<堀井動物園>動物の過密輸送と長時間放置の件、県から回答

PEACEさんからです。リンクよりどうぞ。


<堀井動物園>動物の過密輸送と長時間放置の件、県から回答

http://animals-peace.net/law/horii-zoo-abuse.html



★関連過去記事


ピエリ守山でライオンが流血「生き地獄で本当にかわいそう」の指摘 滋賀県と守山市が立ち入り調査


ピエリ守山のショッピングモール内動物園について、JAZAがステートメントを公表


スポンサーサイト

ピエリ守山のショッピングモール内動物園について、JAZAがステートメントを公表

先日お伝えした、滋賀県のショッピングモール内の動物園についてです。


※過去記事参照


ピエリ守山でライオンが流血「生き地獄で本当にかわいそう」の指摘 滋賀県と守山市が立ち入り調査



県が現場視察の後、改善計画を出すよう指導したということです。


PEACEさんのツイッターより。

https://twitter.com/animalsPEACEnet/status/875963752847261698


【拡散希望】日本動物園水族館協会(JAZA)が展示動物の飼育についてステートメントを公表。非会員施設についてのコメントは画期的! 「一つは、滋賀県のショッピングモール内にある動物園です」 「もう一つは熊本県内の動物展示施設です」


http://www.jaza.jp/jaza_pdf/news/170616_doubutufukushi.pdf


ピエリ守山でライオンが流血「生き地獄で本当にかわいそう」の指摘 滋賀県と守山市が立ち入り調査

滋賀県守山市のショッピングセンター、ピエリ守山の中に開設され、100種以上の動物が展示されている屋内動物園「めっちゃさわれる動物園」。


この動物園については、過去記事をご参照ください。


ショッピングモールにライオン?!ピエリ守山の「めっちゃ触れる動物園」がめっちゃストレスそう。。



ここの飼育環境について、最近もツイッターで拡散されているのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。


狭い飼育スペース、来園者との距離、動物の扱い方などについて問題が指摘されており、ライオンのリオン君が流血していて、ストレスのためかガラスに頭を叩きつけていたという報告も…


sawareru_lion.jpg


以下、ツイッターより。














こちらは、園長の堀井氏の移動動物園の状況についてです。

PEACEさんのYoutubeより。


めっちゃ狭すぎ… 移動動物園が動物たちに強いていること




2017/06/05 に公開


滋賀県にある移動動物園「堀井動物園」の、動物の扱い方がまたひとつ発覚。長時間の無人放置です。情報提供をいただきました。


週末やGWなど、次の日に移動動物園があると思われる日は、トラックに動物を積んで、駐車場に一晩おきっぱなし。きゅうくつな状態で、身動きが取れない、餌も水もない。1回だけではなく、何度も何度も、夜に動物が置かれているのを見たことがあるそうです。

【動画】
・屋根が低すぎてポニーの首が上がらない
・ヤギも何頭入っているのかわからないくらいぎゅうぎゅう詰め
・鳥(ハゲコウ、ペリカン)も高さがなく窮屈な状態、特にハゲコウは首が曲がっている状態

一晩置かれて、そのまま移動動物園の開催先までトラックで移動。日中は客にさわられ休めず、夜次の日移動があればそのまままたトラックで一晩中……

動物に苦痛を強いる移動動物園で学ぶ「命の大切さ」は、ホンモノですか?

【動物愛護法改正の署名にご協力ください】
輸送についての条文がない動物愛護法の改正を求めています。

http://animals-peace.net/animal_law/petition-for-animalwelfarelaw




~Youtubeからの転載以上~



堀井氏は、ピエリのライオンの怪我は檻のガラスの留め具に頭を引っ掛けてしまったことが原因と話し、園は十分に快適な施設で、動物たちは「幸せに暮らしている」という認識だとのこと。


前回の私の記事に、こちらでアルバイトをしているという方からコメントが入り、「動物たちのストレスは大きく、死ぬ動物もいる。そのため時間ごとに交代させたり、休憩をなどさせている。触れる分、子供たちが雑に扱うのが一番動物に負担が大きいので、見回りが大変」とのことでした。


堀井氏は動物が好きで、生き物に触れられる動物園を作るのが長年の夢だったそうです。


が、過去には搬送中の魚を路上に落としたり、二度の火災を出してヘビやベンガルトラ、マントヒヒなど多数の動物を焼死させたり、ヤマアラシが脱走する事故などを起こしているようです。またライオンは、ピエリ守山に移される前に堀井動物園の壊れかけの檻に入れられており、守山市からも飼育阻止の相談が県にあったほどだとか…。動物の管理体制にも問題があるようです。


本当に動物が好きで、動物のことを思っているならば、このような飼い方はできないのではと感じます。絶滅危惧種も含めこれだけの種類と数の動物に、それぞれに合った適切な環境を用意するのは簡単なことではなく、ましてや、ショッピングモールの中では…。


以前、中国のショッピングモールに併設された動物園が「世界で最も悲惨な動物園」として国際的な批判を浴び、精神状態が悪化したシロクマが一時的に両親のいる動物園に帰郷することになりましたが…


中国の「世界一かわいそうな」シロクマ、一時的に両親のいる動物園に帰郷


ここと変わらない気がします。



多くの方が情報を寄せたことで、滋賀県と守山市が6月5日に共同で立ち入り調査に入りましたが、「現状では問題がないと考えている」という結果だったそうです。


詳しくはこちら。ハフィントンポスト日本版より。


ピエリ守山でライオンが流血「生き地獄で本当にかわいそう」の指摘⇒運営側の認識は?【UPDATE】




PEACEさんによると、堀井氏の劣悪飼育問題は、長年行政が関わってきて埒があかない状態で、長年の滋賀県からの指導にも耳を貸してこなかったとのこと。


PEACEさんでは、県の動物保護管理センターへの通報、滋賀県知事へメール(「条例で最低限のスペースを決めてほしい、動物たちの譲渡先を探すよう命令を出してほしい」とお願い)のほか、家主のピエリから言われると、多少はこたえるようなのでピエリに苦情を寄せてほしい、としています。


ライオンについては、安全性だけではなく排水等他法令の問題もあり、滋賀県はピエリ守山以外の場所で堀井氏に飼養許可を出すつもりはなく、移動するとすれば県外しか選択肢がないそうです。



◆ピエリ守山

〒524-0192滋賀県守山市今浜町2620-5 ピエリ守山

TEL:077-584-1000


◆守山市長

http://www.city.moriyama.lg.jp/hisho/shi_tegamitoha_1.html


◆滋賀県知事

http://www.pref.shiga.lg.jp/chijishitsu/tegami.html



★関連記事 PEACEさん


特定外来生物違反で逮捕される人と、されない移動動物園!?



仮に閉園したとしても、動物たちの行き場がなくなることも心配なため、動物の種類を減らす、スタッフを増やす、ストレスの軽減、展示方法を改めるなどまずは環境を改善するよう園に働きかけることが必要、という意見や、このことを多くの人が知り、動物福祉について、動物たちとの関わり方について皆が考えることが大切、という意見もありました。




動物園にいる動物が「動物園でしか見られなくなる日」が来ないために-企業と動物園の取り組み

WIREDからです。

http://wired.jp/2017/03/29/2017-brother-earth/


動物園にいる動物が「動物園でしか見られなくなる日」が来ないために──絶滅危惧種をめぐる企業と動物園の取り組み

2017.03.29 WED 16:00


ゾウやキリン、コアラといった動物園にいるおなじみの動物たち。彼らがいま絶滅の危機にあるのを知っているだろうか。絶滅危惧種保全のための活動をする、東山動植物園とブラザー工業の取り組みを訊いた。



コアラ写真

東山動植物園には、「ゾウからメダカまで」約500種1万2000点の生物が飼育展示され、絶滅危惧種も多く含まれる。コアラは、最近までIUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種カテゴリーではLC(Least Concern=軽度懸念)種に指定され、2012年からオーストラリアの2つの州では絶滅危惧種になった。


名古屋市で開園80周年となる東山動植物園と、名古屋市に本社を構えるブラザー工業。一見、かかわり合いがなさそうな動物園と企業は、じつは33年前から、コアラを通じたつながりがある。


1984年に6頭のコアラが、オーストラリアのタロンガ動物園から多摩動物園、東山動植物園、平川動物公園の3園に贈られた。当時は「コアラブーム」といわれるほどコアラは絶大な人気を誇り、コアラのために84年、ブラザー工業が東山動植物園に「コアラ舎」を寄贈した。ここから始まったスポンサーシップの関係は、33年経ったいまも続いている。

三位一体で取り組む「絶滅動物園」

東山動植物園では、動物たちの生息地域別の「ゾーン展示」への組み換えや、実際の生息環境の部分的な景観を再現しようと試みるなど「東山動植物園再生プラン」が進行中だ。動物福祉的な観点からの環境改善とエンターテインメント性の共存を通じて、「生物多様性」の大切さを人々がより自らに引きつけて考えるきっかけになれば、と始まったプランだ。


一方で、ブラザー工業も環境保全活動に力を入れており、2010年から「Brother Earth」をスタートした。環境を考えるうえで避けては通れない「生物多様性」という視点から絶滅危惧種への関心が高まっていったなか、出会ったのがコンテンツプロデューサー佐々木シュウジが2010年から手がけるプロジェクト「絶滅動物園」だった。


ユキヒョウ

ユキヒョウ。EN(Endangered=絶滅危惧IB類/危機)。白く美しい毛皮を目的とした乱獲などの影響で個体数が激減し、IUCNの絶滅危惧種に指定されている。


このプロジェクトは、絶滅危惧種の動物たちを表情豊かにとらえたフォトグラファーの武藤健二による写真と、シンプルなメッセージおよび個体数減少の原因説明で構成される。掲載された絶滅危惧種のほとんどが狩猟、開拓、戦争などヒトの営為に起因するという事実が、静かに、しかしリアルに心に届く。


この活動が、ブラザー工業の環境保全活動と、東山動植物園の種の保全活動に重なり、三位一体となってはじまったのが、「絶滅動物園 × Brother Earth ~私たちが知らない物語~」というウェブコンテンツだ。

おなじみの動物はほとんどが絶滅危惧種

「絶滅動物園 × Brother Earth」に登場するレッドリストの掲載種は、いずれも名古屋の東山動植物園で撮影された。動物園といういわば人工的な環境で生きる彼らの姿は、見る者に多くを考えさせるだろう。ゾウ、ゴリラ、サイ、トラなど、動物園における人気動物の多くがすでに絶滅危惧種であることにも驚かされる。なお同園で2年に一度行われる動物人気投票の最新版では、ベスト10すべてがIUCNレッドリストに登録されている。

第1位ゾウ/第2位コアラ/第3位ゴリラ/第4位キリン/第5位ライオン/第6位ペンギン/第7位トラ/第8位シンリンオオカミ/第9位ホッキョクグマ/第10位カバ
(2016年実施の最新版「
第22回 東山動植物園人気動物ベスト10」より)

東山動植物園の写真

今年開園80周年を迎える東山動植物園。東山総合公園として、植物園、動物園を備える。


東山動植物園の動物園・園長で獣医師でもある黒邉雅実は、「日本の動物園の多くは、高度成長期に“珍しい動物に会える”という娯楽性とともに発展した歴史があります。そうしたこともあり、動物園の展示動物は自然からの預かりもので、生息地を保全し、いずれ動物は野生に還すのがいちばんという意見も理解できます」と話す。


一方で、今日の動物園における4つの大きな役割は、レクリエーションのほかに、環境教育、調査研究、そして種の保存だ。黒邉は「特に園内で飼育する絶滅危惧種は、自然環境にいるもの同様にひとつの『個体群』ととらえて守っていく必要もある。現代の動物園は、種の多様性を次世代につなぐ役割も担うと考えています」という。


黒邉園長の写真

東山動植物園・動物園の園長・黒邉雅実。2016年4月より現職。獣医師の資格を持ち、これまで国内のコアラの血統管理や海外からのゴリラ・ゾウの導入にかかわる。


東山動植物園は、生息地の減少や交通事故、イエネコの影響などで減少した長崎県対馬のみに生息するツシマヤマネコ(種の保存法対象種・国の天然記念物)を全国の動物園が協力して飼育、繁殖し、将来的に自然に還す個体を確保するプロジェクトにも参加。またIUCNで絶滅危惧種に指定されるスマトラトラについては、国際的な動物園ネットワークでの繁殖プロジェクトにも加わる。そして多くの動物園同様、地域の市民らに支えられてもいる。

絶滅の淵からの帰還

2016年のIUCNの発表では、コアラやキリンが新たに絶滅危惧種に分類され、他方でジャイアントパンダの危機レヴェルが改善されたとの朗報もあった。歴史を遡ればアメリカバイソンやハクトウワシなど、保護活動の成果もあって絶滅の淵から帰還した種もいる。


図鑑の写真

以前は動物を種類ごとに分類するように展示をしていたが、現在は動物たちが本来生息しているオセアニア、アフリカなどの地域ごとに分け、野生の環境に近づける形での飼育・展示を目指しているという。


「動物園が敷地外にある自然環境の再生に関わることは簡単ではありません。しかし、生息域外保全として希少淡水魚であるイタセンパラのために環境省が行っている保護増殖事業に参加していますし、名古屋市内の自然環境下で確認が難しくなっているニホンメダカ(地域個体群:名古屋メダカ)について、施設内で産卵/孵化/成長のプロセスを見守る累代飼育が続いています」(黒邉園長)


夏休みを利用して稚魚を市内の子どもたちに育ててもらい、園内の「世界のメダカ館」の田んぼ水槽に戻す「名古屋メダカ里親プロジェクト」など、市民が参加して種の保存を考える扉も開いている。


ニシローランドゴリラの写真

ニシローランドゴリラ。CR(Critically Endangered=絶滅危惧IA類/絶滅寸前)。アフリカ大陸大西洋側、赤道付近に主に生息するが、IUCNの絶滅危惧種に指定されている。写真は「イケメンゴリラ」として園でも屈指の人気を誇る「シャバーニ」。


「『絶滅動物園 × Brother Earth』では、当園は特別協力という立場ですが、つねに楽しい場であることも必要な動物園とは別に、このウェブのように動物のシリアスなメッセージを正しく届ける必要があると感じました。今後より多くの方が環境保全を考えるようになるうえで、大切なのは、動物を見て楽しんだり癒されたりするだけでなく、生物多様性を感じたり、動物を守りたいと考えてもらえる展示の工夫や、体験プログラムの提供ではないでしょうか」(同)

「感じる」「知る」を共有する

「絶滅動物園 × Brother Earth」を掲載するウェブサイト「Brother Earth」は、ブラザー工業が運営している。同社は1908年創業のミシン修理・部品製造会社を前身とし、現在はプリンターなど情報機器分野でも国際的に高いシェアを占める。


CSR&コミュニケーション部の岩田俊夫シニア・チーム・マネージャーは、同社が環境保全活動に臨む意図を次のように語る。


「環境問題については誰もが気構えてしまう面があります。“よいことをしましょう”と声高に叫んだとしても、総論的には皆YESとなるでしょうが、各論だと意見もさまざまです。たとえば私個人は種の多様性の重要さについて、人間社会や文化そのものにも通じるものだと感じていますが、また違う意見の人もいると思います。そうした時代において、各々が環境の問題を『自分ごと』として感じてもらえるきっかけにしたい、というのが『Brother Earth』サイトの発端です」


環境保全を人類の普遍的課題と信じる人から、ヒトのエゴととらえる人まで、そのグラデーションは幅広いはずだ。そのなかで、エコーチェンバー的な断絶のない「よき道」への希望があるならば、それはまずともに知り、感じる、このような土壌づくりから可能になるのかもしれない。


岩田俊夫の写真

ブラザー工業株式会社CSR&コミュニケーション部コミュニケーショングループブランド推進チーム・シニア・チーム・マネージャーの岩田俊夫。


「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない、とは20世紀の生物学者、レイチェル・カーソンによる言葉だ。現代ならこう言えるかもしれない。ヒトという種にとっては、いかに正確な知識も、そこに何かを「感じる」ことなしに行動には結びつかない、と。

環境の世紀といわれながら、環境保全や生物多様性の保存には依然として課題の多い現代。この時代ならではの新しい「感・知」の共有の流れがあるのだ。


Brother Earth|ブラザー工業

飼育員 象が振り回した鼻に当たり死亡 和歌山

NHKニュースからです。(※動画あり)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170312/k10010908171000.html


飼育員 象が振り回した鼻に当たり死亡 和歌山


12日午前、和歌山県白浜町の動物公園で、タイ人の男性飼育員がゾウの世話をしていたところ、象が振り回した鼻に当たり、まもなく死亡しました。警察が詳しい状況を調べています。

続きを読む

12日午前9時すぎ、白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」で飼育員がゾウの体をホースやブラシを使って洗っていたところ、ゾウが鼻を振り回し男性飼育員の体に当たりました。

飼育員は、体をはね飛ばされて柵に当たったということで、一緒に作業していた同僚に助け出されて病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、およそ1時間後に死亡しました。

警察によりますと、死亡したのはタイ人のウィチャイ・マディさん(37)で、もう1人の飼育員とともにゾウのおりの中で2頭の象の体を洗っていたということです。

当時は開園前で、周りに一般の人はいませんでした。警察が、関係者から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。

飼育員にけがをさせたことなかった

和歌山県白浜町の動物公園、「アドベンチャーワールド」によりますと、このゾウは40歳のメスの「ラリー」で、高さは3メートル近く、体重はおよそ3.5トンあります。

昭和53年の開園当初からこの動物公園で暮らしていますが、飼育員にけがをさせたことはなかったということです。

死亡したタイ人のウィチャイ・マディさんは、タイの動物園で10年以上、ゾウを飼育した経験があり、おととし来日して、「ラリー」など5頭のゾウの世話をしていました。

ゾウに近づいて世話をする際は必ず複数の飼育員で行うことにしていて、12日もマディさんは別の飼育員と2人でゾウの体を洗っていたということです。

動物公園は13日と14日の2日間、臨時休園することを決めました。「アドベンチャーワールド」の今津孝二園長は「亡くなった飼育員のご家族をはじめ、お客様や関係者の皆様に深くおわび申し上げます。再発防止策を検討し、改めて安全の確保を徹底します」と話しています。



~転載以上~



このような事故が各地で相次いでいますね。。



産経ニュースより


全国で相次ぐ動物絡みの事故 過去にはアジアゾウに襲われたラオス人飼育員も



動物が殺処分というようなことにならないでほしいです。



プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR