犬肉祭りから救出されたワンニャン…楊さんと共に帰還

楊シェルター犬猫支援会さんからです。

犬肉祭りから救出されたワンニャン…楊さんと共に帰還
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12287425044.html

スポンサーサイト

犬肉祭りから救出された犬猫たち その2 現場は過酷・混乱

昨日の記事の続きになります。


犬肉祭りから救出された犬猫たち 多くが負傷・衰弱し、命を落とすものも… 獣医師が不足


緊急の治療を必要とする犬猫が多く、獣医師が不足しています。

お手伝いいただける方がいらっしゃいましたら…


ご連絡はこちらまで  info@animalhopeandwellness.org




マークさんの活動仲間で、マークさんの団体の中国シェルターを取り仕切るSuki SuさんのFBより。

https://www.facebook.com/suki.su2?hc_ref=PAGES_TIMELINE



1300頭レスキューの現場で活動するスキさんの友人によると、現場は過酷で毎日泣いているそうです。。


地元住民や活動家の間でトラブルが起こるなど混乱しており、夜中に言い争いが起こり、スキさんやマークさんが夜通し間に入るなどしています。


さらに、周辺住民からの苦情で2度、3度と移動を余儀なくされ、厳しい暑さの中、1000頭もの犬をトラックに積んだり下ろしたりと、大変な状況が続いています。



19420742_1546296748725179_441579732564632357_n.jpg



以下も、スキさんより。


翻訳は、鹿戸美砂子さんより。

https://www.facebook.com/shikato.misako.9/posts/1915238212024233?pnref=story



スタッフ総出の医療処置が続きますが、生きようと闘う意思が見える限り、安楽死はさせないよう、折角のチャンスを生きて手に入れる為の手助けを続けています。


ポジティブに突き進む事が唯一、先に進む為の原動力だそうです。
少し笑顔も見えた一時です。





19396799_1545736328781221_6104664844817673407_n.jpg 19424293_1545736608781193_4373081907320956538_n.jpg 19430141_1545736918781162_5193011551494683726_n.jpg 19429672_1545737008781153_1276547586786606803_n.jpg 19260326_1545737282114459_6584103239900901190_n.jpg 19399646_1545737418781112_7471486090154199309_n.jpg






犬肉祭りから救出された犬猫たち 多くが負傷・衰弱し、命を落とすものも… 獣医師が不足

マーク・チンさんや中国の活動家たちが、玉林犬肉祭りへ向かうトラックを止めて数多くの犬猫を救出していますが、現場は過酷で、多くの子たちが負傷・衰弱していて、命を落とす子も少なくありません。


そのような中で、ボランティアや協力獣医師たちが懸命なケアや治療を続けています。

現状をまとめました。


救出して終わりではなく、これからが大変な活動になります。


なお、現場で尽力する活動家たちへの支援先について、情報がまとまってきましたので、また後ほどお伝えしたいと思います。



マークさんの活動仲間、Suki SuさんのFBより。

https://www.facebook.com/suki.su2/posts/1544159325605588?pnref=story


翻訳は、Hiroko Ookakuraさんより。

https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142



(スキスーさんより)
2017年6月23日)
中国・広西チワン自治区・ユーリン


ユーリン現場からのリポート


救出された犬たちの医療を施すため、我々サポートチームのLiu獣医に加え、上海からSinuan先生とJiangsu先生が来てくれました。


今治療を受けるべき犬は800頭ほども居て、とても治療の手が間に合いません。
どうかお手伝いしていただける獣医さんがいましたら、来ていただけないでしょうか?


ご連絡はこちらまで  info@animalhopeandwellness.org
ありがとうございます



19396694_1544157842272403_7602087829090457989_n.jpg



19366133_1544158078939046_4250638849710794820_n.jpg



19366410_1544158655605655_600329744962764595_n.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



以下はマークさんのFBおよびインスタグラムより、翻訳。

https://www.facebook.com/marcching

https://www.instagram.com/animalhopeandwellness/




救出した犬たちの状況について、時間ができ次第報告する予定。

現在、限られた支援の中で、できるだけ多くの犬たちの治療を行おうとしている。


多くの犬が足の切断を余儀なくされることになると思う。ある犬は、足が長時間檻の下敷きになっていてつぶれている。助かったとしても、四本すべてを失うことになるだろう。

業者によって、爪すべてと2本の足を切り落とされた猫もいる。


ここには、言い表せないほどの苦しみと死がある。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



そして、中国の活動家たちによる、広州市での1300頭レスキューについてです。


★過去記事参照

【犬肉祭り】マークさんの救出活動◆広州市では1,000頭の犬が活動家たちに救出される



Peggy NgさんのFBより。

https://www.facebook.com/pixiedust216/videos/vb.623800716/10158954614080717/?type=2&theater


翻訳は、Hiroko Ookakuraさんより。

https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142



(Peggy Ngさんより)
2017年6月19日


中国・広西チワン自治区・ユーリン


5日前ほどの19日、私は現地へ救助の手伝いに行った。ユーリンに向かっていた犬掲載のトラックを我々活動家の車両で包囲しトラックを停車させ結局1000頭以上もの犬を救助できたわ! 


犬たちは、WuBeiから実に12時間以上もトラックにぎゅうぎゅうに載せられ、暑い中、一滴の水も与えられず耐えてきたわ。そしてほとんどの犬が首輪を付けていて、盗まれたペットだというのが分かる(´;ω;`)。 みんなで犬をトラックから降ろし、犬の身体状況により分け、餌や水をあげた。明日はワクチンなど受けさすわ。



~転載以上~



1300頭レスキューの現場の状況がわかる動画がこちらです。

現状を広く伝えるため、拡散してほしいとのことです。


広告の後、動画が再生されます。

※亡骸が映りますので、閲覧にはご注意ください。

https://v.qq.com/x/page/v0517zjnobp.html?from=groupmessage&isappinstalled=1


現地は厳しい暑さで、熱中症や感染症などで命を落とす子が少なくないそうです。



1300rescue3.jpg



1300rescue.jpg



1300rescue4.jpg



1300rescue2.jpg


玉林犬肉祭り2017…楊さんとワンニャンたち。

楊シェルター犬猫支援会さんからです。

玉林犬肉祭り2017…楊さんとワンニャンたち。
http://ameblo.jp/yangshelter-inunekoshien/entry-12286253101.html


中国・玉林 マーク・チンさん 500頭の犬を救出

犬肉祭りの前日、マーク・チンさんたちは2台のトラックを止め、合計500頭の犬を救出しました。


マーク・チンさんのFBより。

https://www.facebook.com/marcching


翻訳は、Hiroko Ookakuraさんより。

https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142



(記事:マーク・チン The Compassion Project)
2017年6月20日
中国・広西チワン自治区・ユーリン


ユーリン祭の前日である今日、2台の犬掲載トラックを停止させた。ユーリン当局と警察からの圧力により、我々は犬が皆安全だと確信するまでは、この情報はインターネットでの公表を控える必要があった。


最初のトラックには犬が400頭ほど掲載されていた。もう1つのトラックには約100頭だ。犬たちに自由を与えるため、我々は犬を放つよう運転手にお金を渡した。


後程、犬が我々のシェルターに運ばれて来て、檻から解放されたら、 AnimalHopeandWellnessのページでライブ動画を投稿する。


何千頭もの犬が残虐に殺されている中、犬たちを救ったのはじつに、中国地元の動物保護活動家である。彼らこそ、ヒーローだ! 中国では今、次世代を担う若者が新たな動きを創り出し、活発化させている。



(マークチンさんのライブ動画)https://www.facebook.com/hiroko.okamura.142/posts/319594208476682?pnref=story


(記事:マークチンさんより)


犬が入っていた檻の内、半分が開けられた。その多くはもう既に死んでいた。
中国に在る我々のシェルターにはもう犬が800頭以上いる。中国地元の動物病院は、病気や死にかけている子たちに点滴やワクチン、抗生剤などの治療を施してくれている。



~転載以上~



※マークさんは、犬を放つように運転手にお金を渡したとのことで、犬を買い取ったわけではないと説明しています。昨日お伝えした1000頭レスキューでも、活動家たちは同様の対応をしたとのことです。


また、マークさんの団体の現地スタッフのスキ・スーさんは、業者や警察との大変なやり取り、殺されていく犬猫たち、助けを求める犬猫たちを目の当たりにするとても過酷な活動の中、国際的な保護団体が動かないこと、犬肉の販売禁止という不確かな情報が流れたこと(結果、今年は例年のような抗議がなく、また現地入りする活動家も少なかったようです)、などに不満を持っており、「犬猫の命を救いに来るべき」、「事実を伝えてほしい」と訴えています。そして、「今言えることは、今年は去年よりずっと状況が悪い。屠殺業者は去年よりもっと悪どく、警察は去年よりもっと繊細になっている」ということで、今年も開催され、多くの犬猫が殺されている現実を嘆かれています。


プロフィール

春ママ

Author:春ママ
ご訪問いただきありがとうございます!

福島原発避難区域の被災動物、殺処分、毛皮、動物実験、海外の動物事情など、国内外の動物の現状について情報をアップしています。

人間の都合で虐げられている動物たちのことを1人でも多くの人に知ってほしい、声を上げてほしい、そして動物達へのやさしさの輪が広がればと思います。

リンク・転載は構いませんが、その際は必ずどこからのものかわかるよう、ブログ記事URLを明記していただきますようお願いいたします。

17才の女王様猫と4才児の母。

メインブログはこちらです。
http://ameblo.jp/momokohime7/

最新記事
こちらもチェック♥
コラボ企画「福島をわすれない」パネル展開催スペース・企画を生かすアイデア随時募集中!
"Never Forget Fukushima" Project







ボクと遊んでニャ♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR