猫ブームの光と陰 「東京五輪開発」で追われる野良猫に行き場はあるか

毎日新聞から一部転載です。

http://mainichi.jp/premier/business/articles/20170202/biz/00m/010/023000c


猫ブームの光と陰

「東京五輪開発」で追われる野良猫に行き場はあるか

2017年2月6日

駅義則 / ジャーナリスト


東京都内を歩いていると、至るところで「ここもか」と感じる。東京五輪を控えた再開発だ。だが、その裏で野良猫が行き場を失うことは、なかなかイメージできない。彼らは普段、ひと目を避けて生きているからだ。


 野良猫問題を根本的に解決するには不妊手術の徹底しかない。過酷な環境で生きる彼らの寿命は4~5年とされる。繁殖を止め、捨て猫や他地域からの流入を監視し続ければ、野良猫はいずれ途絶える。しかし、この再開発ブームで目算が狂うこともある。そうした例を紹介しよう。

東急目黒線・武蔵小山駅南側の再開発で

 東京・目黒から田園調布に向かう東急目黒線で、目黒駅から2駅めの武蔵小山駅。約800メートルという都内最長のアーケード商店街で知られる街だ。駅のすぐ南には戦後から続いてきた飲み屋街があったが、約1年前に取り壊された。


 現在は高い壁に囲まれた跡地に、41階建てのタワーマンションが建設中。2019年末に完成する予定だ。10階建て以上の建造物が珍しかったこの街では、際立った存在になる。


 筆者は昨年5月までの約4年間、この飲み屋街の近くに住んでいた。かつては野良猫が多く、隣接する駐輪場で排せつ物の匂いがした。無責任な猫好きが餌をばらまき、衛生面を気にする飲み屋の経営者とトラブルになっているのも見かけた。


 そこで知り合ったのが、すし店経営の広井一恵さん(56)だった。彼女は武蔵小山を中心とする地域の猫の世話役であり、猫たちへの不妊手術を徹底させ、マナーを守って給餌を続けてきた。捨てられたばかりの子猫を保護して人に慣れさせ、飼い主も探してきた。この結果、約10年前に50匹超いた猫は、再開発が始まった昨年の春には15匹程度まで減り、マンション建設工事が始まる前に、隣接する飲食店街に拠点を移した。


「ツインタワー」で窮地に

 あと数年すれば、野良猫はほとんどいなくなっただろう。だが、時間は待ってくれなかった。最初のタワーマンションに続く2期工事の形で、この飲食店街も取り壊されることになった。再開発組合によると、ツインタワーさながらに、この地にも41階建てマンションが造られる。こちらの着工は今年3月の予定だ。


 昨年の9月と10月には、この2期工事予定地で、人なれしていた猫4匹が、何者かに蹴られるなどして死んだ。一角には古い住宅もある。鉄柵を隔てて路地の向こうにある小さな庭には、外と行き来しながら生きてきた猫たちもいた。猫たちは半ば飼い猫のようだが、立ち退く人がすべてを連れてはいけないため、取り残される。



~一部転載以上~



続きはサイトでどうぞ。

http://mainichi.jp/premier/business/articles/20170202/biz/00m/010/023000c

スポンサーサイト

山梨県庁に“集う”野良猫、HPで里親募集をスタート 飼育環境など審査した上で引き渡しへ

山梨県庁の猫たちの件について続報です。


産経ニュースからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000563-san-soci


山梨県庁に“集う”野良猫、HPで里親募集をスタート 飼育環境など審査した上で引き渡しへ

1/16(月) 21:31配信


山梨県庁に多くの野良猫が集まっている問題で県は16日、先週末に捕獲後に去勢・避妊した計18匹(譲渡済みも含む)に関する情報をホームページ(HP)に公開し、里親募集を始めた。

HPには、ケージに入れられた猫を正面から撮影した写真と性別を掲載。希望者から同課に里親の申し出があれば、県は飼育環境が適しているかなどを審査した上で引き渡す。庁内に一度放した猫を再び捕獲する方法は、愛護団体と検討していくという。

県と連携して野良猫の捕獲を行った県内の愛護団体「ノーモアアーリーキャッツ」は、13~15日の活動で計17匹を捕獲したが、15日夜にはさらに1匹も捕獲し、計18匹が去勢後に放す「TNR」活動の対象となった。

同団体によると、このうち1匹が入院中で、2匹は埼玉県内の愛護団体が引き取った。県庁内にはこのほか、3匹の野良猫が確認されており、同団体が作業を継続する。

県の担当者によると、県庁内に放された猫の餌やりについては、これまで餌やりをしていた人たちと話し合い、県庁の敷地外で行うことを確認したという。

これを受けて、県庁内の猫が多く集まる場所に従来の「餌やり禁止」と併せて、「耳がカットされた猫は手術済み」と書かれたポスターを新たにはり出し、むやみな餌やりをしないよう呼びかけている。



~転載以上~



以下は、山梨県サイトより。

http://www.pref.yamanashi.jp/zaisankanri/index.html#neko_jouto


 猫の譲渡について

県庁周辺にいる飼い主のいない猫に対して、地元自治会が主体となり、ボランティア団体の全額費用負担により、避妊・去勢手術を実施しました。今後、地元自治会やボランティア団体と協力しながら、飼い主を探して譲渡します。


ご希望の方は、財産管理課 庁舎管理担当(055-223-1391)までご連絡ください。


  飼い主を探している猫の写真(PDF:279KB)

山梨県庁ネコ捕獲大作戦 野良猫新たに4匹 手術済み12匹は県庁内に戻す

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/life/news/170114/lif1701140036-n1.html


【山梨県庁ネコ捕獲大作戦】


野良猫新たに4匹 手術済み12匹は県庁内に戻す

2017.1.14 14:07


甲府市の山梨県庁内に数多くの野良猫が住み着いている問題で、県内の動物愛護団体は14日、前日に引き続き捕獲活動を実施。14日午後までに新たに4匹を捕まえ、計17匹となった。目視確認でもまだ4匹が捕まっておらず、今後も捕獲活動を継続する。一方、13日に捕獲され、愛護団体の世話で去勢・避妊手術を受けた猫のうち12匹が、再び県庁内に戻された。県職員らが立ち会った。


 ケージの扉が開けられると、去勢後の猫たちが猛烈なスピードで飛び出し、住み慣れた県庁の敷地内に散っていった。


 当初は16日に放す予定だったが、「空腹やケージ内でのストレスがみられた」(愛護団体)として、前倒しした。


 山梨県は地元自治会と協力し、県ホームページ上で猫たちの写真を掲載し、里親捜しを進めていく。


 県財産管理課の塩野開課長は「今回は増やさないことを優先したが、敷地内に猫がいる問題は解決していない。飼っていただける方が現れることを願っている」と話した。さらに「時間はかかるが、このような形で問題を解決していきたい」と述べ、取り組みを続けていく考えを示した。


 また、捕獲された猫のうち2匹は、別の愛護団体が引き取って里親を探すことになった。

 放された猫は、手術を受けた印として耳に三角の切り込みを入れた“さくら猫”に。右耳がオス、左耳がメスだ。捕獲作業に携わった愛護団体のスタッフは「さくら猫を見かけたら、可愛がってあげてほしい」と話した。

山梨県庁ネコ捕獲大作戦 初日は13匹 県HPで里親募集も計画

産経新聞からです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000540-san-soci


山梨県庁ネコ捕獲大作戦 初日は13匹 県HPで里親募集も計画

1/13(金) 16:12配信


山梨県庁に多くの野良猫が集まっている問題で、動物愛護団体は13日、県庁内で13匹を捕獲し、初日の取り組みを終えた。目視でもまだ3、4匹が確認されており、14日も早朝から捕獲作業を再開する予定だ。

捕獲された猫は、団体の経費で避妊・去勢手術を施し、週明けの16日午後にも、県職員らの立ち会いの下、捕獲した場所に戻す。

県はこれに合わせて、猫の写真を一匹ずつ撮影し、ホームページに掲載。里親を募集する計画だ。



~転載以上~



以下も産経新聞より。

http://www.sankei.com/premium/news/170113/prm1701130001-n1.html


「共生」探る県庁中庭の猫問題…一方で減らない犬猫の殺処分 年間1000匹超

2017.1.13 17:00更新


飼い主から山梨県の動物愛護指導センター(中央市乙黒)に引き取られ、もらい手がなく殺処分される犬猫の数が減らない。県によると、平成27年度は1898匹を引き取り、里親を得られなかった1024匹が処分された。山梨県庁の中庭で暮らす猫たちの「共生」が注目されているが、近年は減少のペースが落ちている。県は35年度に犬猫の引き取り数を620匹に減らす目標だが、現状では達成は難しく、新たな対応が求められている。


 山梨県衛生薬務課によると、27年度に処分されたのは犬79匹と猫945匹。猫のうち約8割が生後90日以下の子猫だった。


 同センターに犬猫が持ち込まれる理由は、飼い主の病気や死亡、引っ越しなどで飼えなくなったなどのケースがほとんどという。


 同課は「最後まで責任を持って飼う意識を高めたい。高齢者は自分に何かあった際の引き取り先も確保してほしい」としている。こうした飼い主の意識に加え、「野良猫を減らす対策も必要」と指摘する。


神奈川、広島で先行


 他県では「処分ゼロ」の動きが広がりつつある。神奈川県は25年度に犬、26年度に猫で達成、今も継続している。広島県は今年度に犬、猫の処分を停止した。このほか市町村での実現も増えている。


 神奈川県では「愛護団体やボランティアと協力し、徐々に減らした。犬で達成した後は、猫もできるという機運が高まった」(生活衛生課)という。今年度には県が愛護活動に補助金を出す制度も始まった。


 広島県はかつて、年間約1500匹を処分していたが、対象の犬猫を県内のNPO法人が全て引き取る仕組みを取り入れた。運営費は法人が所在する町に寄せられた「ふるさと納税」や寄付金で賄われている。


 「地域猫」運動も


 新たな取り組みとして注目されているのが、野良猫を捕まえて、去勢・不妊手術後に元の場所に放す「TNR活動」。地域住民が連帯して養い、野良猫の数を減らしていく。本県では各団体の規模が小さいこともあり、「それほど関心が広がっていない」(衛生薬務課)のが現状だ。

 県庁敷地内で暮らす野良猫の対応にも苦慮する山梨県にとって、頭の痛い話だ。



~転載以上~



★関連記事


山梨県庁の野良猫 あす捕獲・去勢へ 県が愛護団体と実施


山梨県庁ネコ捕獲大作戦 野良猫“捕獲作戦”スタート 去勢・避妊へ



経費は愛護団体が負担…なんですね。。

にゃんこたちにお家が見つかるといいですね。

小田原で野良猫・犬専門病院開業(神奈川)

産経ニュースからです。

http://www.sankei.com/region/news/161225/rgn1612250005-n1.html


2016.12.25 07:00更新

平野亜矢子さん、小田原で野良猫・犬専門病院開業 神奈川

■「不妊手術で救える命多い」


 野良猫や保護犬を専門に診療する「Swingどうぶつ病院」を4月、古里の小田原市に開院した。手掛けるのは主に、繁殖しすぎて殺処分される犬猫を減らすための不妊手術だ。この半年間、県内や静岡県からボランティアらが持ち込んだ600匹以上を手術し「想像以上のペース」と驚く。農林水産省や環境省によると、こうしたクリニックは全国でもまだ珍しい。


整形外科医の父の影響で医学に興味を持ち、小学校で動物の飼育係をした経験から、卒業アルバムに将来の夢を「獣医師」とつづった。ただ動物福祉に関心があったわけではなく、大学時代は解剖学研究室に所属。当時は年間40匹の犬を使う解剖実習も「必要なことだと割り切っていた」。


 獣医師になって2年目の平成20年、「自分がやりたいことは何か」と進むべき道に思い悩んだ。見聞を広めようと見学した犬猫の一時保護施設で、医療を十分に受けられずに殺処分される現実を目の当たりにし、強い衝撃を受けた。昨年、動物愛護団体が鹿児島・徳之島で行った猫の一斉不妊手術に参加し、手術を必要とする猫がどれほど多いかを実感した。「病気の治療よりも救える命は多い。特化した獣医師がもっといても良い」と開院を決めた。「社会的な理由で命を落とす動物を減らしたい」と目を輝かせて語る。


 同じ研究室出身で、上野動物園で獣医師として働く夫(35)、「わんわんのお医者さんになりたい」という長男(5)との3人暮らし。34歳。



プロフィール

春

Author:春
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と3才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR