漬けにされた魚たち(現在は投稿を削除済み)

 問題となっているのは、同施設がアイススケートアトラクションの中で行っている「氷の水族館」という演出。スケートリンクの中に5000匹もの魚が氷漬けにされており、公式サイトでは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし」と宣伝されています。


スペースワールド
公式サイトでの説明

 この演出を受けてネット上では「悪趣味」「生命への冒涜(ぼうとく)」「狂気しか感じない」などと倫理観についてのコメントが多数並び、炎上状態となりました。本件について問い合わせたところ、同施設の広報担当者が取材に応じました。

 広報担当者に聞いたスケートリンク「5000匹の魚氷漬け」の演出

――「氷の水族館」の演出がネット上で生命軽視ではないかと炎上していますが、把握していますか

広報:はい。Twitterなどでは多数のご意見を頂いており、直接のお問い合わせも数件受けています。

――展示されている魚は生きたものを利用したのでしょうか

広報:いいえ、違います。本物の魚は公設市場の鮮魚店から卸してもらったもので、鮮魚店には今回の企画意図もきちんと把握していただいています。なお、卸してもらった魚の多くは商品にならない「規格外」のものです。またジンベイザメやサメ、エイなどの大きな魚は写真を等身大に引き延ばして氷の下に埋め込んだものであり、本物の魚ではありません。


スペースワールド
実は写真を引き伸ばしたものだったというジンベイザメの展示(現在は投稿を削除済み)

――今回の展示意図とは具体的にどういうものですか

広報:海の生き物に触れてほしいという意図から今回の展示を行っています。展示スペースは「深海ゾーン」など複数のゾーンに分かれていて、どういう魚が展示されているのかという説明文も添えられています。

――来場者の反響はどうでしょうか

広報:お越しいただいた方からはご好評を頂いています。特にお子さまが喜んでくださっているようです。

――一部の来場者によると、「氷に血がにじんでいた」「魚の体が氷面から露出していた」という報告もありますが

広報:それは展示当初に氷が溶けてしまったことが原因だと思います。溶けた魚に関してはバックヤードに引き下げており、現在魚が氷面から露出しているということはありません。また、露出していた魚に関してもスケートをしているときにエッジ(スケート靴の歯)がかすって損傷したということではなく、故意に氷を削ったり魚を蹴ったりしないと損傷するということはなかったのではないだろうかと思います。しかし私たちも初めての演出なものですから、未熟な点があったと思います。

――公式Facebookには「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・」というコメントもありましたが、表現には問題がないと思われますか

広報:私とは別の担当者が面白く思ってもらえたらと考えて投稿した記述だと思います。ただ、注意が足りない投稿であったと感じています。申し訳ありません。

――展示を取り下げるという考えはありませんか

広報:現状は予定しておりません。私としては現地に来ていただければ展示の意図もご理解いただけるのではないかと考えているので、機会があればぜひ実際にリンクにお越しいただきたいと思っています。

――展示された魚たちは処分されるのでしょうか

広報:展示を終えた魚たちに関しての対応については検討中です。魚たちの命も含めて、海の世界を感じていただくという演出趣旨ですので、展示終了後は頑張ってくれた魚たちを供養しようという案も出ています。


スペースワールド 「氷の水族館」の紹介画像(公式サイトより

 取材に応対した担当者は、編集部の質問全てに誠実に対応し、「現地に来てもらえば演出の意図も分かってもらえると思う。私たちも初めての展示なので未熟なところはあったが、展示の趣旨については正しく理解してもらえたら……」と繰り返しました。

 一方でFacebookなどに過激な記述があったことも事実です。展示が本格的な演出と捉えられるのか、それとも悪趣味な演出とみられるのか、今後も意見が分かれそうです。

11月27日追記:スペースワールドは11月27日、公式Facebook内で「氷の水族館に関する不適切な表現で不快に思われた皆様にお詫び申し上げます。この度、該当する部分の記事を削除させて頂きます」と謝罪しました。



~転載以上~


中止されたとのことですが…


悪趣味な企画といい、FBでのコメントも不適切で、倫理観を疑いますね。。

【予告】11月15日 NHKクローズアップ現代+ 猫が家を占拠!? ~急増する“多頭飼育崩壊”~

番組の予告です。


NHKクローズアップ現代+

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/#p3892


gendai20161115.jpg


2016年11月15日(火) 午後10時放送

猫が家を占拠!? ~急増する“多頭飼育崩壊”~

空前のペットブームといわれる現在、その陰で、過剰に繁殖したペットによって生活が破たんする“多頭飼育崩壊”が相次いでいます。その現場では、家の壁やふすまがボロボロにされ、家族の団らんの場が奪われています。また、悪臭や鳴き声が、近隣の住民に迷惑をかけるケースも少なくありません。今回の番組では、“多頭飼育崩壊”に陥ってしまった家庭に密着。ペットとの楽しい生活に潜む落とし穴に迫ります。


出演者

会田保彦さん

会田保彦さん
(ヤマザキ学園大学教授)

浅田美代子さん

浅田美代子さん
(女優)

小郷知子

小郷知子
(キャスター)



【動画】NHKアーカイブス「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」

10月30日に放送された、NHKアーカイブス「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」の動画です。見逃してしまった方はお早めに。。



NHKア―カイブス 「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」 part 1




NHKア―カイブス 「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」 part... 投稿者 WWAYY




NHKア―カイブス 「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」 part 2



NHKア―カイブス 「動物の命 向き合って~ヒトとイヌの絆を問う~」 part... 投稿者 WWAYY



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR