ネコノミクスの影に隠れる捨て猫問題 中には支援ボランティアの活動場所を選んで捨てていく不届き者も

キャリコネからです。

https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-7777/


ネコノミクスの影に隠れる捨て猫問題 中には支援ボランティアの活動場所を選んで捨てていく不届き者も


一般社団法人ペットフード協会が2017年1月に発表した「平成28年全国飼育実態調査結果」というデータがある。これによると、犬が987万8000頭、猫は984万7000頭、合わせて1972万5000頭にも上る。(文:松本ミゾレ)


特に猫の飼育頭数が伸びていて、ここ数年は右肩上がり。最近ではこの猫ブームを"ネコノミクス"なんて呼んでいる。あと数年もすれば、猫がペットの代名詞になる可能性が高い。


しかし、これら多くの飼い猫全てが、本当に適正な飼育環境下にあるのかといえば、残念ながらそうとは言えない。


地域猫は元々人間に飼われていた猫たち 放置すれば生態系に影響


あなたもしばしばテレビやネットニュースで目にするだろうが、世間には飼い猫の世話が行き届かず、繁殖も止められずに飼育崩壊を引き起こしてしまう無責任な飼い主も多い。


多頭飼育崩壊は非常に悲惨だ。食事も満足にあたえられず、無尽蔵に繁殖し、怪我や病気も放置され、体力のない猫から死んでいく。


飼育途中で飽きてしまい、捨ててしまう愚かな飼い主もいる。そしてこういう飼育放棄をする連中の中には、無責任にも、他に多くの猫が暮らしているコミュニティを選んで猫を捨てる人もよくいる。


僕はここ2年ほど、特定の地域に住み着き、飼い主のいない猫、いわゆる地域猫の生活を個人的に追っている。地域猫は、ボランティアの人たちから体調管理や食事の世話などを受けて、大抵は自然公園なんかで静かに暮らしている。


見かける猫の毛色は実に様々だが、いずれも元々そこにいたわけではなく、人間によって捨てられてしまった猫ばかりだ。そのまま放置していれば次々に繁殖し、衛生面でも悪影響を及ぼしてしまう。また、別の動物が襲われる可能性も上がる。無責任な人々がペットの猫を捨ててしまうことによって、捨て猫が生態系に影響を与えてしまう。これは実に悲しいことだ。


しかしこれは当然猫が悪いわけではない。自分たちが好き好んで迎え入れておきながら、一方的に捨ててしまう人間が悪いのである。


飼う前に飼い主の資質があるか検討し、飼ったなら責任を持って大切にして



ところで、地域猫を見守るボランティアの人々というのは、地域猫が暮らしているコミュニティに数人から数十人ほどいることが多い。中高年が多いが最近は若い猫好きの人もいて、自費でご飯を用意したり、猫の排泄で汚れる公園の掃除をしたり、誰かが置きっぱなしにした、アリがたかる猫の餌を処分している。


雨の日も風の日も、それこそ春夏秋冬365日、毎日のように地域猫の様子を見守っているのだから、誰にでもできることではない。


自治体によっては、野良猫は無料で引き受ける病院もあるが、避妊にはお金がかかる。具合の悪い猫の診察代だってボランティアの自腹だ。


猫を捨てた連中は、自分の不始末を、捨てた猫がその一生を終えるまでに見ず知らずの善意の他人に肩代わりさせ続けているわけだが、きっとそんなこと思いもしないだろう。なんせ、猫を捨てたらその後どうなるかすら考えようとしない人々なのだから。


笑えないことに、地域猫とボランティアの関係性を知った者の中には「あ、じゃああそこに捨てればいいか」とばかりに猫を放置する奴までいる。するとボランティアの人たちはその新入りを苦労して捕獲し、病院で検査をしてもらい、避妊を施し、その子が死ぬまで世話をし続ける。こんな不条理って許されるのだろうか。


日本人はブームに弱い。かつて消費者金融のCMの影響で小型犬が人気になったことがあるが、そのブームが過ぎれば捨てられ、殺処分される犬の数も相当なものだった。自分がペットの飼い主の資質があるかどうかより先に、欲しいか欲しくないかでペットを迎え入れてしまうのが、この国の人たちの困ったところだ。


2016年度の殺処分数は犬が1万424頭、猫は4万5574頭。ペットブームの影に、こういう数字が隠れている。


動物はおもちゃではなく家族だ。せめて家に迎え入れたからには、一生涯大切にしてもらいたいと思う。


スポンサーサイト

「膝までの汚物に大量のハエ」猫50匹放置で“野壺”と化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇

産経WESTからです。

http://www.sankei.com/west/news/180105/wst1801050003-n1.html


「膝までの汚物に大量のハエ」猫50匹放置で“野壺”と化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇

2018.1.5 08:00


53匹の猫が放置されていた40代女性の部屋。当初は人間の膝の高さまで猫の糞尿が堆積していたという。神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息を取り戻した=神戸市東灘区(同市提供)53匹の猫が放置されていた40代女性の部屋。当初は人間の膝の高さまで猫の糞尿が堆積していたという。神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息を取り戻した=神戸市東灘区(同市提供)



「長年苦しめられた悪臭と大量のハエから解放された」。神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。女性が残していった部屋は人間の膝の高さまで猫の糞尿(ふんにょう)が堆積。畳や家具などいたるところに汚物が染み込み、猫の死骸からは大量のハエやウジ虫がわくなど「地獄絵図」そのものだった。元々は女性が拾ってきた数匹の猫から始まった悲劇は、ペットの大量繁殖で飼い主が飼育不可能になる「多頭飼育崩壊」が背景にあった。同様の事例は全国で相次いでおり、専門家は「必ず不妊去勢手術を」と強調する。(小松大騎)


汚物が2トントラック1台分に

 4月7日午前9時、神戸市東灘区魚崎南町の市営住宅3階の一室へ、黒い防護服に身を包んだ清掃業者の男性作業員8人が次々と入った。部屋の明け渡しを求める市の提訴を受け、神戸地裁が悪臭による迷惑行為という市の主張を認める判決を下し、業者が強制退去に踏み切った瞬間だった。


 3DK(約60平方メートル)の室内は畳や家具、柱などいたるところに猫の糞尿が染み込み、「膝まで汚物が堆積し、田んぼに入っていくようだった」(作業員)。悪臭はゴーグルをしていても刺激で目が開けられないほどで、室内には猫53匹が野放しにされていたほか、複数の死骸もあった。


 スコップで糞尿をかき出していったが、あまりの悪臭でこまめに休憩を取る必要があった。コンクリートのように固まった糞尿もあり作業は難航。糞尿まみれの家具や電化製品、畳、床板などを撤去し、最終的に取り除いた汚物は2トントラック1台分に上った。


 作業は午後4時までかかり、作業員は放心状態で帰路についたという。


 作業に立ち会った市職員は「言葉では言い表せない悲惨な現場だった。まさか猫が53匹も放置されていたとは」と絶句する。保護された猫は市内のNPO法人などに引き取られたが、雌猫は半数近くが妊娠した状態だった。


糞尿の“雨漏り”

 市や住民によると、女性が入居してきたのは平成18(2006)年9月ごろで、10~20代の子供3人と暮らしていた。この市営住宅は鉄道の駅に近く、募集倍率が10倍を超える人気物件。女性が捨てられていた猫数匹を飼い始めたのは入居からしばらく後のことだった。本来、市営住宅ではペットの飼育は禁じられていたが、「数匹ならば」と近隣住民も最初は黙認していたという。


 住民らが異変を感じたのは21年ごろ。女性の部屋から腐ったような異臭が漂い始めた。住民らは女性を見かけるたびに問いただしたが、女性は「鼻が悪くて分からない」と意に介しない様子だった。22年末には猫が大量に繁殖し、飼育できなくなった女性が別の場所に移動したとみられる。


▼【閲覧注意!】糞尿まみれ現場と猫の写真(こちらをクリック)


 この時期から女性の部屋の真下に住む男性(72)は糞尿の“雨漏り”や大量のハエに頭を悩ますようになった。悪臭とハエで窓を開けたり換気扇を回したりできなくなり、夏場には体調を崩すこともあったという。


 女性は毎日、猫に餌と水を与えに部屋に来ていたが、住民と顔を合わせるのを避けるためか、午前4時ごろにマスクと帽子姿で部屋を訪れては足早に立ち去るようになった。


部屋明け渡し全額を請求

 そんな中、住民の通報を受けた市が27年、ついに調査に乗り出す。

 女性は「猫はきちんと世話しており、一緒に暮らしている」と主張したが、水道のメーターは回っておらず、生活実態がないことは明白だった。面談などで指導を重ねても、改善の兆候はみられなかった。


 近隣の46世帯から要望書が提出されたこともあり、市は昨年10月に部屋の明け渡しを求めて神戸地裁に提訴。今年1月に主張が認められ、4月に強制退去に踏み切った。


 その後、市は11月8日に女性に宛てて畳や床板の交換などの修繕費約670万円や、消臭・消毒にかかる費用約260万円など計約1千万円を請求する文書を発送した。部屋の明け渡しで費用を全額請求するのは異例だ。


 市の担当者は「女性はたび重なる改善指導に従わないなど悪質性が非常に高い。請求に応じない場合は提訴する可能性もある」と強調した。


相次ぐ「多頭飼育崩壊」

 今回のような事例は、大量の動物を劣悪な環境で飼育する「多頭飼育崩壊」と呼ばれ、ここ数年で全国的に顕在化してきている。これまでは行政による殺処分が行われていたことなどから事態が表面化しにくかったが、猫の殺処分防止に力を入れるボランティア団体などが増えたことで注目されるようになった。


環境省が昨年度に全国115自治体を対象に行った調査では、ペットの多頭飼育に関する近隣住民からの苦情件数は約2200件に上った。このうち10匹以上の飼育は約3割、50匹以上も100件を超えており、多頭飼育をめぐる悪質な事例が全国で相次いでいる。


 27年5月には飼い猫を水死させたとして、北海道警が70代の女を動物愛護法違反容疑で逮捕。女は「飼い猫が増えすぎて10年で100匹以上殺した」と供述した。


 今年6月には神奈川県大和市の借家で多数の猫を劣悪な環境で飼育したとして、同県警が同法違反容疑で男を書類送検した。76匹の猫が保護され、近隣住民からは「猫屋敷」と呼ばれていた。


「早期の不妊去勢手術を」

 全国に出張して猫の不妊手術などを行う公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)には、年間約100件の多頭飼育に関する相談が寄せられる。件数はここ2~3年で急増しており、獣医師と連携して野良猫を含む年間約2万頭に不妊去勢手術を行っている。


猫の多頭飼育崩壊は、20匹以上いることや糞尿で室内が荒れていることなどが目安となる。雌は年に3回妊娠でき、1回に4~6匹の子猫を産む。猫は生後4カ月で交尾が可能となるため、手術をしなければ瞬く間に増殖するのだ。


 また、猫1匹あたりの不妊去勢手術は2万~3万円と高額で餌代も負担となるため、飼い主は猫を放置して別の場所で暮らさざるを得なくなるという。同法人の佐上邦久理事長(57)は「多頭飼育崩壊の現場は猫同士の共食いや、強烈な悪臭など本当に悲惨なものが多い。手遅れになる前に支援団体などに相談してほしい」と訴えた。


精神疾患の一種?

 一方、NPO法人「ねこけん」(東京)の溝上奈緒子代表(41)は今年4月、多頭飼育崩壊を食い止めようと、無料で飼い猫などの不妊去勢手術を行う「ねこけん動物病院」を設立した。全国から予約が殺到しており、現在は2カ月待ちの状態だ。


 多頭飼育状態に陥っているとみられる利用者からの依頼もあり、1日30匹の手術を行うときもある。同院では年間5千匹以上の手術を実施する見通しだ。


 溝上代表によると、飼育不可能な数の動物を集めてしまう人は「アニマル・ホーダー」と呼ばれ、米国などでは精神疾患の一種として認識されている。猫の所有に執着する精神状態となり、周りから指摘されても一人で抱え込んでしまって改善できないケースが多い。地域で孤立した高齢者が陥りやすい症状という。


溝上代表は「神戸の事例は氷山の一角に過ぎず、全国にはまだ数多くの予備軍がいる。猫を大切に思うのなら『かわいそう』とは考えず、早期に不妊去勢手術を受けさせてほしい。多頭飼育は、猫にとっても飼い主にとっても不幸な結果につながる」と指摘した。


1/1改正「猫飼養条例」施行 希少種保護へ罰則規定 登録、チップ義務化、助成も 奄美大島

奄美の南海日日新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00010003-nankainn-l46


きょう改正「猫飼養条例」施行 希少種保護へ罰則規定 登録、チップ義務化、助成も 奄美大島

1/1(月) 13:00配信


鹿児島県奄美大島5市町村は1月1日、「飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例」で定めた義務の違反者に、5万円以下の過料を科す罰則規定を施行する。罰則の対象となるのは▽飼い猫の登録▽マイクロチップの装着▽放し飼いの猫への不妊去勢手術―など10項目。今年夏を見込む世界自然遺産登録を見据えて、猫の野生化を防ぎ、希少な野生動物の保護を図る。

 世界自然遺産候補地の奄美大島と徳之島では、野生化した猫(ノネコ)が国の特別天然記念物アマミノクロウサギなどの希少種を襲い、生態系を脅かす問題が遺産登録へ向けた喫緊の課題となっている。

 猫の適正飼養管理条例は、ノネコの元になる野良猫の増加を防ぎ、生態系の保全を図る目的で、2011年10月に奄美大島5市町村が足並みをそろえて施行。飼い猫の登録や、野良猫への餌やり禁止などの規定を盛り込んだ。条例改正によって、17年4月に飼い猫へのマイクロチップの装着を義務化し、10月に▽放し飼いの猫への不妊去勢手術▽5匹以上飼う場合の許可取得―を新たに義務付けるなど、飼い主の責任を強化した。

 罰則規定は条例の実効性を高めるために追加。罰則の対象となるのは他に▽飼い猫が野生生物に危害を加えない▽譲渡や死亡など登録の変更届け▽適正に水や餌を与える▽病気予防▽適切なふん尿処理―の各項目。義務違反者が市の指導・勧告、命令に従わない場合に適用する。

 奄美市の飼い猫の登録数は16年3月末現在で2203匹。うちマイクロチップを装着した猫は330匹と約15%にとどまる。

 マイクロチップの装着が義務となるのは17年4月以降に登録した飼い猫。同市は17年度、飼い猫のマイクロチップ装着支援事業を実施。市に登録している飼い猫に対して、動物病院でのチップ装着費用(約5千円)の全額を助成する。また、不妊去勢手術費用の一部助成も行っている。

 条例改正を受けて、奄美市の17年度の飼い猫の登録数は12月までに400匹超と、例年の倍のペースで増えているという。市環境対策課の担当者は「室内飼いに務めることで猫問題は解決につながる。猫を飼っている人は責任と愛情を持って最後まで飼ってほしい」と呼び掛けている。


猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

北海道新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00010000-doshin-hok


猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

11/15(水) 6:01配信


猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

飼育放棄され、室蘭市内の市民団体に保護された猫たち。多頭飼育崩壊が増えている

飼い主の能力を超えて繁殖し続ける「多頭飼育崩壊」


 【登別】飼い主の能力を超えて繁殖し続ける「多頭飼育崩壊」で飼い猫の世話を怠ったとして、室蘭署は14日、動物愛護法違反(動物虐待)の疑いで、登別市内の50代女性を書類送検した。

 送検容疑は10月10日、登別市内に借りていた一軒家で、猫の死体やふん尿が放置された環境下で自ら所有する猫9匹を飼っていた疑い。同署によると、室内からは猫の白骨化した頭蓋骨5体が見つかった。生きた猫は胆振総合振興局に引き取られた。

 同署などによると、女性は2007年ごろ数匹の猫を飼い始めたが、去勢手術を施さなかったため、数年で15~20匹に増えた。今年7月には借家契約を保ったまま別の家に引っ越し、3日に1度餌をやりに来ていたが、9月末を最後に来ていなかったという。女性は「猫が増え続けてしつけができなくなり、ふん尿をどこにでもするので、家にいるのを避けるようになった」と供述しているという。


ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

神戸新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000000-kobenext-l28


ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

10/30(月) 6:04配信


ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

強制退去処分となった市営住宅の女性の部屋。窓際などにネコの姿が=4月、神戸市東灘区(神戸市提供)


 今年4月、異臭などの迷惑行為で神戸市東灘区の市営住宅を強制退去処分となった40代女性の部屋に、ネコ53匹が放置されていたことが、神戸市への取材で分かった。繁殖し過ぎて飼育できなくなり、女性は子ども3人とともに別宅で生活していたとみられる。退去や消毒、修繕などに約1千万円かかる見通しで、同市は悪質性が高いとして一部を女性に請求することも検討している。(小川 晶)

【写真】強制執行直後の女性の部屋。汚れがひどく、木の柱やドアは削られた箇所が目立つ

 同市によると、女性が借り主となっていた部屋は3DK(約60平方メートル)。ペットの飼育は契約で禁止されていたが、2015年秋ごろには「ネコのふん尿で悪臭がする」と近隣から苦情が出るようになった。

 女性は同市の改善指導に「片付ける」と繰り返すものの状況は変わらず、同市は16年10月、明け渡しを求めて神戸地裁に提訴。17年1月に同市の訴えを認める判決が出て、4月には強制執行に踏み切った。

 執行の担当者が室内を確認したところ、53匹のネコがおり、木の柱は傷だらけ。畳は腐食し、床に穴が開くなど荒れ果てた状態だった。複数の死骸も確認されたという。残されたネコは市民グループなどが引き取った。

 同市の聴取に、女性は「知らない間に増えた」と説明。「ネコと一緒に暮らしている」と主張したが、電気や水道のメーターはほとんど動いていなかった。同市は、女性らは別の場所で生活する一方、餌や水を与えに来ることもあったとみている。

 ペットの繁殖で飼育できなくなる状態は「多頭飼育崩壊」と呼ばれ、同市では6月にも、須磨区の市営住宅の一室でネコ26匹を飼育する事例が発覚。担当者は「悪質な事例が続くようなら、ペット禁止を条例に盛り込み、罰則を設けるなど厳しい対応を検討せざるを得ない」としている。



~転載以上~



悪質ですね。動物虐待です…

なぜ、はじめに避妊去勢をしないのでしょう。


海外のように、飼育禁止令を制定してほしいです。

プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

5才児の母。昨年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR