猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

北海道新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00010000-doshin-hok


猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

11/15(水) 6:01配信


猫増えすぎ放置して引っ越し 「虐待」容疑、北海道の50代女性を書類送検

飼育放棄され、室蘭市内の市民団体に保護された猫たち。多頭飼育崩壊が増えている

飼い主の能力を超えて繁殖し続ける「多頭飼育崩壊」


 【登別】飼い主の能力を超えて繁殖し続ける「多頭飼育崩壊」で飼い猫の世話を怠ったとして、室蘭署は14日、動物愛護法違反(動物虐待)の疑いで、登別市内の50代女性を書類送検した。

 送検容疑は10月10日、登別市内に借りていた一軒家で、猫の死体やふん尿が放置された環境下で自ら所有する猫9匹を飼っていた疑い。同署によると、室内からは猫の白骨化した頭蓋骨5体が見つかった。生きた猫は胆振総合振興局に引き取られた。

 同署などによると、女性は2007年ごろ数匹の猫を飼い始めたが、去勢手術を施さなかったため、数年で15~20匹に増えた。今年7月には借家契約を保ったまま別の家に引っ越し、3日に1度餌をやりに来ていたが、9月末を最後に来ていなかったという。女性は「猫が増え続けてしつけができなくなり、ふん尿をどこにでもするので、家にいるのを避けるようになった」と供述しているという。


スポンサーサイト

ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

神戸新聞からです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000000-kobenext-l28


ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

10/30(月) 6:04配信


ネコ53匹、市営住宅に放置 「ふん尿で悪臭」強制退去

強制退去処分となった市営住宅の女性の部屋。窓際などにネコの姿が=4月、神戸市東灘区(神戸市提供)


 今年4月、異臭などの迷惑行為で神戸市東灘区の市営住宅を強制退去処分となった40代女性の部屋に、ネコ53匹が放置されていたことが、神戸市への取材で分かった。繁殖し過ぎて飼育できなくなり、女性は子ども3人とともに別宅で生活していたとみられる。退去や消毒、修繕などに約1千万円かかる見通しで、同市は悪質性が高いとして一部を女性に請求することも検討している。(小川 晶)

【写真】強制執行直後の女性の部屋。汚れがひどく、木の柱やドアは削られた箇所が目立つ

 同市によると、女性が借り主となっていた部屋は3DK(約60平方メートル)。ペットの飼育は契約で禁止されていたが、2015年秋ごろには「ネコのふん尿で悪臭がする」と近隣から苦情が出るようになった。

 女性は同市の改善指導に「片付ける」と繰り返すものの状況は変わらず、同市は16年10月、明け渡しを求めて神戸地裁に提訴。17年1月に同市の訴えを認める判決が出て、4月には強制執行に踏み切った。

 執行の担当者が室内を確認したところ、53匹のネコがおり、木の柱は傷だらけ。畳は腐食し、床に穴が開くなど荒れ果てた状態だった。複数の死骸も確認されたという。残されたネコは市民グループなどが引き取った。

 同市の聴取に、女性は「知らない間に増えた」と説明。「ネコと一緒に暮らしている」と主張したが、電気や水道のメーターはほとんど動いていなかった。同市は、女性らは別の場所で生活する一方、餌や水を与えに来ることもあったとみている。

 ペットの繁殖で飼育できなくなる状態は「多頭飼育崩壊」と呼ばれ、同市では6月にも、須磨区の市営住宅の一室でネコ26匹を飼育する事例が発覚。担当者は「悪質な事例が続くようなら、ペット禁止を条例に盛り込み、罰則を設けるなど厳しい対応を検討せざるを得ない」としている。



~転載以上~



悪質ですね。動物虐待です…

なぜ、はじめに避妊去勢をしないのでしょう。


海外のように、飼育禁止令を制定してほしいです。

ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない。沖縄、奄美大島。

PRTIMESからです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000021001.html


ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない。沖縄、奄美大島。

アマミノクロウサギ絶滅危惧の原因はノネコにあり殺処分・安楽死を、というキャンペーンの根拠に獣医師らが疑問を呈している。1000年以上も前からノネコとアマミノクロウサギは島で共存してきた存在だという。


2017年10月23日 10時00分


奄美大島と沖縄の世界遺産登録をめざし”アマミノクロウサギを捕食する”とノネコの大量殺処分を計画している環境省に対し「根拠があやしい」と獣医たちが疑義を表し、2週間で4万筆を集めた。10月31日(火)14時に記者クラブで提言記者会見を開く。近隣の鹿児島県徳之島でネコのTNR不妊手術を実施しアマミノクロウサギ数を増やした実績を持つTNR専門家も同席する。


記者会見のお知らせ

10月31日(火)
13時に沖縄県知事(県庁)と 環境省那覇自然環境事務所への署名持参
14時より記者クラブで記者会見(その前後、都合に合わせて環境省那覇自然環境事務所に署名提出)
「安易なネコの大量殺処分を告発し代りにTNR不妊手術を提案」記者会見

奄美大島と沖縄で環境省が計画している猫の大量殺処分に対し、4万筆の署名が集まっている。奄美大島には10月11日からIUCNが査察に来ている。

近隣の徳之島では殺処分ではなくTNR不妊手術でアマミノクロウサギを増やした実績があり、不妊手術を検討する前に大量殺処分を実施してしまうことは、世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反すると訴えている。

奄美大島に近い徳之島では地元3町が猫の繁殖防止策として、殺さずに不妊手術して元の場所に戻すTNR不妊手術の取り組みを約1年にわたり実施した。全島に住む猫の70%が不妊手術済みの「さくらねこ」となった一方、アマミノクロウサギの生息数は増加し、生息域は東京ドーム210個分も広がった。2016年度末までに95%以上の猫が不妊手術済となり、2017年度も事業は継続中。

環境省発表2016年希少種アマミノクロウサギの断定できた死因は100%交通事故(ロードキル)。2000~2013年の死因調査でも犬猫捕食と断定された割合は数%。

記者会見では「疑わしい科学的根拠について」しっかり説明します。
ぜひご取材ください。

獣医師によるTNR不妊手術獣医師によるTNR不妊手術

捕獲されたTNR不妊手術前の子猫たち捕獲されたTNR不妊手術前の子猫たち

TNR不妊手術には島のみなさんが協力してくれていますTNR不妊手術には島のみなさんが協力してくれています


だいじょうぶ。すぐ元の場所に戻すからね。だいじょうぶ。すぐ元の場所に戻すからね。


『世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!』署名のURLはこちら → 
https://goo.gl/zfDwXz
 

署名と記者会見の主催/市民グループ連絡会
NPO法人ゴールゼロ、Hope to LifeチームZERO、琉球わんにゃんゆいまーる([構成団体]おきなわワンニャンの会ミュウ/わんにゃんサポート沖縄/SmilePaws/TSUNAGUOKINAWA)、山口獣医科病院、泉悦子(映画監督:みんな生きている飼い主のいない猫と暮らして) NPO法人動物たちを守る会ケルビム、NPO法人ワン′sパートナーの会

署名提出先
環境大臣、ユネスコ(公益社団法人日本ユネスコ協会連盟)、IUCN(ユネスコの諮問機関)、沖縄県知事、鹿児島県知事、奄美市(奄美大島5市町の代表として)、大島郡龍郷町、徳之島三町ネコ対策協議会、外来ネコ問題研究会(猫の殺処分を要望しているグループ)



~転載以上~



世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分に反対

https://goo.gl/yMmwT1


奄美大島世界遺産登録申請に伴い生息する猫の大量殺処分検討を取り下げ生かす為の検討、議論に変えて頂きたい!

https://goo.gl/vPJvLZ


奄美の野生ネコ捕獲へ、クロウサギ保護強化…環境省

読売新聞からです。

http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20171011-OYS1T50028.html?from=tw


奄美の野生ネコ捕獲へ、クロウサギ保護強化…環境省

2017年10月11日


世界自然遺産への登録を目指す奄美大島(鹿児島県)で、環境省は来年度から、野生化したネコの捕獲事業に乗り出す。国の特別天然記念物に指定されているアマミノクロウサギなどの希少動物がネコに襲われるのを防ぐ狙いがある。


 同島などで11日から現地調査を始める国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の諮問機関に取り組みを説明し、希少種の保全策強化をアピールする。

 野生化したネコによる希少動物への被害は各地で問題となっているが、同省が管理計画を策定して捕獲事業を行うのは初めて。



~転載以上~



※会員登録で続きが読めます。



希少種の保全のために猫を殺してもいいのでしょうか?

そのようにして勝ち取る世界遺産に価値があるのでしょうか?

なぜ、徳之島での取り組みを奄美では採用しないのでしょうか?



以下、チーム殺処分0さんより。

http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-2212.html


徳之島は世界自然遺産を目指す「奄美・琉球」の一部です。
この世界自然遺産の為に
現在、
奄美大島ではノネコ(野良猫)を
環境省では全頭、殺処分する計画が持ち上がっています。

クロウサギ
↑写真出展元:産経ニュース」 
https://goo.gl/rvLz6n

また環境省は殺して減らす考え方を
押し通そうとしています。
バカの一つ覚えなのか?

鹿が増えればハンターを増やして
殺して減らす。
イノシシが増えれば狩猟期間を延ばしてでも
罠を仕掛けて駆除する。
同じ事の繰り返しをしている事に
気が付かないのでしょうか?


たしかに農作物などの被害が増えているのでしょう。

でも今回は世界自然遺産に指定される為の対策です。
そこに何の価値があるのでしょうか?
有名になって海外からも観光客がお金を
落としていく?
そんな程度でしょう。

この
徳之島の全頭不妊手術の対策でウサギが増えているのは確かです。
環境省が率先して事業を始めて成果を挙げているのに
何故、
奄美大島には適用しないのか?
頭数が多いから?
であれば尚更、不妊手術を行うべきだと思います。

それとも
小笠原諸島が
世界遺産に指定される時
野ヤギなどを皆殺しにしたのと同じ事を
しようとしているのでしょうか?

徳之島の地元の方はこう言ってました。
「何千匹も殺処分すれば、
世界遺産の価値もなくなる」
その通りだと思います。

これは猫の問題ではなく
人間の問題です。

記事元:産経ニュース「
徳之島のクロウサギ守れ 猫3千匹全て不妊去勢へ 鹿児島」
https://goo.gl/yJ2kxK

奄美大島の猫を殺さないよう書名運動も始まっています。
世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!」
https://goo.gl/aseDnH

※↓画像をクリックしても署名サイトに飛ぶことができます。

画像の説明文

【署名】世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分に反対

奄美大島の猫の殺処分について、新たな署名が立ち上がっています。

世界遺産を口実とする猫の安易な殺処分に反対

https://goo.gl/yMmwT1




奄美大島と沖縄で国が猫の殺処分を急ごうとしています。ユネスコの理念(多様性の尊重、非排他性)に反した非科学的、非人道的な根拠に乏しい大量殺処分であり、世界遺産登録の努力を逆に台無しにしかねないため、反対します。以下、その理由を3つ挙げます。


1. 猫の殺処分で希少種は守れない 
 奄美大島とその周辺の島は、世界自然遺産の候補地です。アマミノクロウサギやヤンバルクイナといった希少種が生息しているためです。環境省は、人間に捨てられた猫が希少種を捕食する。世界遺産になれない。との理由で、猫の殺処分計画作成に入りました。猫がアマミノクロウサギを捕食する光景などを公表し、「このままでは猫のせいで希少種が絶滅してしまう」と殺処分を正当化しようとしています。


しかし、
●猫はすでに1000年以上前に島に上陸していた。そして1000年以上の時をかけて島の生態系に組み込まれアマミノクロウサギやほかの先住生物とも共存してきた。猫がアマミノクロウサギを捕食する事実はあるが、それは断定できる死因のわずか数パーセント(
2000年~2013年の死因調査 環境省発表)でしかない、猫が主な原因でアマミノクロウサギが絶滅するというのは非論理的である。


●2016年、断定できるアマミノクロウサギの死因は100%交通事故である、同年の死亡個体のうち、ノイヌ・ノネコによる捕食被害で死亡したと断定される個体はなかった(環境省)。車が主な原因でアマミノクロウサギを絶滅させる可能性は非常に高い。
環境省の調査によると、実はアマミノクロウサギは増加傾向にあります。その上、
2016年に発見されたアマミノクロウサギの遺体のうち、死因が断定できるのは全て交通事故であり、犬や猫が捕食したケースはゼロです。犬や猫を捕まえて殺しても絶対に問題は解決しません。それよりも、交通事故を減らす対策(生息域の自動車による夜間通行禁止など)が急務です。
(奄美新聞2017.01.16より)


●世界自然遺産登録に向けたIUCN(国際自然保護連合)の調査を来月に控え、国の特別天然記念物アマミノクロウサギが交通事故に遭い死亡するロードキル(輪禍被害)の発生件数が、すでに昨年一年間の件数と同数になったことが判明した。同センターの木元侑菜自然保護官補佐は「これまでクロウサギの生息が少ない場所や、確認されていなかった場所の道路上にもクロウサギが出現している。集落周辺の道路に出現するケースも確認されている」。(奄美新聞2017.9.22)


●犬や猫の捕食による死亡ゼロ 2016年
 環境省奄美野生生物保護センターは2016年に死体で発見されたアマミノクロウサギ件数を公表した。奄美大島では45件(前年比14件減)、徳之島は14件(同5件増)の計59件。「交通事故」に関し、奄美大島ではこれまで生息が確認されてない地点でも確認されたほか、徳之島の8件は2000年の統計集計開始以降で最多となった。アマミノクロウサギの分布拡大が要因とみられ、同センターはドライバーに運転の注意を喚起している。


 奄美大島の死亡要因は「交通事故」17件、「不明・その他」28件。同島では11月に3件、12月は6件と交通事故が目立ち、これまでアマミノクロウサギが生息しなかった場所でも事故が発生した。


 一方、徳之島の死因内訳は「交通事故」8件、「不明・その他」6件。交通事故件数が過去最多となった要因について同センターは「
ネコ対策が進んでいることが要因の一つと考えられ、それに伴い事故が増加していると思われる」と分析した。
(関連表 環境省HP)


2. すぐ近くの徳之島で
猫を殺さずアマミノクロウサギを増やした「成功例」がある
 奄美大島に近い徳之島では公益財団法人どうぶつ基金と地元3町が、猫の繁殖防止策として、殺さずに不妊手術して元の場所に戻すTNRという取り組みを約1年にわたり実施。全島に住む猫の70%が不妊手術済みの
「さくらねこ」となった一方、アマミノクロウサギの生息数は増加し、生息域は東京ドーム210個分も広がりました。

(※その後2016年度末までに95%以上の猫が不妊手術済になりました。 徳之島ごとさくらねこTNR最新報告 参照)


参照論文:適切なTNRは野良猫・ノネコを減らす。

私たちはこの徳之島モデルを、奄美大島でも適用できると確信しています。

猫によるアマミノクロウサギの捕食による死体発見数がピークになった2014年(死体発見9羽)に徳之島ごとさくらねこTNRプロジェクトはスタートしました。そして、約1年(2014.11.15-2016.1.27)で2,136頭のTNRを行いました。2016年度に徳之島3町は地方創生加速化交付金(3153万円)の対策費を確保し941匹の捕獲・施術を行いました。

 また環境省は2016年3月までにクロウサギ生息域の猫捕獲(計108匹)を行いました。(奄美新聞2016.05.25)


●事業開始時に推定された徳之島に生息する猫の数   3000頭強 
不妊手術を行った猫の数
徳之島ごとさくらねこTNR  2,136頭 (2014.11-2016.1)
地方創生加速化交付金    941頭 (2016.4-2017.3)
環境省           108頭 (2016.3まで  クロウサギ生息域の猫)
合計            3,185頭
※徳之島では3町の2017年度予算でTNRが継続されている。


 その結果、猫によるアマミノクロウサギの捕食被害の増加を止めることができただけでなく、9羽もあった被害がゼロになったこと、生息域が大幅に拡大したことは、大きな成果と言えます。


今回のプロジェクトは実際に成果を出しました。今回の成功の最大の要因は不妊手術のスピードです。どうぶつ基金、地元行政、環境省の3者で2年程度の間に生息推定数の大半を一気に不妊手術した効果は絶大でした。


徳之島・天城町の大久幸助町長コメント
 アマミノクロウサギを猫が食する問題があり、どうしようか、という時に、どうぶつ基金がご協力いただけるとお伺いし、昨年からお世話になっているわけですが、大変効果が出てまいりました。
 徳之島ではこのようなことが進められているのに奄美大島ではなんとかならないかと先日の新聞にも書かれていたようです。今までに、1,976頭の手術が終わり、あと、残っている猫をすべて終えると、世界自然遺産も大きな課題の山を越えるのではないかなと思っております。(2015年11月9日 天城町役場にて)。


【関連報道の一部】
●徳之島のアマミノクロウサギ守れ 猫3千匹全て不妊去勢へ 鹿児島
  鹿児島県・徳之島に生息する国の特別天然記念物アマミノクロウサギを野良猫から守るため、島内の猫3千匹全てを不妊去勢するプロジェクトが進む。元伊仙町環境課職員の美延治郷さん(60)は「何千匹も殺処分すれば、世界遺産の価値もなくなる」と述べた(
産経ニュース 2016.4.15)。

●徳之島北部アマミノクロウサギ輪禍 意識した運転呼びかけ
 環境省は、アマミノクロウサギを状況から交通事故死と判断。「まったく予想していなかった地域」での発生で、同島北部では今年に入り過去最多を把握。「夜間の運転には十分注意して欲しい」。….出没地域の広がりなどの背景は、「ネコ対策の効果が表れ、繁殖行動も増えていることも考えられる」と推測する。
(奄美新聞 2016.08.29)


【奄美大島周辺の生態系について】
 猫は奄美や徳之島、沖縄県に9世紀ごろ上陸したと考えられています。マングースは1979年に数十匹が奄美に持ち込まれ瞬く間に数万匹に増えた新米外来種ですから、生態系に異変を与えたと想像できますが、猫は違います。


  アマミノクロウサギが絶滅の危機に瀕している原因は、土地、道路開発や交通事故、あるいは学者がきちんと検証せずに奄美大島のハブ対策として放ったマングースによる人災であって、猫が原因ではないと考えるのが妥当です。
 イエネコの起源は地中海の東に浮かぶキプロス島です。約1万年前に島を出て、何代にもわたる旅の終着点が沖縄や奄美、徳之島だったのでしょう。そこで1000年も人と共に生き、すっかり生態系の中に組み込まれた彼らを突然殺せとは、あまりに非科学的で非人道的です。

3. 安易な殺処分はユネスコの理念と逆行
 世界自然遺産の登録を行うユネスコは「多様性の尊重」「非排他性」「人の心の中に平和のとりでを築く」を理念としています。しかし、「世界遺産登録のために猫を大量に殺処分する」ことは無意味なだけでなく、ユネスコの理念とも完全に逆行します。
 猫とアマミノクロウサギとの共生を図るため徳之島で行われてきたTNR活動は、ユネスコの理念に沿ったもので世界遺産登録を後押ししたと確信しています。しかし、沖縄や奄美大島で猫の拙速な大量殺処分が行われれば国際社会の反発を招き、登録申請が却下されかねません。そうすれば、
地元自治体やどうぶつ基金などが進めてきた過去の努力が、完全に台無しになります。


以上の理由から私たちは
 奄美大島、沖縄県で徳之島モデル(島ごとさくらねこTNRと希少種生息域での猫の保護)を行って猫を殺さずに希少種を守り、世界自然遺産登録を成功させるよう求めます。


呼びかけ人
 NPO法人ゴールゼロ、Hope to LifeチームZERO、琉球わんにゃんゆいまーる([構成団体]おきなわワンニャンの会ミュウ/わんにゃんサポート沖縄/SmilePaws/TSUNAGUOKINAWA)、山口獣医科病院、泉悦子(映画監督:みんな生きている) NPO法人動物たちを守る会ケルビム、NPO法人ワン′sパートナーの会


署名提出先
環境大臣、ユネスコ(公益社団法人日本ユネスコ協会連盟)、IUCN(ユネスコの諮問機関)、沖縄県知事、鹿児島県知事、奄美市(奄美大島5市町の代表として)、大島郡龍郷町、徳之島三町ネコ対策協議会、外来ネコ問題研究会(猫の殺処分を要望しているグループ)



~転載以上~



こちらはすでにご紹介済みの署名です。


【署名】奄美大島世界遺産登録申請に伴い生息する猫の大量殺処分検討を取り下げ生かす為の検討、議論に



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

4才児の母。今年5月、17才になる最愛のにゃんこをお空へ見送りました。春ちゃん、ずっと一緒だよ。。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR